おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:★4.5 ( 38 ) タグの人気記事


2011年 09月 16日

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"
Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"
(ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール・ポマール・プルミエ・クリュ・リュジアン)

フランス・ブルゴーニュ、Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地区)にあるドメーヌ Domaine Fontaine-Gagnard (ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール)。当主の Richard Fontaine (リシャール・フォンテーヌ)氏は、Chassagne-Montrachet (シャサーニュ・モンラッシェ村)の名手 Gagnard-Delagrange (ガニャール・ドラグランジュ)家の娘と結婚し、1985年に当ドメーヌを設立。本家ドラグランジュに勝るとも劣らない造り手とされている。Volnay (ヴォルネイ村)の "Clos des Chênes" や今回の Pommard (ポマール村)の "Rugiens" も秀逸だが、やはり主力は Chassagne-Montrachets に所有する 1er Cru (一級畑)や、Grand Cru (特級畑)である Criots-Bâtard-Montrachet (クリオ・バタール・モンラッシェ)、Bâtard-Montrachet (バタール・モンラッシェ)、Montrachet (モンラッシェ)。義父であるガニャール・ドラグランジュ当主が2008年に他界し、現在はドラグランジュの畑も徐々に当ドメーヌに譲渡されている。

Los Gatos のレストラン Manresa でソムリエに勧められた一本。初めてボトルできちんと飲むポマール。若いヴィンテージなこともあり、最初はしっかりと閉じている感じがしたけれど、デキャンタージュして時間が経つにつれて開いてくる。ブルゴーニュにしては色も濃いめで、重めの飲み口の一本。チャーミングな感じというよりは、華やかで肉厚、複雑な印象。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
レストラン価格: $203.00

K&L's notes (引用):
90 points Allen Meadows: "An intense and densely fruited nose of red berry aromas, especially cherry and raspberry, leads to rich and slightly austere medium full-bodied flavors that culminate in a slightly edgy finish that is probably due to the recent bottling. A classic young Rugiens as it's brooding and somber. Patience required." (Apr 01, 2007)


[PR]

by magamoduck | 2011-09-16 19:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2009 勝沼醸造アルガブランカ・ヴィニャル・イセハラ (Aruga Branca Vinhal Isse'hara)

2009 勝沼醸造アルガブランカ・ヴィニャル・ イセハラ (Aruga Branca Vinhal Isse'hara)

山梨県甲州市勝沼町にある勝沼醸造(Katsunuma Winery)。「勝沼の風土~テロワール~」を目指す。甲州ブドウは従来生食用として高い生産性を求めてきたため、世界のワイン用ブドウに比べると糖度や酸度が劣っていた。そこで、アイスワイン製法をヒントに、甲州ブドウを絞り、果実を凍結させ、水分が先に凍ることを利用して氷と果実を分離し、糖分や酸及びその他の成分を凝縮した果汁を得て醸造する製法を開発。

アルガブランカ・イセハラは大変人気が高いレアワインで、日本でも発売時に購入しないとなかなか手に入らないのだそう。国内でも様々な賞を受賞。100% 甲州種の白ワイン。単一畑。アルコール度数 11.5%。

2007年2008年 と3年連続で飲むアルガブランカ・イセハラ。2007年は最高、2008年はうーん、、という印象で、2009年は良い意味で2007年を飲んだ時の印象に近い。爽やかな酸味と果実味。ロワールやブルゴーニュ(ましてやカリフォルニア)と比べて、爽やかで控えめだけど複雑もあり、誇れる日本のワインだと思う。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.katsunuma-winery.com/

Winemaker's notes (引用):
「ワイン造りはぶどう作り」という基本に忠実に、風土の個性を反映したワイン造りに取り組んでいます。このワインは小字名の伊勢原の単一畑から収穫された甲州種のみを原料に醸造したワインです。華やかな香りに加え、爽やかな酸味と微妙な甘さがバランス良く、他に無い個性を醸し出しています。



※ヴィンテージ違いです。
 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru
Leflaive & Associes, Rully 1er Cru
(ルフレーヴ・エ・アソシエ・リュリー・プルミエ・クリュ)

フランス・ブルゴーニュの Puligny-Montrachet (ピュリニー・モンラッシェ村)最高峰の生産者にして世界屈指のシャルドネでもある Domaine Leflaive (ドメーヌ・ルフレーヴ)。名声の高かった Vincent Leflaive (ヴァンサン・ルフレーブ)が1993年に亡くなり、娘の Anne Claude (アンヌ=クロード)が受け継ぐ。醸造責任者の Pierre Morey (ピエール・モレ)と共に素晴らしいワインの数々を造り出している。畑の化学肥料を減らす為に Biodynamic (バイオダイナミック、ビオデナミ)栽培法を取り入れ、単位面積の収穫量もかなり減らしたブドウ造りにこだわる。今回飲んだのは、そのルフレーブが2008年よりネゴシアンとして造る Leflaive & Associes の一本。ネゴシアンとは言え、ドメーヌが年間を通じて栽培農家と密接に連携を取っており、収穫に至っては完全にドメーヌ主導で行っている。醸造は他のルフレーブ・ワインと同様、ドメーヌ自身が自らの施設で行っている。

ルフレーヴに恋する友人宅で頂いた久々のルフレーブ。Rully (リュリー)は Côte Chalonnaise (コート・シャロネーズ)のAOC。バターのような樽香はしっかりで濃厚だが主張しすぎず繊細。以前飲んだ Les Pucelles と比べるとフレッシュで今すぐ飲むのに適しているワイン(Les Pucelles は熟成させて飲みたい)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.leflaive.fr/en/



 
 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 01:00 | ワイン日記
2010年 09月 04日

2007 Raina Sagrantino di Montefalco

2007 Raina Sagrantino di Montefalco

Sagrantino di Montefalco (サグランティーノ・ディ・モンテファルコ)は、イタリア Umbria (ウンブリア州)、Perugia (ペルージャ)地域で造られるワイン。(ペルージャ内にある Montefalco 地区産である必要はない。)Sagrantino di Montefalco には、セッコ secco (辛口)とドルチェ dolce (甘口)の2種類の DOCG 赤ワインがあり、古くはドルチェのみを祭日のためのワインとして造っていた。Sagrantino di Montefalco は、土着の赤ワイン用ブドウ品種 Sagrantino (サグランティーノ)100% であることが義務付けられている。サグランティーノ種は最もタンニンの強い品種の一つで、インクのように濃い紫色、味も濃く土臭い特徴で知られている。ただし、生産量が少ないため、DOCG ワインであるにも関わらず、イタリア国外ではあまり知られていない。

Raina (ライナ) は2001年創業の若いワイナリー。今回飲んだ Sagrantino di Montefalco をフラッグシップとして、Montefalco Rosso DOC や Umbria Rosso IGT など数種類の赤ワインを造っている。サンフランシスコのイタリアン・レストラン、Quince でソムリエに選んでもらった一本。

豊かなタンニンとイタリアらしい土臭さが素晴らしい。イタリアワインにしては強烈でパワフル、非常に複雑で後味も長く、とても美味しい。2007ヴィンテージで期待するよりも熟成感を感じる。サグランティーノ種はもっと色々飲んでみたい品種の1つ。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
レストラン価格: $105.00

サイト: http://www.raina.it/raina/

Winemaker's notes (引用):
Colour: deep ruby red with purple tints
Bouquet: blackberries aroma, balsamic and spicy notes with a finish of chocolate and tobacco.
Taste: armonic and structured. The tannin is well balanced. Long finish.


[PR]

by magamoduck | 2010-09-04 02:00 | ワイン日記
2010年 08月 12日

2003 Mendelson Sleepy Hollow Vineyard Pinot Noir

IMG_7939.jpg

カリフォルニア州ナパにあるワイナリー Mendelson Wines。オーナーの Richard Mendelson 氏はワイン法弁護士かつ金属彫刻家でもあり、毎年 Mendelson Pinot Noir のボトルには氏の作った芸術性の高い彫刻がエッジングされている。ピノの他にデザートワインを生産。ピノに目覚めるきっかけをくれたワイン。

(2007.02.12 first entry)
フルーティな味わいで、よめの最も好きなピノノワールのひとつ。

(2010.08.12 update)
7年の年月の割には果実味が残っている。ソフトな口当たり。モントレー近郊 Sleepy Hollow Vineyard のピノがこのような味わいだったかどうか忘れてしまったが、やはり好きな味で、ワインを飲み始めた当時に感動の星5つをつけた気持ちは今でもよくわかる。そんなワイン。(今でも作り続けているのだろうか。)

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★ -> ★★★★☆
K&L価格: $34.99

サイト: http://www.mendelsonwines.com/

Winemaker's notes (引用):
The Mendelson 2003 Pinot Noir is our best ever red wine. Combining the richness and power of the 2002 vintage with the elegance and finesse of the 2001. The aromas are black cherry, blueberry and plum, with undercurrents of cola and spice. The wine is drinking beautifully right now because of its softness on the palate and excellent balance, which are the hallmark of this 33-year old vineyard. The layers of fr uit and depth also bode well for long-term aging.


[PR]

by magamoduck | 2010-08-12 19:00 | ワイン日記
2009年 12月 25日

1994 Château Haut-Brion, Pessac-Léognan

1994 Château Haut Brion, Pessac-Léognan
Chateau Haut-Brion, Pessac-Leognan
(シャトー・オー・ブリオン・ペサック・レオニャン)

Robert Parker 93 ポイント
Wine Spectator 94 ポイント

ボルドー5大シャトーのひとつ、グラーヴ地区格付け第1級 Château Haut-Brion (シャトー・オー・ブリオン)。1855年パリの万国博覧会を契機に制定された最初の公式なメドックの格付けで、メドック地区以外にも関わらず第1級に選ばれたシャトー。その後、1959年にグラーヴAOCの格付けが作成され、シャトー・オー・ブリオンはグラーヴの格付けと、メドックの格付けの両方にリストアップされ、ボルドーでは唯一、2つの格付けに記載されている。エレガントで薫り高く、若くしてタンニンと豊かな果実味、樫の樽の風味が絶妙なバランスを奏で、5大シャトーの中でも「女性的な味わい」「最も通好み」のワインと言われている。セカンドワインは Bahans Haut-Brion (バーン・オー・ブリオン)。

15年物。ワイナリーが提示する飲み頃が2000~2010年なので、2009年の今年はまさに飲み頃。最初香らなかったけれど、グラスの中で空気に触れると一気に開き、芳醇に。力強く、カリフォルニアワインのよう。余韻が辛口で、後味が驚くほど長い。肉に合わせると最高にマッチする。時間が経つにつれて柔らかくまろやかになる。いいワインに間違いはないが、5大シャトーという大きな肩書きに期待しすぎた感じはあった(by よめ)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $199.00

サイト: http://www.haut-brion.com/home/en/

Winemaker's notes (引用):
This wine is characterized by the harmony between the very soft and very fine structure and the complex aroma given by the soil of the Graves.
The wine has great charm. It will be possible to drink it in the next few years but it really should be kept. It will age remarkably. Drink: 2000 - 2010

K&L's notes (引用):
94 points Wine Spectator: "Has wonderful richness and suppleness, lovely fruit and harmony. A superb example of a graceful, balanced wine that is delicious now and can evolve over many years." 92 points Robert Parker: "I continue to find similarities between Haut-Brion's flattering, elegant, rich, powerful 1985 and the estate's gorgeous 1994. The latter wine possesses outstanding color saturation, as well as an open-knit, forward nose of smoky, sweet, red and blackcurrant fruit intermixed with minerals and vanillin. Medium to full-bodied, with layers of flavor, this superb wine is a great example of just what intensity and elegance administrator Jean Delmas is able to pack into this wine without it tasting aggressively oaky, overblown, or too heavy. In many respects, this is the most aromatically complex and best-balanced of all the Bordeaux first-growths. Look for the 1994 to be precocious and flattering by age 4-5, and keep for 20-25+ years."


=========
楽天でお買い上げ
=========


パーカーポイント93点![1994] シャトー・オー・ブリオン 750ml [1994] Chateau Haut Brion 750ml


[PR]

by magamoduck | 2009-12-25 19:00 | ワイン日記
2009年 11月 14日

1999 Domaine de l'Arlot, Nuits Saint Georges 1er Cru

1999 Domaine de l'Arlot, Nuits Saint Georges 1er Cru
Domaine de l'Arlot, Nuits Saint Georges 1er Cru
(ドメーヌ・ド・ラルロ・ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ)

フランス・ブルゴーニュの Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Nuits Saint Georges (ニュイ・サン・ジョルジュ)にあるドメーヌ Domaine de l'Arlot (ドメーヌ・ド・ラルロ)。1987年にフランス大手保険会社アクサ・ミレジム(AXA)により設立。ブルゴーニュのトップドメーヌ Domaine Dujac (ドメーヌ・デュジャック)の Jacques Seysses (ジャック・セイス)氏の指導のもと働いていた Jean-Pierre de Smet (ジャン・ピエール・ド・スメ)氏が責任者として加わりスタート。設立当初から無農薬でブドウを栽培しており、2003年からは全て Biodynamic (バイオダイナミック、ビオデナミ)栽培法によって造られている。ジャン・ピエール・ド・スメ氏が2006年末で引退し、現在はスメ氏の右腕だった Olivier Leriche (オリヴィエ・ルリッシュ)氏が栽培・醸造最高責任者となりラルロの運営に携わっている。

ミシュランレストラン 『Cyrus』 で選んだ1本。一度飲んでみたかったラルロ、しかもブルゴーニュ良年の1999年。ソムリエがローソクをかざしてデキャンタージュしてくれる。木苺のような香り。ただ、味に深みはなく、どちらかというと薄っぺらい。よく言えばチャーミングで飲みやすいワインだった。


※後から調べたところ、畑名が明記されていない単なる Nuits Saint Georges 1er Cru は Clos de Forets というラルロ所有の 1er Cru 畑の中でも若い樹から造られるワインで、早飲みすべきとのこと。ソムリエも悪くはないとは言っていたが、次回からは自分たちの薄い知識ではなくソムリエに任せてみようと思った。。以下、ラルロ所有の Grand Cru と 1er Cru 畑。この他、村名ワインもある。

- Romanee-Saint-Vivant Grand Cru
- Nuits Saint-Georges 1er Cru Clos de l'Arlot
- Nuits Saint-Georges 1er Cru Clos de l'Arlot Blanc (白)
- Nuits Saint-Georges 1er Cru Clos des Forets Saint-Georges
- Nuits Saint-Georges 1er Cru le Petits Plets
- Nuits Saint-Georges 1er Cru
- Vosne-Romanee 1er Cru les Suchots


おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
レストラン価格: $150.00

K&L's notes (引用):
The 1er Cru is made from the young vines at l'Arlot, and is perfect for early drinking. Light in color, but not in aromatics, open, attractive and balanced. Shows lots of acidity when first opened, but then unfolds lot of charm and character.(Keith Wollenberg, K&L Burgundy Buyer) "(from young vine Clos-de-Forets fruit planted in 1986 and after). Really quite good considering the young vines with intense red fruits and relatively open generous flavors. While not particularly dense or sappy, it has plenty of solid character, is quite tasty and should drink well early." (Allen Meadows, Burghound.com)


[PR]

by magamoduck | 2009-11-14 19:00 | ワイン日記
2009年 04月 03日

1999 Château Raymond-Lafon, Sauternes

1999 Château Raymond-Lafon, Sauternes
Chateau Raymond-Lafon, Sauternes
(シャトー・レイモンド・ラフォン・ソーテルヌ)

フランス・ソーテルヌ地区にあるワイナリー Château Raymond-Lafon (シャトー・レイモンド・ラフォン)。世界最高の甘口ワインを造り出す Château d'Yquem (シャトー・ディケム)の隣に畑を持つこのシャトーは、1855年のボルドーワイン格付けの際は設立からわずか5年しか経っていなかったために格付対象外となっていた。現在はディケムの醸造長を勤めていた Pierre Meslier (ピエール・メリエ)が所有しており、ロバート・パーカーからは「ディケムの輝きと威厳のある芳醇さに近いワインを3分の1以下の価格で手に入れることができるワイン」であると評されている。

おっと念願、フォアグラとソーテルヌのマリアージュ。1999年(10年物)だが全然古さは感じず、蜂蜜の香り高く、適度な酸味でとても美味しい。フォアグラの過度の脂とソーテルヌの甘さが相殺しあい、酸味や旨味が生まれる。(でも、どちらも多くは食べられない。)


Sauternes (ソーテルヌ)とは
Sauternes (ソーテルヌ)は、フランスで極上の甘口ワインを生産する AOC。最も偉大な甘口白ワインを産する Château d'Yquem (シャトー・ディケム)の所在地として有名。Semillon (セミヨン)、Sauvignon Blanc (ソーヴィニョン・ブラン)、Muscadelle (ミュスカデル)のブドウで作られる貴腐ワイン。外観は濃密な黄金色で、熟成すると魅力的な琥珀色へと変化する。蜂蜜のような香味を持ち、糖度と酸味のバランスがよく、デザートワインとして味わわれる。ドイツの Trockenbeerenauslese (トロッケンベーレンアウスレーゼ)、ハンガリーの Tokaji (トカイ)と並び、世界三大甘口ワインの一つとされている。

貴腐とは
白ワイン用品種のブドウの果皮が、貴腐菌(Botrytis cinerea:ポトリティス・シネレア)カビの感染によって糖度が高まり、芳香を持つ現象。貴腐化したブドウ(grapes with noble rot)を使って造られた極甘口のワインを「貴腐ワイン」という。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
Draeger's価格: $31.99  (ハーフボトル)

サイト: http://www.chateau-raymond-lafon.fr/

K&L's notes (引用):
Robert Parker says: "Raymond-Lafon is a name to watch in the Sauternes district, particularly if one is looking for a wine that is close to the brilliance and majestic richness of Yquem for less than one-third the price. This small estate abuts Yquem's vineyard and has an excellent reputation. …Unfortunately, the wine is extremely difficult to find because of the tiny production (1,300 cases) and the fact that the proprietor Pierre Meslier sells much of it to private clients in Europe." The estate of Raymond-Lafon fell into neglect, and it was not until 1972 that Pierre Meslier, the manager of Yquem, purchased this vineyard and began to rebuild this wine's once fabulous reputation. With a tiny yield of 9 hectoliters per hectare (even less than Yquem's), with the same grape blend and winemaking techniques employed as Yquem, and with the same ruthless selection procedure (normally 20% - 100% of a harvest is declassified), Raymond-Lafon is once again producing a succession of splendid Sauternes!


[PR]

by magamoduck | 2009-04-03 20:00 | ワイン日記
2009年 03月 20日

1993 BV Georges de Latour Private Reserve Napa Valley Cabernet Sauvignon

1993 BV Georges de Latour Private Reserve Napa Valley Cabernet Sauvignon

Wine Spectator 90 ポイント
カリフォルニア州ナパの Rutherford (ラザフォード)地区にあるワイナリー Beaulieu Vineyard (ボーリュー・ヴィンヤード)。創業者 Georges de Latour が1903年ラザフォードに最初の畑を購入して以来、100年以上の歴史を持つ。BVの略称で知られ、アメリカではどのスーパーでも見かける有名ブランド。フラッグシップワインは創業者の名より Georges de Latour Private Reserve Cabernet Sauvignon。現在は飲料業界 Diageo の傘下にある。(Diageo は現在 BV、Sterling、Chalone グループ、Rosenblum など30あまりのブランドを持っている。)

今回はそのフラッグシップワイン。初ヴィンテージは1936年という古い歴史。これはいい。1993年というヴィンテージ、古すぎずまさに飲み頃。カシスの果実味が最適な熟成感をだし、重過ぎないタンニンにも厚みが感じられる。おっと大絶賛。さすがBVのフラッグシップ。よめはもっとちゃんと飲めばよかった。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
ワイナリー価格: $120.00

サイト: http://www.bvwines.com/

Winemaker's notes (引用):
As we approach our centennial at BV, we are proud to maintain the traditions set forth by our founder Georges de Latour. One of these traditions is producing prized Cabernet Sauvignon, famous around the world for its high quality standard. Georges de Latour Private Reserve is "The Private Collector's Private Reserve." It reflects its heritage through its complexity and classic "Rutherford Dust" flavors of cassis, plum and cedar. This wine was aged in small barrels of American and French oak, and consists of 100% Cabernet Sauvignon.

The 1993 Private Reserve Cabernet Sauvignon showcases its dark ruby color as a preview of its depth and concentration. Rich oak aromas are wrapped around smells of ripe cherry, black currant and blackberry. Intense fruit flavors of cherry, cassis and berry are balanced with crisp acids and firm, yet subtle tannins. The complexity of this wine is evident in the lingering finish that echoes the layers of flavors on the palate. The Private Reserve from this great vintage will age beautifully and improve well into the next century.


[PR]

by magamoduck | 2009-03-20 09:00 | ワイン日記
2009年 03月 20日

2001 San Leonardo Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga

2001 San Leonardo Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga
San Leonardo Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga
(サン・レオナルド・マルケーゼ・カルロ・グエリエリ・ゴンザーガ)

Gambero Rosso 3 Glasses
Stephen Tanzer's International Wine Cellar 93 ポイント
Wine Spectator 90 ポイント

北イタリア、アルプス山脈の麓でオーストラリアとの国境に近い Trentino-Alto Adige (トレンティーノ・アルト・アディジェ)地方で18世紀からワインを生産している歴史あるワイナリー Tenuta San Leonardo (テヌータ・サン・レオナルド)。現在の当主は Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga (マルケーゼ・カルロ・グエリエリ・ゴンザーガ)公爵。醸造額を学んだ後、親戚関係にあたる Tenuta San Guido (テヌータ・サン・グイド:サッシカイアの生産者)で Giacomo Tachis (ジャコモ・タキス)氏の指導のもと6~7年修行。その後、父親からサン・レオナルドを引き継ぐ。ジャコモ・タキス氏は1983年からテヌータ・サン・レオナルドの醸造コンサルタントも勤めている。

フラッグシップワイン San Leonardo の 2001 と 2003 ヴィンテージは Gambero Rosso (ガンベロ・ロッソ)を始めとするイタリアワインの5大評価本それぞれで最高評価を獲得。2ヴィンテージ連続の5誌最高評価は、Sassicaia とこの San Leonardo だけ。しかもガンベロ・ロッソ誌に至っては、10年連続で最高評価 3 Glasses (tre bicchieri:トレ・ビッキエリとも呼ばれる)を獲得。「北のサッシカイア」とも呼ばれる本格派ボルドーブレンド。2000 ヴィンテージがワインコミック 『神の雫』 に登場。

その恐ろしく高い評価を得ている 2001 San Leonardo。パワフルでフルボディ、かつエレガントなボルドースタイル。だが、ボルドーよりイタリアらしい土臭さが特徴的でいい。おっと大絶賛。よめはもうちょっとちゃんと飲めばよかったと後悔。おおまかなブレンド比率は 60% Cabernet Sauvignon、30% Cabernet Franc、10% Merlot。


Sassicaia (サッシカイア)
元祖スーパー・トスカーナ(スーパー・トスカン)として名高いイタリアワイン。

Giacomo Tachis (ジャコモ・タキス)
「スーパー・トスカーナの父(the father of supertuscan wines)」として知られ、Sassicaia (サッシカイア)、Tignanello (ティニャネロ)、Solaia (ソライア)の3大元祖スーパー・トスカーナを世に送り出した醸造コンサルタント。1961年から30年に渡り Tignanello の生産者である Antinori (アンティノリ)に務め、1965年には Antinori の製造総責任者となる。1992年に Antinori を引退後、現在は南イタリアの Sicily や Sardinia といった地域のワイン造りに力を注いでいる。ボルドー大学の醸造学者 Emil Peynaud (エミール・ペイノー)教授とも旧来の親友。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $51.99

サイト: http://www.sanleonardo.it/

Winemaker's notes (引用):
San Leonardo is the magical heir to a tradition known the world over as Bordeaux blending. Dreams and heritage mingle to bring you a wine that conveys all its land-rooted character and genuine territory-focused appeal.

Intense ruby red with garnet highlights. A wine of remarkable intensity on the nose, which layers bell peppers and wild berries over a background note of vanilla. The palate San Leonardo is a skilful blend of wines from three grapes that are fermented and aged separately: 60% Cabernet Sauvignon, 30% Cabernet Franc and 10% Merlot. Before it goes into bottle, the precise proportions of the blend are decided only after rigorous tasting of samples, barrique by barrique.


=========
楽天でお買い上げ
=========


サン・レオナルド[2001]
[PR]

by magamoduck | 2009-03-20 07:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧