2011年 04月 08日

★ K&L Wine Tasting "Neyers Vineyards" (April 8, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、カリフォルニア州ナパの St. Helena にあるワイナリー Neyers Vineyards (ナイヤーズ)。Turley や Failla のワインメーカーとして名を馳せる Ehren Jordan (アレン・ジョーダン)氏の参画により、高品質ワインの生産を始める。2010年7月にもK&Lテイスティングで来ており、そのときはかなり好印象。今回は前回ほどではないけれど、そつなく美味しい。いずれもナパの品種の教科書のような王道の味。

K&L Friday Tasting

Neyers Vineyards
http://www.neyersvineyards.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-04-08 17:00 | K&L Tasting
2011年 04月 06日

2007 Amantis "Birbanera" Montecucco

2007 Amantis "Birbanera" Montecucco

イタリア・トスカーナ州の南部に位置するマイナーな Montecucco (モンテクッコ)地方のワイナリー Amantis。ワイン学者(Enologist)でもある Paolo Vaggagini 氏とワインを愛する Bernardetta Angela Tacconi Vaggagini 夫妻が、トスカーナの主要品種であるサンジョベーゼを中心にブドウとワインを生産している。今回飲んだのは "Birbanera" と名付けられた Montecucco Rosso DOC ワイン。黒猫だけに珍しくラベル買い。

鮮やかなフルーツが香る軽めのイタリアワイン。もの凄い澱が出ている。トスカーナにしては軽やかに感じるのはメルローを始めとする様々なブレンドによる影響か。60% Sangiovese、その他、Colorino、Canaiolo、Merlot、Petit Verdot のブレンドワイン。 

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://www.agricolaamantis.com/

Winemaker's notes (引用):
Colour: intense ruby red, limpid.
Fragrance: intense and caressing, fresh and ripe fruit-scented.
Taste: delightful and concentrated, soft and pleasant.
Service: at a temperature of 20°


[PR]

# by magamoduck | 2011-04-06 19:00 | ワイン日記
2011年 04月 01日

★ K&L Wine Tasting "Cru Beaujolais" (April 1, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ボージョレの中でも最もよい格付けにあたる Cru Beaujolais。Cru Beaujolais のクリュは他のブルゴーニュのように個々の畑につく格付けではなく、Saint-Amour, Julienas, Chenas, Moulin-a-Vent, Fleurie, Chiroubles, Morgon, Regnie, Brouilly, Cote de Brouilly の10のワイン産地(エリア)に対してつけられたもの。3年以内に飲むべき早飲みのものから、20年は寝かせられると言われるものまで、Cru Beaujolais の中でも様々。2009ヴィンテージは過去25年の中で最もいいヴィンテージとして知られており、その2009のテイスティング。

印象に残ったワイン:
・2009 Georges Duboeuf Saint-Amour "Cuvee Saint-Valentin" ($15.99) ※購入
・2009 Domaine du Vissoux Brouilly "Pierreux" ($26.99)

K&L Friday Tasting

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-04-01 17:00 | K&L Tasting
2011年 03月 28日

2010 Tintero "Sori Gramella" Moscato d'Asti

2010 Tintero "Sori Gramella" Moscato d'Asti
Tintero "Sori Gramella" Moscato d'Asti
(ティンテロ・ソリ・グラメラ・モスカート・ダスティ)

イタリア・ピエモンテ州 Asti (アスティ)にある家族経営ワイナリー Tintero (ティンテロ)。現オーナー兼ワインメーカーは、3代目 Marco Tintero 氏。アスティの中でも Mango 地区は優良な Moscato (モスカート種)の生産地で、氏の所有する30haの自社畑のうち、20haにモスカート種が植えられている。Moscato d'Asti (モスカート・ダスティ)は、アスティで造られる甘口でアルコール度数の低い微発泡 DOCG ワインで、デザートと合わせたりデザートワインとして扱われることも多い。カリフォルニア州バークレーにある、興味深いワインを多く手がけるインポーター&ディストリビューター Kermit Lynch によるインポートということもあり購入。

微発泡ワインなので下膨れのコルク。泡の量はごく控えめで、微発泡のしゅわしゅわ感が心地よい。柑橘やリンゴの果実味で、控えめなデザートワインくらい甘口だが、ミネラルとのバランスのおかげでただ甘いだけではなく楽しめる。アルコール度数も低くて飲みやすい。甘口ワインの好きな女性には非常に受けそうな1本で、最初の乾杯などにいつもとは違った泡としても喜ばれそう。ただし食事と合わせるには甘すぎる。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
Whole Foods 価格: $9.99  (imported by Kermit Lynch Wine Merchant)

サイト: http://www.tintero.it/

Winemaker's notes (引用):
Its colour is bright straw-yellow tending to golden-yellow and its aroma is fresh, harmonic, fragrant and reminiscent of several types of flowers. It feels delicately sweet, aromatic and playful in the mouth. It matches perfectly any type of sweets and fruit and it is also excellent on its own. Ideal to drink when young at the temperature of 6-8C.

Kermit Lynch's notes (引用):
The commune of Mango is the heart of Moscato country, and 20 of the Tinteros’ 30 hectares are planted to this grape. Their largest parcel is in the Sorì Gramella vineyard, whose full southern exposure and gradient of more than 20% pamper the grapes with many long hours of sunshine, without even casting shadows from one row to the next as is the case in most vineyards. The resulting wine is delightfully fizzy and slightly sweet, an irresistible combination that makes it a universal favorite. Marco also maintains that same spirit in his other wines, which are all fresh, easy, and fun to drink with friends.


[PR]

# by magamoduck | 2011-03-28 19:00 | ワイン日記
2011年 03月 23日

★ K&L Wine Tasting "Domaine Faiveley Tasting with Vincent Avenel" (March 23, 2011)

今回の水曜特別 K&L Tasting は、ブルゴーニュのドメーヌ Domaine Faiveley (ドメーヌ・フェヴレ)。Nuits-Saint-Georges に本拠地を置くネゴシアンだが、畑の面積は1社としてはブルゴーニュ最大の115ha、8割を自社ブドウで醸造するため、ネゴシアンというよりドメーヌに近い存在。Cote de Nuits から Cote de Beaune、Chablis まで幅広く手がけている。(特化していないとも取れる?)1本目のACブルゴーニュで「さすがブル白」といきなり感動。2008と2009があり、2008はよかったが2009はどれも青臭くていまいち。寝かせると開くのかもしれない。

印象に残ったワイン:
・2008 Maison Faiveley Bourgogne Blanc ($19.99)
・2008 Domaine Faiveley Mercurey "La Framboisiere" ($29.99) ※購入
・2008 Domaine Faiveley Corton Grand Cru "Clos des Corton Faiveley" ($149.99)

K&L Wednesday Tasting

Domaine Faiveley
http://www (ドット) domaine-faiveley.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-03-23 17:00 | K&L Tasting
2011年 03月 21日

2010 Zafrika Sauvignon Blanc

2010 Zafrika Sauvignon Blanc

南アフリカのワイン Zafrika (ザフリカ)。Zebra (シマウマ)+ Africa (アフリカ)?主に輸出専門の VIN-X-PORT という南アフリカの会社が持つブランドの1つ。Zafrika ブランドからは、今回飲んだ Sauvignon Blanc の他、南アフリカ特有の品種 Pinotage を始め、Chenin Blanc 、Shiraz 等のワインを生産している。

Trader Joe's で見つけたお手頃ワイン。判りやすい果実味でバランスもよく、深みはないが飲みやすい。値段の割にはなかなか美味しい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's 価格: $3.99

サイト: http://www.x-port.co.za/

Winemaker's notes (引用):
The Zafrika Sauvignon Blanc is a vibrant, lively wine showing tropical tones intermingled with gooseberries and guava. A palate pleasing wine without being abrasive, each sip invariably leading to the next.


[PR]

# by magamoduck | 2011-03-21 19:00 | ワイン日記
2011年 03月 18日

★ K&L Wine Tasting "Lewis Cellars Tasting with Randy Lewis" (March 18, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ナパのワイナリー Lewis Cellars。創設者の Randy Lewis 氏は、F3、フォーミュラ500、インディ500などで、 23年もの活躍を続けた元カー・レーサー。今回その本人と奥様によるサーブ。陽気でワイン好きな様子が伝わる氏。Unfiltered なワインが多く、濁りやブドウの皮のテイストを強く感じるので好みがある。最後のリザーブはうち好み。ソーヴィニヨンブランでも35ドルというプレミアワイナリー。

印象に残ったワイン:
・2009 Lewis Cellars Napa Valley Sauvignon Blanc ($34.99)
・2008 Lewis Cellars "Reserve" Napa Valley Cabernet Sauvignon ($114.99)

K&L Friday Tasting

Lewis Cellars
http://www.lewiscellars.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-03-18 17:00 | K&L Tasting
2011年 03月 18日

2001 Brogan Russian River Valley Lone Redwood Ranch Pinot Noir

2001 Brogan Russian River Valley Lone Redwood Ranch Pinot Noir

カリフォルニア州ソノマのワイナリー Brogan Cellars。ソノマのピノ・ノワールの第一人者 Williams Selyem Winery の創始者、Burt Williams 氏の娘である Margaret Wierenga 女史がワインメーカーを務める。カリフォルニアにおいても入手しにくく、ホワイトハウスの公式ディナーワインに採用されるなど、その実力は輝かしく、一時期はカルトワインのような存在だった。

10年熟成させたソノマの単一畑 Lone Redwood Ranch のピノ。色は完全にオレンジ系で、ムンムンした果実味は感じられるものの、酸味は弱めでピークを過ぎてしまった感が強い。複雑な味わいに熟成していることを期待していたので、もう少し早く飲めばよかったと後悔。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $74.95

サイト: http://www.brogancellars.com/

K&L's notes (引用):
Margaret Wierenga (Margi) was just a teenage when her father, Burt Williams, started making the first Williams Selyem wines in a subterranean bathtub beneath the garage in the late 1970s. After years working at his winery in Fulton she took a paid position at the Westside Road facility in 1993, worked at Hop Kiln and finally, in 1998, decided to start her own winery. The fruit for this wine comes from Lone Redwood Ranch, along Mark West Creek.


[PR]

# by magamoduck | 2011-03-18 02:00 | ワイン日記
2011年 03月 18日

1989 Calera San Benito County Viognier

1989 Calera San Benito County Viognier

カリフォルニアのロマネ・コンティ」という代名詞であまりにも有名なカリフォルニアワイン、Calera Wine Company (カレラ)。オーナーの Josh Jensen (ジョシュ・ジャンセン)氏は、フランスはブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)に惚れ込み、飛び込みで働き口を求め、その栽培・醸造・熟成技術を学び、その後カリフォルニアに戻りマウント・ハーランに畑を拓く。ロマネ・コンティから苗木のクローンをカリフォルニアに持ち帰った?とか、航空宇宙局(NASA)の人工衛星写真を使ってロマネ・コンティにそっくりな土壌を2年かけて見つけた?とか、様々な噂の真偽は不明。

K&Lのお買い得コーナーで見つけた古いヴィオニエ。「ヴィオニエは早く飲むもの」と一般的に言われているので期待せず、でもカレラということもあり、話のネタに購入。ヴィオニエらしい芳香は殆ど残っていないけど、果実味と土台となる酸味はしっかりと残っていて、22年経ってもきちんと飲める状態。熟成したドイツワインのような感じもあり、期待以上。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

サイト: http://www.calerawine.com/


※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

# by magamoduck | 2011-03-18 01:00 | ワイン日記
2011年 03月 15日

2005 Santa Cruz Mountain Vineyards McDowell Valley Vineyard Durif

2005 Santa Cruz Mountain Vineyards McDowell Valley Vineyard Durif

カリフォルニア州 Santa Cruz Mountains にあるワイナリー Santa Cruz Mountain Vineyards。ラベルに描かれているのは、Santa Cruz Mountains 地方のシンボルのボブキャット。今回飲んだのは Durif (デュリフ)。Durif は Petite Sirah のオリジナルの赤ワイン用ブドウ品種で、フランスのローヌ地方からカリフォルニアに渡った際に Petite Sirah と呼ばれるようになった。2004年からはラベルのデザインが変わってボブキャットの存在感が少なくなったのが残念。(我が家の猫はこのワインにちなんで Durif と命名。)

2003年2004年 に次ぐ3度目のデュリフワイン。色は相変わらず非常に濃いが、熟成させたからか、過去に飲んだぺティ・シラーのようなザラついた感じはなく、濃いながらもシルキーな味わい。ザラザラしたのは好きだけど、このどことなくローヌのような感じも結構好み。これまでのデュリフより複雑さが増している。(飼い主のひいき目。)値段の割には美味しい。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $17.99

サイト: http://www.santacruzmountainvineyard.com/

Winemaker's notes (引用):
What? You've never heard of durif? What rock have you been hiding under? Perhaps you'd be more familiar with its American name - Petite Sirah! Whatever you call it Santa Cruz Mountain Vineyard has been making wines from this delicious, ink-dark and aromatic variety and selling it under its French name - durif - since 1977. Grown in the McDowell Valley appellation in Mendocino County since 1948, this is a beautiful, old vine red with rose petal and black pepper aromas to complement the brooding blackberry fruit on the nose and palate. Enjoy with braised lamb shank or Osso Bucco and you won't be disappointed.


[PR]

# by magamoduck | 2011-03-15 19:00 | ワイン日記
2011年 03月 12日

2009 Pascal Janvier Jasnières

2009 Pascal Janvier Jasnières

91 points Robert Parker's Wine Advocate
90 points Wine Spectator

フランス・ロワール地方の Jasnières (ジャニエール) AOC の造り手 Pascal Janvier (パスカル・ジャンヴィエ)。Janvier はフランス語で「1月」の意味。Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 種を使って造られるドライな白ワインに定評があり、造られるワインは主に地域内で消費されるものの、英国を主に一部輸出もされている。ジャニエール AOC は、ロワール川北側に存在する非常に小さなアペラシオン。造られるのはシュナン・ブラン種。シュナン・ブランといえば、ロワールの Vouvray (ヴーヴレ)が連想されがちだが、地元の人はジャニエールと答える人が多いそう。ジャニエールのシュナン・ブランは、気品ある辛口で他のロワールには見られない上品な酸味を持つと言われている。

同じロワールでも、サンセール等の Sauvignon Blanc 種のワインとはかなり異なる印象。酸味が豊かでフランスワインらしい味わい。この値段にしてはなかなか悪くない。(よめは酩酊していてまったく覚えていない。ちゃんと飲みたい、ジャニエールのシュナン・ブラン。同じロワールの造り手 Pascal Jolivet (パスカル・ジョリヴェ)と混乱しがち。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99 (imported by Kermit Lynch Wine Merchant)

サイト: http://www.jasnieres-pjanvier.fr/

K&L's notes (引用):
91 points Robert Parker's Wine Advocate: "Janvier’s 2009 Jasnieres assembled from many pieces in February (the same date as for his other wines) – smells of orange blossom, musky narcissus, candied orange rind, iris, honeysuckle, and quince. White peach and lime combine with the aforementioned floral and quince notes on a palate of silken texture yet levity, with subtly bitter notes of peach kernel and citrus rind helping to keep the residual sugar that’s present from making the wine taste significantly sweet. The crustacean element in the present instance is like the whole oyster: shell, liqueur, all mingled with the fruit and flowers in a distinctively – indeed, from a global perspective, deviantly – delicious denouement. Janvier says he thinks this is similar to his 2005 but a bit less rich. I can’t say, because I started with 2006, and Javier can’t even muster a bottle of his 2008 any longer to compare side-by-side, much less a 2005. I’m guessing this superb value will keep well for at least 4-5 years, the inherently more fragile fruit of 2006 not yet showing any sings of fading." 90 points Wine Spectator: "Still a little tight, with a talcum powder hint fronting for the core of blanched almond, honeysuckle, quince and pear skin, followed by a long and very elegant finish. This should develop nicely with modest cellaring. Drink now through 2012." (12/10)


[PR]

# by magamoduck | 2011-03-12 03:00 | ワイン日記
2011年 03月 12日

2005 Beringer Private Reserve Chardonnay

2005 Beringer Private Reserve Chardonnay

93 points Robert Parker
92 points Wine Spectator
91 points Stephen Tanzer's International Wine Cellar

カリフォルニア州ナパの中でも最も古いワイナリーのひとつ Beringer Vineyards。1876年にドイツ系移民である Beringer Brothers (べリンガー兄弟、当時ドイツ語読みでべリンガーと発音)が創業し、禁酒法の時代(1920年~1933年)にもミサ用ワインの製造許可を与えられたことから、絶え間なくワインを製造している最も古いワイナリーとなった。現在はビール大企業 Foster's Group の傘下にある。(Foster's Group の傘下は他にも Chateau St. Jean、Etude、St-Clement、Stags' Leap Winery、Penfolds など多数。)

数年寝かせて今がちょうど飲み頃の Beringer のフラッグシップ・シャルドネ。濃いめの黄金色で、焦がした樽香を強く感じる。熟成されたトロピカルフルーツ感が複雑。ブルゴーニュのシャルドネと比べると大味で強烈な印象だが、よく造られたカリフォルニアのシャルドネだと感じさせる味わい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Safeway価格: $34.43

サイト: http://www.beringer.com/

Winemaker's notes (引用):
The Beringer's northernmost Chardonnay vineyards, Gamble Ranch, Big Ranch Road and Yountville Vineyard, are located around the town of Yountville, where daytime temperatures slowly climb as the cooling morning fog recedes south to San Pablo Bay. This significant diurnal shift allows the grapes to maintain their acidity, which is essential to balancing the ripe, rich flavors they develop during warm afternoons. As harvest approached, Winemaster Ed Sbragia together with Winemaker Laurie Hook worked closely with vineyard manager Jim Frisinger to identify the blocks and rows that had reserve potential.

"For the 2004 vintage, Ed and I were particularly impressed with our Gamble Ranch vineyard, which makes up 73 percent of the blend in this Private Reserve. The unique flavor profiles contribute to a rich reserve wine while letting the fruit characteristics shine through," said Laurie Hook, winemaker.



※ヴィンテージ違いです。
 
[PR]

# by magamoduck | 2011-03-12 02:00 | ワイン日記
2011年 03月 12日

Henry's Drive "The Scarlet Letter" Sparkling Shiraz

Henry's Drive "The Scarlet Letter" Sparkling Shiraz
Henry's Drive "The Scarlet Letter" Sparkling Shiraz
(ヘンリーズ・ドライブ・ザ・スカーレット・レター・スパークリング・シラーズ)

南オーストラリアのワイナリー Henry’s Drive Vignerons (ヘンリーズ・ドライブ・ヴィネロンズ)。伝説のカルトワイン Three Rivers Shiraz (スリー・リヴァース)のを生み出したオーストラリアの天才醸造家 Chris Ringland (クリス・リングランド)氏を醸造コンサルタントにむかえ、1992年に創業。低価格ならがロバート・パーカー氏の評価も高いブレンドワイン Pillar Box Red など、シラーズを中心としたオーストラリアらしいワインを主に生産している。

珍しい王冠によるキャップ。Shiraz 100% の赤スパークリング。ダークチェリーやラズベリーなどの熟したベリー系が、甘過ぎず口に広がり心地よく、女性陣にも人気。タンニンがしっかりとしていて、オークも香り、オーストラリアのシラーズ・スパークリングに期待する味わいそのもの。好みが分かれるところだが、おっととよめは好み。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99

サイト: http://www.henrysdrive.com/

Winemaker's notes (引用):
This first release of the NV Scarlet Letter is a blend of 4 vintages, from 2007 to 2010 which provides some beautiful layers to the wine. The wine initially jumps out of the glass with dark cherry fruit, lavender and violet floral characters and hints of characteristic Padthaway spearmint.

The palate is powerful and rich but with lovely softness, showing ripe berry fruit balanced with chocolate and toasted spice characters; it has a fine bead and a persistence of fruit.




 
[PR]

# by magamoduck | 2011-03-12 01:00 | ワイン日記
2011年 03月 02日

2005 Tenute di Sella "Bramaterra" 

2005 Tenute di Sella "Bramaterra"

90 points Robert Parker's Wine Advocate
K&L Personal Sommelier Service 2010 5月のワイン。
イタリア最古のワイナリーの1つであるピエモンテの Tenute di Sella (テヌータ・ディ・セッラ)。そのワイン造りの歴史は1671年に遡り、当時の建造物をそのまま使うセラーには1881年ビンテージのワインも未だに貯蔵されている。アルプスの麓に位置するこの Bramaterra (ブラマテッラ) という畑はバローロやバルバレスコよりも年間の気温が低く、よりミネラル分が豊富なワインを産み出す事で知られている。

今回飲んだワインは 70% Nebbiolo、20% Croatina、10% Vespolina のブレンド。空けた直後は少し揮発系の不思議な香りがしたものの、数分空気に触れさせる事でネッビオーロらしい繊細で枯れた鉄のような独特の味わいが現れて非常に美味しかった。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $34.99

サイト: http://www.tenutesella.it/

K&L's notes (引用):
90 points Robert Parker's Wine Advocate: "The 2005 Bramaterra is a joyous wine for its generous core of red fruit and finessed, silky tannins. This is an especially pure, elegant Bramaterra with gorgeous textural balance and a long, refreshing finish. Anticipated maturity: 2009-2013." (10/09) The Sella wine estates are one of the oldest active Italian wine producers. The Sella family has produced wine in Lessona from their own vineyards since 1671. The documents from that period are still preserved in the Sella Foundation. Over the next three centuries, the Sella family has kept the estate intact and its cellars still hold old vintages of these wines, including Lessona dating back from as early as 1881. Lessona and Bramaterra are located in northern Piedmont, in the foothills of the Alpine mountains. This area covers the western part of a circle of noble wine-producing areas, made unique by their porphyric soils, that extends from Gattinara to Boca. With the Langa and Valtellina, these constitute the three classic areas for the production of Nebbiolo. The vineyards of northern Piedmont offer a cooler climate and soils that are richer in minerals when compared to the soils of Barolo and Barbaresco. The Bramaterra is 70% Nebbiolo, 20% Croatina and 10% Vespolina, aged for 18 months in large barrels. Italy's version of a very very fine Grand Cru red Burgundy, it is austere, intensely ferrous and spicy, with the most intense and succulent fruit.


[PR]

# by magamoduck | 2011-03-02 19:00 | ワイン日記
2011年 02月 25日

2009 Yellow + Blue Torrontes Cafayate

2009 Yellow + Blue Torrontes Cafayate

紙の容器に入ったユニークなワイン Yellow + BlueYellow + Blue = Green。ガラスボトルの代わりに紙パックを使うことで、輸送時の燃料を削減し環境に優しく(Green)という考え方のもと2007年設立。創設者は、イーストベイの有名なワインインポーター Kermit Lynch で10年以上勤めた経験のある Matt Cain 氏。スペインやアルゼンチンからブドウを、パッケージをドイツから輸入し、カリフォルニアでボトリングして販売。ワインはオーガニック認定つき(Green)。

K&L のテイスティングでユニークな味わいが気に入り購入。アルゼンチンの Cafayate 地方で広く栽培されている Torrontes (トロンテス)種から造られたワイン。ピーチやメロンのような、ヴィオニエかゲヴェルツトラミナーを彷彿とさせる甘い香りが印象的。ただし、味わいは香りとはまったく異なり、やや甘いけれど基本的にはドライで辛口。ユニークな戦略で品質が高く、コストパフォーマンスも高くて環境にも優しい面白いワイナリー。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99 (1L BOX)

サイト: http://www.ybwines.com/

Winemaker's notes (引用):
COLOR
Light yellow with hints of green.

AROMA
Expansive and fresh aromas of peach, cantaloupe and pineapple, with a hint of lime.

TASTING NOTES
Fresh and lively, with medium weight, nice acidity, and a long fruit and mineral laden finish.

FOOD PAIRINGS
Complements smoked meats, mild to medium-strong cheeses, seafood and spicy foods.

REGION
Originally from Galicia in northwest Spain, Torrontes is now the distinctive and greatest white wine grape in all of Argentina. Our organic Torrontes is made with organically-grown grapes from the picturesque village of Cafayate, Argentina’s heartland for this varietal.

Cafayate Valley has some of the world’s highest-elevation vineyards, typically at 5,500 feet. (In comparison, a high elevation vineyard in California is 1,500 to 2,200 feet.) Such an elevation guarantees diurnal temperature extremes, where afternoon temperatures plummet at night, typically from the mid-80s during the day to the mid-50s at night. This preserves acidity, which would otherwise “bake out” during warm nights.

The valley sees little rain (three to six inches a year) and tremendous sunshine. Surrounded by the Andes Mountains, the vineyards are irrigated thanks to ample water from mountain snowpacks. Because the Cafayate Valley is so dry, it lends itself easily to organic vineyard practices.


[PR]

# by magamoduck | 2011-02-25 19:00 | ワイン日記
2011年 02月 25日

★ K&L Wine Tasting "Wines from Eastern Europe and the Balkan Peninsula" (Febrary 25, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、グルジア、ハンガリー、スロベニア、クロアチアなど、東欧諸国のワイン特集。最初のスパークリングは熟成感に似た味わいでよかったものの、白は独特のリキュール感が強く、赤は臭い香りのものもあり。正直よめの印象は、、、いずれも美味しくない。

印象に残ったワイン(共におっと):
・NV Bagrationi 1882 Classic Extra Dry Republic of Georgia ($9.99)
・2007 Santomas Big Red Refosk Slovenia ($16.99)

K&L Friday Tasting


-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-25 17:00 | K&L Tasting
2011年 02月 22日

2006 St. Clement Oroppas Napa Valley Cabernet Sauvignon

2006 St. Clement Oroppas Napa Valley Cabernet Sauvignon

94 points Wine Enthusias
92 points Wine Spectator

カリフォルニア州ナパの名門ワイナリー St. Clement (サン・クレメント)。1987年に日本企業サッポロが買収、Sapporo を逆に文字った最高級ボルドーブレンドワイン Oroppas (オロパス)をリリース。1999年にナパの Beringer が再買収後、2001~2004まで4年連続 Robert Parker 氏が 90 スコア以上をつけるというカリフォルニアの中では最高級 Cabernet Sauvignon のうちの1本となる。Cabernet Sauvignon をベースに Merlot、Petit Verdot、Cabernet Franc などがブレンドされている。(ブレンド比率はヴィンテージによって異なる。)今回飲んだ2006年は 86% Cabernet Sauvignon、9% Merlot、3% Cabernet Franc、2% Petite Verdot のブレンド。

K&Lで Oroppas がセールになっていたので迷わず購入。熟成していない新しいニューワールドのカベルネ好きの友人のために用意した一本。完熟した果実味とジャムやチョコレートのような濃厚さ。比較的若いビンテージということもあり、ナパのカベルネらしい強烈さは残しつつ、ボルドーブレンドのまろやかなまとまりも兼ね備えた、期待通り美味しいナパのカベルネ。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $29.99 (ワイナリー価格:$55.00)

サイト: http://www.stclement.com/

Winemaker's notes (引用):
Rich and concentrated, this wine opens with aromas of black plum, vanilla, brown sugar and cinnamon. On the palate, flavors of black currant, roasted coffee and bittersweet chocolate are wrapped in velvety tannins. Notes of dark chocolate and raspberry jam lead to a long finish. Cabernet Franc and Petite Verdot were blended in to enhance the structure and mid-palate weight. Each lot was aged separately in 75percent new French oak for nineteen months, and blended together before bottling.


【20%OFF】≪高得点≫オロッパス[2006]オロパ...

【20%OFF】≪高得点≫オロッパス[2006]オロパ...
価格:7,120円(税込、送料別)



 
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-22 03:00 | ワイン日記
2011年 02月 22日

2009 Loosen Bros. "DR. L" Riesling

2009 Loosen Bros. "DR. L" Riesling

ドイツの有名なワイン生産地域 Mosel (モーゼル)にある伝統的なワイナリー Dr. Loosen (ドクター・ローゼン)。ドクター・ローゼン家は、約200年の歴史を誇る名門醸造所で、接ぎ木をしない樹齢60年以上の古木から丁寧なワインを造り続けている。現オーナーであり醸造家でもある Ernst Loosen (エルンスト・ローゼン)氏は、ドイツ人醸造家としては初めて、英国で最も権威のあるワイン専門誌 Decanter が選ぶ、2005年ワイン産業の発展に最も貢献した者に与えられる栄誉 「Man of The Year」 に選出された。

その Dr. Loosen のお手頃ライン。麦わら色。やや甘口だが甘すぎず、アルコール度数も低くて飲みやすいリースリング。この価格帯のドイツのリースリングにしてはとてもよく造られた一本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's価格: $10 前後

サイト: http://www.drloosen.com/

Winemaker's notes (引用):
Dr. L comes exclusively from traditional vineyards with steep slopes and slate soil. This introductory, non-estate wine embodies the elegant and racy style of classic Mosel Riesling. By working closely with growers on long-term contract, brothers Ernst and Thomas Loosen are able to assure excellent quality in every vintage.


[PR]

# by magamoduck | 2011-02-22 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 22日

2009 Pine Ridge Chenin Blanc - Viognier

2009 Pine Ridge Chenin Blanc - Viognier

90 points Robert Parker
カリフォルニア州ナパの Stags Leap District に位置するワイナリー Pine Ridge Winery。自社畑を Stags Leap District、Oakville、Howell Mountain、Rutherford、Carneros など幅広い地域に持つ。今回の白は、北仏ロワール地方の主力白品種 Chenin Blanc (シュナン・ブラン)と南仏ローヌ地方の主力白品種 Viognier (ヴィオニエ)のブレンドという、カリフォルニアらしい1本と言われている。ブドウは共にサクラメントに程近い Clarksburg (クラークスバーグ)地区より。

以前2007年ビンテージを飲んだことのある Pine Ridge のブレンドワイン。80% Chenin Blanc、20% Viognier。華やかな花やピーチやアプリコット、ライチ系の果物の香りがふわりと香る。甘さが強調された薄っぺらいワインを想像していただけに良い意味で期待を裏切られる。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

サイト: http://www.pineridgewinery.com/

K&L's notes (引用):
90 points from Robert Parker: "Consistently a killer wine value is Pine Ridge’s 45,000-case blend of 80% Chenin Blanc and 20% Viognier. The 2009 Chenin Blanc/Viognier offers up soaring floral notes intermixed with white peaches and apricots. This delectable, fresh, crisp, light-bodied, dry white should be drunk over the next year." (Dec. 2010) This classic combo offers a fragrant bouquet of fresh fruit notes including Asian pear, pomelo and lychee, touched with a delicate floral layer of jasmine blossom and kaffir lime leaf. On the palate, enjoy a slightly off-dry harmony of fruit flavors including honeydew melon, ruby red grapefruit, juicy white peach and crisp golden apple. Bright acidity and a clean, refreshing finish round out this wonderfully radiant and delightful wine.



※ヴィンテージ違いです。
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-22 01:00 | ワイン日記
2011年 02月 18日

★ K&L Wine Tasting "Yellow + Blue" (Febrary 18, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、紙の容器に入ったユニークなワイン Yellow + BlueYellow + Blue = Green。ガラスボトルの代わりに紙パックを使うことで、輸送時の燃料を削減し環境に優しく(Green)という考え方のもと2007年設立。創設者は、イーストベイの有名なワインインポーター Kermit Lynch で10年以上勤めた経験のある Matt Cain 氏。スペインやアルゼンチンからブドウを、パッケージをドイツから輸入し、カリフォルニアでボトリングして販売。ワインはオーガニック認定つき(Green)。味は平均的。早飲みならば紙パックでも気にならないので、1リットルで10ドルとお手頃なのはいい。

K&L Friday Tasting

Yellow + Blue
http://www.ybwines.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-18 17:00 | K&L Tasting
2011年 02月 13日

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
(ベルトラン・アンブロワーズ・ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ヴォークラン)

90-92 points Robert Parker
89-92 points International Wine Cellar
88-91 points Burghound

フランス Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Nuits-Saint-Georges (ニュイ・サン・ジョルジュ)に隣接する Premeaux-Prissey (プレモー・プリセイ村)に醸造所を構える Maison Bertrand Ambroise (メゾン・ベルトラン・アンブロワーズ)。1987年にドメーヌを継いだ現当主のベルトラン氏は、ブルゴーニュの神様 Henri Jayer (アンリ・ジャイエ、2006年没)を継ぐと言われた Domaine Chopin-Groffier (ドメーヌ・ショパン・グロフィエ)の Daniel Chopin-Groffier (ダニエル・ショパン・グロフィエ)氏に指導を受けたといわれる秀逸な生産者。温厚な物腰と人望からプレモー・プリセイ村の村長も務めている。17haのブドウ畑を持ち、3分の1がACブルゴーニュ、それに Nuits-Saint-Georges、Côte de Nuits Villages を中心にグラン・クリュの Corton も擁している。以前はノン・フィルターにより濃厚さ全面に出るタイプだったが、年々艶やかさやエレガントを兼ね備えたワインを生み出すようになっている。

抜栓直後は閉じていたが、30分くらい経つと華やかな香りと共に開く。黒い果実味と適度な酸味のバランスがいい。ニュイ・サン・ジョルジュにしては濃いめで社交的な印象もありつつ、やはり古典的な複雑さを内に秘めている。コストパフォーマンスは最高の一本。注目したい造り手。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.ambroise.com/

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...
価格:5,754円(税込、送料別)



 
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-13 03:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2009 勝沼醸造アルガブランカ・ヴィニャル・イセハラ (Aruga Branca Vinhal Isse'hara)

2009 勝沼醸造アルガブランカ・ヴィニャル・ イセハラ (Aruga Branca Vinhal Isse'hara)

山梨県甲州市勝沼町にある勝沼醸造(Katsunuma Winery)。「勝沼の風土~テロワール~」を目指す。甲州ブドウは従来生食用として高い生産性を求めてきたため、世界のワイン用ブドウに比べると糖度や酸度が劣っていた。そこで、アイスワイン製法をヒントに、甲州ブドウを絞り、果実を凍結させ、水分が先に凍ることを利用して氷と果実を分離し、糖分や酸及びその他の成分を凝縮した果汁を得て醸造する製法を開発。

アルガブランカ・イセハラは大変人気が高いレアワインで、日本でも発売時に購入しないとなかなか手に入らないのだそう。国内でも様々な賞を受賞。100% 甲州種の白ワイン。単一畑。アルコール度数 11.5%。

2007年2008年 と3年連続で飲むアルガブランカ・イセハラ。2007年は最高、2008年はうーん、、という印象で、2009年は良い意味で2007年を飲んだ時の印象に近い。爽やかな酸味と果実味。ロワールやブルゴーニュ(ましてやカリフォルニア)と比べて、爽やかで控えめだけど複雑もあり、誇れる日本のワインだと思う。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.katsunuma-winery.com/

Winemaker's notes (引用):
「ワイン造りはぶどう作り」という基本に忠実に、風土の個性を反映したワイン造りに取り組んでいます。このワインは小字名の伊勢原の単一畑から収穫された甲州種のみを原料に醸造したワインです。華やかな香りに加え、爽やかな酸味と微妙な甘さがバランス良く、他に無い個性を醸し出しています。



※ヴィンテージ違いです。
 
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-13 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru
Leflaive & Associes, Rully 1er Cru
(ルフレーヴ・エ・アソシエ・リュリー・プルミエ・クリュ)

フランス・ブルゴーニュの Puligny-Montrachet (ピュリニー・モンラッシェ村)最高峰の生産者にして世界屈指のシャルドネでもある Domaine Leflaive (ドメーヌ・ルフレーヴ)。名声の高かった Vincent Leflaive (ヴァンサン・ルフレーブ)が1993年に亡くなり、娘の Anne Claude (アンヌ=クロード)が受け継ぐ。醸造責任者の Pierre Morey (ピエール・モレ)と共に素晴らしいワインの数々を造り出している。畑の化学肥料を減らす為に Biodynamic (バイオダイナミック、ビオデナミ)栽培法を取り入れ、単位面積の収穫量もかなり減らしたブドウ造りにこだわる。今回飲んだのは、そのルフレーブが2008年よりネゴシアンとして造る Leflaive & Associes の一本。ネゴシアンとは言え、ドメーヌが年間を通じて栽培農家と密接に連携を取っており、収穫に至っては完全にドメーヌ主導で行っている。醸造は他のルフレーブ・ワインと同様、ドメーヌ自身が自らの施設で行っている。

ルフレーヴに恋する友人宅で頂いた久々のルフレーブ。Rully (リュリー)は Côte Chalonnaise (コート・シャロネーズ)のAOC。バターのような樽香はしっかりで濃厚だが主張しすぎず繊細。以前飲んだ Les Pucelles と比べるとフレッシュで今すぐ飲むのに適しているワイン(Les Pucelles は熟成させて飲みたい)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.leflaive.fr/en/



 
 
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-13 01:00 | ワイン日記
2011年 02月 03日

1998 Château Mouton Rothschild, Pauillac

1998 Château Mouton Rothschild, Pauillac
Chateau Mouton Rothschild, Pauillac
(シャトー・ムートン・ロートシルト・ポイヤック) ※Wikipedia ではロッチルドと読んでいる

96 points Robert Parker
92 points Steve Tanzer's International Wine Cellar
90 points Wine Spectator

ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Mouton Rothschild (シャトー・ムートン・ロートシルト)。1973年に第2級格付けシャトーから第1級格付けシャトーへと昇格した、フランスワイン格付け制度にとっては異例の存在。1924年からはラベル(エチケット)をダリ(1958)、ミロ(1969)、シャガール(1970)、ピカソ(1973)、ウォーホール(1975)などの著名な芸術家がデザインしており、コレクターにも人気。日本人では堂本尚郎(1979)、出田節子(クロソフスキー・ド・ローラ・セツコ:1991)。今回の1998年のラベルは、メキシコの画家 Rufino Tamayo (ルフィーノ・タマヨ)の作品。

セカンドワインは Le Petit Mouton de Mouton Rothschild (ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト)。

前回の1997年の翌ビンテージ、2度目のムートン。合わせた料理が和食懐石だったので正直マリアージュは今ひとつだったけれど、ワインそれだけで強烈な存在感を感じさせてくれる。10年以上寝かせているのにタンニンを多く含み、力強い。まだまだ閉じている印象。恐れ入りました。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.bpdr.com/

Robert Parker's note (引用):
Like many of its peers, the 1998 has filled out spectacularly. Now in the bottle, this opaque black/purple-colored offering has increased in stature, richness, and size. A blend of 86% Cabernet Sauvignon, 12% Merlot, and 2% Cabernet Franc (57% of the production was utilized), it is an extremely powerful, super-concentrated wine offering notes of roasted espresso, creme de cassis, smoke, new saddle leather, graphite, and licorice. It is massive, with awesome concentration, mouth-searing tannin levels, and a saturated flavor profile that grips the mouth with considerable intensity. This is a 50-year Mouton, but patience will be required as it will not be close to drinkability for at least a decade. Anticipated maturity: 2012-2050.




 
[PR]

# by magamoduck | 2011-02-03 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 28日

★ K&L Wine Tasting "J Vineyards & Winery" (January 28, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ソノマの J Vineyards & Winery。同じくソノマの Jordan Vineyard & Winery のオーナーの娘 Judy Jordan (ジュディ・ジョーダン)女史が独立して作ったワイナリー。カリフォルニアワインを飲み始めた当初にとても好きだった、典型的な王道 Russian River Valley のピノを造る。対応してくれた人が他の客との話に没頭し、まったく注いでくれないし説明もなし。ちょっとひどい。

印象に残ったワイン:
・J Vineyards "Cuvée 20" Sparkling Wine ($21.99)
・2007 J Nicole's Vineyard Pinot Noir  ($50 at winery)

K&L Friday Tasting

J Vineards & Winery
http://www.jwine.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-01-28 17:00 | K&L Tasting
2011年 01月 25日

1996 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac

1996 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac
Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac
(シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド・ポイヤック)

96 points Robert Parker's Wine Advocate
ボルドー・メドック地区格付け第2級 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande (シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)。左岸のポイヤック村にしてはかなり高いメルローのブレンド比率が特徴で、フランスではどちらかと言うと女性的なスタイルのワインとして知られている。

1996年は、1982年に次ぐと言われるボルドー・メドック地区の良年。デキャンタージュしてもしばらくは香りは弱く、閉じている印象。しばらくすると、突然カシス系の香りが出てきて、期待通り典型的な上品なボルドーワインの素性が現れる。想像より果実味が残っていて、飲み頃感はあるけれども、あと10年くらいは寝かせてみてもよかったように思う。メルローのブレンド比率が多いことをもう少し意識して飲めばよかった。セカンドワイン Réserve de la Comtesse (レゼルヴ・ド・ラ・コンテス)はこちら

ボルドー2級シャトーの名前が似ているので注意。共に Pauillac。
前回: Château Pichon Longueville Baron
今回: Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
K&L価格: $199.00

サイト: http://www.pichon-lalande.com/

Robert Parker's notes (引用):
"The 1996 Pichon-Lalande is just as awesome from bottle as it was from multiple cask tastings…The color is a saturated ruby/purple. The nose suggests sweet, nearly overripe Cabernet Sauvignon, with its blueberry/blackberry/cassis scents intermixed with high quality, subtle toasty new oak. Deep and full-bodied, with fabulous concentration and a sweet, opulent texture…Could the 1996 turn out to be as extraordinaryas the 1982? 96/100."




[PR]

# by magamoduck | 2011-01-25 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 24日

2009 Château Miraval, "Pink Floyd" Côtes de Provence Rosé

2009 Château Miraval, "Pink Floyd" Côtes de Provence Rosé

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Château Miraval (シャトー・ミラヴァル)。オーガニック、バイオダイナミックにこだわっている。俳優アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのカップルが、「南フランス・プロヴァンス地方のブドウ畑付きシャトーを購入」という話題で一躍有名になる。Côtes de Provence のロゼで有名なシャトーだが、Rolle (ロール)という品種が主体の爽やかな白ワインや、ブレンドの赤ワインも造っている。

典型的なプロヴァンス色のロゼ。Old Vine の Cinsaut と Grenache から造られている。ほのかな果実味だがかなりドライな辛口ロゼ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99

サイト: http://www.miraval.com/

K&L's notes (引用):
Château Miraval's "Pink Floyd" is a most quintessential rosé from the south of France. The 2009 "Pink Floyd" Rosé is composed of organically grown cinsault and Grenache grapes grown on the clay/limestone soils of the domaine. Think light, bright, delicate..dry and crisp, with just enough subtle fruit nuances of wild strawberries, pink lady apple and fresh mint leaves. Pairing: roast beef sandwiches with aioli, olives and cheese, salade nicoise, ratatouille with couscous. 13.5% abv.


[PR]

# by magamoduck | 2011-01-24 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 22日

2009 Hippolyte Reverdy Sancerre


(写真はK&Lのサイトより転載)

90 points Wine Spectator
Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

K&Lスタッフが、これ以上牡蠣にあうサンセールはない!と絶賛する1本。造り手である Hippolyte Reverdy に関する情報は殆どないものの、酸味、ミネラル、そしてほんのり甘い(フローラル?)果実味のバランスが非常に良く、牡蠣(生、BBQ)との相性は抜群だった。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
There is perhaps no better match for a dozen oysters than this minerally Sancerre from one of the best producers in the region. Textbook Loire Valley Sauvignon Blanc, with bright acidity, smoke, citrus and grassiness. Insanely addictive and so so good with shellfish it's almost sick! 90 points Wine Spectator: "Mouthwatering from start to finish, boasting bright floral and lemon zest notes up front, followed by pink grapefruit, quince and salted butter notes that extend through the finish. Ripe, but bright and lacy, with lovely detail. Drink now through 2011." (12/10) 89 points Robert Parker's Wine Advocate: "Hippolyte Reverdy's 2009 Sancerre displays the ripeness of its vintage with amplitude and a bit of heat, but fresh honeydew as well as lime and grapefruit accompany the corresponding bittersweet oils; and salty, stony, chalky underlying notes that convey a certain sense of coolness as well as invigoration, saving this rich Sancerre from coming off as overbearing, and reasonably fending-off the effects of high alcohol (disguised by a label that reads '11-14%'). Serve this (not too warm!) over the coming 12-18 months." (08/10)


[PR]

# by magamoduck | 2011-01-22 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 21日

★ K&L Wine Tasting "LIOCO with Matt Licklider" (January 21, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、ソノマの LIOCO (リオコ)。インポーターの Matt Licklider (マット・リックライダー)氏とビバリー・ヒルズの2つ星レストラン "Spago" のワイン・ディレクターの Kevin O'Connor (ケビン・オコーナー)氏が共同で設立したブランド。LIOCO はワイナリーもぶどう畑ももたず、協力的なぶどう生産者たちと良好な関係を築きながらワイン製造設備を借りて、彼らのビジョンを共有する有能なセラー・マスターを雇い、"Virtual winery (ヴァーチャルワイナリー)" として運営している。Organic、Sustanable。自然のイーストのみを使い、農薬も最小限に押さえた "Natural Wine"。

Matt氏は話上手なイケメン。情熱的にワインを語る様子が印象的。2009年のテイスティング同様、どれも好印象。『サンフランシスコ・ワイン日記』 のゴマさんがステンレスボトルに詰め替えて販売する LIOCO Sauvignon Blancを紹介していたのだが、レストランのみに卸している特別品なんだそう。残念。

K&L Friday Tasting

LIOCO
http://www.liocowine.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

# by magamoduck | 2011-01-21 17:00 | K&L Tasting
2011年 01月 17日

2009 Charles Shaw Merlot

2006 Charles Shaw Merlot

"Two Buck Chuck" (2ドルワイン)の愛称で有名な Trader Joe's の Charles Shaw。生産者は Bronco Wine Company で、全米第4位の巨大ワイン製造者。カリフォルニアの Central Valley に35,000エーカーを超える畑を持ち、ブドウはすべてカリフォルニア産。Cabernet Sauvignon、White Zinfandel、Merlot、Chardonnay、Sauvignon Blanc、Shiraz、Beaujolais Nouveau などをラインナップとする。値段以上の美味しさで、コストパフォーマンスは最高。日々のテーブルワインとしては充分な味。

香りも味もフルーティだが、全体的に薄っぺらい。2日目までおくと酸化が感じられるが、フルーティさはむしろ増す。同時に飲み比べた Whole Foods の2ドルワイン共々、メルローはどちらもいまいち。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's価格: $1.99

サイト: http://www.traderjoes.com/

Winemaker's notes (引用):
If there’s been one constant in our wine selection lately, it’s got to be Charles Shaw. Lovingly nicknamed "Two Buck Chuck" by a member of the wine press, these California wines have become something of a phenomenon in the wine world, and in our stores. Contrary to many an urban legend, these super-value wines began as the result of an oversupply of wine and a great relationship with a valued supplier. They’ve become the nation’s best-selling wines, not surprising when you consider the combination of low price ($1.99 - $3.49 per bottle, depending on the region) and great taste Charles Shaw wines offer. Depending on the season and the quality of wine available, our selection of Charles Shaw varietals will vary, but the quality never will.


[PR]

# by magamoduck | 2011-01-17 02:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧