2008年 10月 23日

1989 Bollig-Lehnert Piesporter Goldtröpfchen Riesling Spätlese

1989 Bollig-Lehnert Piesporter Goldtröpfchen Riesling Spätlese
Bollig-Lehnert Piesporter Goldtropfchen Riesling Spatlese
(ボリッヒ・レーネルト・ピースポーター・ゴールドトレプヒェン・リースリング・シュペトレーゼ)
※正しい読み方かどうか自信がない。

ドイツで有名なワイン生産地域 Mosel (モーゼル)にある Weingut Bollig-Lehnert (ボリッヒ・レーネルト醸造所)。ボリッヒ・ファミリーは17世紀からの歴史ある醸造所で、リースリング種をブドウ栽培からワイン造りまで家族で経営。現在のワインメーカーは Stefan Bollig (ステファン・ボリッヒ)氏。モーゼルの Piesporter にある Goldtropfchen (ゴールドトレプヒェン) 畑は「黄金のしずく」という意味の優れた畑。ここから素晴らしい甘口のモーゼルワインが生まれる。

長期熟成に耐えるという噂のドイツのリースリングがお買い得だったので購入。1989年なので19年物。コルクがワインを吸ってすごい匂い。きらきら光る酒石。ワインは草の香り。最初酢のような味がしたけど消えた(ほんと?)。ハニー、熟したメロンのような味。初めて飲む、まったりと熟した果実のような独特の味をなんと表現したらいいのか。ちょっと渋い貴腐ワインみたい。アルコール度数は約8%と低め。美味しい。貴重な体験。

Spätlese (シュペトレーゼ)等、ドイツワインの格付けはこちら


※ドイツ語。どれが正しい(正しい発音に近い)読み方なのか本当にわからない。
Bollig-Lehnert
  ボリッヒ・レナート
  ボリッヒ・レーネルト
  ボリグ・レーネルト
  ボリグ・レンネルト

Goldtröpfchen
  ゴールドトロッフェン
  ゴールトトロプヒェン
  ゴールドトレプヒェン
  ゴルトトレップヘェン
  ゴルトトロプヘン


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $18.99

サイト: http://www.bollig-lehnert.de/

K&L's note (引用):
Stefan Bollig (vintage 1961) is passionately devoted to his work and is a fine example of the new generation of Mosel vintners. The family has been producing wine since the 17th Century, but new cellars and house have been built on the outskirts of Trittenheim. The total holdings of 4 hectares (10 acres) are tended by the family themselves, the steeply sloping vineyards being composed mainly of slatey soil. Stefan has been managing the estate since 1987, after completing his viticultural studies and practical experience in Trier and Bad Kreuznach. Stefan Bollig's wines are stylish, crisp and classic with a fine fruity elegance and good mineral content, not showing excessive sweetness. The fine, pronounced, yet ripe acidity, especially in recent vintages since 1988, gives his wines plenty of maturing potential.


[PR]

by magamoduck | 2008-10-23 19:00 | ワイン日記


<< ★ K&L Wine Tast...      2007 Bridlewood... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧