タグ:bordeaux ( 43 ) タグの人気記事


2014年 03月 22日

2004 Château Latour, Pauillac de Latour

2004 Château Latour, Pauillac de Latour
Chateau Latour, Pauillac de Latour
(シャトー・ラトゥール・ポイヤック・ド・ラトゥール)

ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Latour (シャトー・ラトゥール)。シャトー名の由来は、ラベル(エチケット)に描かれている「The Tower 塔」= 「ラ・トゥール」。5大シャトーのワインは長寿を誇るが、中でもシャトー・ラトゥールは「最も長く寝かせられる」と言われている。また、 ボルドーの赤ワインの中で最もビンテージによる品質のバラつきが少なく、失望させられることの少ないワインとも評されている。セカンドワインは Les Forts de Latour (レ・フォール・ド・ラトゥール)。

今回飲んだのは、かつて幻と呼ばれたそんなラトゥールのサードラベル Pauillac de Latour (ポイヤック・ド・ラトゥール)。ファースト、セカンドの選択から漏れたものの、同じように栽培され、醸造されてきたワインがポイヤック・ド・ラトゥールに選ばれる。7年前にパリで購入。10年物とは思えないスパイシーな力強さ。枯れたような深みには欠けるものの、コストパフォーマンスの高さは充分な1本。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 51ユーロ

サイト: http://www.chateau-latour.fr/ 



[2005] Pauillac de Latour ポイヤック・ド・ラトゥール

[2005] Pauillac de Latour
価格:12,528円(税込、送料別)






※いずれもビンテージ違いです。
[PR]

by magamoduck | 2014-03-22 19:00 | ワイン日記
2013年 11月 14日

2005 Pavillon Blanc du Château Margaux

2005 Pavillon Blanc du Château Margaux

ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Margaux (シャトー・マルゴー)。「フランスワインの女王」と呼ばれるボルドー・メドック地区の中でも、シャトー・マルゴーは女王の中で「最も芳醇で優美な女性的なワイン」と形容される。文豪ヘミングウェイが孫娘に「シャトー・マルゴーのように女性らしく魅力的に育つように」という願いをこめて "マーゴ(マルゴーの英語読み)" の名を贈った逸話も有名。

その Château Margauxが 造る白ワインである Pavillon Blanc(パヴィヨン・ブラン)。Sauvignon Blanc 100%から造られるこのワインは、年間の生産本数が3万本程度と本家の赤ワインと比べて遥かに少ない。

一口飲んで Sauvignon Blanc と分かったものの、強めの熟成香を始めとした独特の味わいが極めて印象的で病み付きになった1本。カリフォルニアやニュージーランドの Sauvignon Blanc とは全く違い、かと言ってボルドーの他の白ワインとも全く違う存在。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: $?

サイト: http://www.chateau-margaux.com/

Winemaker's notes (引用):
2005 is a great vintage of Pavillon Blanc. It has the richness but also the finesse and the aromatic complexity; and especially the sap, vivacity and freshness. It is really hard to believe that in such a vintage this wine only comes from Sauvignon. (January 2011)






[PR]

by magamoduck | 2013-11-14 19:00 | ワイン日記
2012年 01月 21日

2010 Château La Rose Du Pin, Bordeaux Blanc

2010 Château La Rose Du Pin, Bordeaux Blanc
Chateau La Rose Du Pin, Bordeaux Blanc
(シャトー・ラ・ローズ・デュ・パン・ボルドー・ブラン)

フランス・ボルドー南岸の Graves (グラーヴ)に隣接する地域 Entre-Deux-Mers のワイナリー Château La Rose Du Pin (シャトー・ラ・ローズ・デュ・パン)。オーナーの Ducourt 一族は1858年頃からこの地でワイン造りを営んでおり、その後着実に事業を拡大。今日では1,090エーカーものブドウ畑と12のシャトーを保有するまでとなる。今回の Château La Rose Du Pin もそのうちの1シャトー。

サンフランシスコのフレンチレストラン Cafe Jacqueline にて、ブリーチーズに良く合うとウェイターにお勧めされた Bordeaux Blanc AOC 白ワイン。香りはトロピカルで華やか。だが口に含むと驚くほど辛口の白。ロワールとはまた違ったミネラル感を持つリッチなソーヴィニヨン・ブランの味。色もやや濃いめで初めてボルドーの白を美味しいと感じた一本。85% Sauvignon (Blanc)、15% Semillon の典型的なボルドー白ブレンド。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
レストラン価格: $32.00

サイト: http://www.ducourt.com/

Winemaker's notes (引用):
Colour: Pale straw with green hues
Bouquet: Fresh, pure and typical box, citrus and floral aromas
Palate: Elegant and rich entry, well-structured, lingering finish




[PR]

by magamoduck | 2012-01-21 19:00 | ワイン日記
2011年 12月 29日

2006 Château Sénéjac, Haut-Médoc, Cru Bourgeois

2006 Château Sénéjac, Haut-Médoc, Cru Bourgeois
Chateau Senejac, Haut-Medoc, Cru Bourgeois
(シャトー・セネジャック・オー・メドック・クリュ・ブルジョワ)

フランス・ボルドー左岸、Haut-Médoc (オー・メドック)最南端に位置する Château Sénéjac (シャトー・セネジャック)。St-Julien (サン・ジュリアン)のメドック格付け第4級の Château Talbot (シャトー・タルボ)のオーナーであるティエリー・リュストマン氏がシャトーを所有するようになってから格段にワインの品質が向上した事で知られており、近年は柔らかく果実味の多い長期熟成も可能なワインを造っている。

久々のボルドーはどっしりとした味わい。カベルネ・ソーヴィニヨンのブラック系果実味に加えスパイスなどいろいろな味が、重過ぎないタンニンとバランスよく。このくらいの熟成度でちょうどよく飲める美味しいワイン。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明



 
[PR]

by magamoduck | 2011-12-29 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 03日

1998 Château Mouton Rothschild, Pauillac

1998 Château Mouton Rothschild, Pauillac
Chateau Mouton Rothschild, Pauillac
(シャトー・ムートン・ロートシルト・ポイヤック) ※Wikipedia ではロッチルドと読んでいる

96 points Robert Parker
92 points Steve Tanzer's International Wine Cellar
90 points Wine Spectator

ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Mouton Rothschild (シャトー・ムートン・ロートシルト)。1973年に第2級格付けシャトーから第1級格付けシャトーへと昇格した、フランスワイン格付け制度にとっては異例の存在。1924年からはラベル(エチケット)をダリ(1958)、ミロ(1969)、シャガール(1970)、ピカソ(1973)、ウォーホール(1975)などの著名な芸術家がデザインしており、コレクターにも人気。日本人では堂本尚郎(1979)、出田節子(クロソフスキー・ド・ローラ・セツコ:1991)。今回の1998年のラベルは、メキシコの画家 Rufino Tamayo (ルフィーノ・タマヨ)の作品。

セカンドワインは Le Petit Mouton de Mouton Rothschild (ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト)。

前回の1997年の翌ビンテージ、2度目のムートン。合わせた料理が和食懐石だったので正直マリアージュは今ひとつだったけれど、ワインそれだけで強烈な存在感を感じさせてくれる。10年以上寝かせているのにタンニンを多く含み、力強い。まだまだ閉じている印象。恐れ入りました。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.bpdr.com/

Robert Parker's note (引用):
Like many of its peers, the 1998 has filled out spectacularly. Now in the bottle, this opaque black/purple-colored offering has increased in stature, richness, and size. A blend of 86% Cabernet Sauvignon, 12% Merlot, and 2% Cabernet Franc (57% of the production was utilized), it is an extremely powerful, super-concentrated wine offering notes of roasted espresso, creme de cassis, smoke, new saddle leather, graphite, and licorice. It is massive, with awesome concentration, mouth-searing tannin levels, and a saturated flavor profile that grips the mouth with considerable intensity. This is a 50-year Mouton, but patience will be required as it will not be close to drinkability for at least a decade. Anticipated maturity: 2012-2050.




 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-03 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 25日

1996 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac

1996 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac
Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande, Pauillac
(シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド・ポイヤック)

96 points Robert Parker's Wine Advocate
ボルドー・メドック地区格付け第2級 Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande (シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)。左岸のポイヤック村にしてはかなり高いメルローのブレンド比率が特徴で、フランスではどちらかと言うと女性的なスタイルのワインとして知られている。

1996年は、1982年に次ぐと言われるボルドー・メドック地区の良年。デキャンタージュしてもしばらくは香りは弱く、閉じている印象。しばらくすると、突然カシス系の香りが出てきて、期待通り典型的な上品なボルドーワインの素性が現れる。想像より果実味が残っていて、飲み頃感はあるけれども、あと10年くらいは寝かせてみてもよかったように思う。メルローのブレンド比率が多いことをもう少し意識して飲めばよかった。セカンドワイン Réserve de la Comtesse (レゼルヴ・ド・ラ・コンテス)はこちら

ボルドー2級シャトーの名前が似ているので注意。共に Pauillac。
前回: Château Pichon Longueville Baron
今回: Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
K&L価格: $199.00

サイト: http://www.pichon-lalande.com/

Robert Parker's notes (引用):
"The 1996 Pichon-Lalande is just as awesome from bottle as it was from multiple cask tastings…The color is a saturated ruby/purple. The nose suggests sweet, nearly overripe Cabernet Sauvignon, with its blueberry/blackberry/cassis scents intermixed with high quality, subtle toasty new oak. Deep and full-bodied, with fabulous concentration and a sweet, opulent texture…Could the 1996 turn out to be as extraordinaryas the 1982? 96/100."




[PR]

by magamoduck | 2011-01-25 19:00 | ワイン日記
2010年 10月 22日

1970 Château Margaux, Margaux

1970 Château Margaux, Margaux  1970 Château Margaux, Margaux

88 points Wine Spectator
76 points Robert Parker


ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Margaux (シャトー・マルゴー)。「フランスワインの女王」と呼ばれるボルドー・メドック地区の中でも、シャトー・マルゴーは女王の中で「最も芳醇で優美な女性的なワイン」と形容される。文豪ヘミングウェイが孫娘に「シャトー・マルゴーのように女性らしく魅力的に育つように」という願いをこめて "マーゴ(マルゴーの英語読み)" の名を贈った逸話も有名。

K&Lのお買い得コーナーで見つけた40年物のシャトー・マルゴー。K&Lスタッフによると、恐らく立てて保存されていたためにコルクが完全に乾いてしまった所に、誰かが悪戯でコルクを押し込んでしまったワインだろう、とのこと。キャップは少しベトベト、カビのような汚れが多い。コルクは少し力を加えただけで落ちてしまい、茶漉しを使って注ぐ。一気に香りが飛んでしまうことを恐れ、デキャンタージュはせず。

色は古いワイン特有のオレンジ色。紹興酒のような枯れた香りの中に、きちんとした赤ワインの(臭くない)香りが感じられる。酸味は多めに感じられるものの、40年物にしては果実味と複雑さがきちんと残っている。コルクと値段を見た時点で完全に劣化して臭くなっているワインだと思っていたので感心。ただ、お酢という声も聞かれたのでマルゴーというブランドで味覚が美化されていたのかもしれない。

※マルゴーは1977年までひどく低迷し、2級に降格されるのでは、と噂されたほどだが、1977年に新しいオーナー、メンツェロプーロス家となり、ボルドー大学の醸造学者 Emile Peynaud (エミール・ペイノー)教授を技術顧問に迎え、見事な復活を果たした。この新オーナーの造るマルゴーは、かつての優美さとは一線を画し、目を見張るほど力強いワインに一変した。蘇ったマルゴーの特徴は、豪勢な豊かさ、熟した果実実の多面的な深み、ボディ、タンニン。「マルゴーは相変わらず女王です。ただし、ひげの生えた女王かもしれません。」とは、新オーナーの一言。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $34.95 (市場価格:$300~$600)

サイト: http://www.chateau-margaux.com/

Winemaker's notes (引用):
We find it hard to imagine today the excitement caused by this vintage, whose abundance and generosity appear all the more remarkable when you consider the complete disasters of the two previous vintages (1968 and 1969). Most of the wines produced in the Médoc stayed closed and quite hard for a long time. As with the 1975 vintage, it could have been a question of the Cabernet Sauvignon not being ripe enough when it was picked. In many estates, even in the greatest, the vat cellar equipment, in particular the number of vats, was not able to adapt to such a large crop. The vinification conditions therefore were not ideal. It was the case at Château Margaux, where the 1970 demonstrated the quality of the vintage very well, but lacked a little concentration and flesh. The nose is complex, well developed, deep, and quite harmonious. On the palate, it is fine, pleasant, but a little short and dry in the finish. We think this wine is ready to drink now. (November 2008)


1970シャトウマルゴーChateau Margaux

1970シャトウマルゴーChateau Margaux

価格:51,744円(税込、送料別)




 
[PR]

by magamoduck | 2010-10-22 20:00 | ワイン日記
2010年 06月 29日

Veuve du Vernay Brut Rosé

Veuve du Vernay Brut Rosé
Veuve du Vernay Brut Rose
(ヴーヴ・デュ・ヴェルネイ・ブリュット・ロゼ)

フランス・ボルドーでコストパフォーマンスに優れたスパークリング・ワインを生産する Veuve du Vernay (ヴーヴ・デュ・ヴェルネイ)。10ドルを切る経済的なワインを生産するこのワイナリーは、ワイン造りこそボルドーで行っているものの、ブドウそのものはフランス全土から集めてきている模様。Brut、Rosé、Demi Sec の3種類のNV(ノン・ヴィンテージ)ワインを生産している。

ラズベリーのようなチャーミングなフルーツの味わい。スペインで一般的な Tempranillo (テンプラニーニョ)単一品種で造られた珍しい泡。実際の値段よりラベルに高級感があって面白い。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $8.99

サイト: http://www.veuveduvernay.com/

Winemaker's notes (引用):
Fresh and fruity on the nose complemented by smooth, velvety bubbles and raspberry and red fruit flavours on the palate. Enjoy this wine as an aperitif or with dessert.


[PR]

by magamoduck | 2010-06-29 19:00 | ワイン日記
2010年 05月 27日

2008 Château La Gatte, Blanc

2008 Château La Gatte, Blanc

ボルドーの家族経営のワイナリー Château La Gatte。共に国際的なワインの輸出入ビジネスを行っていたボルドー出身の Hélène Fenouillet 女史とニューヨーク出身の Michael Affatato 氏が結婚、2004年にワイナリーを設立。ロゼを主軸とし、メルローを主体としたいくつかのボルドーワインを生産している。敷地内には小さなB&Bも併設されている。

60% Sauvignon Gris、40% Sauvignon Blanc の珍しいブレンド。Sauvignon Gris は、Sauvignon Blanc の突然変異種の1つで、ピンクの色調から Sauvignon Rosé とも呼ばれる。(これだけ聞くとロゼ向きのブドウのようにも思われる。)厚い果皮、Sauvignon Blanc と同等の酸味だがより糖度が高く、アロマティックな特徴を持つ。濃い味わいが印象的で、ボルドーの白の中では好印象。同ワイナリーのロゼの方がおっと、よめ共にヒットだった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

サイト: http://www.chateaulagatte.com/

Winemaker's notes (引用):
60% Sauvignon Gris, 40% Sauvignon Blanc There is but one hectare (2.2 acres) of blancs planted at La Gatte, dating 1985. The rarely-seen sauvignon gris is pink in hue, has thick skins and gives great girth and body ; the sauvignon blanc lends much-needed aromatics. Dry, with nice acacia flower adn delicate mineral nuances, this wine makes a wonderful aperitif drink or can hold up to all seafood dishes, white meats, sauces, smoked meats and saucisson.


[PR]

by magamoduck | 2010-05-27 19:00 | ワイン日記
2010年 05月 02日

1994 Château Latour, Pauillac

1994 Château Latour, Pauillac
Chateau Latour, Pauillac
(シャトー・ラトゥール・ポイヤック)

94 points Robert Parker
91 points Wine Spectator

ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Latour (シャトー・ラトゥール)。シャトー名の由来は、ラベル(エチケット)に描かれている「The Tower 塔」= 「ラ・トゥール」。5大シャトーのワインは長寿を誇るが、中でもシャトー・ラトゥールは「最も長く寝かせられる」と言われている。また、 ボルドーの赤ワインの中で最もビンテージによる品質のバラつきが少なく、失望させられることの少ないワインとも評されている。セカンドワインは Les Forts de Latour (レ・フォール・ド・ラトゥール)。

一昨年飲んだ1998ヴィンテージに引き続き人生2度目のラトゥール。薄めの色調に少し枯れたような香り。口に含んだ瞬間は控えめな印象だったけど、ミネラルや樽香の複雑な後味がかなり長く続く。開いてくるとカラント系の香りがムンムンしてくる。1998同様、時間の経過による変化が素晴らしい。ひたすら美味しい。さすがラトゥール。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
K&L価格: $399.00 (当時)

サイト: http://www.chateau-latour.fr/

K&L's notes (引用):
94 points Robert Parker: "This is an interesting as well as great vintage for Latour. As indicated in my barrel tasting report, Latour's 1994 possesses an atypically high percentage of Merlot (27%) in the final blend. Because of this, the wine appears to have a sweeter, more fleshy texture than is typical for a young Latour, but do not make the mistake of thinking this will be a commercially-styled, easy to drink wine. It exhibits an opaque dark ruby/purple color, and a backward, intense textbook nose of walnut and cassis scents complemented by smoky pain grille notes that build in the glass. This full-bodied, powerful, layered Latour reveals high tannin, but no bitterness or astringency. The superb purity, fabulous precision, and remarkable length should ensure 35-40 years of longevity. Readers will find more fat, flesh, and glycerin than usual for a young Latour (save for such great vintages as 1982 and 1990), but don't be deceived, this wine requires 8-10 years of cellaring. Anticipated maturity: 2005-2035. Last tasted 1/97" (Bordeaux Book, 1998) 90 points Wine Spectator: "Classic Cabernet style. Intense aromas of plums and cherries, with hints of new wood. Full-bodied, with juicy and ripe tannins and a long finish. Very well-structured.--Latour vertical." (08/00)


シャトー ラトゥール '94Latour [1994]

シャトー ラトゥール '94Latour [1994]

価格:37,600円(税込、送料別)




 
[PR]

by magamoduck | 2010-05-02 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧