おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 13日

1995 Bodegas Casa Juan Señor de Lesmos Rioja Gran Reserva

1995 Bodegas Casa Juan Señor de Lesmos Rioja Gran Reserva

スペイン北部に位置する Rioja (リオハ)は、スペインを代表する高級赤ワインの生産地としての名声を誇っている。主要な品種はスペインを代表する Tempranillo (テンプラニーニョ)。Bodegas Casa Juan (ボデガス・カサ・ホアン)はそんなリオハの中でも非常に小さな造り手で、最下位の Crianza (クリアンサ)から極上の Gran Reserva (グラン・レゼルバ)(Reserva Especial:今回飲んだものの1つ上)まで、Tempranillo を主体とした4種類のワインを生産している。K&L テイスティングで気に入り購入。

85% Tempranillo、15% Mazuelo のブレンド。Mazuelo (マスエロ)はスペインでの Carignan (カリニャン)の別名で、酸味や渋みが強い、いわゆる刺激性の強い風味のワインとなる。甘いタバコのようなエキゾチックな香りと、強めの酸味が印象的。同時に飲んだカリフォルニアのカベルネのパワフルさに押され気味だったが、単独で飲めば渋くてなかなか悪くない(by おっと)。少し寝かせすぎた臭みが感じられ、もう少し早い段階で飲んでみたかった(by よめ)。1995年のグラン・レゼルバがこの値段で買えるのはお買い得。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $29.99

サイト: http://www.bodegas-casajuan.com/

Winemaker's notes (引用):
Produced of strictely selected, overripe grapes, already mixed during the fermentation process. Destemmed and softly pressed, this wine can ferment about 30 days in its own characteristic yeast.

It will then be decanted twice, before it can finally age 26 months in 1-year-old casks of American Oak. After that, follow a further 38 months aging in-bottle.

This magnificent wine is thought to develop and deepen its taste in the bottle over many years, but already now it has the subtlety and the elegance of its class.

To be served at a temperature of 18ºC


[PR]

by magamoduck | 2010-07-13 19:00 | ワイン日記


<< 2008 Yalumba Ed...      2009 Sterling A... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧