おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:burgundy ( 53 ) タグの人気記事


2013年 05月 10日

2010 Domaine Gerard Tremblay Chablis 1er Cru "Cote de Lechet"

(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: 未飲
K&L価格: $23.99
[PR]

by magamoduck | 2013-05-10 19:00 | ワイン日記
2011年 12月 29日

2010 Régis Bouvier Marsannay Rosé

2010 Régis Bouvier Marsannay Rosé
Regis Bouvier Marsannay Rose
(レジ・ブヴィエ・マルサネ・ロゼ)

フランス・ブルゴーニュのワイナリー Domaine Régis Bouvier (ドメーヌ・レジ・ブヴィエ)。1862年に設立された歴史ある生産者であり、フランス国内での評価が大変高く、本拠地を構える Marsannay(マルサネ)地方ではすぐに完売してしまうほどの人気だとか。ブルゴーニュでは珍しく、赤・白・ロゼの3種類のワインを手がけている。サンフランシスコ・ワイン日記のゴマさんお勧め、バークレーのインポーター Kermit Lynch に「Bouvier makes the best Burgundian rosé that we have ever tasted (これまで試飲したブルゴーニュのロゼではベスト)」と言わしめたロゼを購入。

ブルゴーニュなのでピノ・ノワールで造られたロゼ。薄目の色調はプロヴァンスのロゼを彷彿とさせる。あんまりピノらしい味はせず(おっと)、とてもピノらしい風合いの(よめ)、酸味が強いものの、イチゴが香る上品で繊細なロゼ。プロヴァンス以外でここまでグッと来るロゼは久し振り。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
Kermit Lynch価格: $14.99

Importer's notes (引用):
・80% Direct press, 20% saignée
・Fermented in temperature-controlled stainless steel
・Malolactic fermentation


[PR]

by magamoduck | 2011-12-29 01:00 | ワイン日記
2011年 11月 26日

2009 Domaine Thierry Mortet, Bourgogne Rouge

2009 Domaine Thierry Mortet, Bourgogne Rouge
Domaine Thierry Mortet, Bourgogne Rouge
(ドメーヌ・ティエリー・モルテ・ブルゴーニュ・ルージュ)

フランス・ブルゴーニュのワイナリー Domaine Thierry Mortet (ドメーヌ・ティエリー・モルテ)。父 Charles Mortet (シャルル・モルテ)氏の引退に伴い、兄の Denis Mortet (ドニ・モルテ)氏と共に兄弟で畑を相続、1992年に自身のドメーヌとして独立した。Gevrey-Chambertin、Chambolle-Musigny に広がる区画から生まれるワインは、十分な果実味の後にしっかりしたタンニンが現れるスタイル。Gevrey-Chambertin の著名な造り手であり入手困難なことで知られる兄ドニ・モルテ氏が造るワインに通じるものがあるとされている。

久々に飲む若いブルゴーニュの赤。透明感のある色調。香りは強めでパワフル。豊かな果実味を持ちながらも(よい意味で)土臭いミネラルが追いかけてくるバランスの取れたピノ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: domainethierrymortet.fr/  (http://www. を頭につけてください。)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-11-26 04:00 | ワイン日記
2011年 10月 19日

2006 Domaine Anne Gros, Hautes Côte de Nuits

2006 Domaine Anne Gros, Hautes Côte de Nuits
Domaine Anne Gros, Hautes Cote de Nuits
(ドメーヌ・アンヌ・グロ・オート・コート・ド・ニュイ)

Domaine Anne Gros (ドメーヌ・アンヌ・グロ)は、Burgundy (ブルゴーニュ) Côte d'Or (コート・ドール県) Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Vosne-Romanée (ヴォーヌ・ロマネ村)にあるドメーヌ。アンヌ・グロは、ブルゴーニュの名門「グロ」一族の中で、最も注目されている女性醸造者。従兄弟ミシェルが Domaine Michel Gros (ドメーヌ・ミッシェル・グロ)を、もう一人の従兄弟ベルナールが Domaine Gros Frère et Soeur (ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール)を運営。AC ブルゴーニュから、Grands Echézeaux (グラン・エシェゾー)に接する素晴らしい区画 Clos Vougeot (クロ・ヴージョ)、そして Richebourg (リシュブール)にいたるまで、素晴らしいワインを造りだしている。

3年以上前にパリのワインショップ Lavini で購入した一本は初めて飲むアンヌ・グロの赤。(アンヌ・グロの白はこちら。)非常に複雑なミネラル感が感じられ、いかにもブルゴーニュの良いワインという印象。2006年とそれほど古くないにも関わらず、ある程度熟成されたような味わい。グラン・クリュやプルミエ・クリュを長期熟成させたら・・・!と夢が膨らむ。フランスで買うフランスワインはラベルが全部フランス語で新鮮。


Vosne-Romanée (ヴォーヌ・ロマネ)
ヴォーヌ・ロマネは非常に小さな村であるが、40以上の生産者があり、ブルゴーニュ最上の畑が多く、特級畑(グラン・クリュ)も6つある(以下)。ロマネ・コンティはあまりにも有名であるが、ピノ・ノワール種から作られる赤ワインはどれも優れたもの。よい造り手によるヴォーヌ・ロマネのワインは、Gevrey-Chambertin (ジュヴレ・シャンベルタン)と並びブルゴーニュワインとしては最も長命で、見事な熟成ぶりを発揮し成長する。

・Romanée-Conti (ロマネ・コンティ)
・La Romanée (ラ・ロマネ)
・La Tâche (ラ・ターシュ)
・Richebourg (リシュブール)
・Romanée-Saint-Vivant (ロマネ・サン・ヴィヴァン)
・La Grande Rue (ラ・グランド・リュー)

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
価格: €21.2

サイト: http://www.anne-gros.com/ ※日本語もあり

Winemaker's notes (引用):
The newest appellation, formed in 2000. Tasting generalities are thus confined to recent days. It seems that the tannins are more firm and the aromas more earthy than our "Bourgogne du bas".

The balanced texture is surprising for a first vintage. This wine took marvellously well to barrel ageing (40% new oak). Its moderate acidity makes it a wine for drinking young. Discover it at the same time we are...


[PR]

by magamoduck | 2011-10-19 19:00 | ワイン日記
2011年 09月 16日

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"
Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"
(ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール・ポマール・プルミエ・クリュ・リュジアン)

フランス・ブルゴーニュ、Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地区)にあるドメーヌ Domaine Fontaine-Gagnard (ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール)。当主の Richard Fontaine (リシャール・フォンテーヌ)氏は、Chassagne-Montrachet (シャサーニュ・モンラッシェ村)の名手 Gagnard-Delagrange (ガニャール・ドラグランジュ)家の娘と結婚し、1985年に当ドメーヌを設立。本家ドラグランジュに勝るとも劣らない造り手とされている。Volnay (ヴォルネイ村)の "Clos des Chênes" や今回の Pommard (ポマール村)の "Rugiens" も秀逸だが、やはり主力は Chassagne-Montrachets に所有する 1er Cru (一級畑)や、Grand Cru (特級畑)である Criots-Bâtard-Montrachet (クリオ・バタール・モンラッシェ)、Bâtard-Montrachet (バタール・モンラッシェ)、Montrachet (モンラッシェ)。義父であるガニャール・ドラグランジュ当主が2008年に他界し、現在はドラグランジュの畑も徐々に当ドメーヌに譲渡されている。

Los Gatos のレストラン Manresa でソムリエに勧められた一本。初めてボトルできちんと飲むポマール。若いヴィンテージなこともあり、最初はしっかりと閉じている感じがしたけれど、デキャンタージュして時間が経つにつれて開いてくる。ブルゴーニュにしては色も濃いめで、重めの飲み口の一本。チャーミングな感じというよりは、華やかで肉厚、複雑な印象。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
レストラン価格: $203.00

K&L's notes (引用):
90 points Allen Meadows: "An intense and densely fruited nose of red berry aromas, especially cherry and raspberry, leads to rich and slightly austere medium full-bodied flavors that culminate in a slightly edgy finish that is probably due to the recent bottling. A classic young Rugiens as it's brooding and somber. Patience required." (Apr 01, 2007)


[PR]

by magamoduck | 2011-09-16 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 10日

1967 Domaine de la Roche (René Guérin), Pouilly-Fuissé

1967 La Roche Pouilly-Fuissé
Domaine de la Roche (Rene Guerin), Pouilly-Fuisse
(ドメーヌ・ド・ラ・ロッシュ・ルネ・ゲラン・プイィ・フュィッセ)

Pouilly-Fuissé (プイィ・フュィッセ)は、Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の南の Mâcon (マコン地区)に位置し、Pouilly-Fuissé という村名(アペラシオン)を名乗ることができる5地域のうちの1つ。(それ以外のマコン地域のワインの多くはマコン・ヴィラージュ Mâcon-Villages と総称される。)色が薄く爽やかでドライ、繊細で素晴らしい Chardonney を造る地方で、マコンの中では人気のあるアペラシオン。ブルゴーニュの白ワインの入門編として、とてもいいワインとの評判も。※Loire Valley (ロワール)の Pouilly-sur-Loire で造られる Sauvignon Blanc、Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)と混同しないように。

造り手である René Guérin (ルネ・ゲラン)氏は、プイイ・フュイッセの名人であったらしい。酸の質、ブドウの根の深さに由来するミネラルと滋味の豊かさといったワインのバランスを大切にし、20年経っても活き活きとした味わいを保つという。(1997年以降のヴィンテージは見当たらない。)

K&L のお買い得コーナーで見つけた44年物。1967年はおっととよめ史上最古のビンテージ。古い白ワイン特有の紹興酒のような香り。グラスを遠ざけてもシャルドネの芳香を強く感じられる。明らかにピークは過ぎているものの、この古さでこのしっかりとした骨格には驚き。きちんと造られたブルゴーニュ白ワインの底力を感じた。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99


※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

by magamoduck | 2011-06-10 01:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
(ベルトラン・アンブロワーズ・ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ヴォークラン)

90-92 points Robert Parker
89-92 points International Wine Cellar
88-91 points Burghound

フランス Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Nuits-Saint-Georges (ニュイ・サン・ジョルジュ)に隣接する Premeaux-Prissey (プレモー・プリセイ村)に醸造所を構える Maison Bertrand Ambroise (メゾン・ベルトラン・アンブロワーズ)。1987年にドメーヌを継いだ現当主のベルトラン氏は、ブルゴーニュの神様 Henri Jayer (アンリ・ジャイエ、2006年没)を継ぐと言われた Domaine Chopin-Groffier (ドメーヌ・ショパン・グロフィエ)の Daniel Chopin-Groffier (ダニエル・ショパン・グロフィエ)氏に指導を受けたといわれる秀逸な生産者。温厚な物腰と人望からプレモー・プリセイ村の村長も務めている。17haのブドウ畑を持ち、3分の1がACブルゴーニュ、それに Nuits-Saint-Georges、Côte de Nuits Villages を中心にグラン・クリュの Corton も擁している。以前はノン・フィルターにより濃厚さ全面に出るタイプだったが、年々艶やかさやエレガントを兼ね備えたワインを生み出すようになっている。

抜栓直後は閉じていたが、30分くらい経つと華やかな香りと共に開く。黒い果実味と適度な酸味のバランスがいい。ニュイ・サン・ジョルジュにしては濃いめで社交的な印象もありつつ、やはり古典的な複雑さを内に秘めている。コストパフォーマンスは最高の一本。注目したい造り手。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.ambroise.com/

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...
価格:5,754円(税込、送料別)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 03:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru
Leflaive & Associes, Rully 1er Cru
(ルフレーヴ・エ・アソシエ・リュリー・プルミエ・クリュ)

フランス・ブルゴーニュの Puligny-Montrachet (ピュリニー・モンラッシェ村)最高峰の生産者にして世界屈指のシャルドネでもある Domaine Leflaive (ドメーヌ・ルフレーヴ)。名声の高かった Vincent Leflaive (ヴァンサン・ルフレーブ)が1993年に亡くなり、娘の Anne Claude (アンヌ=クロード)が受け継ぐ。醸造責任者の Pierre Morey (ピエール・モレ)と共に素晴らしいワインの数々を造り出している。畑の化学肥料を減らす為に Biodynamic (バイオダイナミック、ビオデナミ)栽培法を取り入れ、単位面積の収穫量もかなり減らしたブドウ造りにこだわる。今回飲んだのは、そのルフレーブが2008年よりネゴシアンとして造る Leflaive & Associes の一本。ネゴシアンとは言え、ドメーヌが年間を通じて栽培農家と密接に連携を取っており、収穫に至っては完全にドメーヌ主導で行っている。醸造は他のルフレーブ・ワインと同様、ドメーヌ自身が自らの施設で行っている。

ルフレーヴに恋する友人宅で頂いた久々のルフレーブ。Rully (リュリー)は Côte Chalonnaise (コート・シャロネーズ)のAOC。バターのような樽香はしっかりで濃厚だが主張しすぎず繊細。以前飲んだ Les Pucelles と比べるとフレッシュで今すぐ飲むのに適しているワイン(Les Pucelles は熟成させて飲みたい)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.leflaive.fr/en/



 
 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 01:00 | ワイン日記
2011年 01月 16日

2008 Domaine Sylvain Langoureau, St. Aubin 1er Cru, En Remilly

2008 Domaine Sylvain Langoureau, St. Aubin 1er Cru, En Remilly
Domaine Sylvain Langoureau, St. Aubin 1er Cru, En Remilly
(ドメーヌ・シルヴァン・ラングロー・サン・トーバン・プルミエ・クリュ・アン・レミリィ)

K&L Personal Sommelier Service 2010 6月のワイン。
Saint Aubin (サン・トーバン村)の一級畑 En Remilly (アン・レミリィ)は、Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の南下半分、Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地方)に位置する。Montrachet (モンラッシェ)のセカンド的に扱われるが、このアン・レミリィ畑は Chassagne-Montrachet Premier Cru (シャサーニュ・モンラッシェ村の一級畑)の真横にあり、斜面の向きが違うものの条件的にはモンラッシェに限りなく近い土壌といわれている。

Puligny-Montrachet と St. Aubin の間の Gamey (ガメ村)に位置するドメーヌは、昔はすべてのブドウをネゴシアンに売っていたが、現在のオーナーである4代目 Sylvain Langoureau (シルヴァン・ラングロー)氏の代から自らもワイン生産を始め、ドメーヌとしての道を歩み始めた。St. Aubin、Meursault、Puligny、Chassagne に畑を持っているが、St. Aubin のワインが看板。

2007年ビンテージを一昨年に飲んでおり、期待の一本。以前よりも樽香のようなバター系の味が強く感じられたものの、カリフォルニアとは明らかに違う上品なシャルドネ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $33.99

Winemaker's notes (引用):
This vineyard is one of the best in the village, located immediately adjacent to Chassagne Montrachet Premier Cru vineyards and a stone's throw from Le Montrachet. This is quite sweet and forward, with a nice thread of minerality running through it. This is drinking very nicely, indeed, and very reminiscent of a Chassagne Montrachet, at a fraction of the cost. If you like the rich, slightly creamy, generous nature of Chassagne, this is for you. (Keith Wollenberg, K&L Burgundy Buyer)


[PR]

by magamoduck | 2011-01-16 03:00 | ワイン日記
2010年 12月 25日

2008 Domaine Hervé Azo, Chablis 1er Cru, "Vau de Vey"

2008 Domaine Hervé Azo, Chablis 1er Cru, "Vau de Vey"
Domaine Herve Azo, Chablis 1er Cru, "Vau de Vey"
(ドメーヌ・エルヴェ・アゾ・シャブリ・プルミエ・クリュ・ヴォー・ド・ヴェイ)

フランスのシャブリ地方にある小さなワイナリー Domaine Hervé Azo。2005年にシャブリで最も知名度の高いドメーヌのひとつ Domaine Jean-Marc Brocard に売却される。"Vau de Vey (ヴォー・ド・ヴェイ)" はシャブリ地方の 1er Cru (一級畑)で、かなりの急斜面にあり、一級銘柄の中でも優秀で安定した高品質を保つ畑として知られている。

Chablis (シャブリ)は、フランス・ブルゴーニュにある村で、ブルゴーニュを代表する辛口白ワイン「シャブリ」の産地として知られている。シャブリ地方は、キンメリジャンと呼ばれる石灰岩(Kimmeridgian limestone)を主体にした、ミネラル分が豊富な土壌であるため、シャルドネの栽培に適している。辛口でミネラルに由来するバニラやピーナッツのような優れた香りを持つ。

ボトルで飲むのは2度目のシャブリ。(もっとたくさん飲んでいるような気がしていたが。)最初はかなり温度が低く、シャルドネとは思えない控えめな味わい。クリスプなグリーンアップルのよう。開いてくると豊富なミネラル感が現れるものの、カリフォルニアのシャルドネのような強い果実味とマロラクティック感は全く感じられず。これが古典的なシャブリ?もう少し経験を積みたい。100% Chardonnay。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明
[PR]

by magamoduck | 2010-12-25 02:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧