タグ:Pinot Noir ( 119 ) タグの人気記事


2015年 01月 06日

2005 Au Bon Climat "Knox Alexander" Pinot Noir

2005 Au Bon Climat \

カリフォルニア南部の Santa Barbara にある Au Bon Climat Winery (オー・ボン・クリマ)。通称 ABC と呼ばれる人気のワイナリーで、三角形のラベルが特徴。オーナー兼ワインメーカーである Jim Clendenen (ジム・クレンデネン)氏自身が大きく影響を受けたブルゴーニュ・スタイルのエレガントなワイン造りに徹している。Knox Alexander (ノックス・アレキサンダー)は、愛娘 Isabelle (イザベル)のときと同様に、愛息の誕生を祝って彼の名をつけた ABC トップクラスのピノ・ノアール。イザベルが複数の畑から造られるピノである一方、ノックス・アレキサンダーは最も主要なエステート(自社畑)の Bien Nacido Vineyard (ビエン・ナシド・ヴィンヤード)の特定ブロックのブドウのみで造られる。

久々のピノは6年前に2001ビンテージを飲んで以来の Knox Alexander。寝かせた割には最初のパンチが強烈で出だしがっかりしたけれど、少し置くだけで一気に開いて好みの味になった(by おっと)。しばらく置いても鋭く濃すぎるパワフルなピノに、やや疲れてしまった(by よめ)。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
価格: $50.00

サイト: http://www.aubonclimat.com/



 ※いずれもビンテージ違いです。
[PR]

by magamoduck | 2015-01-06 15:26 | ワイン日記
2014年 02月 06日

2007 A.P. Vin Garys' Vineyard Pinot Noir

2007 A.P. Vin Garys' Vineyard Pinot Noir

カリフォルニアで単一畑の Pinot Noir に特価して生産している A. P. Vin (APヴァン)。オーナーの Andrew P. Vingiello 氏が Santa Lucia Highlands の Pinot Noir の魅力に魅せられて設立したこのワイナリーは、少量生産ながらも随所で高い評価を得ている。

本当に久し振りに飲む Pinot Noir。自宅で5年間寝かせたカリフォルニアのピノ。テイスティングノートにもある通り、プラム系の濃厚な香りは強すぎるくらい印象的。寝かせた期間に反して、期待していたような熟成感は無かったものの、裏を返せば5年後にも果実味の存在感をしっかり感じられたということ。ソノマやオレゴン州、そしてブルゴーニュのピノ・ノアールも久しぶりに飲んでみたい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: $46.00

サイト: http://www.apvin.com/

Tasting notes (引用):
The ’06 Garys’ was my favorite of Andrew’s vineyard designated Pinots last year, and the ’07 could be a candidate for my top pick this year. It sounds crazy, but I think this wine is more akin to the Kanzler than it is to the neighboring Rosella’s Vineyard. The Garys’ has a vibrant nose of ripe, plummy fruit with a bit of whole cluster aroma thrown in (even though no whole clusters were used, says Andrew). The palate is equally massive and is not for the faint of heart. This wine is very high on the enjoyment scale and will be hard to keep in the cellar before your friends force you to open all of them.


[PR]

by magamoduck | 2014-02-06 19:00 | ワイン日記
2011年 12月 25日

2005 Mendelson Sleepy Hollow Vineyard Pinot Noir

2005 Mendelson Sleepy Hollow Vineyard Pinot Noir

カリフォルニア州ナパにあるワイナリー Mendelson Wines。オーナーの Richard Mendelson 氏はワイン法弁護士かつ金属彫刻家でもあり、毎年 Mendelson Pinot Noir のボトルには氏の作った芸術性の高い彫刻がエッチングされている。ピノのほかに、デザートワインを生産。何年か前にピノに目覚めるきっかけをくれたワイン。

Santa Lucia Highlands にしては果実味の凝縮感がとても強い。華やかなチェリー。開いてくると、ピノにしてはしっかりとした骨格があり、豊かな果実味とのバランスもよく、ちょうどよい熟成具合だったワイン。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
ワイナリー価格: $35.00

サイト: http://www.mendelsonwines.com/

Winemaker's notes (引用):
The 2005 Mendelson Pinot Noir has a deep garnet color with pronounced with cherry and blackberry aromas and a touch of oak. The wine has rich, concentrated flavors - with equal parts of fruit, spice and earth - complemented by excellent balance and silky texture. The wine combines power and elegance, ending with a long, clean finish.


[PR]

by magamoduck | 2011-12-25 19:00 | ワイン日記
2011年 11月 26日

2009 Domaine Thierry Mortet, Bourgogne Rouge

2009 Domaine Thierry Mortet, Bourgogne Rouge
Domaine Thierry Mortet, Bourgogne Rouge
(ドメーヌ・ティエリー・モルテ・ブルゴーニュ・ルージュ)

フランス・ブルゴーニュのワイナリー Domaine Thierry Mortet (ドメーヌ・ティエリー・モルテ)。父 Charles Mortet (シャルル・モルテ)氏の引退に伴い、兄の Denis Mortet (ドニ・モルテ)氏と共に兄弟で畑を相続、1992年に自身のドメーヌとして独立した。Gevrey-Chambertin、Chambolle-Musigny に広がる区画から生まれるワインは、十分な果実味の後にしっかりしたタンニンが現れるスタイル。Gevrey-Chambertin の著名な造り手であり入手困難なことで知られる兄ドニ・モルテ氏が造るワインに通じるものがあるとされている。

久々に飲む若いブルゴーニュの赤。透明感のある色調。香りは強めでパワフル。豊かな果実味を持ちながらも(よい意味で)土臭いミネラルが追いかけてくるバランスの取れたピノ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: domainethierrymortet.fr/  (http://www. を頭につけてください。)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-11-26 04:00 | ワイン日記
2011年 11月 24日

2006 Calera Mt. Harlan Cuvée Pinot Noir

2006 Calera Mt. Harlan Cuvée Pinot Noir

カリフォルニアのロマネ・コンティ」という代名詞であまりにも有名なカリフォルニアワイン Calera Wine Company (カレラ)。オーナーの Josh Jensen (ジョシュ・ジャンセン)氏は、フランスはブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)に惚れ込み、飛び込みで働き口を求め、その栽培・醸造・熟成技術を学び、その後カリフォルニアに戻りマウント・ハーランに畑を拓く。ロマネ・コンティから苗木のクローンをカリフォルニアに持ち帰った?とか、航空宇宙局(NASA)の人工衛星写真を使ってロマネ・コンティにそっくりな土壌を2年かけて見つけた?とか、様々な噂の真偽は不明。(真相を知りたい方はこちら。)

今回飲んだ Mt. Harlan Cuvée は、日本のグルメ雑誌 Dancyu 2008年12月号で大賞をとった一本。数年前に購入したもので、栓は珍しいガラスキャップ。リッチでジャミーな味わいは、ソノマのピノともサンタバーバラのピノとも異なる独特なもの。時間が経ちワインが開いてくると、複雑さが増して美味しい。もう少し若く飲んでも良かったのかもしれない。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
BevMo! 価格: $31.99

サイト: http://www.calerawine.com/

Winemaker's notes (引用):
The grapes for this wine were all grown on the slopes of a 3-million-ton limestone deposit located 2,200 feet above sea level. Geologists describe this limestone as "Paleozoic marble" that is between 225 million and 560 million years old. Its influence on the soils and the deeper ground beneath the vines imparts complexity and subtle flavors to the grapes and hence, the wine. We selected the barrels that went into this wine to give you a wine that can be enjoyed young.

Jensen Vineyard 8%
Mills Vineyard 42%
Reed Vineyard 3%
Mt. Harlan assorted younger vines 47%


[PR]

by magamoduck | 2011-11-24 02:00 | ワイン日記
2011年 10月 19日

2006 Domaine Anne Gros, Hautes Côte de Nuits

2006 Domaine Anne Gros, Hautes Côte de Nuits
Domaine Anne Gros, Hautes Cote de Nuits
(ドメーヌ・アンヌ・グロ・オート・コート・ド・ニュイ)

Domaine Anne Gros (ドメーヌ・アンヌ・グロ)は、Burgundy (ブルゴーニュ) Côte d'Or (コート・ドール県) Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Vosne-Romanée (ヴォーヌ・ロマネ村)にあるドメーヌ。アンヌ・グロは、ブルゴーニュの名門「グロ」一族の中で、最も注目されている女性醸造者。従兄弟ミシェルが Domaine Michel Gros (ドメーヌ・ミッシェル・グロ)を、もう一人の従兄弟ベルナールが Domaine Gros Frère et Soeur (ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール)を運営。AC ブルゴーニュから、Grands Echézeaux (グラン・エシェゾー)に接する素晴らしい区画 Clos Vougeot (クロ・ヴージョ)、そして Richebourg (リシュブール)にいたるまで、素晴らしいワインを造りだしている。

3年以上前にパリのワインショップ Lavini で購入した一本は初めて飲むアンヌ・グロの赤。(アンヌ・グロの白はこちら。)非常に複雑なミネラル感が感じられ、いかにもブルゴーニュの良いワインという印象。2006年とそれほど古くないにも関わらず、ある程度熟成されたような味わい。グラン・クリュやプルミエ・クリュを長期熟成させたら・・・!と夢が膨らむ。フランスで買うフランスワインはラベルが全部フランス語で新鮮。


Vosne-Romanée (ヴォーヌ・ロマネ)
ヴォーヌ・ロマネは非常に小さな村であるが、40以上の生産者があり、ブルゴーニュ最上の畑が多く、特級畑(グラン・クリュ)も6つある(以下)。ロマネ・コンティはあまりにも有名であるが、ピノ・ノワール種から作られる赤ワインはどれも優れたもの。よい造り手によるヴォーヌ・ロマネのワインは、Gevrey-Chambertin (ジュヴレ・シャンベルタン)と並びブルゴーニュワインとしては最も長命で、見事な熟成ぶりを発揮し成長する。

・Romanée-Conti (ロマネ・コンティ)
・La Romanée (ラ・ロマネ)
・La Tâche (ラ・ターシュ)
・Richebourg (リシュブール)
・Romanée-Saint-Vivant (ロマネ・サン・ヴィヴァン)
・La Grande Rue (ラ・グランド・リュー)

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
価格: €21.2

サイト: http://www.anne-gros.com/ ※日本語もあり

Winemaker's notes (引用):
The newest appellation, formed in 2000. Tasting generalities are thus confined to recent days. It seems that the tannins are more firm and the aromas more earthy than our "Bourgogne du bas".

The balanced texture is surprising for a first vintage. This wine took marvellously well to barrel ageing (40% new oak). Its moderate acidity makes it a wine for drinking young. Discover it at the same time we are...


[PR]

by magamoduck | 2011-10-19 19:00 | ワイン日記
2011年 09月 16日

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"
Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"
(ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール・ポマール・プルミエ・クリュ・リュジアン)

フランス・ブルゴーニュ、Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地区)にあるドメーヌ Domaine Fontaine-Gagnard (ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール)。当主の Richard Fontaine (リシャール・フォンテーヌ)氏は、Chassagne-Montrachet (シャサーニュ・モンラッシェ村)の名手 Gagnard-Delagrange (ガニャール・ドラグランジュ)家の娘と結婚し、1985年に当ドメーヌを設立。本家ドラグランジュに勝るとも劣らない造り手とされている。Volnay (ヴォルネイ村)の "Clos des Chênes" や今回の Pommard (ポマール村)の "Rugiens" も秀逸だが、やはり主力は Chassagne-Montrachets に所有する 1er Cru (一級畑)や、Grand Cru (特級畑)である Criots-Bâtard-Montrachet (クリオ・バタール・モンラッシェ)、Bâtard-Montrachet (バタール・モンラッシェ)、Montrachet (モンラッシェ)。義父であるガニャール・ドラグランジュ当主が2008年に他界し、現在はドラグランジュの畑も徐々に当ドメーヌに譲渡されている。

Los Gatos のレストラン Manresa でソムリエに勧められた一本。初めてボトルできちんと飲むポマール。若いヴィンテージなこともあり、最初はしっかりと閉じている感じがしたけれど、デキャンタージュして時間が経つにつれて開いてくる。ブルゴーニュにしては色も濃いめで、重めの飲み口の一本。チャーミングな感じというよりは、華やかで肉厚、複雑な印象。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
レストラン価格: $203.00

K&L's notes (引用):
90 points Allen Meadows: "An intense and densely fruited nose of red berry aromas, especially cherry and raspberry, leads to rich and slightly austere medium full-bodied flavors that culminate in a slightly edgy finish that is probably due to the recent bottling. A classic young Rugiens as it's brooding and somber. Patience required." (Apr 01, 2007)


[PR]

by magamoduck | 2011-09-16 19:00 | ワイン日記
2011年 08月 06日

2008 Carmel Road Pinot Noir

2008 Carmel Road Pinot Noir

カリフォルニア州モントレー地方のワイナリー Carmel Road Winery。1997年創業の新しいワイナリー。近くを流れる太平洋の還流に由来する冷涼な気候を特徴とするモントレーで、ピノノワールとシャルドネを中心としたワインを造っている。

モントレーらしいキャンディーのような果実味とシルキーな舌触りのピノ。軽やかで飲みやすい。サイトによると2009年ヴィンテージでは1%のシャルドネをブレンドしているとのことだけど、2008年はどうなんだろう。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.carmelroad.com/
[PR]

by magamoduck | 2011-08-06 04:00 | ワイン日記
2011年 03月 18日

2001 Brogan Russian River Valley Lone Redwood Ranch Pinot Noir

2001 Brogan Russian River Valley Lone Redwood Ranch Pinot Noir

カリフォルニア州ソノマのワイナリー Brogan Cellars。ソノマのピノ・ノワールの第一人者 Williams Selyem Winery の創始者、Burt Williams 氏の娘である Margaret Wierenga 女史がワインメーカーを務める。カリフォルニアにおいても入手しにくく、ホワイトハウスの公式ディナーワインに採用されるなど、その実力は輝かしく、一時期はカルトワインのような存在だった。

10年熟成させたソノマの単一畑 Lone Redwood Ranch のピノ。色は完全にオレンジ系で、ムンムンした果実味は感じられるものの、酸味は弱めでピークを過ぎてしまった感が強い。複雑な味わいに熟成していることを期待していたので、もう少し早く飲めばよかったと後悔。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $74.95

サイト: http://www.brogancellars.com/

K&L's notes (引用):
Margaret Wierenga (Margi) was just a teenage when her father, Burt Williams, started making the first Williams Selyem wines in a subterranean bathtub beneath the garage in the late 1970s. After years working at his winery in Fulton she took a paid position at the Westside Road facility in 1993, worked at Hop Kiln and finally, in 1998, decided to start her own winery. The fruit for this wine comes from Lone Redwood Ranch, along Mark West Creek.


[PR]

by magamoduck | 2011-03-18 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
(ベルトラン・アンブロワーズ・ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ヴォークラン)

90-92 points Robert Parker
89-92 points International Wine Cellar
88-91 points Burghound

フランス Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Nuits-Saint-Georges (ニュイ・サン・ジョルジュ)に隣接する Premeaux-Prissey (プレモー・プリセイ村)に醸造所を構える Maison Bertrand Ambroise (メゾン・ベルトラン・アンブロワーズ)。1987年にドメーヌを継いだ現当主のベルトラン氏は、ブルゴーニュの神様 Henri Jayer (アンリ・ジャイエ、2006年没)を継ぐと言われた Domaine Chopin-Groffier (ドメーヌ・ショパン・グロフィエ)の Daniel Chopin-Groffier (ダニエル・ショパン・グロフィエ)氏に指導を受けたといわれる秀逸な生産者。温厚な物腰と人望からプレモー・プリセイ村の村長も務めている。17haのブドウ畑を持ち、3分の1がACブルゴーニュ、それに Nuits-Saint-Georges、Côte de Nuits Villages を中心にグラン・クリュの Corton も擁している。以前はノン・フィルターにより濃厚さ全面に出るタイプだったが、年々艶やかさやエレガントを兼ね備えたワインを生み出すようになっている。

抜栓直後は閉じていたが、30分くらい経つと華やかな香りと共に開く。黒い果実味と適度な酸味のバランスがいい。ニュイ・サン・ジョルジュにしては濃いめで社交的な印象もありつつ、やはり古典的な複雑さを内に秘めている。コストパフォーマンスは最高の一本。注目したい造り手。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.ambroise.com/

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...
価格:5,754円(税込、送料別)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 03:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧