おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 03日

2014 Georges Duboeuf Beaujolais Nouveau

2014 Georges Duboeuf Beaujolais Nouveau
Georges Duboeuf Beaujolais Nouveau
(ジョルジュ・デュブッフ・ボージョレ・ヌーヴォー)

Beaujolais (ボージョレ)は、フランス・ブルゴーニュ地方南部のワイン産地。Gamay (ガメイ)種というブドウからつくられたフルーティな赤ワインは、バラやスミレを思わせる香りや、イチゴやラズベリーのようなチャーミングな香りで有名。

今回の造り手 Georges Duboeuf (ジョルジュ・デュブッフ)氏は、かつては地元の日常用のワインでしかなかったボージョレ地区の素朴な地酒を、たった一代で、はつらつとした生気あふれる世界の名ワインに磨きあげた偉才。「フレッシュで、フルーティで、理屈ぬきに楽しいチャーミングなワイン」。ボージョレと聞いて多くのファンが連想する、そんな味わいこそ、デュブッフ氏が半生をかけて造り上げてきたボージョレの理想型と言える。

今年も昨年に引き続き、Beaujolais-Villages (ボージョレ・ヴィラージュ)ではなく、Villages を名乗らないただの Beaujolais 地区のボージョレ。そのためか、例年と比べて味に深みが無くとげとげしい印象。来年こそは Beaujolais-Villages をまた飲もう。


※ボージョレ(ボジョレー)とボージョレ・ヌーヴォー(ボジョレー・ヌーヴォー)の違い
日本ではボージョレと言えばボージョレ・ヌーヴォーの知名度が高いが、本来ボージョレは、伝統的な醸造法で造られ風味がよりしっかりしているため、半年ほど熟成させてから、翌年の春に出荷される。一方、ボージョレ・ヌーヴォーは、ボージョレ地方でつくられる「新酒」のこと。ヌーヴォーが、解禁から数ヶ月間が一番おいしいのに対して、一般のボージョレは、数年間に渡って比較的おいしく楽しめるのも大きな違いのひとつ。


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.duboeuf.com/
[PR]

by magamoduck | 2014-12-03 19:00 | ワイン日記


<< 2005 Au Bon Cli...      2005 Clos Du Va... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧