おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

Silvano Follador Prosecco Valdobbiadene Brut

Silvano Follador Prosecco Valdobbiadene Brut
Silvano Follador Prosecco Valdobbiadene Brut
(シルヴァノ・フォラドール・プロセッコ・ヴァルドッビアーデネ・ブリュット)

Gambero Rosso 2 Glasses 受賞
イタリアのワインメーカー Silvano Follador (シルヴァノ・フォラドール)の手による Prosecco 種のスパークリング。K&L のイタリアワインのバイヤーが、「今までこんなに美味しいプロセッコ飲んだことがない!」とまで宣伝していた1本。だが、、辛口。フルーティさが足りないのかな。おっと&よめ共に、今まで飲んだプロセッコの中では一番好みではなく。残念。

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

K&L's note (引用):
2 Glass Gambero Rosso! I have been looking for a Prosecco producer that we could import directly for a few years. Last April in Italy I met with the very young brother-and-sister team of Silvano and Alberta Follador. We didn’t even taste their wines when we first met. They just wanted to meet me before we even thought about the wine. We liked each other immediately. In today’s world of fast-paced business it was very refreshing to see that producers were more interested in who was going to take care of their wines rather than how much we were going to buy. I walked away hoping that they made wine that was at the very least good. A month later we tasted the samples and YOWSA! We were stunned by the quality; I have never tasted better Prosecco than these. Dumfounded by the quality, humbly I asked for the price list knowing the quality and the stunning package would demand some outrageous price. The prices matched their personalities, however, humble and honest. In the Brut, the first thing you notice is the incredibly perfumed nose. Beautifully balanced and delicate, it is followed by refined fruits with hints of yeasty complexity without being ponderous. This sparkling wine is a perfect aperitivo?long, pure and refreshing. It makes you want to drink glass after glass. (Greg St.Clair, Italian buyer)


[PR]

by magamoduck | 2008-10-31 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 31日

★ K&L Wine Tasting "Halloween Spooky Savings" (October 31, 2008)

今回の K&L テイスティングは、K&L スタッフが選んだお手頃ワイン特集。31日ハロウィン当日とあって、ハロウィンっぽく面白いラベルのワインが多い。いずれも、よく K&L で見かけていたお手頃ワインだったので、まぁいい企画。ドイツのピノなど、面白いワインもあり。

印象に残ったワイン:
・2007 Josef Leitz Rüdesheimer Drachenstein "Dragonstone" Riesling, Germany ($16.99)
・2007 Undone Pinot Noir, Germany ($10.99)
・2006 Hocus Pocus Santa Barbara Syrah ($17.99)

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2008-10-31 17:00 | K&L Tasting
2008年 10月 29日

2005 Grand Bateau Rouge, Saint-Julien

2005 Grand Bateau Rouge, Saint-Julien
Grand Bateau Rouge, Saint-Julien
(グラン・バトー・ルージュ・サン・ジュリアン)

ボルドー・メドック地区の4級格付けシャトー Chateau Beychevelle (シャトー・ベイシュヴェル)のサードワイン。(セカンドワインは Amiral de Beychevelle:アミラル・ド・ベイシュヴェル。)以下が Chateau Beychevelle のエチケット。同じ船が描かれているのにサードワインになるとこんなに安っぽい。。
c0121783_9573424.jpg


安いカリフォルニアのカベルネかニューワールドだと思ったけれど、ボルドーだと知って飲むと美味しいボルドーに思えるから不思議(by おっと)。薄っぺらくてタンニンもなく、かなりいまいちなボルドーだと思ったけど、時間が経つと落ち着いてきて飲みやすいワインになった(by よめ)。値段も値段だし。75% Merlot、25% Cabernet Sauvignon。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

サイト: http://www.beychevelle.com/


[PR]

by magamoduck | 2008-10-29 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 27日

2005 Stonehedge Reserve Petite Syrah

2005 Stonehedge Reserve Petite Syrah

カリフォルニア州ナパにある Stonehedge Winery。ざらっとして煙っぽい。ピノ系(by おっと)。すごく飲みやすくて2人で1本空けてしまった。普通に美味しい。(※通常プティ・シラーは Petite Sirah と綴るけれど、このワイナリーでは Petite Syrah となっている。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's価格: $9.99

サイト: http://www.stonehedgewinery.com/


[PR]

by magamoduck | 2008-10-27 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 24日

2006 Palmina Santa Barbara County Barbera

2006 Palmina Santa Barbara County Barbera

カリフォルニア州サンタバーバラにあるイタリア品種専門のワイナリー Palmina。ワインメーカーの Steve Clifton 氏は Sta. Rita Hills にあるブルゴーニュ品種に力を入れるワイナリー Brewer-Clifton でワインメーカーとして勤める傍ら、イタリア品種にも惹かれ、独自のラベルで Palmina を立ち上げる。サンタバーバラ・カウンティで育ったイタリア品種を使いワインを造っている。

ワイナリーで試飲して気に入った Barbera 種。バルベーラはカリフォルニアでいうピノのような位置づけと言われる。このバルベーラはピノより酸味があり、パワフルな鮮やかさ。もう少し寝かせたらほとばしるパワフルさが落ち着くのかな。でも、やはりバルベーラは結構好きな品種かも。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $22.00 (K&L価格:$19.99)

サイト: http://www.palminawines.com/

Winemaker's note (引用):
Barbera is known worldwide for its intense color, and the 2006 Barbera, Santa Barbara County more than steps up to the plate. A deep rub-red color with violet hues foretells of the dark fruit profile in the glass. A swirl releases a bouquet of ripe plum, blackberry and black currant along with subtle traces of nutmeg and toasted vanilla. On the palate, the wine is mouth-coating and silky and just plain friendly! There is a depth of blueberry-plum and black cherry fruit, sweet baking spices and a hint of chocolate, a bit of earthy-mineral character, soft and pleasing tannins and a lively acidity that then leads to a cherry cobbler finish. Beautifully balanced, this is a wine with harmony.

Barbera loves food, and food loves Barbera. Enjoy this wine with the company of friends and family and with meals ranging from Wednesday’s spaghetti to Sunday’s pot roast. Our featured recipe is Polenta Pastacciata (Polenta Pie).


[PR]

by magamoduck | 2008-10-24 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 24日

★ K&L Wine Tasting "Southern Stars w/John Gorman" (October 24, 2008)

今回の K&L テイスティングは、ニュージーランドと南オーストリアのワイン特集。John Gorman というダンディなインポーターが手がける。最初はいろいろ説明してくれていたが、最後のほうは別客と話しこんでしまって説明がなく残念。

7本すべて赤。1本が New Zealand の Pinot Noir、残りは South Australia の Shiraz というわかりやすいセレクション。ニュージーランドと言えば Sauvignon Blanc のイメージだが、最近は Pinot Noir に力を入れていて、2010年頃には SB と同じくらいの生産量になるんだとか。

久しぶりに飲んだ南半球の力強いワインたち。まさにニューワールドなものから、ヨーロッパスタイルを意識したワインまで様々。どれも Robert Parker がいいポイントをつけてるんだ。(この系統のワインが好きなんだよね、、、)全体的におっとはお気に入りだった様子。よめには多少パワフルすぎ。1杯でいい。

印象に残ったワイン:
・2005 Cascabel Shiraz Fleurieu Peninsula South Australia ($26.99)
・2006 Oliverhill "Jimmy Section" Shiraz McLaren Vale South Australia ($28.99)
・2006 Tait "The Ball Buster" Shiraz-Cabernet-Merlot South Australia ($16.99)
・2005 Steve Hoff Shiraz Barossa Valley South Australia ($23.99)

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2008-10-24 17:00 | K&L Tasting
2008年 10月 23日

1989 Bollig-Lehnert Piesporter Goldtröpfchen Riesling Spätlese

1989 Bollig-Lehnert Piesporter Goldtröpfchen Riesling Spätlese
Bollig-Lehnert Piesporter Goldtropfchen Riesling Spatlese
(ボリッヒ・レーネルト・ピースポーター・ゴールドトレプヒェン・リースリング・シュペトレーゼ)
※正しい読み方かどうか自信がない。

ドイツで有名なワイン生産地域 Mosel (モーゼル)にある Weingut Bollig-Lehnert (ボリッヒ・レーネルト醸造所)。ボリッヒ・ファミリーは17世紀からの歴史ある醸造所で、リースリング種をブドウ栽培からワイン造りまで家族で経営。現在のワインメーカーは Stefan Bollig (ステファン・ボリッヒ)氏。モーゼルの Piesporter にある Goldtropfchen (ゴールドトレプヒェン) 畑は「黄金のしずく」という意味の優れた畑。ここから素晴らしい甘口のモーゼルワインが生まれる。

長期熟成に耐えるという噂のドイツのリースリングがお買い得だったので購入。1989年なので19年物。コルクがワインを吸ってすごい匂い。きらきら光る酒石。ワインは草の香り。最初酢のような味がしたけど消えた(ほんと?)。ハニー、熟したメロンのような味。初めて飲む、まったりと熟した果実のような独特の味をなんと表現したらいいのか。ちょっと渋い貴腐ワインみたい。アルコール度数は約8%と低め。美味しい。貴重な体験。

Spätlese (シュペトレーゼ)等、ドイツワインの格付けはこちら


※ドイツ語。どれが正しい(正しい発音に近い)読み方なのか本当にわからない。
Bollig-Lehnert
  ボリッヒ・レナート
  ボリッヒ・レーネルト
  ボリグ・レーネルト
  ボリグ・レンネルト

Goldtröpfchen
  ゴールドトロッフェン
  ゴールトトロプヒェン
  ゴールドトレプヒェン
  ゴルトトレップヘェン
  ゴルトトロプヘン


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $18.99

サイト: http://www.bollig-lehnert.de/

K&L's note (引用):
Stefan Bollig (vintage 1961) is passionately devoted to his work and is a fine example of the new generation of Mosel vintners. The family has been producing wine since the 17th Century, but new cellars and house have been built on the outskirts of Trittenheim. The total holdings of 4 hectares (10 acres) are tended by the family themselves, the steeply sloping vineyards being composed mainly of slatey soil. Stefan has been managing the estate since 1987, after completing his viticultural studies and practical experience in Trier and Bad Kreuznach. Stefan Bollig's wines are stylish, crisp and classic with a fine fruity elegance and good mineral content, not showing excessive sweetness. The fine, pronounced, yet ripe acidity, especially in recent vintages since 1988, gives his wines plenty of maturing potential.


[PR]

by magamoduck | 2008-10-23 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 19日

2007 Bridlewood Reserve Viognier

2007 Bridlewood Reserve Viognier

カリフォルニア州南部 Santa Barbara にあるワイナリー Bridlewood Winery。サンタバーバラらしく特に Syrah 種に力を入れている。

香りはフローラルでトロピカル、典型的な甘いヴィオニエの香り。口に含むと苦味と舌の上で微発泡を感じる。2日目は苦味が多少抜けて飲みやすくなった。あの苦味はこのワイン特有なのか、たまたまこの1本がそうだったのか。94% Viognier、3% Chardonnay、3% Roussanne、1% Marsanne。カリフォルニアでは珍しいブレンド。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99 (ワイナリー価格:$22.00)

サイト: http://www.bridlewoodwinery.com/

Winemaker's note (引用):
Bridlewood Estate Winery's 2007 Central Coast Reserve Viognier is the result of blending grapes six unique vineyards. The vineyards scattered across the Central Coast were selected by winemaker David Hopkins for their own distinct 'terroir.' The grapes were harvested on different days, each at the peak of ripeness and whole cluster pressed to avoid inclusion of bitter skin components. After initial cold settling, the grapes were racked, fermented and aged in stainless steel. This is a Rhône style wine that is truly one of a kind.

The 2007 Central Coast Reserve Viognier is intensely aromatic with a bouquet of honeysuckle and orange blossom, accompanied by aromas of melon, buttered toast and rich tropical fruits. The flavors are a blend of tart mango, peach, grapefruit and a honeyed richness with a long mid palate and a clean finish. The moderate acidity, minerality and full fruit flavors make this a perfect wine for pairing with rich foods such as lobster, crab, abalone or a more casual fare such as pâté, fresh fruit and a variety of hard and soft cheeses.


[PR]

by magamoduck | 2008-10-19 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 17日

2005 Miura Silacci Vineyard Pinot Noir

2005 Miura Silacci Vineyard Pinot Noir2005 Miura Silacci Vineyard Pinot Noir
(左:ボトル表) (右:ボトル裏、わかりにくいけれど闘牛の牛が右端に描かれている)

カリフォルニア州モントレーにある Miura Vineyards (ミウラ・ヴィンヤーズ)。オーナーの Emmanuel Kemiji (エマニュエル・ケミジ)氏は、世界にわずか160人弱しか存在しない難関資格マスターソムリエの栄誉を、アメリカ国民として13番目に手にした人物。現在アメリカにも約40名のマスターソムリエが存在するが、試験を一発で合格したのはわずか7名しかいないと言われており、ケミジ氏はその一人。

ネーミングとラベルの牛は、ケミジ氏が育ったスペインの最も有名な闘牛ブリーダーである Don Eduardo Miura からとったもの。(最初、日本人の名前かと思った。)ケミジ氏は闘牛から「気高さ、大胆さ、力強さ」を感じ取り、それを自らのワインにも表現しようと考えたのだそう。ピノ・ノワールで有名な Santa Lucia Highlands の畑 Pisoni (ピゾーニ)、Garys' (ゲイリーズ)、Talley (タリー)、Silacci Vineyard (シラッキ or シラッチ)の単一畑のピノを生産。今回はそのうちのひとつ、Silacci Vineyard。

ダークベリー系でソノマの RRV のピノのよう。シルキーで芳醇、力強く、料理とあわせるというより単体で飲み続けるのが美味しい印象のピノ。さすが闘牛。

ブラインドテイスティング・メモ
おっと: Pinot Noir、ベリー、ソノマ
よめ:  Pinot Noir、ベリー、ソノマ、カリフォルニアと知らなければオレゴンみたい(これは見当違い)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

=========
楽天でお買い上げ
=========


●ミウラ ピノノワール "ピゾーニ/シラッチ/ゲイリーズ/タレー" サンタルチアハイランズ 2006
※ヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2008-10-17 08:00 | ワイン日記
2008年 10月 17日

2005 L'Aventure Paso Robles "Optimus"

2005 L'Aventure Paso Robles "Optimus"
L'Aventure Paso Robles "Optimus"
(ラヴァンチュール・パソ・ロブレス・オプティマス)

Robert Parker 94 ポイント
Stephen Tanzer's International Wine Cellar 90 ポイント

カリフォルニア州 Paso Robles (パソ・ロブレス)地方にある L'Aventure winery (ラヴァンチュール・ワイナリー)。フランスの St. Emilion 出身の Stephan Asseo (ステファン・アセオ)氏は、がんじがらめのボルドーAOC法の規制の中でのワイン造りではなく、自分の求めるワイン造りとテロワールを求めて世界中を捜し回り、パソ・ロブレスに辿り着く。Robert Parker 氏が「パソ・ロブレスで最も感動的なプロデューサーの1つ」に挙げ、2004 Estate Cuvee がパソ・ロブレス産ワインとしては異例の Robert Parker 98 ポイントを獲得。

すでにブラインド7本目。すごい経歴のワイナリーにも関わらず、よめはほとんど記憶に残らなかったワイン。可もなく不可もなく。おっとは美味しかったらしい。(その割にはコメントなし。)こういうブレンドは難しい。51% Syrah、44% Cabernet Sauvignon、5% Petit Verdot。

ブラインドテイスティング・メモ
おっと: Sangiovese
よめ:  Merlot、フルーティ

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $34.99 (ワイナリー価格:$45.00)

サイト: http://www.aventurewine.com/

Robert Parker's note (引用):
The least expensive red wine is the Optimus cuvee. The 2005 Optimus (51% Syrah, 44% Cabernet Sauvignon, and 5% Petit Verdot) barely qualifies as a Rhone Ranger, but it offers classic chocolate, cassis, espresso, and subtle wood notes along with a dense ruby/purple hue, gorgeous concentration, and plenty of spice, cedar, and a Pauillac-like complexity and richness. This serious effort is more French than Californian. It should drink well for 6-10 years. Transplanted Frenchman, Stephan Asseo (from St.-Emilion), has found a home as well as some great terroirs in the limestone soils of Paso Robles (all his vineyards are situated on the western side of Highway 101). Asseo continues to go from strength to strength, producing a fabulous portfolio of wines that makes L-Aventure one of the bright, shining reference points for the region. This is one of the California Central Coast superstars, and the wines are worth every cent. (06/08)


[PR]

by magamoduck | 2008-10-17 07:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧