タグ:alsace ( 10 ) タグの人気記事


2011年 07月 30日

2007 Domaine Charles Baur "Pfersigberg" Gewurztraminer Grand Cru

2007 Domaine Charles Baur "Pfersigberg" Gewurztraminer Grand Cru
Domaine Charles Baur "Pfersigberg" Gewurztraminer Grand Cru
(ドメーヌ・シャルル・ボール・フェルシグベルク・ゲヴュルツトラミナー・グラン・クリュ)

フランス・アルザス地方にある家族経営ワイナリー Domaine Charles Baur (ドメーヌ・シャルル・ボール)。1950年よりワインを造り始め、アルザス特有の白ワインを中心に、赤ワインやスパークリング・ワインも生産している。3つのグランクリュ(特級畑)を所有しており、今回飲んだのはそのうちのひとつ Pfersigberg (フェルシグベルク)のゲヴュルツトラミナー。

二度目のアルザスのゲヴュルツトラミナー。正直、甘すぎる感に驚き。ミネラルは感じられ、複雑でアルザスらしさを思わせる反面、やはりアルザスのゲヴュルツトラミナーは甘すぎる印象。よめはやや苦手。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

サイト: http://www.vinscharlesbaur.fr/

K&L's notes (引用):
This wine is very concentrated and comes from one of the most famous Grand Cru vineyards of Alsace: gravelly soils with rich deposits of magnesium give the wine elegance, finesse and freshness. Well balanced , the wine displays aromas of rose, acacia and exotic fruits. It is best served with poultry, fish dishes and fruity desserts.


[PR]

by magamoduck | 2011-07-30 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 02日

2009 Roland Schmitt "Glintzberg" Gewürztraminer

2009 Roland Schmitt "Glintzberg" Gewürztraminer
Roland Schmitt "Glintzberg" Gewurztraminer
(ローラン・シュミット・グリンツベルグ・ゲヴュルツトラミナー)

17世紀にアルザスでワイン造りを初めた Schmitt 家。第二次世界大戦後に厳しい時代を迎えたものの、20代前半で当主となった Roland Schmitt (ローラン・シュミット) 氏とその妻 Anne-Marie (アンヌ・マリー)が Domaine Roland Schmitt として経営を引き継いでからは数々の革新をもたらし、現在ではフランス国内のミシュラン星つき高級レストランでも絶賛される、高品質なワインの造り手として幅広く知られている。ローラン・シュミットのワインはアルザスの中でもとりわけ繊細で薫り高いことで知られ、料理を引き立てるタイプとして有名。

K&L で見つけたお手頃で評判の高いゲヴュルツトラミナー。リースリングとは違った興味深いスパイシーさは感じられるものの、基本的には甘め。(テイスティングノートにある、野生のバラ、菩提樹、アカシアの花のような芳香を意識して飲んでみたかった。)カリフォルニアのゲヴュルツトラミナーと大きくは変わらない印象。やはりある程度値段を出さないといけないのか、と思ったり。生産者によると、デキャンタージュして飲むのがよいそう。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $18.99

サイト: http://www.roland-schmitt.fr/

Winemaker's notes (引用):
Pale yellow, clear and bright, with golden highlights. A complex nose brings out lime blossom, acacia, wild rose and fresh fruit layered over hints of caramel and spice. 
The mouth ushers in the varietal's primary aromas, with exotic wild flowers that fill the mouth and offer a lovely complexity. This is a Gewurtztraminer in the drier style, with excellent breeding and balance. The finish is long-lasting, with good acidity and the mineral notes typical of the terroir.





 
[PR]

by magamoduck | 2011-01-02 19:00 | ワイン日記
2010年 07月 10日

2007 Cave du Roi Dagobert Westerweingarten Riesling

2007 Cave du Roi Dagobert Westerweingarten Riesling

フランス・アルザスのワイン共同組合 Cave du Roi Dagobert (カーブ・デュ・ロワ・ダゴベール)。インターネットでの情報がフランス語以外ほとんどない。友人が現地(アルザス)で購入してきたリースリング。

注いだ瞬間、アルザスらしい石油系の香り。こういうわかりやすさは大好き。豊かな酸味と、どっしりとした存在感のある甘さとのバランスがよい。アメリカのリースリングにはないこの特徴がよい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.cave-dagobert.com/
[PR]

by magamoduck | 2010-07-10 01:00 | ワイン日記
2010年 01月 17日

2007 Hugel et Fils Gentil

2007 Hugel et Fils Gentil   Hot Wine
Hugel et Fils Gentil
(ヒューゲル・エ・フィス・ジョンティ)

フランス・アルザス地方にあるワイナリー Hugel et Fils (ヒューゲル・エ・フィス)。ヒューゲル家は、1639年から12代360年以上にわたって「ワインの品質は100%葡萄そのものによる」という黄金律を守り続け、ブドウ栽培とワイン造りの歴史を刻んできた。古より、アルザスの中でも高貴品種のブレンドワインは「Gentil (ジョンティ)」と呼ばれており、ヒューゲルがその伝統を復活させた。Gewurztraminer (ゲヴュルツトラミナー)のスパイシーなフレーバー、Pinot Gris (ピノ・グリ)のボディ、Riesling (リースリング)の優雅さ、Muscat (ミュスカ)の果実味、Sylvaner (シルヴァーナー)のさわやかさが見事に調和する。

薄い黄緑色。ジャスミンの花、フルーティさ、きりっとした味わいがゲヴュルツトラミナーを最も髣髴とさせる。が、こんなに多くの品種のブレンドだとは思わなかった。

集英社コミック 『ソムリエール』 9巻に登場していたホットワインの飲み方でも飲んでみる。「白ワインで作るホットワイン「ヴァン・ショー・ブラン」はアルザスの名物。温めたアルザスワインにレモンを一切れ。沸騰させてアルコールを飛ばしたヴァン・ショーは、ホリデーシーズンに子供たちにも振舞われる。(『ソムリエール』 より)」。熱燗を飲んでいるような面白い体験。アルコール感が強調され、ワインの風味は薄れてしまうので、普通の温度で飲むほうが好みだった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Whole Foods価格: $13.99

サイト: http://www.hugel.com/

Winemaker's notes (引用):
Youthful pale green in colour, very brilliant, it has a nice clean, open bouquet, elegant and fresh, perfumed with aromas of spring blossom, jasmine, white rose, green apple and white peach.
Fresh and dry on the palate, it is crisp and irresistibly easy to enjoy, thanks to a refreshing and agreeably aromatic finish.
A wine to drink now or within 2 years, at 8°C, with all sea or river fish : smoked, marinated, poached, steamed, grilled or in sauce, with shellfish, and also on its own. It would go well with Indonesian and Asian cuisines.


=========
楽天でお買い上げ
=========


ヒューゲル ジョンティ【2007】750ml(アルザス 白 辛口) Hugel Gentil 【2007】


[PR]

by magamoduck | 2010-01-17 19:00 | ワイン日記
2009年 05月 16日

2007 Now & Zen Alsace White

2007 Now & Zen Alsace White

フランス・アルザス地方のワイン Now & Zen。Trader Joe's で見かけ、Now and Then (時々)にかけられたネーミングとラベルとお手頃価格に惹かれて購入。

色は黄緑がかった薄い色。香りはあまりせず。口に含むとレモンやパイナップルのようなトロピカルな果実味。甘すぎはせずさわやか。夏によく冷やして飲むのにお薦め。40% Sylvaner (シルヴァネール:Silvaner(ズィルヴァナー)のフランス名称)、30% Pinot Blanc、15% Riesling、15% Gewurztraminer。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's価格: $4.99 (インポーター価格:$11.99)

サイト: http://www.underdogwinemerchants.com/tasting_notes/NZN_TN_07.pdf

Winemaker's notes (引用):
Our Now & Zen Alsace white is what is termed in Alsace as an Edelzwicker or noble blend of grapes. Adam Richardson, the Underdog Wine Merchants International Winemaker, spent time in Alsace collaborating with the local winemaker Benoit Pattin to develop this wonderful wine. Our '07 Alsace White boasts a pale yellow color with slight green hue. Its nose is aromatic, starting with floral notes, and then switching to fresh fruity aromas, both refreshing and complex.


[PR]

by magamoduck | 2009-05-16 03:00 | ワイン日記
2008年 11月 19日

2007 Lucien Albrecht "Cuvée Balthazar" Pinot Blanc

2007 Lucien Albrecht "Cuvée Balthazar" Pinot Blanc
Lucien Albrecht "Cuvée Balthazar" Pinot Blanc
(ルシアン・アルブレヒト・キュベ・バルタザール・ピノ・ブラン)

Lucien Albrecht (ルシアン・アルブレヒト)はフランスのアルザス地方の Orschwihr (オルシュヴィール)近郊に自社ブドウ園を保有する、アルザスでも規模の大きいドメーヌ。ルシアン・アルブレヒトのワイン造りの家系は1425年にも遡る。1698年以降に現在のオルシュヴィールに移る。1972年に他のメーカーに先駆けて Cremant d'Alsace (クレマン・ダルザス:アルザスのスパークリングワインの AOC)を製造開始し、アルザス産クレマンの市場を開拓。2000年からすべての畑がオーガニックでブドウを栽培。現当主は9代目の Jean Albrecht (ジャン・アルブレヒト)氏。1995年にはオルシュヴィールの市長にも選ばれ、同時にワイン界の数々の要職にも就いている。

Cuvée Balthazar というワイン名は、1698年にオルシュヴィールに定住した Balthazar Albrecht (バルタザール・アルブレヒト)氏の名前に由来。

初 Pinot Blanc。最初はフレッシュでとても美味しい。多少甘いが上品な甘さ。ハニー、ミネラルっぽい。時間が経つと温度が上がってとろんとしてくる。樽かと思ったけど unoaked (by よめ)。マロラクティック発酵?(by おっと)ずっと冷たいままで飲むほうがよめは好みだけど、この値段ならお買い得。100% Pinot Blanc。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
The Wine Club価格: $11.99

サイト: http://www.lucien-albrecht.com/

Winemaker's note (引用):
This wine, made 100% from Pinot Blanc, is unoaked and fresh with a soft dry fruit. It is the wine to drink at home as an aperitif or with all casual family meals. Picked when very mature, harmonious with a lively spring finesse.


[PR]

by magamoduck | 2008-11-19 19:00 | ワイン日記
2008年 08月 10日

Domaine Allimant-Laugner Crémant d'Alsace Rosé

Domaine Allimant-Laugner Cremant d' Alsace Rosé

フランスのアルザス地方にあるドメーヌ Domaine Allimant-LaugnerCrémant d'Alsace (クレマン・ダルザス)は、アルザスのスパークリングワインの AOC で、シャンパンと同じ伝統的な製法が用いられている。主な品種は Pinot Blanc で、Pinot Gris、Riesling などがブレンドされる。Crémant d'Alsace のロゼ・スパークリングワインは 100% Pinot Noir から造られる。

2回目のクレマン・ダルザス。今回はロゼ。色はほんのりピンクではかなく美しい。味もフルーティさを残し、口の中で上品にしゅわしゅわ弾ける。ロゼ・スパークリングの中ではとてもお気に入り。


※Vin Mousseux (ヴァン・ムスー)とは
Mousseux (ムスー)は「泡立つ」という意味のフランス語で、発泡性ワインは Vin Mousseux (ヴァン・ムスー) と呼ばれる。Champagne (シャンパーニュ) はもっとも有名なヴァン・ムスー。ヴァン・ムスーの中にもシャンパンと同じ5~6気圧の通常の「ヴァン・ムスー」、やや泡立ちが優しい(3.5気圧程)「クレマン(Cremant)」と呼ばれるもの、微発泡(2気圧程)の「ぺティアン(Petillant)」と呼ばれるものがある。シャンパーニュ以外では、ブルゴーニュの Crémant de Bourgogne (クレマン・ド・ブルゴーニュ)、シャルドネから造られるアルザスの Crémant d'Alsace (クレマン・ダルザス)、ロワール地方の Crémant de Loire (クレマン・ド・ロワール)、ソミュール・ムスー(Saumur Mousseux)、ヴーヴレ・ムスー(Vouvray Mousseux)などがAOCを名乗れる主な産地。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
Beltramo's価格: $17.99

サイト: http://www.allimant-laugner.com/

Winemaker's note (引用):
Made from Pinot Noir, Crémant Rose is more aromatic and has great finesse.


[PR]

by magamoduck | 2008-08-10 01:00 | ワイン日記
2008年 05月 14日

2005 Domaines Schlumberger Riesling Saering Grand Cru

2005 Domaines Schlumberger Riesling Saering Grand Cru
Domaines Schlumberger Riesling Saering Grand Cru
(ドメーヌ・シュルンバジェ・リースリング・サエリング・グラン・クリュ)

フランス・アルザス地方にある Domaines Schlumberger (ドメーヌ・シュルンバジェ)は、1810年にニコラス・シュルンバジェによって創立された伝統あるドメーヌ。1911年、フィロキセラの災害後、全ての畑を作り直し、拡大、世界中にその名を広げていった。4つの Grand Cru 畑を持ち、100% 自社畑でつくられたブドウのみでワインを創造している。

K&L の宣伝文句 "Minerals, minerals and more...minerals!" に魅かれて買った1本。Saering (サエリング)も Grand Cru 畑の1つ。ドライなリースリングでおっとは結構好み(カリフォルニアの甘いのも大好きだけど)。よめは水っぽくてあまり好きではなく。甘々のリースリングよりは美味しいけれど、もう少し "ミネラル" を体感したかった(気が付かなかっただけ?)。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $22.99

サイト: domaines-schlumberger.com/ ※URL の最初に http://www. をつけてください。

Winemaker's note (引用):
The robe is a light yellow with green reflections of a mild intensity. The disk is bright, limpid, transparent. The wine has a youthful quality. The pleasant nose, with a good intensity, provides an impression of beautiful maturity. It displays a dominant of fruity scents, citrus fruits, lemon peel, lemon. Airing reveals a subtle note of delicate vegetal, basil, spices, clove. The wine already shows its good profile despite the vegetal note. The onset is heavy, full and silky. The alcoholic base is well balanced. One evolves on a medium with a defined vivacity marked by vegetal flavours, spices, nutmeg, clove, underlying fruits, citrus fruits, lemon. The finish shows a beautiful length, 8 caudalies and a defined vivacity. This is where the Grand Cru dimension begins, with an underlying mineral character at this stage.

K&L's note (引用):
Minerals, minerals and more...minerals! But in case you think this grand cru Riesling offers nothing in the way of fruit and body, you need not fear. Floral notes mix with the minerals here, along with racy acidity and lots of citrus notes. Try one now with something rich and cheesy (raclette would be ideal), and buy a few to age in your cellar.


[PR]

by magamoduck | 2008-05-14 19:00 | ワイン日記
2008年 05月 10日

2005 Kuentz-Bas Alsace

2005 Kuentz-Bas Alsace Blanc
Kuentz-Bas Alsace
(クンツ・バ・アルザス) ※難しい読み方。。

フランス・アルザス地方の Kuentz-Bas (クンツ・バ)。Robert Parker が4つ星「秀逸」に挙げるほどの生産者。今回飲んだ白はブレンド品種不明の1本。(アルザス特有の品種のブレンドとあるので、おそらくリースリングとかゲウルツトラミナーとか、ピノグリとか。)

香りは芳醇で甘めなのだが、味はすっきりとした辛口。アルザスやドイツの白っぽい。

おっと: ゲウルツトラミナー アルザス
よめ: かおり甘 味は辛口
ペアリング: サーモンのカルパッチョ

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Kちゃん価格: $12.00

サイト: http://www.kuentz-bas.fr/

Winemaker's note (引用):
Blending traditional Alsatian varietals, faithful to the elegant style of the house.


[PR]

by magamoduck | 2008-05-10 03:00 | ワイン日記
2007年 10月 27日

Jean Philippe & Francois Becker Crémant d'Alsace

IMG_9259
Jean Philippe & Francois Becker Cremant d' Alsace
(ドメーヌ・ジャン・フィリップ・フランソワ・ベッカー・クレマン・ダルザス)

フランスのアルザス地方にある Domaine Jean-Philippe et Jean-François Becker。K&L が直接買い付けをしているワイナリー。Crémant d'Alsace (クレマン・ダルザス)は、アルザスのスパークリングワインの AOC で、シャンパンと同じ伝統的な製法が用いられている。主な品種は Pinot Blanc で、Pinot Gris、Riesling などがブレンドされる。Crémant d'Alsace のロゼ・スパークリングワインは 100% Pinot Noir から造られる。

カリフォルニアのスパークリングにはないクリーミーさで美味しい。この価格でこの味はお買い得。パーティ向け。

※Vin Mousseux (ヴァン・ムスー)とは
Mousseux (ムスー)は「泡立つ」という意味のフランス語で、発泡性ワインは Vin Mousseux (ヴァン・ムスー) と呼ばれる。Champagne (シャンパーニュ) はもっとも有名なヴァン・ムスー。ヴァン・ムスーの中にもシャンパンと同じ5~6気圧の通常の「ヴァン・ムスー」、やや泡立ちが優しい(3.5気圧程)「クレマン(Cremant)」と呼ばれるもの、微発泡(2気圧程)の「ぺティアン(Petillant)」と呼ばれるものがある。シャンパーニュ以外では、ブルゴーニュの Crémant de Bourgogne (クレマン・ド・ブルゴーニュ)、シャルドネから造られるアルザスの Crémant d'Alsace (クレマン・ダルザス)、ロワール地方の Crémant de Loire (クレマン・ド・ロワール)、ソミュール・ムスー(Saumur Mousseux)、ヴーヴレ・ムスー(Vouvray Mousseux)などがAOCを名乗れる主な産地。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L 価格: $14.99

K&L's notes (引用):
Domaine Jean-Philippe et Francois Becker is a staple in our direct import program here at K&L and we are very pleased to have their wines. The Domaine is located in Zellenberg in one of the very few hilltop towns in Alsace and is run by three very energetic and dynamic siblings. They work naturally in the vineyards, not using pesticides, herbicides or fertilizers, relying on a more respectful and natural approach. This lovely dry sparkler is composed of Pinot Noir, Chardonnay and Pinot Blanc. It is bright and refreshing, with a fine bead, creamy texture and just a hint of toast. This bubbly is a perfect aperitif, great for parties or just when you need a little sparkle in your life.


[PR]

by magamoduck | 2007-10-27 00:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧