おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

★ K&L Wine Tasting "Pyramid Valley Vineyards" (February 29, 2008)

今回は New Zealand の Pyramid Valley Vineyards。ワインメーカーは Mike Weersing 氏。ブルゴーニュ、アルザス、ドイツでワインメーカーを務めた経験の持ち主であり、"New World" といわれるニュージーランドワインの中で伝統的な "Old World" スタイルを目指しているのだそう。そんな氏も渡米してカウンターの向こうで対応。

ニュージーランドは Sauvignon Blanc しか飲んだことがなかったので楽しみだった。今回のテイスティングは、Pinot Blanc、Semillon、Pinot Noir、最後が Riesling。収穫は Pinot Blanc と Riesling。共に大変美味しい白だった。もっと Mike 氏と話せればよかったのだけれど、相変わらず消極的なおっととよめで向こうもほとんど説明なく・・・残念。すべてスクリューキャップ。

Pyramid Valley Vineyards
http://www.pyramidvalley.co.nz/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2008-02-29 18:00 | K&L Tasting
2008年 02月 29日

2001 C.C. Brunello di Montalcino

2001 C.C. Brunello di Montalcino

イタリアの Tuscany (トスカーナ州)、Montalcino (モンタルチーノ地区)で作られるワイン。モンタルチーノのワインには、Barolo に劣らず長期熟成が期待できる Brunello di Montalcino と、熟成年数が若くお手頃な Rosso di Montalcino がある。ブドウは一緒だが、より広い層の人に飲んでもらうためランク分け。モンタルチーノのワインは 100% Sangiovese であることが法的に義務付けられている。

Brunello di Montalcino。前回飲んだ Rosso di Montalcino より酸味とコクが強い。酸味が好きなよめはどんどん飲んで飲みすぎてしまう。2日目はまるで Cabernet Sauvignon のような深みに。イタリア料理(特にイタリアンソーセージ)とのマリアージュが最高(by おっと)。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: $70.00

サイト: http://www.consorziobrunellodimontalcino.it/ ※Brunello di Montalcino オフィシャルサイト

Bottle Label's note (引用):
100% Sangiovese, 48 month in oak.
Expansive, earthy aromas of Tuscan terrior and almonds. Rich plum and cherry fruit flavors on the palate with a long, long finish. Delicious with red meats, cheese, pasta and big sauces.


[PR]

by magamoduck | 2008-02-29 00:00 | ワイン日記
2008年 02月 26日

2002 Brogan Russian River Valley Sauvignon Blanc

2002 Brogan Russian River Valley Sauvignon Blanc

Sonoma の優秀な人気ワイナリー Brogan Cellars。Brogan Cellars は、Sonoma トップクラス Pinot Noir の第一人者 Williams Selyem Winery の創始者、Burt Williams 氏の娘である Margaret Wierenga 女史がワインメーカーを務める。特に Brogan の代表格である Pinot Noir は、Sonoma County Harvest Fair 3年連続 Gold を受賞したり、White House の公式ディナーワインに採用されるなど、その実力は輝かしい。卸ではなかなかお目にかかれない Brogan だが、たまたま K&L に入ってきた 2002 Sauvignon Blanc をゲット。

1日目。ちょっと微発泡してて驚く。微発泡のときは味が全然分からず。しばらく置くと抜けたけど。
2日目。微発泡は完全に抜けてた。2日目がこのワインの実力なのだろうか、断然美味しい。樽香に由来するバニラとは違ったバニラっぽい香りがする。2日目は冷えていてもフルーティさが味わえて美味。香ばしく、クリスプだけど濃厚。後味が非常に長い。6年寝かせたいい Sauvignon Blanc とはこんな味なのか。友人が買った同じワインがブショネだったらしいので警戒していたが、幸いにもうちのは平気でよかった(by おっと)。落ち着いた大人の柑橘系というかリンゴというか。熟成による深み。普通のカリフォルニアの Sauvignon Blanc だとこうはいかないはず。ますますフランスの白に興味がわく(by よめ)。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99 (さらに下がって現在 $12.99)

サイト: http://www.brogancellars.com/

K&L's note (引用):
Margaret Wierenga (Margi) was just a teenage when her father, Burt Williams, started making the first Williams Selyem wines in a subterranean bathtub beneath the garage in the late 1970s. After years working at his winery in Fulton she took a paid position at the Westside Road facility in 1993, worked at Hop Kiln and finally, in 1998, decided to start her own winery.


[PR]

by magamoduck | 2008-02-26 00:00 | ワイン日記
2008年 02月 24日

Korbel California Champagne, Chardonnay

Korbel California Champagne, Chardonnay

カリフォルニア州ソノマにある Korbel Champagne Cellars。創業1882年と、カリフォルニアでは古くからあるワイナリー。カリフォルニアでお手頃なスパークリングワインを造るイメージだが、アメリカ大統領就任ランチパーティ(Presidential Inaugural Luncheon)では7回連続で選ばれている。(フランスの Champagne (シャンパーニュ地方)で造られていないのに、ブランド名で "Champagne" と名乗るのはいいんだろうか。)

第一印象は、フランスの繊細なシャンパンに比べて泡が大きい!さすがアメリカ。でも、味は悪くない。甘すぎずドライすぎず飲みやすい。Chardonnay といわれればそんな気もする?リンゴのような味。ちなみに、Korbal Brut Rose は San Francisco Chronicle 誌の The 15 American Bargain Wines で紹介されている。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Nob Hill Foods価格: $10.99

サイト: http://www.korbel.com/

Winemaker's note (引用):
Korbel's Chardonnay Champagne combines the richness and complexity of Chardonnay wine with the fun and lively personality of champagne. Chardonnay Champagne fills your mouth with the flavors of tropical fruit, apples, figs and a touch of oak. The bright, sparkling finish is pure champagne. Chardonnay Champagne's richness makes it a wonderful champagne to serve throughout a meal. Try chicken and a seafood dishes, pasta with cream-based sauces, or a slice of apple pie.
- Paul Ahvenainen, Senior Winemaker, F. Korbel & Bros., Inc.


[PR]

by magamoduck | 2008-02-24 00:00 | ワイン日記
2008年 02月 22日

★ K&L Wine Tasting "Mount Eden Vineyards" (February 22, 2008)

San Jose 近くの Saratoga にある Mount Eden Vineyards。Santa Cruz Mountain (Santa Clara Valley)にある Estate Vineyard と、San Luis Obispo 近くの Edna Valley にて、Pinot Noir、Chardonnay、Cabernet Sauvignon を少量生産している。

Chardonnay はカリフォルニアっぽい典型的な樽醗酵の香り。Cabernet Sauvignon は悪くない。全体的に Robert Parker が高ポイントをつけているのに驚き。あまり印象には残らなかったけど。ラベルがカッコいい。

Mount Eden Vineyards
http://www.mounteden.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2008-02-22 18:00 | K&L Tasting
2008年 02月 22日

2006 Domaine Etienne Daulny Sancerre

2006 Domaine Daulny Sancerre
Domaine Etienne Daulny Sancerre
(ドメーヌ・エティエンヌ・ドールニー・サンセール)

Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

Domaine Etienne Daulny のある Chaudenay (ショードネイ村)は、ミネラル豊かな長期熟成に耐えうるサンセールを産する土地。シャブリのようなミネラルと Sauvignon Blanc の豊かな果実味が両立するサンセールを造りだす。

きんきんに冷えた状態で飲むと、爽やかだが後味が水のように薄く感じた。ところが、時間を置いて温度が上がると、豊かな果実味がぐんぐん出てきて面白い。でも、カリフォルニアの Sauvignon Blanc とは全然違う。しっかりミネラル(by おっと)。よめはまだミネラルがよくわからないが。同じくロワールを代表する地域 Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)の Sauvignon Blanc と飲み比べるのも面白そう。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99 ※ハーフボトル

K&L's note (引用):
Daulny's normal cuve'e is far from normal: after all, grapes from some of the appellations most revered vineyards make their way into this cuve'e, including old vine plantings at Les Monts Damne's, Les Bois Butteux and La Perriere. His yield is about 50 hl/ha (3.4 tons an acre -- normal for Sancerre) and the wine is fermented and aged in temperature-controlled stainless steel tanks. The wine sees no malolactic fermentation and thus retains freshness and vibrancy beneath plenty of forward, ripe fruit.


=========
楽天でお買い上げ
=========


ドメーヌ・エチエンヌ・ドールニー Sancerre Clos de Chaudenay Vieilles Vignes サンセール・テール・ブランシュ 2006


[PR]

by magamoduck | 2008-02-22 00:00 | ワイン日記
2008年 02月 20日

Fess Parker Frontier Red Lot No. 72

Fess Parker Frontier Red Lot No. 72

Santa Barbara の北、Los Olivos にワイナリーを構える Fess Parker Winery & Vineyard。オーナーは Fess Parker 氏、ワインメーカーは息子の Eli Parker 氏が務めている。ワインは Chardonnay や Pinot Noir、Syrah、Viognier など。なかでも Syrah の評価が高い。Fess Parker Winery は、映画 『Sideways』 で主人公マイルスがスピット・バケツからワインを飲むシーンで使われている。

その Fess Parker がお手頃価格で提供しているのがこの Frontier Red。San Fransico Chronicle 誌が The 15 American Bargain Wines で紹介したのがきっかけで購入。品種もヴィンテージも固定せず、少量生産に徹し、美味しいワインを低コストで造ることを目指している。50% Syrah に、Napa Gamay、Grenache、Petite Sirah、Cabernet Sauvignon、Carignane、Cabernet Franc、Alvarelhao のブレンド。生産ごとに Lot No. が上がっていくらしい。

最初、カベルネのような印象を受けたが、徐々にシラー系の濃い果実味が強くなる。品種はともかく普通に美味しいデイリーワイン。アルコール度数は15.5%と高め。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Draeger's価格: $10.99 (ワイナリー価格:$12.00)

サイト: http://www.fessparker.com/html/frontier_red1.html



Wine label's note (引用):
Frontier Red is made in the same down-to-earth spirit of the frontiersmen who tamed this land. A complex blend of Syrah, Grenache, Petite Sirah, Mouvedre, Cinsault and Carignane, Frontier Red serves up lush red and black fruit flavors complemented by enticing spice, vanilla and oak notes.

San Francisco Chronicle's note (引用):
Fess Parker Winery in Los Olivos was mocked in "Sideways" as "Frass Canyon," the unbearably kitschy spot where Miles drinks from the spit bucket. Ironically, this wine's composition wouldn't be that different from that of the bucket: It's a throw-in-everything blend of 50 percent Syrah with Napa Gamay, Grenache, Petite Sirah, Cabernet Sauvignon, Carignane, Cabernet Franc and Alvarelhao. It's a wham-bam 15.5 percent alcohol mouthful of potent, juicy fruit, with bold cherry and blackberry flavors, slightly syrupy mouthfeel, hints of coffee and tar in the aroma and a medium-long finish. I prefer it without spit, though, thanks. (W. Blake Gray)


[PR]

by magamoduck | 2008-02-20 00:00 | ワイン日記
2008年 02月 18日

2005 La Nebbia Mendocino Cabernet Sauvignon

2005 La Nebbia Mendocino Cabernet Sauvignon

Half Moon Bay にあるワイナリー La Nebbia Winery で直接ボトリングしてもらうワイン。今回は 100% Cabernet Sauvignon。ワイナリーでテイスティングしたときは果実味が強すぎフルーティすぎる気がしたが、開けるとそこまでではなく。甘口だけどデイリーワインとしては悪くない。前回の Merlot もなかなか美味しかったし赤ワインならお買い得。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $4.45 (自分で空き瓶を持っていって詰めてもらう)

サイト: http://www.lanebbiawinery.com/


[PR]

by magamoduck | 2008-02-18 00:00 | ワイン日記
2008年 02月 16日

2005 d'Arenberg The Laughing Magpie Shiraz-Viognier

2005 d'Arenberg "Laughing Magpie" Shiraz-Viognier
d'Arenberg The Laughing Magpie Shiraz Viognier
(ダーレンベルグ・ザ・ラフィング・マグパイ・シラーズ・ヴィオニエ)

Robert Parker 93 ポイント
Stephen Tanzer's International Wine Cellar 90 ポイント

オーストラリアのワイナリー d'Arenberg (ダーレンベルグ)。斜めに引かれた赤いラインが目を引く。現在ワインメーカーを務める4代目 Chester d'Arenberg Osborn (チェスター・ダーレンベルグ・オズボーン)氏は、ワイン専門誌 Winestate により1998年の "Winemaker of the year" に選出されたり、Wine & Spirits Magazine で世界の醸造家トップ70としてランキングされたり、世界で40人の "Wine personality of the year 2005" の1人にも選ばれたりと優秀なワインメーカー。

"Laughing Magpie (ラフィング・マグパイ)" とは、オーストラリアに生息する人の笑い声に似た鳴き方をするワライカワセミ(Kookaburra)を、チェスター・オズボーン氏の娘たちが "Laughing Magpies" (笑うカササギ)と呼んだことにちなむ。Shiraz と Viognier という珍しいこのブレンドは2000年が初リリースで、以後6年間、全リリースにおいて Robert Parker 90 ポイント以上をマークしている。畑は South Australia に位置する McLaren Vale (マクラーレン・ヴェール)。濃く深みのある Shiraz に定評がある。McLaren Vale Shiraz の特徴は、濃いプラム、スパイシーなベリー、チョコレート、オークなど。

2005 は 94% Shiraz、6% Viognier。色は濃いパープル。香りはカベルネのようだが味はさらにフルーティ。メルローより力強く、シラーよりエレガント。秘密はヴィオニエなのか。果実味も深みもありとても美味しい。興味深い味とコストパフォーマンスの高さでお薦めのワイン。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $19.99

サイト: http://www.darenberg.com.au/

Winemaker's note (引用):
The appearance once poured is youthful and dark with a crimson hue. The aromas are loud and intense with the viognier having an impact throughout the wine. The wine has an initial mix of dark plummy fruits, spice and stone fruit characters with a mix of blueberries, plums, cured meats and flowery notes with white and green pepper characters. As the wine opens up further notes of blueberry, cranberry and lavender/black tea characters come through with a mix of ginger and flower blossom which indicates the fragrance of viognier. Left to breath, the wine reveals further aromas of earth, roast meats, salami and prunes (highlighting several batches of fruit that experienced wild yeast fermentation) The palate is juicy and long and tastes superbly integrated for such a young, full bodied wine. There are plenty of bold shiraz characters dominated by black fruits, satsuma plums, blueberry and licorice notes and a lovely level of juiciness and wild honey sweetness from the Viognier. A dried herbal edge of blackcurrant leaves is balanced with acidity and gritty, mineral-like tannins. The finish is long and pointed and would suggest this wine will greatly benefit with further bottle aging.

Robert Parker's note (引用):
Year in and year out, one of the most exotic, flamboyant, and sexiest cuvees in the d’Arenberg portfolio is The Laughing Magpie Shiraz/Viognier. The 2005 exhibits a spring flower garden-like character interwoven with blackberries, creme de cassis, melted licorice, and sweet, toasty new oak. Opulent and voluptuous, with silky tannin, and a plump, fleshy, rich, full-bodied personality, this offering is meant to be consumed over the next 5-8 years.


=========
楽天でお買い上げ
=========


【送料無料】WA【92点】ダーレンベルグラフィング・マグパイ・シラーズ・ヴィオニエ[2006]
※ビンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2008-02-16 05:00 | ワイン日記
2008年 02月 16日

2006 グレイス甲斐ノワール

2006 グレイス甲斐ノワール

山梨県勝沼にある中央葡萄酒のブランド、グレイスワイン。日本に適した垣根式栽培により、カベルネ、メルロー、シャルドネなど欧州系専用品種の栽培と醸造を試し、磨き、その水準から日本原産ブドウ「甲州種」の栽培と醸造を見直し、日本にしかない世界の人々に求められるワインを造り出そうと努力を続けている。甲斐ノワールは、カベルネソーヴィニオン種とブラッククイーン種をかけ合わせた山梨県産オリジナルの赤ワイン用葡萄品種。

色は濃いガーネット。香りも味もカベルネのような力強さはなく酸味が目立つ。翌日のほうがまだよかった。先日飲んだ日本産メルローがとても美味しかっただけにとても残念無念。

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
ワイナリー価格: 2,210円

サイト: http://www.grace-wine.co.jp/

Winemaker's note (引用):
深いルビー色に輝くワインから、ブラックベリーの果実香や黒こしょう、ミントのスパイシーな香りが複雑に広がります。味わいは力強く、香草焼きや香りの強い料理とも良く合います。


=========
楽天でお買い上げ
=========


[グレイスワイン] グレイス 甲斐ノワール [2006] 【 赤・ミディアムボディ 】750ml


[PR]

by magamoduck | 2008-02-16 04:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧