おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 28日

★ K&L Wine Tasting "J Vineyards & Winery" (January 28, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ソノマの J Vineyards & Winery。同じくソノマの Jordan Vineyard & Winery のオーナーの娘 Judy Jordan (ジュディ・ジョーダン)女史が独立して作ったワイナリー。カリフォルニアワインを飲み始めた当初にとても好きだった、典型的な王道 Russian River Valley のピノを造る。対応してくれた人が他の客との話に没頭し、まったく注いでくれないし説明もなし。ちょっとひどい。

印象に残ったワイン:
・J Vineyards "Cuvée 20" Sparkling Wine ($21.99)
・2007 J Nicole's Vineyard Pinot Noir  ($50 at winery)

K&L Friday Tasting

J Vineards & Winery
http://www.jwine.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2011-01-28 17:00 | K&L Tasting
2011年 01月 25日

1996 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac

1996 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac
Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac
(シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド・ポイヤック)

96 points Robert Parker's Wine Advocate
ボルドー・メドック地区格付け第2級 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande (シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)。左岸のポイヤック村にしてはかなり高いメルローのブレンド比率が特徴で、フランスではどちらかと言うと女性的なスタイルのワインとして知られている。

1996年は、1982年に次ぐと言われるボルドー・メドック地区の良年。デキャンタージュしてもしばらくは香りは弱く、閉じている印象。しばらくすると、突然カシス系の香りが出てきて、期待通り典型的な上品なボルドーワインの素性が現れる。想像より果実味が残っていて、飲み頃感はあるけれども、あと10年くらいは寝かせてみてもよかったように思う。メルローのブレンド比率が多いことをもう少し意識して飲めばよかった。セカンドワイン Réserve de la Comtesse (レゼルヴ・ド・ラ・コンテス)はこちら

ボルドー2級シャトーの名前が似ているので注意。共に Pauillac。
前回: Château Pichon Longueville Baron
今回: Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
K&L価格: $199.00

サイト: http://www.pichon-lalande.com/

Robert Parker's notes (引用):
"The 1996 Pichon-Lalande is just as awesome from bottle as it was from multiple cask tastings…The color is a saturated ruby/purple. The nose suggests sweet, nearly overripe Cabernet Sauvignon, with its blueberry/blackberry/cassis scents intermixed with high quality, subtle toasty new oak. Deep and full-bodied, with fabulous concentration and a sweet, opulent texture…Could the 1996 turn out to be as extraordinaryas the 1982? 96/100."




[PR]

by magamoduck | 2011-01-25 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 24日

2009 Château Miraval, "Pink Floyd" Côtes de Provence Rosé

2009 Château Miraval, "Pink Floyd" Côtes de Provence Rosé

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Château Miraval (シャトー・ミラヴァル)。オーガニック、バイオダイナミックにこだわっている。俳優アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのカップルが、「南フランス・プロヴァンス地方のブドウ畑付きシャトーを購入」という話題で一躍有名になる。Côtes de Provence のロゼで有名なシャトーだが、Rolle (ロール)という品種が主体の爽やかな白ワインや、ブレンドの赤ワインも造っている。

典型的なプロヴァンス色のロゼ。Old Vine の Cinsaut と Grenache から造られている。ほのかな果実味だがかなりドライな辛口ロゼ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99

サイト: http://www.miraval.com/

K&L's notes (引用):
Château Miraval's "Pink Floyd" is a most quintessential rosé from the south of France. The 2009 "Pink Floyd" Rosé is composed of organically grown cinsault and Grenache grapes grown on the clay/limestone soils of the domaine. Think light, bright, delicate..dry and crisp, with just enough subtle fruit nuances of wild strawberries, pink lady apple and fresh mint leaves. Pairing: roast beef sandwiches with aioli, olives and cheese, salade nicoise, ratatouille with couscous. 13.5% abv.


[PR]

by magamoduck | 2011-01-24 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 22日

2009 Hippolyte Reverdy Sancerre


(写真はK&Lのサイトより転載)

90 points Wine Spectator
Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

K&Lスタッフが、これ以上牡蠣にあうサンセールはない!と絶賛する1本。造り手である Hippolyte Reverdy に関する情報は殆どないものの、酸味、ミネラル、そしてほんのり甘い(フローラル?)果実味のバランスが非常に良く、牡蠣(生、BBQ)との相性は抜群だった。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
There is perhaps no better match for a dozen oysters than this minerally Sancerre from one of the best producers in the region. Textbook Loire Valley Sauvignon Blanc, with bright acidity, smoke, citrus and grassiness. Insanely addictive and so so good with shellfish it's almost sick! 90 points Wine Spectator: "Mouthwatering from start to finish, boasting bright floral and lemon zest notes up front, followed by pink grapefruit, quince and salted butter notes that extend through the finish. Ripe, but bright and lacy, with lovely detail. Drink now through 2011." (12/10) 89 points Robert Parker's Wine Advocate: "Hippolyte Reverdy's 2009 Sancerre displays the ripeness of its vintage with amplitude and a bit of heat, but fresh honeydew as well as lime and grapefruit accompany the corresponding bittersweet oils; and salty, stony, chalky underlying notes that convey a certain sense of coolness as well as invigoration, saving this rich Sancerre from coming off as overbearing, and reasonably fending-off the effects of high alcohol (disguised by a label that reads '11-14%'). Serve this (not too warm!) over the coming 12-18 months." (08/10)


[PR]

by magamoduck | 2011-01-22 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 21日

★ K&L Wine Tasting "LIOCO with Matt Licklider" (January 21, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ソノマの LIOCO (リオコ)。インポーターの Matt Licklider (マット・リックライダー)氏とビバリー・ヒルズの2つ星レストラン "Spago" のワイン・ディレクターの Kevin O'Connor (ケビン・オコーナー)氏が共同で設立したブランド。LIOCO はワイナリーもぶどう畑ももたず、協力的なぶどう生産者たちと良好な関係を築きながらワイン製造設備を借りて、彼らのビジョンを共有する有能なセラー・マスターを雇い、"Virtual winery (ヴァーチャルワイナリー)" として運営している。Organic、Sustanable。自然のイーストのみを使い、農薬も最小限に押さえた "Natural Wine"。

Matt氏は話上手なイケメン。情熱的にワインを語る様子が印象的。2009年のテイスティング同様、どれも好印象。『サンフランシスコ・ワイン日記』 のゴマさんがステンレスボトルに詰め替えて販売する LIOCO Sauvignon Blancを紹介していたのだが、レストランのみに卸している特別品なんだそう。残念。

K&L Friday Tasting

LIOCO
http://www.liocowine.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2011-01-21 17:00 | K&L Tasting
2011年 01月 17日

2009 Charles Shaw Merlot

2006 Charles Shaw Merlot

"Two Buck Chuck" (2ドルワイン)の愛称で有名な Trader Joe's の Charles Shaw。生産者は Bronco Wine Company で、全米第4位の巨大ワイン製造者。カリフォルニアの Central Valley に35,000エーカーを超える畑を持ち、ブドウはすべてカリフォルニア産。Cabernet Sauvignon、White Zinfandel、Merlot、Chardonnay、Sauvignon Blanc、Shiraz、Beaujolais Nouveau などをラインナップとする。値段以上の美味しさで、コストパフォーマンスは最高。日々のテーブルワインとしては充分な味。

香りも味もフルーティだが、全体的に薄っぺらい。2日目までおくと酸化が感じられるが、フルーティさはむしろ増す。同時に飲み比べた Whole Foods の2ドルワイン共々、メルローはどちらもいまいち。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's価格: $1.99

サイト: http://www.traderjoes.com/

Winemaker's notes (引用):
If there’s been one constant in our wine selection lately, it’s got to be Charles Shaw. Lovingly nicknamed "Two Buck Chuck" by a member of the wine press, these California wines have become something of a phenomenon in the wine world, and in our stores. Contrary to many an urban legend, these super-value wines began as the result of an oversupply of wine and a great relationship with a valued supplier. They’ve become the nation’s best-selling wines, not surprising when you consider the combination of low price ($1.99 - $3.49 per bottle, depending on the region) and great taste Charles Shaw wines offer. Depending on the season and the quality of wine available, our selection of Charles Shaw varietals will vary, but the quality never will.


[PR]

by magamoduck | 2011-01-17 02:00 | ワイン日記
2011年 01月 17日

NV Three Wishes California Merlot

Three Wishes California Merlot

オーガニック・フード、ベジタリアン・フード、健康食品に力を入れるアメリカの高級志向系グローサリーストア Whole Foods が、同じくユニークなアメリカのグローサリーストア Trader Joe's の "Two Buck Chuck" (2ドルワイン)の愛称で有名な Charles Shaw に対抗して販売を開始した Three Wishes。ワイナリーはカリフォルニア州の Livermore と Ripon にある。現在、Chardonnay、Merlot、Cabernet Sauvignon の3品種をノンヴィンテージ(NV)で生産。

香りにケミカルなものを感る。味は薄っぺらい。ただ、良くも悪くもジュースみたいで、軽く飲むには飲みやすい。(特に2日目。)とはいえ、同時に飲み比べた Charles Shaw のメルロー共々いまいち。

※エコボトル Eco-Glass
Whole Foods が販売する Three Wishes のワインボトルは、Eco-Glass を採用。ボトルに使うガラスの量を25%削減して重さを軽くすることで、輸送にかかる燃料を削減することで、二酸化炭素の排出量も削減し、環境に配慮する取り組み。ただし、サイトには "the wine inside is just as good." とはあるが、ワインに与える影響は不明。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Whole Foods価格: $1.99
[PR]

by magamoduck | 2011-01-17 01:00 | ワイン日記
2011年 01月 16日

2007 Rocca di Montegrossi Chianti Classico

2007 Rocca di Montegrossi Chianti Classico
Rocca di Montegrossi Chianti Classico
(ロッカ・ディ・モンテグロッシ・キャンティ・クラシコ)

91 points Robert Parker's Wine Advocate
K&L Club Italiano 2009 7月のワイン。
イタリア・トスカーナ州の DOCG 認定地区 Chianti Classico の中の Gaiole in Chianti (ガイオーレ・イン・キャンティ)自治体で Ricasoli-Firidolfi (リカゾリ・フィリドル)家が運営するワイナリー Rocca di Montegrossi (ロッカ・ディ・モンテグロッシ)。現在のオーナーは Marco Ricasoli-Firidolfi 氏。

K&Lで良く見かける造り手のキャンティ・クラシコ。以前にも2005年ビンテージを飲んでいる。最初少しだけピリピリした臭みが感じられたがすぐに消える。それでもあまり深みは無く、2005年の時と同様値段相応の味わいという印象。90% Sangiovese、5% Canaiolo、5% Colorino。

※キャンティとキャンティ・クラシコの違い (Chianti and Chianti Classico)
キャンティは、その質にピンからキリまであるようなワインが一括して DOCG にランクされているとよく問題視されるが、キャンティ・クラシコも長い間キャンティのひとつのカテゴリに過ぎなかった。1996年、ようやくキャンティから独立し、単独の DOCG を名乗ることになった。最も古い歴史と伝統があるエリアで造られるキャンティ、それがキャンティ・クラシコと言える。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $18.99 ※Restricted to Wine Club Members (K&L価格:$21.99)

K&L's notes (引用):
91 points Robert Parker's Wine Advocate: "The 2007 Chianti Classico explodes from the glass with a kaleidoscope of black cherries, minerals, flowers and underbrush. The wine reveals stunning length and an intense, satisfying finish. This dense, full-bodied wine is truly a remarkable effort at this level. It also happens to be an incredible value. The Chianti Classico is 90% Sangiovese, 5% Colorino and 5% Canaiolo that spent 12 months in French oak barrels. Anticipated maturity: 2009-2017. Once again proprietor Marco Ricasoli has fashioned one of the most outstanding set of wines in Chianti Classico." (08/09)




[PR]

by magamoduck | 2011-01-16 04:00 | ワイン日記
2011年 01月 16日

2008 Domaine Sylvain Langoureau, St. Aubin 1er Cru, En Remilly

2008 Domaine Sylvain Langoureau, St. Aubin 1er Cru, En Remilly
Domaine Sylvain Langoureau, St. Aubin 1er Cru, En Remilly
(ドメーヌ・シルヴァン・ラングロー・サン・トーバン・プルミエ・クリュ・アン・レミリィ)

K&L Personal Sommelier Service 2010 6月のワイン。
Saint Aubin (サン・トーバン村)の一級畑 En Remilly (アン・レミリィ)は、Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の南下半分、Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地方)に位置する。Montrachet (モンラッシェ)のセカンド的に扱われるが、このアン・レミリィ畑は Chassagne-Montrachet Premier Cru (シャサーニュ・モンラッシェ村の一級畑)の真横にあり、斜面の向きが違うものの条件的にはモンラッシェに限りなく近い土壌といわれている。

Puligny-Montrachet と St. Aubin の間の Gamey (ガメ村)に位置するドメーヌは、昔はすべてのブドウをネゴシアンに売っていたが、現在のオーナーである4代目 Sylvain Langoureau (シルヴァン・ラングロー)氏の代から自らもワイン生産を始め、ドメーヌとしての道を歩み始めた。St. Aubin、Meursault、Puligny、Chassagne に畑を持っているが、St. Aubin のワインが看板。

2007年ビンテージを一昨年に飲んでおり、期待の一本。以前よりも樽香のようなバター系の味が強く感じられたものの、カリフォルニアとは明らかに違う上品なシャルドネ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $33.99

Winemaker's notes (引用):
This vineyard is one of the best in the village, located immediately adjacent to Chassagne Montrachet Premier Cru vineyards and a stone's throw from Le Montrachet. This is quite sweet and forward, with a nice thread of minerality running through it. This is drinking very nicely, indeed, and very reminiscent of a Chassagne Montrachet, at a fraction of the cost. If you like the rich, slightly creamy, generous nature of Chassagne, this is for you. (Keith Wollenberg, K&L Burgundy Buyer)


[PR]

by magamoduck | 2011-01-16 03:00 | ワイン日記
2011年 01月 16日

2008 Pascal Cotat "Les Monts Damne's" Sancerre Chavignol

2008 Pascal Cotat "Les Monts Damne's" Sancerre Chavignol
Pascal Cotat "Les Monts Damne's" Sancerre Chavignol
(パスカル・コタ・レ・モン・ダネ・サンセール・シャヴィニョル)

フランス・ロワール地方、サンセールの造り手 Domaine Pascal Cotat (ドメーヌ・パスカル・コタ)。コタ家は、Didier Dagueneau(ディデイエ・ダグノー)、Alfonso Mellot(アルフォンソ・メロ)、Henri Bourgeois(アンリ・ブルジョワ)に並ぶサンセールの傑出した造り手。非常に似たラベルでワインを出す François Cotat (フランソワ・コタ)と Pascal Cotat (パスカル・コタ)は従兄同士。元々は父親同士が営む一つのドメーヌだったのが2つに別れ(フランソワの醸造所はサンセールのシャヴィニョル村、パスカルはサンセール)、現在は同じ畑のブドウから別々にワイン造りを行っている。似たような味わいではあるものの、フランソワの造るワインは繊細でミネラルに富んだ造り、パスカルの造るワインは果実味にあふれ、非常に華やかな派手な造りとなっている。インポーターはバークレーの North Berkeley Imports。

"Damned Mountains (非常な山)" を意味するこの単一畑は、他に類を見ない急勾配故に手作業で収穫が行われ、ロワールの中でももっともチョーキーなワインを造ることで知られている。開いてくるとミネラル感が強くて非常に美味しい。今まで飲んだサンセールの中では以前飲んだ Gerard Boulay (ジェラール・ブレ)と並んで間違いなくトップクラス。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
インポーター価格: $61.95

インポーターのサイト: http://www.northberkeleyimports.com/
[PR]

by magamoduck | 2011-01-16 02:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧