2012年 11月 16日

2012 Georges Duboeuf Beaujolais-Villages Nouveau

2012 Georges Duboeuf Beaujolais-Villages Nouveau
Georges Duboeuf Beaujolais-Villages Nouveau
(ジョルジュ・デュブッフ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー)

Beaujolais (ボージョレ)は、フランス・ブルゴーニュ地方南部のワイン産地。Gamay (ガメイ)種というブドウからつくられたフルーティな赤ワインは、バラやスミレを思わせる香りや、イチゴやラズベリーのようなチャーミングな香りで有名。

今回の造り手 Georges Duboeuf (ジョルジュ・デュブッフ)氏は、かつては地元の日常用のワインでしかなかったボージョレ地区の素朴な地酒を、たった一代で、はつらつとした生気あふれる世界の名ワインに磨きあげた偉才。「フレッシュで、フルーティで、理屈ぬきに楽しいチャーミングなワイン」。ボージョレと聞いて多くのファンが連想する、そんな味わいこそ、デュブッフ氏が半生をかけて造り上げてきたボージョレの理想型と言える。

今年のボージョレはなんとなく例年よりも渋みが強くて、ガメイ特有の甘いお菓子のような味わいが少し弱い印象。2012年は不作だったというニュースはみたものの、それがどの程度味に影響しているのかは不明。


※ボージョレ(ボジョレー)とボージョレ・ヌーヴォー(ボジョレー・ヌーヴォー)の違い
日本ではボージョレと言えばボージョレ・ヌーヴォーの知名度が高いが、本来ボージョレは、伝統的な醸造法で造られ風味がよりしっかりしているため、半年ほど熟成させてから、翌年の春に出荷される。一方、ボージョレ・ヌーヴォーは、ボージョレ地方でつくられる「新酒」のこと。ヌーヴォーが、解禁から数ヶ月間が一番おいしいのに対して、一般のボージョレは、数年間に渡って比較的おいしく楽しめるのも大きな違いのひとつ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: 未飲
K&L価格: $10.99

サイト: http://www.duboeuf.com/

K&L's notes (引用):
The Beaujolais Villages Nouveau is always produced in much smaller quantities than the plain Beaujolais Nouveau, and our staff finds it much the better wine. This is the gold standard in Nouveau, and always popular.


[PR]

by magamoduck | 2012-11-16 19:00 | ワイン日記


<< 2010 Graci Etna...      2007 Alain Corc... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧