おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:★3 ( 579 ) タグの人気記事


2014年 12月 03日

2014 Georges Duboeuf Beaujolais Nouveau

2014 Georges Duboeuf Beaujolais Nouveau
Georges Duboeuf Beaujolais Nouveau
(ジョルジュ・デュブッフ・ボージョレ・ヌーヴォー)

Beaujolais (ボージョレ)は、フランス・ブルゴーニュ地方南部のワイン産地。Gamay (ガメイ)種というブドウからつくられたフルーティな赤ワインは、バラやスミレを思わせる香りや、イチゴやラズベリーのようなチャーミングな香りで有名。

今回の造り手 Georges Duboeuf (ジョルジュ・デュブッフ)氏は、かつては地元の日常用のワインでしかなかったボージョレ地区の素朴な地酒を、たった一代で、はつらつとした生気あふれる世界の名ワインに磨きあげた偉才。「フレッシュで、フルーティで、理屈ぬきに楽しいチャーミングなワイン」。ボージョレと聞いて多くのファンが連想する、そんな味わいこそ、デュブッフ氏が半生をかけて造り上げてきたボージョレの理想型と言える。

今年も昨年に引き続き、Beaujolais-Villages (ボージョレ・ヴィラージュ)ではなく、Villages を名乗らないただの Beaujolais 地区のボージョレ。そのためか、例年と比べて味に深みが無くとげとげしい印象。来年こそは Beaujolais-Villages をまた飲もう。


※ボージョレ(ボジョレー)とボージョレ・ヌーヴォー(ボジョレー・ヌーヴォー)の違い
日本ではボージョレと言えばボージョレ・ヌーヴォーの知名度が高いが、本来ボージョレは、伝統的な醸造法で造られ風味がよりしっかりしているため、半年ほど熟成させてから、翌年の春に出荷される。一方、ボージョレ・ヌーヴォーは、ボージョレ地方でつくられる「新酒」のこと。ヌーヴォーが、解禁から数ヶ月間が一番おいしいのに対して、一般のボージョレは、数年間に渡って比較的おいしく楽しめるのも大きな違いのひとつ。


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.duboeuf.com/
[PR]

by magamoduck | 2014-12-03 19:00 | ワイン日記
2014年 07月 04日

2004 Selvapiana Chianti Rufina Riserva "Bucerchiale"

2004 Selvapiana Chianti Rufina Riserva \

K&L Club Italiano Wines 2009 3月のワイン。
(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $27.99
[PR]

by magamoduck | 2014-07-04 19:00 | ワイン日記
2014年 04月 24日

2005 Domaine Belle, "Cuvée Louis Belle", Crozes-Hermitage

2005 Domaine Belle,
Domaine Belle, "Cuvee Louis Belle", Crozes-Hermitage
(ドメーヌ・ベル・キュヴェ・ルイ・ベル・クローズ・エルミタージュ)

シラー100%。果実の熟れた香りやかすかなピーマンの香りがあり、口当たりがソフトで果実味があふれている。この生産者のクローズ・エルミタージュは並みの生産者のエルミタージュを確実に上回ると言われている。(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $29.99


※ビンテージ違いです。
[PR]

by magamoduck | 2014-04-24 19:00 | ワイン日記
2014年 03月 23日

2011 Ermacora Pinot Bianco

2011 Ermacora Pinot Bianco

K&L Personal Sommelier Service Wines 2012 12月のワイン。
イタリアのベニスの東に位置する Furiuli (フリウリ地方)、スロベニアとの国境から数キロの Ipplis (イップリス)にあるワイナリー Ermacora (エルマコーラ)。完全に太陽光発電で電力をまかなっているハイテクなこのワイナリーは、そのハイテクさとは裏腹に機械に頼らない収穫や伝統に則った醸造等、非常に自然かつ丁寧な手法でのワイン造りを心がけている。K&Lが多く扱うエレガントなラベルが印象的なワイン。

(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99
[PR]

by magamoduck | 2014-03-23 19:00 | ワイン日記
2014年 03月 22日

2001 Monte Real Rioja Gran Reserva

2001 Monte Real Rioja Gran Reserva

(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明
[PR]

by magamoduck | 2014-03-22 20:00 | ワイン日記
2014年 02月 06日

2007 A.P. Vin Garys' Vineyard Pinot Noir

2007 A.P. Vin Garys' Vineyard Pinot Noir

カリフォルニアで単一畑の Pinot Noir に特価して生産している A. P. Vin (APヴァン)。オーナーの Andrew P. Vingiello 氏が Santa Lucia Highlands の Pinot Noir の魅力に魅せられて設立したこのワイナリーは、少量生産ながらも随所で高い評価を得ている。

本当に久し振りに飲む Pinot Noir。自宅で5年間寝かせたカリフォルニアのピノ。テイスティングノートにもある通り、プラム系の濃厚な香りは強すぎるくらい印象的。寝かせた期間に反して、期待していたような熟成感は無かったものの、裏を返せば5年後にも果実味の存在感をしっかり感じられたということ。ソノマやオレゴン州、そしてブルゴーニュのピノ・ノアールも久しぶりに飲んでみたい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: $46.00

サイト: http://www.apvin.com/

Tasting notes (引用):
The ’06 Garys’ was my favorite of Andrew’s vineyard designated Pinots last year, and the ’07 could be a candidate for my top pick this year. It sounds crazy, but I think this wine is more akin to the Kanzler than it is to the neighboring Rosella’s Vineyard. The Garys’ has a vibrant nose of ripe, plummy fruit with a bit of whole cluster aroma thrown in (even though no whole clusters were used, says Andrew). The palate is equally massive and is not for the faint of heart. This wine is very high on the enjoyment scale and will be hard to keep in the cellar before your friends force you to open all of them.


[PR]

by magamoduck | 2014-02-06 19:00 | ワイン日記
2014年 02月 01日

2010 Tenuta Sarno 1860 Fiano di Avellino

2010 Tenuta Sarno 1860 Fiano di Avellino

K&L Personal Sommelier Service 2012 7月のワイン。
南イタリアはカンパーニャ州、ヴェスヴィオ山の近くの造り手、Tenuta Sarno 1860。K&Lによると、今回飲んだ Fiano 種から造る白ワインに特化して取り組む造り手とのこと。ブドウはオーガニック。

Fiano di Avellono (フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ)は、イタリア・カンパーニャ州の DOCG ワイン。イタリアの多くの白はタラゴン、豆苗のような草っぽい味だが、Fiano という品種はより土っぽくがっしりした味わいで、しばしばヘーゼルナッツの実の核と表現される。

ミネラルが豊富な反面、キリッとした柑橘っぽい味わいも併せ持つ興味深い1本。いかにもイタリアの土着という大地の印象。6年前に飲んだ別の Fiano di Avellino も似たような印象だった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $24.99

サイト: http://www.tenutasarno1860.it/

K&L's notes (引用):
A single grape varietal. A single vineyard. Tenuta Sarno sets the trend and Maura Sarno is now the ?rst lady of Fiano. In homage to her father Dominic Sarno, well-known notary of Avellino, Maura set out to recapture the passion and great respect of her father for their land of origin, Candida, located 625 metres above sea level in the comune of Avellino. The desire was to make a Fiano, oldstyle. After completing her studies as Sommelier, she turned her attention to the land. Serious in her quest, she cultivated solely the one varietal and hired consulting Campania enologist Vincenzo Mercurio to work alongside her. Organically farmed, the vineyards are situated on 4.5 hectares and are planted on rich soil deposits of calcareous clay and limestone characteristic of the region- a phenomenon attributable to the great eruption of Mount Vesuvius, back in 1944. Citrus, foral notes and minerals blossom on the mid-palate of this rich, textured white. The long , elegant fnish gives way to notes of honey and toasted hazelnuts. K&L's notes - Hands down, one of the best Fiano d'Avellino I've ever tasted. (Chris Miller, K&L Italian wine specialst)


[PR]

by magamoduck | 2014-02-01 19:00 | ワイン日記
2014年 01月 11日

2007 Santa Cruz Mountain Vineyards McDowell Valley Vineyard Durif

2007 Santa Cruz Mountain Vineyards McDowell Valley Vineyard Durif

カリフォルニア州 Santa Cruz Mountains にあるワイナリー Santa Cruz Mountain Vineyards。ラベルに描かれているのは、Santa Cruz Mountains 地方のシンボルのボブキャット。今回飲んだのは Durif (デュリフ)。Durif は Petite Sirah のオリジナルの赤ワイン用ブドウ品種で、フランスのローヌ地方からカリフォルニアに渡った際に Petite Sirah と呼ばれるようになった。2004年からはラベルのデザインが変わってボブキャットの存在感が少なくなったのが残念。(我が家の猫はこのワインにちなんで Durif と命名。)

2003年2004年2005年に次ぐ4度目のデュリフワイン。2005年に引き続き、ザラザラした Petite Sirah の独特な味わいは薄く、シルキーな印象が強い。コストパフォーマンスが良くて悪く無い。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $17.99

サイト: http://www.santacruzmountainvineyard.com/

K&L's notes (引用):
Durif is one of many grape varieties that is grown in the Rhône Valley of France and it is one of the varieties allowed in Châteauneuf-du-Pape wines. Early in the 20th Century cuttings of Durif from the Rhône Valley were shipped to California, but during this process the cuttings were given the name Petite Sirah. There really is no such thing as Petite Sirah in France, it was simply a name applied to the Durif grape when it was first brought over to the U.S. Santa Cruz Mountain Vineyard has been labeling this variety by its 'real' name since 1977. Whatever you want to call it, this particular release has very complex aromatics that include hints of rose petals, black pepper spiciness and a touch of wood smoke. These elements are wrapped around an impressive depth of blackberries and other dark fruit flavors. Have it with a nice cut of beef or lamb and it should work beautifully.


[PR]

by magamoduck | 2014-01-11 19:00 | ワイン日記
2013年 12月 25日

2005 Domaine du Vieux Telegraphe "Telegramme", Châteauneuf-du-Pape

2005 Domaine du Vieux Telegraphe "Telegramme", Châteauneuf-du-Pape

ローヌを代表する大手の造り手である Vignobles Brunier(ヴィニョーブル・ブリュニエ)。そのフラッグシップワインである Châteauneuf-du-Pape の Vieux Telgraphe(ヴュー・テレグラフ)と同じ畑の若いブドウから造られるセカンドワインである Telegramme(ヴュー・テレグラフ)を今回は飲んだ。

最初30分くらいは固く閉じていて香りもあまりせず。時間が経つにつれて開いてきてよくなる。ローストチキンにはよくあい、食事と合わせるとよいフードフレンドリーなタイプのワイン。おっとは、期待していた深みのあるワインではなかったと残念気味。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $31.99

サイト: http://www.brunier.fr/

K&L's notes (引用):
91 points Wine Spectator: "Ripe, with nice kirsch and raspberry fruit backed by darker hints of applewood-smoked bacon, plum sauce and dark licorice. Juicy and long on the finish, this stretches out nicely. A great second wine. Best from 2009 through 2025." (04/08) According to Stephen Tanzer: "Deep red. Fresh red berry and cherry aromas are brightened by zesty minerality, with a subtle floral quality adding complexity. Deep cherry and blackcurrant flavors are sharpened by fresh acidity, which adds lift to the finish." K&L's notes - Undeniably one of the best deals in Chateauneuf has to be the "Telegramme" from Chateauneuf du Pape legend Domaine du Vieux Telgraphe. Produced from younger vines and composed of predominantly grenache and mourvedre, this second wine undergos the same vinification and elevage as the grand vin, with no new oak, no filtration and two years elevage. Drink this rhone beauty now and over the next few years as you wait for its big brother to come of age!


[PR]

by magamoduck | 2013-12-25 19:00 | ワイン日記
2013年 12月 03日

2010 Tablas Creek Vineyard Patelin de Tablas Blanc

2010 Tablas Creek Vineyard Patelin de Tablas

カリフォルニア州パソロブレスにある Tablas Creek Vineyard は、Côtes du Rhône (コート・ドュ・ローヌ)地方の Châteauneuf du Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)の中でも頂点を極める Château de Beaucastel (シャトー・ド・ボーカステル)のオーナーの1人である Domaines Perrin (ドメーヌ・ペラン)社がオーナー。Rhone 品種を育てるのにカリフォルニアの気候は理想的と確信し、Chateau de Beaucastel から苗木をダイレクトに輸入、Paso Robles に植えて育てている。ワインはもちろん Rhone 品種を扱い、Chateauneuf-du-Pape スタイルのワイン造りを目指している。

2年半前にワイナリーで気に入って購入した1本。50% Grenache Blanc、33% Viognier、10% Roussanne、7% Marsanne というローヌらしいブレンド。ピークを超えてしまった訳では無いと思うけど、ワイナリーで飲んだときのようなキリッとした爽快な味わいでは無く、かといってリッチな熟成香が感じられる訳でもなく、おっとは中途半端な印象。よめは期待どおりのローヌ白の味わいでお気に入り。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $20.00

サイト: http://www.tablascreek.com/

Winemaker's notes (引用):
The 2010 Patelin de Tablas Blanc is a blend in the style of French Cotes du Rhone whites, with flavors of lemon and mineral, a hint of tropicality from the Viognier, and a long finish with surprising richness. - See more at: http://www.tablascreek.com/wine/14/2010_patelin_de_tablas_blanc#sthash.HdLiTb0O.dpuf


[PR]

by magamoduck | 2013-12-03 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧