2011年 08月 06日

2007 Ridge Lytton Estate Zinfandel

2007 Ridge Lytton Estate Zinfandel

カリフォルニア州サンタ・クルーズ・マウンテン(Santa Cruz Mountains)の Monte Bello Ridge の頂に位置する名実共に人気の高い Ridge Vineyards。フラッグシップであるカベルネブレンドの Monte Bello やジンファンデルが有名。

カリフォルニアワインの実力を世界に知らしめた1976年のパリ対決(パリ・ティスティング:Paris Tasting of 1976)から30年後の2006年。30年前と同一のワイン、同一のヴィンテージを再び利き比べする記念テイスティングが行なわれ、フランスの Chateau Mouton-Rothschild (ムートン)や Chateau Haut-Brion (シャトー・オー・ブリオン)などを押さえ、1971 Ridge Monte Bello が堂々一位に輝き、カリフォルニアワインも十分に熟成に耐えうることを証明した。

Ridge を代表するジンファンデルである Lytton Springs の畑では、区画ごとに収穫時期、熟成期間を様々にしていて、その中で最も Lytton Springs の特徴をよく表現するようブレンドされたのが今回の Lytton Estate ワイン。2007年が初ヴィンテージでブレンド比率は 93% Primitivo (Zinfandel)、4% Carignane、3% Petite Sirah。Ridge ならではの深みのあるけど嫌みの無い美味しいジンファンデル。同年の Lytton Springs と飲み比べてみたい一本。あえて Primitivo と表記しているのが興味深い。

※パリ対決の詳細はこちら:
http://www.ridgewine.jp/news2.html (日本語)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $30.00

サイト: http://www.ridgewine.com/

Winemaker's notes (引用):
Each year, having separately harvested, and fermented, the various parcels planted at Lytton Springs, we select the wines that best represent the vineyard's character, and best complement each other in assemblage blind tastings. Occasionally, one of these, though outstanding alone, does not integrate well with the rest. This was the case in 2007. A section of the vineyard is planted to primitivo, a grape brought from Croatia to southern Italy in the early nineteenth century - the same grape that came from Croatia to Vienna, then, as zinfandel, to America. 2007 is the first vintage in which we have bottled it on its own. After a ten-day natural-yeast fermentation, the wine aged for twelve months in air-dried american oak. Exuberant fruit, full body, and firm structure ensure its appeal over the next five to six years.


[PR]

# by magamoduck | 2011-08-06 03:00 | ワイン日記
2011年 08月 06日

2010 Vina Robles Huerhuero Estate Viognier

2010 Vina Robles Huerhuero Estate Viognier

カリフォルニア州パソロブレスのスタイリッシュなワイナリー Vina Robles (ヴィーニャ・ロブレス)。「I want Vina Robles to express a unique balance of European heritage and American opportunity.」 と言うように、オールドワールドとニューワールドの絶妙なバランスを具体化したワイン造りを信条としている。

僅か8樽のみの少量生産のヴィオニエ。時々ある、香りも果実味も強すぎるヴィオニエとは違い、よい意味でやや控え目な存在感。それでもヴィオニエ特有の白い花の香りは健在で、酸味とのバランスが絶妙。カリフォルニアで出会ったヴィオニエの中ではおっとのベストかもしれない。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $19.00

サイト: http://www.vinarobles.com/

Winemaker's notes (引用):
Viognier is planted in our Huerhuero Vineyard as it is the highest and benefits from the cooling Pacific breezes that blow through the Templeton Gap in the afternoon. The fruit was hand picked in early September and only the ripest, highest quality bunches were selected. Following, the fruit was pressed resulting in low yields of fragrant juice. Fermentation took place in three year old French oak barrels. The wine was aged for a period of 180 days and lees stirring took place twice a week to improve mouth feel and add complexity. This wine did not undergo malolactic fermentation. Prior to bottling, the wine was filtered for better clarity and stability. Only eight barrels of this wine were produced.


[PR]

# by magamoduck | 2011-08-06 02:00 | ワイン日記
2011年 08月 06日

J Brut Rosé

J Brut Rosé

カリフォルニア州ソノマにある Jordan Vineyard & Winery のオーナーの娘 Judy Jordan (ジュディ・ジョーダン)女史が独立して作った J Vineyards & Winery。黒いボトルに黄色の一筆書きで "J" と書かれた斬新なデザインが目を引く。スパークリングワインが有名だが、Pinot Noir も Russian River Valley の特徴がよく出ていて美味しい。

以前K&Lのテイスティングで試飲した一本。控えめピンクなロゼ・スパークリング。アルコール度数が低め、酸味豊かで飲みやすい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $28.00

サイト: http://www.jwine.com/

Tasting notes (引用):
This J Brut Rosé sparkles with a luminous cool pink hue and exudes delicate aromas of strawberry, nectarine and juicy red apples. On the palate, the wine opens with flavors of cherry, blood orange, citrus peel and tropical star fruit that are underlined by a bright acidity that keeps the overall impression delightfully fresh. The wine engages the entire palate with balance, wrapped in a refined body of elegance and effervescence, ending with a lively and lingering finish.


[PR]

# by magamoduck | 2011-08-06 01:00 | ワイン日記
2011年 08月 05日

★ K&L Wine Tasting "Trefethen Family Vineyards" (August 5, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ナパのワイナリー Trefethen Family Vineyards。Oakville の南の、Yountville の南の、Oak Knoll というアペレーション。いかにもナパワイン。悪くないけれど、それだけに、特出した味でないと厳しいように感じた。

K&L Friday Tasting

Trefethen Family Vineyards
http://www.trefethen.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-08-05 17:00 | K&L Tasting
2011年 07月 30日

2007 Domaine Charles Baur "Pfersigberg" Gewurztraminer Grand Cru

2007 Domaine Charles Baur "Pfersigberg" Gewurztraminer Grand Cru
Domaine Charles Baur "Pfersigberg" Gewurztraminer Grand Cru
(ドメーヌ・シャルル・ボール・フェルシグベルク・ゲヴュルツトラミナー・グラン・クリュ)

フランス・アルザス地方にある家族経営ワイナリー Domaine Charles Baur (ドメーヌ・シャルル・ボール)。1950年よりワインを造り始め、アルザス特有の白ワインを中心に、赤ワインやスパークリング・ワインも生産している。3つのグランクリュ(特級畑)を所有しており、今回飲んだのはそのうちのひとつ Pfersigberg (フェルシグベルク)のゲヴュルツトラミナー。

二度目のアルザスのゲヴュルツトラミナー。正直、甘すぎる感に驚き。ミネラルは感じられ、複雑でアルザスらしさを思わせる反面、やはりアルザスのゲヴュルツトラミナーは甘すぎる印象。よめはやや苦手。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

サイト: http://www.vinscharlesbaur.fr/

K&L's notes (引用):
This wine is very concentrated and comes from one of the most famous Grand Cru vineyards of Alsace: gravelly soils with rich deposits of magnesium give the wine elegance, finesse and freshness. Well balanced , the wine displays aromas of rose, acacia and exotic fruits. It is best served with poultry, fish dishes and fruity desserts.


[PR]

# by magamoduck | 2011-07-30 19:00 | ワイン日記
2011年 07月 12日

Louise d'Estrée Dry Red

Louise d'Estrée Dry Red

Trader Joe's で見つけたお手頃価格の赤スパークリングワイン。飲みなれたオーストラリアのシラーズ・スパークリングかと思って購入したら、実はフランス産だった。品種、産地等は不明。

好きでよく飲むオーストラリアのシラーズ・スパークリングとは異なった味わい。シラーズよりも辛口(それでも少し甘い)で、実際の品種やブレンド比率は不明ながらもどことなくカベルネ系の印象が感じられる。悪くはないけれど個人的にはどっしりしてかつ甘めなオーストラリアのシラーズ・スパークリングの方が好み。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's 価格: $6.99
[PR]

# by magamoduck | 2011-07-12 19:00 | ワイン日記
2011年 07月 09日

2008 Blanc de Bleu, Cuvée Mousseux Sparkling Wine

2008 Blanc de Bleu, Cuvée Mousseux
Blanc de Bleu, Cuvee Mousseux Sparkling Wine
(ブラン・ド・ブルー・ギュヴェ・ムスー)

世界初の青いスパークリングワイン Blanc de Bleu (ブラン・ド・ブルー)。聖母マリアのシンボルカラー「幸せを呼ぶ色」とされているブルー。その斬新なデザインや色合い、味わいにより、日本や香港で話題を呼んでいる。カリフォルニア州メンドシーノのシャルドネ100%を使い、ブルーベリーエキスで色づけされたスパークリングワイン。アメリカではまだ一般未発売。

透明感のある美しいターコイズブルー。泡も大きすぎず、細やかに立ち上る。想像より甘ったるくなく、控えめなフルーティさと控えめな酸味。飲みやすく、パーティやイベントに華を添えるにはとてもよいスパークリングワイン。

※英語でつづると青は "Blue" だが、フランス語では "Bleu"。


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.blancdebleu.com/

Winemaker's notes (引用):
Blanc de Bleu delivers pleasant, gentle flavors with the subtlest touch of blueberries, creating the unique sparkling wine you will experience for the very first time here. Anywhere.
グラスを立ちのぼる美しいブルーバブル。口当たりは、すっきりとしたきれがある辛口のワイン。シャルドネの個性を生かした繊細でリッチな風味を奏でます。余韻には心地よい熟成香がほのかに香ります。




 
[PR]

# by magamoduck | 2011-07-09 19:00 | ワイン日記
2011年 07月 05日

2009 Hetszolo Tokaj Furmint Sec

2009 Hetszolo Tokaj Furmint Sec

Hetszolo Tokaj Furmint Sec
(ヒルツ・トカイ・フルミント・セク)

ハンガリーのトカイ(Tokaj)地区で作られるワインをトカイワイン、あるいはトカイと呼び、多くはトカイ貴腐ワインとほぼ同義に使われる。(辛口白ワインや遅摘みブドウによる甘口白ワイン(アイスワイン)なども生産されてはいる。)フランスのルイ14世が「王者のワインにしてワインの王者」(Vinum Regum, Rex Vinorum)と絶賛した逸話は有名。

Tokai-Hetszolo R.T.(トカイ・ヒツル社)の名は、トカイで最も格の高い名畑のひとつ、ヒツル畑に由来する。1991年、サントリーが共同経営するワイン会社グラン・ミレジム・ド・フランス社が名門トカイ・ヒツル社の経営権を取得。畑から醸造に至る抜本的な改革に乗り出し、この地方に新風を吹き込み、その後のトカイ貴腐ワイン・ルネッサンスの先駆けとしてその役割を果たしている。

有名なトカイの貴腐ワインで使われる Furmint (フルミント)種を使ったドライな白ワイン。確かにかなりドライで(よめには辛口過ぎるほど)、アペリティフで飲むようなドライさ。トカイの貴腐で感じられるアプリコットのような味わいは感じられず、本当に同じ品種なのかと疑ってしまう程。クセはあまり無く、良い意味で落ち着いた平坦な香りと豊富なミネラルを含んだ一本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

K&L's notes (引用):
Light in color, on the nose and palate this fascinating dry Furmint offers aromas of floral freshness, herbs and white fruit. This is a high-acid grape naturally, and the dry style really emphasizes briskness and minerality. Great with aged cheeses.


[PR]

# by magamoduck | 2011-07-05 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 29日

2007 Lanari Rosso Conero DOC

2007 Lanari Rosso Conero DOC
Lanari Rosso Conero DOC
(ラナーリ・ロッソ・コーネロ)

K&L Club Italiano 2009 11月のワイン。
イタリア、アドリア海に面した Marche (マルケ)州 Conero (コーネロ)の造り手、Lanari (ラナーリ)。K&L が直輸入している。Rosso Conero はマルケ州のDOCであり、Montepulciano 種がメインで Sangiovese が少しブレンドされることが多い。同社のフラッグシップワインでもある。

90% Montepulciano、10% Sangiovese のブレンド。トスカーナなどで感じられるイタリアの「王道らしさ」ではなく、独特な土着系のワインの味わい。タンニンは強めで、イタリア土着ワインらしい土臭さも健在。それ以上にこれといった特徴は無く、可もなく不可もなく、特に印象に残らない一本。よめはいまいち。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
The famous Montepulciano and Sangiovese are at the heart of this full-bodied and wonderfully tannic red from Italy's Marche region. Think of Rosso Conero as an insider's Chianti Classico. Our Direct Import makes this an even greater value!


[PR]

# by magamoduck | 2011-06-29 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 25日

2002 Ridge Lytton Estate Petite Sirah

2002 Ridge Lytton Estate Petite Sirah

カリフォルニア州サンタ・クルーズ・マウンテン(Santa Cruz Mountains)の Monte Bello Ridge の頂に位置する名実共に人気の高い Ridge Vineyards。フラッグシップであるカベルネブレンドの Monte Bello やジンファンデルが有名。

カリフォルニアワインの実力を世界に知らしめた1976年のパリ対決(パリ・ティスティング:Paris Tasting of 1976)から30年後の2006年。30年前と同一のワイン、同一のヴィンテージを再び利き比べする記念テイスティングが行なわれ、フランスの Chateau Mouton-Rothschild (ムートン)や Chateau Haut-Brion (シャトー・オー・ブリオン)などを押さえ、1971 Ridge Monte Bello が堂々一位に輝き、カリフォルニアワインも十分に熟成に耐えうることを証明した。

2007年9月にワイナリーにて購入。10年近く前のビンテージのため、 Petite Sirah 独特のザラザラ感は少し薄れて、ローヌ的な味わいが増している。一瞬オールドワールドかと思ってしまうような複雑な味わいが新鮮。時間が経ってくるとカリフォルニアらしさが全面に出る。Petite Sirah 84%、Zinfandel 16% のブレンド。Zinfandel の存在が味わいをより豊かに(カリフォルニアらしく)しているような気がする。通常は Lytton Springs Zinfandel で使われる Petite Sirah を単体で醸造したワインらしい。

※パリ対決の詳細はこちら:
http://www.ridgewine.jp/news2.html (日本語)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $30.00

サイト: http://www.ridgewine.com/

Winemaker's notes (引用):
Though we made an essence in 2001, this is our first petite sirah table wine from the vineyard (Usually, the grapes are used in the Lytton Springs Zinfandel, but this year's zinfandel was near-perfect in structure; the additional tannin would have been too much.) To regulate tannins and emphasize fruit flavors, we de-stemmed without crushing, and fermented the wine on its natural yeasts in small fermentors. Circulation over the floating cap of skins was limited; we pressed after seven days. The blend's zinfandel comes from the hundred-year-old mixed vines on House Hill and South Flat, which provided roughly a third of the fruit; the balance of the petite sirah is form younger vines on the western blocks. Despite its approachability, this full-bodied petite sirah has the structure to develop further over the next decade.


[PR]

# by magamoduck | 2011-06-25 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 24日

★ K&L Wine Tasting "Frog's Leap" (June 24, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ナパにある Frog's Leap。カエルがびよーんと飛び跳ねるラベルが有名。最初に Frog's Leap がスタートした場所がカエルの養殖所跡地だったこと、創設者兼ワインメーカーのジョン・ウイリアムズ氏がワイン造りの修行を積んだのが Stag's Leap だったことにちなんで、Frog's Leap。ウイリアムズ氏はナパのオーガニック栽培の第一人者としても名声高いワインメーカー。ワイナリーを訪れたときも押しなべて好印象で、今回もよい印象。20年近く寝かせた1992年のカベルネはとてもいい熟成度。お気に入りのワイナリー。

印象に残ったワイン:
・1992 Frog's Leap Cabernet Sauvignon

K&L Friday Tasting
RIBBIT!

Frog's Leap
http://www.frogsleap.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-24 17:00 | K&L Tasting
2011年 06月 17日

★ K&L Wine Tasting "Thomas Fogarty" (June 17, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ベイエリアの町からも近い Woodside の山の上にあるワイナリー Thomas Fogarty。ブドウのアペレーションは主に Santa Cruz Mountains。主力はピノとシャルドネなんだそう。眺めは最高によいワイナリーを訪れたこともあるけれど、正直ワインはどれもおっととよめの好みではなくていまいち。

K&L Friday Tasting

Thomas Fogarty Winery
http://www.fogartywinery.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-17 17:00 | K&L Tasting
2011年 06月 15日

2008 François Pinon "Cuvée Silex Noir" Vouvray

2008 François Pinon "Cuvée Silex Noir" Vouvray
Francois Pinon "Cuvee Silex Noir" Vouvray
(フランソワ・ピノン・キュヴェ・サイレックス・ノワール・ヴーヴレ)

91 points Wine Spectator
91 points Robert Parker's Wine Advocate

フランス・ロワール地方のワイナリー Domaine François Pinon (ドメーヌ・フランソワ・ピノン)。7世代に渡り、Vouvray (ヴーヴレ)のワインを造り続けている。様々な土壌や日照時間、標高などが異なるいくつものプロットでブドウ(Chenin Blanc)を栽培し、理想のワインになるようブレンドしている。

初ヴーヴレ。糖度などの知識なく、K&Lで評判のよかった1本をセレクト。相当な甘さはハチミツのよう。その中にもいい酸味。(ミネラルだと思っていた。)いい対極感で複雑だけど、まるでデザートワインのように甘過ぎて、普通の食事とはあわせられない。(それもそのはず、この Silex Noir は非常に甘口に造られたヴーヴレだった。)ドライなヴーヴレを飲んでみたい。


※Vouvray (ヴーヴレ)とは
Vouvray (ヴーヴレ)は、フランス・ロワール地方のAOC。ほぼ100% Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 種を使って造られる白ワイン。(非常にマイナーな Arbois 種のブレンドが許されているがほとんど行われていない。)ワインのタイプはその年の気候に大きく依存し、涼しい年にはドライ(sec)やスパークリングワインが造られるが、暖かい年にはやや甘口(demi-sec)や貴腐ワイン(moelleux)まで造られる。いずれもシュナン・ブランの特徴である豊かな酸味を持つ。非常に長くエイジングさせられることでも有名だが、近年では早飲み用の Vouvray の生産も増えている。最も有名な生産者は Domaine Huet (ドメーヌ・ユエ)。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99

K&L's notes (引用):
91 points Wine Spectator: "A delicious, bracing version, with a wide range of candied lime peel, pear, fig and quince flavors all laid over a tangy, mineral-driven finish. Lengthy and stylish. Drink now through 2012. 800 cases imported." (04/10) 91 points Robert Parker's Wine Advocate: "Representing only the second installment of this cuvee, Pinon’s 2008 Vouvray Silex Noir – an inaugural cuvee solely from flint-rich soils – shares its Cuvee Tradition sibling’s judiciously-judged sweetness, but offers additional complexity and refreshment. Musk, quince, pineapple, passion fruit, lime, and a hint of sweat fill the nose as well as a bright, salt-, chalk- lanolin-, and quinine- tinged palate. Quite densely compact yet succulent, this harbors an animal element that surprises you in the finish like coming upon the scent of wild game recently passed. It should be fascinating to follow for at least the better part of a decade. And what an excellent value this much intrigue represents for its price!" (08/10)


[PR]

# by magamoduck | 2011-06-15 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 10日

2005 Pio Cesare Barolo

2005 Pio Cesare Barolo

イタリア・ピエモンテ州 Alba (アルバ)に1881年に創設された歴史あるワイナリー Pio Cesare (ピオ・チェザーレ)。創業者ピオ・チェーザレは、「量は少なくとも良い品質のワイン」をモットーとし、その志は4代目にあたるピオ・ボッファにまで受け継がれている。伝統的な大樽による長期熟成から、バリックと呼ばれるオークの小樽へと変わってきたピエモンテ地方のワイン造りのなかで、ピオ・チェーザレは中道を進んでいる、と言われている。新樽を多用した現代風の味わいは避け、ネッビオーロをはじめとするピエモンテ地方の品種特性を尊重しつつ、柔らかみのある味わいに仕上げている。ポートワインのようなラベルが印象的。2001 Pio Cesare Barolo がワインコミック 『神の雫』 20巻に登場。

抜栓した瞬間、揮発系のお菓子のような甘い香りが立ったものの、すぐに消える。その後、時間とともに明るい感じから深みのある印象にわかりやすいほど刻々と変化していく。豊かなタンニンとミネラル感は最後まできちんと残る。バローロはもっと経験を積みたい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.piocesare.it/

Winemaker's notes (引用):
A classic Barolo. Excellent structure and harmony, mild tannins and balanced fruit. It is immediately approachable, but it has a very long ageing potential.




 
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-10 02:00 | ワイン日記
2011年 06月 10日

1967 Domaine de la Roche (René Guérin), Pouilly-Fuissé

1967 La Roche Pouilly-Fuissé
Domaine de la Roche (Rene Guerin), Pouilly-Fuisse
(ドメーヌ・ド・ラ・ロッシュ・ルネ・ゲラン・プイィ・フュィッセ)

Pouilly-Fuissé (プイィ・フュィッセ)は、Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の南の Mâcon (マコン地区)に位置し、Pouilly-Fuissé という村名(アペラシオン)を名乗ることができる5地域のうちの1つ。(それ以外のマコン地域のワインの多くはマコン・ヴィラージュ Mâcon-Villages と総称される。)色が薄く爽やかでドライ、繊細で素晴らしい Chardonney を造る地方で、マコンの中では人気のあるアペラシオン。ブルゴーニュの白ワインの入門編として、とてもいいワインとの評判も。※Loire Valley (ロワール)の Pouilly-sur-Loire で造られる Sauvignon Blanc、Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)と混同しないように。

造り手である René Guérin (ルネ・ゲラン)氏は、プイイ・フュイッセの名人であったらしい。酸の質、ブドウの根の深さに由来するミネラルと滋味の豊かさといったワインのバランスを大切にし、20年経っても活き活きとした味わいを保つという。(1997年以降のヴィンテージは見当たらない。)

K&L のお買い得コーナーで見つけた44年物。1967年はおっととよめ史上最古のビンテージ。古い白ワイン特有の紹興酒のような香り。グラスを遠ざけてもシャルドネの芳香を強く感じられる。明らかにピークは過ぎているものの、この古さでこのしっかりとした骨格には驚き。きちんと造られたブルゴーニュ白ワインの底力を感じた。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99


※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-10 01:00 | ワイン日記
2011年 06月 08日

2010 Ojai Vineyard Rosé

2010 Ojai Vineyard Rosé

カリフォルニア州南部、サンタバーバラとロサンゼルスの中間に位置する Ojai (「オジャイ」ではなく「オーハイ」)のワイナリー The Ojai Vineyard (オーハイ・ヴンヤード)。ワインメーカーの Adam Tolmach (アダム・トルマック)氏は、かつて Jim Clendenen (ジム・クレンデネン)氏と共に Au Bon Climat Winery (ABC)の共同オーナーであり、シャルドネとピノを ABC で、シラーを自らのみのラベル Ojai でリリースしていたが、1983年にアダム氏自身のワイナリーを設立。特に有名なのはシラーだが、ローヌ系品種に留まることなく、高い品質のピノやシャルドネも造り続けている。目指すものは、「葡萄を媒体としての産地特性の表現」。今回飲んだロゼは、Ojai Valley の Roll Ranch の Syrah を主体(90%)に、Grenache と Riesling をそれぞれ5%ずつブレンドして造られている。

サーモンピンクのこのワインは、カリフォルニアのロゼにしては奇跡的な色の薄さ。酸味は強めで、最初の口当たりはおっととよめの敬愛するプロヴァンスのロゼに近いものの、ミネラル感は少なく、ねっとりした甘みが感じられる。それでも、この値段でこのカリフォルニアロゼに出会えたのは驚き。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.ojaivineyard.com/

Winemaker's notes (引用):
We are ecstatic about the character of the 2010 rosé, it is so delicious. The key was to pick the grapes as if we were making a white wine. The base of the wine is a section of Roll Ranch syrah which produces a wonderfully zippy and minerally wine when picked at 22 brix. This year we blended in 5% grenache and 5% riesling which gave the wine an exciting punch. Winemaking wise, the rosé is barrel fermented in older French oak and it remains on the lees until bottling in mid February. This 2010 rosé is fresh, vibrant and particularly friendly. 510 cases made.


オーハイ ロゼ [...

オーハイ ロゼ [...
価格:2,079円(税込、送料別)


※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-08 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 06日

Fox Creek "Vixen" Sparkling Shiraz / Cabernet Sauvignon / Cabernet Franc

Fox Creek "Vixen" Sparkling Shiraz / Cabernet Sauvignon / Cabernet Franc

南オーストラリアのワイン産地 McLaren Vale (マクラーレン・ヴェール)にあるワイナリー Fox Creek Wines。1984年に創られたこのワイナリーは、オーストラリアらしく、シラーズによる赤ワインを中心に生産している。今回飲んだスパークリング・ワイン Vixen は、70% Shiraz、18% Cabernet Sauvignon、12% Cabernet Franc のブレンド。

おっととよめの好きなオーストラリアの真紅のスパークリングワイン。今まで飲んだシラーズの赤スパークリングワインと比べると、甘すぎない濃厚で凝縮されたフルーツ味、赤ワインらしいどっしりした感じがとてもいい。シラーズ100%ではなく、ボルドー系品種をブレンドしているためかもしれない。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99

サイト: http://www.foxcreekwines.com/

Winemaker's notes (引用):
Aromas of black cherry, dark chocolate, musk and mocha. The silky palate oozes flavours of sweet blackberry, licorice and chocolate and finishes with a balanced explosion of spice, crisp acid and soft elegant tannin length.

Appearance
Vibrant plum with fine sparkling bead.

Bouquet
Lifted black cherry, dark chocolate, musk & mocha.

Palate
A powerful wine rich and soft in texture. The silky palate oozes sweet mixed berry conserve, ‘rum and raisin’, white chocolate and spicy vanillin oak finished with a balanced explosion of spice, crisp acid and soft elegant tannin length.

Winemaking
A blend of selected components from various vintages, blended to achieve our classic Vixen style, it is made from 70% Shiraz, 18% Cabernet Sauvignon and 12% Cabernet Franc. The bead on the wine is fine and persistent, indicative of its high quality.




※6本セットです。

 
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-06 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 03日

★ K&L Wine Tasting "Kingston Family Vineyard with Courtney Kingston" (June 3, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、チリのワイナリー Kingston Family Vineyards。対応してくれたのは前回のテイスティングにも来ていたカリフォルニア・ベイエリア在住の Courtney Kingston というとてもにこやかな輸入・セールス担当の女性。ワインメーカーの Byron Kosuge 氏は、ナパの Saintsbury で14年間ワインメーカーを務め、独立し、現在はオリジナルブランド B Kosuge Wines や Miura Vineyards のコンサルタントも勤める人物。オーストラリアに Kingston Estate wines という間違われやすい名前のワイナリーがあり、区別するためにTobiano や Alazan といった特徴的なワイン名にしているそう(Tobiano や Alazan といったワイン名はすべて馬の名前)。前回は全体的に悪くない印象だったのに、今回は Sauvignon Blanc 以外はかなりいまいち。全体的に臭い。

K&L Friday Tasting

Kingston Family Vineyards
http://www.kingstonvineyards.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-06-03 17:00 | K&L Tasting
2011年 05月 31日

2008 Paloma Merlot

2008 Paloma Merlot

カリフォルニア州ナパ、Spring Mountain にあるワイナリー Paloma (パロマ)。2003年に Wine Spectator 誌が "2001 Paloma Merlot" を Wine of the Year に選んだことであっという間にプレミアワインの仲間入り。他から購入したブドウを使ったシラーも Palomita というラベルで生産しているものの、メインはメルローのみというこだわりの造り手。2008年にワイナリーを訪問

まだ若めのメルロー。メルローに少量のカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンド。ナパらしい強めの果実味と、強烈なスパイシーさが印象的な一本。味わいは複雑で、ココアのようなフィニッシュが後に残る。カリフォルニアの中でもビッグでガツンとした美味しいメルロー。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Beltramo's 価格: $49.99

サイト: http://www.palomavineyard.com/

Winemaker's notes (引用):
Our Merlot is a blend of Estate Merlot and Estate Cabernet Sauvignon. The percentage of Cabernet Sauvignon ranges from 12 to 18 percent depending on the vintage. The grapes for this wine are picked in very small amounts as each area of the vineyard reaches its peak of ripeness. The grapes are then de-stemmed and the individual berries cracked open by our 20-year-old Healdsburg stemmer/crusher (with the crusher rollers removed) and fermented in small open top fermenters or small stainless steel tanks. After fermentation the pomace is gently pressed in an old fashioned basket press and each pick is put into a stainless steel tank to settle off the gross lees. The wine then goes into our new or used French oak barrels for 19 months of barrel aging.

The resulting wine is a big, world-class red wine capable of improving with bottle aging for 10 to 15 years in most vintages. Although the wine varies with the vintage, they have a consistent thread of complex aromas of black berry fruits, black stone fruits, chocolate, tobacco, spice and floral notes with a mineral overtone. On the palate the wine has a big silky mouth feel, well balanced, with flavors of berries, fruit, cocoa, cassis, and spice, and a long spicy finish. Fruit tannins in our wines tend to be big, but not harsh and are well integrated with the strong fruit component.


[PR]

# by magamoduck | 2011-05-31 03:00 | ワイン日記
2011年 05月 31日

2007 Château de Vaudieu, Châteauneuf-du-Pape

2007 Château de Vaudieu, Châteauneuf-du-Pape
Chateau de Vaudieu, Chateauneuf-du-Pape
(シャトー・ド・ヴォーデュー・シャトーヌフ・デュ・パプ)

92 points Robert Parker

K&L Personal Sommelier Service 2010 10月のワイン。
Côtes-du-Rhône (コート・ドュ・ローヌ)地方の中で最高級ワインの産地である Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)。そのシャトーヌフ・デュ・パプの中で最も歴史のある造り手の1つである Château de Vaudieu (シャトー・ド・ヴォーデュー)。70ヘクタールという同地で最大級の畑を持つ。

2007年のブレンド比率は 80% Grenache、15% Syrah、5% Mourvedre。今まで飲んだヌフの中ではやや甘め。ブラックチェリーやリコリスなど。少しだけ熟成が進んでおり、スパイシーさは残っているもののスムーズな口当たりが印象的。ヌフ最高良年と言われる2007年だったが期待した程の複雑さはなく、もう少し寝かせても良かったのかもしれない。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $34.99

サイト: http://www.famillebrechet.fr/

K&L's notes (引用):
92 points Robert Parker. "The 2007 Chateauneuf du Pape is a full-bodied, exceptionally aromatic effort displaying plenty of sweet black cherry, licorice, garrigue, and earth as well as a subtle note of oak in a full-bodied, opulent style. As the wine sits in the glass, whiffs of raspberries and figs also emerge from this substantial, fleshy, irresistible Chateauneuf du Pape. Enjoy it over the next 10-15 years. One of the oldest estates in Chateauneuf du Pape (the winery, which is actually a true chateau, was constructed in the mid-1700s), Chateau de Vaudieu is located adjacent to Rayas, just a few kilometers northeast of the village. One of the appellation-s largest estates (175 acres in vine), Vaudieu-s quality has soared over recent years as the famed oenologist Philippe Cambie has been working here since 2003. (Wine Advocate # 185 October 2009)


[PR]

# by magamoduck | 2011-05-31 02:00 | ワイン日記
2011年 05月 31日

Drusian Prosecco

Drusian Prosecco

イタリア・ヴェネト州のワイナリー Drusian (ドルシアン)。ドルシアン家3世代に渡りワイン造りを行っている。プロセッコの中心的な産地である Valdobbiadene (ヴァルドッビアーデネ)に50ヘクタールの自社畑を持ち、Prosecco や Cartizze (カルティツェ:プロセッコ最上級クリュ)等の発泡ワインと少量の同一ブドウ品種を使った白ワインを生産している。

K&L以外でもよく見かけるプロセッコ。甘みは抑えめでプロセッコにしては泡が細かい。飲みやすい反面、特に印象に残るような特徴は無く、期待していただけに残念。


※イタリアのスパークリングワイン スプマンテ(Spumante)
スプマンテは、イタリア語で「発泡性の」という意味の言葉で、イタリアの発泡ワイン全般を指す。代表的な物に Asti Spumante (アスティ・スプマンテ)、Franciacorta (フランチャコルタ)、Prosecco (プロセッコ)、Lambrusco (ランブルスコ)などがある。フランチャコルタがフランスのシャンパンと同じ伝統的な瓶内二次発酵を行うのに対し、アスティやプロセッコなどはステンレスの巨大タンクで二次発酵を行い瓶詰めされる。フランチャコルタはDOCG、プロセッコはDOCである。

※プロセッコ(Prosecco)
プロセッコは、イタリア・ヴェネト州で生産されるブドウ品種、またはこのブドウを主に使用した白発泡ワイン。熟成が遅く、少し苦みのある後味の、ドライなスパークリング・ワイン(スプマンテ)やセミ・スパークリング(フリザンテ)に使用される。ヴェネト州トレヴィーゾ(Treviso)の、コネリアーノ(Conegliano)とヴァルドッビアーデネ(Valdobbiadene)地域のプロセッコ品種からできる白発泡ワインだけが「プロセッコ」という名称を使用できる(Prosecco di Conegliano-Valdobbiadene、Prosecco di Conegliano、Prosecco di Valdobbiadene DOC)。


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.drusian.it/

Winemaker's notes (引用):
Lightly sparkling, white wine made from the Prosecco grape variety by the Charmat method. This wine is extremely versatile and adapts to all occasions. It is particularly appreciated by those who prefer a little less sparkling than the exuberant effervescence of the Spumanti. This light, perfumed, dry wine is ideal with savoury snacks or as an aperitif.


[PR]

# by magamoduck | 2011-05-31 01:00 | ワイン日記
2011年 05月 27日

★ K&L Wine Tasting "Matador Vino Boutique Domestic and Imported Wines" (May 27, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、サンノゼにあるワインインポーター Matador Vino が手がけるワイン特集。オレゴン州、ワシントン州、アルゼンチン、スペインと多彩。全体的に可もなく。最後のワシントン州 Gorman Winery のボルドーブレンドは、濃厚だけど上品でよかった。

印象に残ったワイン:
・2007 Gorman "The Bully" Red Mountain Cabernet Sauvignon ($49.99)

K&L Friday Tasting

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-05-27 19:00 | K&L Tasting
2011年 05月 22日

Almond Creek Vineyards Almond Flavored Sparkling Wine

Almond Creek Vineyards Almond Flavored Sparkling Wine

Trader Joe's で見つけた、なんとアーモンド風味のお手頃なスパークリングワイン。ワイナリーの住所はセントラルバレーの Ceres となっているものの、ブドウやワイナリーの情報は殆ど見つからない。

ビールのような大粒の泡、甘めの口当たり、そして強烈なアーモンドの香り。既にブドウではないくらいのアーモンド香。この値段で軽く飲む分には申し分無いけど、ワインとして味わうにはちょっと物足りない感じ。

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
Trader Joe's価格: $5.99
[PR]

# by magamoduck | 2011-05-22 19:00 | ワイン日記
2011年 05月 17日

2010 Cloudy Bay Marlborough Sauvignon Blanc

2010 Cloudy Bay Marlborough Sauvignon Blanc

92 points Wine Spectator
ニュージーランド最大のワイン産地 Marlborough (マールボロ)にあるワイナリー Cloudy Bay。ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを世界に広げたといっても過言ではなく、誰もが認めるベンチマーク的存在となっている。

久々の Cloudy Bay。3年以上前に非常に高い評価を下したおっとがブラインドで飲んだところ、限りなく不評。ニューワールド、おそらくカリフォルニアの安いソーヴィニヨン・ブランと予想し、大好きなはずの Cloudy Bay だったことに驚きを隠せない。翌日は落ち着いたものの、全体的に酸味が強すぎる印象だったのはよめも同じ感想。ニュージーランド特有の草っぽさよりも酸味の強い柑橘系が全面に出ている。味覚が変わったのか、ワインが変わったのか。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99

サイト: http://www.cloudybay.co.nz/

Winemaker's notes (引用):
Cloudy Bay Sauvignon Blanc 2010 has fresh acidity and displays a lovely spectrum of Sauvignon Blanc flavours and aromas. Zingy lime / grapefruit citrus, ripe tropical characters and delicate floral / herbal notes meld on the nose and palate. A small portion of barrel ferment adds weight and texture to the wine, nicely balanced by a mineral acid backbone. It is a wine of vibrant intensity and elegance .... and thoroughly refreshing.




 
[PR]

# by magamoduck | 2011-05-17 19:00 | ワイン日記
2011年 05月 13日

2007 Parkmon Vineyards "Debbie's Cuvée"

2007 Parkmon Vineyards "Debbie's Cuvée"

カリフォルニア州 Moraga (Walnut Creek や Oakland Hills 近郊)にある家族経営の小さなワイナリー Parkmon Vineyards。Lamorinda というワイン産地になるらしい。ブドウは Russian River Valley、Contra Costa County、Lamorinda、Mt. Veeder、Santa Barbara County など幅広い。去年の10月のK&Lテイスティングで気に入ってお買い上げした一本で、オーナー兼ワインメーカーの Dave Parker 氏のサイン入り。

フルーティだけど、決してフルーツ爆弾ではない落ち着いた感じのカリフォルニアのローヌ・ブレンド。落ち着きの中にもしっかりとしたスパイシーさがあり、バランスもコストパフォーマンスも非常に良い一本。応援したい地元の小さなワイナリー。78% Grenache。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $18.99

サイト: http://www.parkmon.com/

Winemaker's notes (引用):
This year, our Southern Rhone-styled blend (Grenache-based) is a real standout.  Whereas our 2006 version was more like a wine from the Gigondas region (lighter, fruit-forward), our 2007 Debbie’s Cuveé is definitely more “Chateauneuf-du-Pape-like”.  With 78% Grenache from our vineyard, one would expect a lighter-colored, more svelte wine; but because of the vintage’s characteristically outstanding pigment development and the higher skin-to-juice ratio enjoyed after bleeding off 12% of the juice pre-fermentation (for Shari’s Rosé), this wine presents a deep, sumptuous yet vibrant color of cherry red, tending toward magenta, with excellent clarity in the glass.  It displays a big intoxicating cherry vanilla nose with a touch of earthiness, evolving into a classic Chateauneuf-like ripe strawberry.  The palate is opulent, full-bodied, and lush, with a touch of spice and a well-rounded structure (aided by the 12% Carignane component).  This is a sexy, hedonistic wine with excellent balance between fruit, power, and elegance.  The fine-grained tannins are evident in the finish, which continues to expand from the back-palate and seems to go on and on and on.  
This wine would be an excellent match for a lean lamb stew with root vegetables in a broth, cooked down to a rich, flavor-packed reduction.  The rich fruit in its youth, especially with sufficient aeration, makes this wine particularly satisfying to drink now, but you’ll be rewarded with elegance and enhanced complexity if cellared for a few years.  This is another wine for which I’m excited to observe its development over the next 20 years.


[PR]

# by magamoduck | 2011-05-13 19:00 | ワイン日記
2011年 05月 06日

★ K&L Wine Tasting "The Wines of Alsace Featuring Gustave Lorentz" (May 6, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、フランス・アルザスで200年以上の歴史を持つ名門の生産者 Domaine Gustave Lorentz (ドメーヌ・グスタヴ・ロレンツ)。アルザスを代表するピノブラン、リースリングやゲヴュルツトラミナーを飲み比べられて面白い。ただ、どれも冷えすぎなほど冷たい状態でサーブされ、自分の手の中で温めてみたり。おっと曰く、どのワインもフルーツ、酸、ミネラルのどこかに極端に偏りすぎていてバランスが悪い、とのこと。今回は見事におっととよめの好みが両極端にわかれる。

K&L Friday Tasting

Domaine Gustave Lorentz
http://www.gustavelorentz.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-05-06 17:00 | K&L Tasting
2011年 04月 29日

★ K&L Wine Tasting "Super Staff Picks Under $20" (April 29, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、K&Lスタッフが選ぶ20ドル以下のお手頃で美味しいワイン特集。フランス・ロワール地方のスパークリングから、カリフォルニアのシャルドネ、ニュージーランドのピノノワール、フランスのピノとグレナッシュの異色ブレンドなどが並ぶ。値段相応で興味深く、よい経験。おっとは嫌いなワイン多数。

K&L Friday Tasting

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-04-29 17:00 | K&L Tasting
2011年 04月 20日

2009 King Estate Signature Collection Pinot Gris

2009 King Estate Signature Collection Pinot Gris

オレゴン州で3番目に大きい、Willamette Valley 南端の都市 Eugene (ユージーン)に位置するワイナリー King Estate。1991年 King 一家により創設。オーガニック認証を受けた Pinot Noir と Pinot Gris を主に生産している。オレゴン州ではピノ・ノワールについで多く栽培されているのがピノ・グリで、King Estate が造るピノ・グリはオレゴン内の同種のワインの中でもトップクラスの出来栄えといわれている。フラッグシップの Domaine シリーズ、今回の Signature シリーズ、よりパワフルでアメリカンな Acrobat シリーズ、次世代をイメージした Next シリーズなどがある。

程よい甘さとミネラル感が印象的。香りはそれほど強くない一方、味わいは非常に濃い。冷えているうちは濃いめのアルザスのようなオールドワールドを思わせるニュアンスが感じられたけれど、温度が高くなるにつれて果実味が主張するアメリカンな味わいに変化。やはりカリフォルニアのピノ・グリよりは好印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Costco価格: $12.99

サイト: http://www.kingestate.com/

Winemaker's notes (引用):
Appearance: Golden straw with green hue
Aroma: Grapefruit, green apple, honeysuckle, white peach, apricot, lime, and floral notes
Flavor: Melon, mineral, lively citrus, stone fruit, and honey
Mouthfeel: Soft rich entry, nice texture, good weight, long lively crisp finish



※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

# by magamoduck | 2011-04-20 19:00 | ワイン日記
2011年 04月 15日

2005 Domaine Bosquet des Papes "Cuvée Tradition", Châteauneuf-du-Pape

2005 Domaine Bosquet des Papes "Cuvée Tradition", Châteauneuf-du-Pape
Domaine Bosquet des Papes "Cuvee Tradition", Chateauneuf-du-Pape
(ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ・キュヴェ・トラディシオン・シャトーヌフ・デュ・パプ)

90-92 points Robert Parker
91 points Wine Spectator

Côtes-du-Rhône (コート・ドュ・ローヌ)地方の中で最高級ワインの産地である Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)。その地で1860年からワイン造りを続ける Boiron 家のワイナリー Domaine Bosquet des Papes (ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ)。ローヌ好きロバート・パーカー氏からも高い評価を得ている。北ローヌがシラーを中心とする一方、シャトーヌフ・デュ・パプを含む南ローヌはグレナッシュの比率が高く、今回飲んだ Cuvée Tradition も、通常 75% Grenache、10% Syrah、10% Mourvedre、5% Cinsault のブレンド。

数年前にヌフを飲もうと購入し寝かせておいたもの。2005年はローヌおよびシャトーヌフ・デュ・パプの大当たり年。良い感じに熟成している。スパイシーさは強いものの、タンニンは軽く、つるんとした舌触り。角は取れていても、しっかりとした骨格を持ち、これぞヌフと感動。力強いローヌばかりだと飲み疲れてしまうけど、時々飲む分には非常に美味しく飲める。ジビエに合いそう。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $29.99

K&L's notes (引用):
(90-92) points Robert Parker. "The 2005 Chateauneuf du Pape has a dense ruby/purple color and a sweet nose of black cherries, creme de cassis, plums, allspice, and smoky, gamey notes with a hint of damp earth. The wine is ripe, full-bodied, powerful, and moderately tannic. It will probably drink well young but should age nicely for 10-15 years. This superb estate never misses a beat with its wines, which are all reasonably drinkable at a young age, normally exhibit terrific Provencal typicity, and have uncommon aging potential. I still have some soft years like 1983 and 1985 in my cellar that are holding up beautifully." (02/07)


[PR]

# by magamoduck | 2011-04-15 19:00 | ワイン日記
2011年 04月 13日

2009 Patient Cottat "Le Grand Caillou" Sauvignon Blanc

2009 Patient Cottat "Le Grand Caillou" Sauvignon Blanc

フランス・ロワール地方サンセールの小さな村で Fournier 一家がワインを造り続ける Patient Cottat。現在は Mentou Salon (メヌトゥー・サロン:1959年に認定された新しいアペラシオン)、Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)、Sancerre (サンセール)のワインを造っている。今回のワインは、「サンセールの半分の価格でサンセールに近い味わいが楽しめる Vin de Pays (AOC認定されていないテーブルワイン)」としてK&Lが何年も扱っているもの。石の絵をラベルでフィーチャーしているあたり、同じロワールの最高峰 Silex を彷彿とさせる(飲んだ事は無い)。

ロワールの個性的な濃さと、強烈とも言えるライムストーンのミネラル。暑い季節にキンキンに冷やして飲めば更に格別だろうと思う。100% Sauvignon Blanc。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

Winemaker's notes (引用):
Sancerre at half the price!! The Fournier family, with roots as deep as their vines in this region seem to be related to just about everyone in some way and have for generations been farming and producing wines in Sancerre. We are pleased to have been offered this wine, yet again, at such a great price. Soft, subtle mineral notes are wrapped up in aromatics of melon and citrus. Clean, bright and refreshing, this is a perfect little Sauvignon Blanc to enjoy while having a lite lunch in the afternoon sun or getting your evening kicked off.


[PR]

# by magamoduck | 2011-04-13 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧