おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:campania ( 8 ) タグの人気記事


2014年 02月 01日

2010 Tenuta Sarno 1860 Fiano di Avellino

2010 Tenuta Sarno 1860 Fiano di Avellino

K&L Personal Sommelier Service 2012 7月のワイン。
南イタリアはカンパーニャ州、ヴェスヴィオ山の近くの造り手、Tenuta Sarno 1860。K&Lによると、今回飲んだ Fiano 種から造る白ワインに特化して取り組む造り手とのこと。ブドウはオーガニック。

Fiano di Avellono (フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ)は、イタリア・カンパーニャ州の DOCG ワイン。イタリアの多くの白はタラゴン、豆苗のような草っぽい味だが、Fiano という品種はより土っぽくがっしりした味わいで、しばしばヘーゼルナッツの実の核と表現される。

ミネラルが豊富な反面、キリッとした柑橘っぽい味わいも併せ持つ興味深い1本。いかにもイタリアの土着という大地の印象。6年前に飲んだ別の Fiano di Avellino も似たような印象だった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $24.99

サイト: http://www.tenutasarno1860.it/

K&L's notes (引用):
A single grape varietal. A single vineyard. Tenuta Sarno sets the trend and Maura Sarno is now the ?rst lady of Fiano. In homage to her father Dominic Sarno, well-known notary of Avellino, Maura set out to recapture the passion and great respect of her father for their land of origin, Candida, located 625 metres above sea level in the comune of Avellino. The desire was to make a Fiano, oldstyle. After completing her studies as Sommelier, she turned her attention to the land. Serious in her quest, she cultivated solely the one varietal and hired consulting Campania enologist Vincenzo Mercurio to work alongside her. Organically farmed, the vineyards are situated on 4.5 hectares and are planted on rich soil deposits of calcareous clay and limestone characteristic of the region- a phenomenon attributable to the great eruption of Mount Vesuvius, back in 1944. Citrus, foral notes and minerals blossom on the mid-palate of this rich, textured white. The long , elegant fnish gives way to notes of honey and toasted hazelnuts. K&L's notes - Hands down, one of the best Fiano d'Avellino I've ever tasted. (Chris Miller, K&L Italian wine specialst)


[PR]

by magamoduck | 2014-02-01 19:00 | ワイン日記
2011年 11月 11日

2008 Tommasone Ischia Biancolella

2008 Tommasone Ischia Biancolella

南イタリア・カンパーニャ州、ナポリ沖の地中海に浮かぶイスキア島(Ischia Island)のワイナリー La Pietra di Tommasone。1980年代に創設者が亡くなり一旦途絶えたが、その後息子の Antonio Monti 氏により2000年に再度ワイナリーとして製造を始め、2004年に初ヴィンテージを醸造。イスキア島土着品種の白3種類と赤2種類を造っており、今回飲んだのは Biancolella 種で作られた Ischia DOC の白ワイン。

ナポリピザのレストランで選らんだ白ワインはかなりエキゾチックな味わい。色調は明るい黄色で、熟れたリンゴのような香りが熟成したシャルドネを思わせる。が、味はシャルドネとは全く違い、ピーチやアプリコット、熟れたフルーツ感が複雑。でもドライ。いかにも土着品種らしい味わい。シーフードなど海のものとよく合いそう。(ナポリピザを食べていたのだから、ナポリの白ワインと意識しながら飲めばよかった。よめ酩酊。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: $41.00

サイト: http://www.tommasonevini.it/

Winemaker's notes (引用):
Dry white wine of a light straw yellow colour.
Great wine with an elegant and fruity fragrance.
Typical note of ripe fruits. It tastes soft and well-structured.
Excellent as an appetizer. At 8-10 °C, it goes well with sea food and the first dishes of typical Mediterranean cuisine.


[PR]

by magamoduck | 2011-11-11 19:00 | ワイン日記
2008年 12月 02日

2003 Cantina del Taburno Cesco Dell'eremo Falanghina

2003 Cantina del Taburno Cesco Dell'eremo Falanghina
Cantina del Taburno Cesco dell'Eremo Falanghina
(カンティーナ・デル・タブルノ・セスコ・デル・エレモ・ファランギーナ)

イタリア・カンパーニャ州、Taburno (タブルノ)地方の造り手 Cantina del Taburno (カンティーナ・デル・タブルノ)。カンティーナ・デル・タブルノは350人の構成員と700ヘクタールの畑を持つ協同組合。

行き着けワインショップ K&L のお買い得コーナーで発掘した1本。2ドルワイン(Two Buck Chuck)Charles Shaw と同じコストパフォーマンス。"おーいお茶" くらい濃い茎黄色。花のような香り。とろっとした樽感もあるフルボディの辛口白ワイン。この値段ならあり。品種はカンパーニャ州で広く栽培されている Falanghina (ファランギーナ)100%。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $1.99

サイト: http://www.cantinadeltaburno.it/

Winemaker's note (引用):
The color is yellow with golden hues. The smell, complex, recalls dried fruit, spices flowers of the field.


[PR]

by magamoduck | 2008-12-02 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 09日

2005 Fattoria Selvanova "Vignantica", Aglianico

2005 Fattoria Selvanova "Vignantica", Aglianico
Fattoria Selvanova "Vignantica", Aglianico
(ファットリア・セルヴァノヴァ・ヴィナンティカ・アリアニコ)

K&L Club Italiano 2008 5月のワイン。
イタリア南部・カンパーニャ州にある若いワイナリー Fattoria Selvanova (ファットリア・セルヴァノヴァ)。ワイナリー敷地内にレストランやクッキングスクール、ホテルなども併設されている。

100% Aglianico (アリアニコ)。アリアニコを飲むのは2度目。アリアニコはイタリア南部の品種で、非常にタンニンが強く、香り高く濃厚で強いフレーバーを持つ品種。土っぽい、煙っぽい、まさにイタリアワインの香り。でも、これがアリアニコだとはわからない。味はこってりフルーティ。普通に美味しい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99 ※Restricted to Wine Club Members

サイト: http://www.fattoriaselvanova.com/

Winemaker's note (引用):
Brilliant ripe black cherry red colour with good depth. Fruity aromas with elegant nuances of fine wood.

K&L's note (引用):
Sometimes we find wines that are just so good we can't help our enthusiasm about them; the 2001 Bodegas LAN Reserva Rioja is exactly one of those wines. From one of the best vintages in recent memory in Rioja, this Reserva spends 12 months in new American oak and 24 months in the bottle before it is released. The amazing raw materials that were given to Bodegas Lan were not wasted here, the wine shows incredible spicy aromatics of sandalwood and licorice ropes. Fully integrated and bursting with flavor this is packed with blackberry, sweet black tea, leather and a subtle peppery spice. If that is not enough for you the finish is persistent and lasting with cleansing acid and solid, yet giving tannin. Without a doubt this is terrific wine only magnified by its measly price tag. Take advantage of this amazing value. (Bryan Brick, K&L)


[PR]

by magamoduck | 2008-10-09 19:00 | ワイン日記
2008年 08月 30日

2006 Terre del Vulcano da Vesevo Fiano di Avellino Lava

2006 Terre Del Vulcano Fiano di Avellino
Terre del Vulcano da Vesevo Fiano di Avellino Lava
(テール・デル・ヴルカーノ・ダ・ヴェゼーヴォ・フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・ラヴァ)

K&L Club Italiano 2008 8月のワイン。イタリアワインクラブ2本目の白。
今回のワイン Terre Del Vulcano (テール・デル・ヴルカーノ)を造っているのは、ネゴシアンの Valentino Sciotti と Camillo de Iulis。ワインメーカーを雇い、自分たちが所有する畑で理想とするブドウやワインを造らせている。

Fiano di Avellono (フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ)は、イタリア・カンパーニャ州の DOCG ワイン。イタリアの多くの白はタラゴン、豆苗のような草っぽい味だが、Fiano という品種はより土っぽくがっしりした味わいで、しばしばヘーゼルナッツの実の核と表現される。

しっかりと骨格があり、濃厚な白。トロピカルさとナッツの香り。やや甘口。今まで飲んだイタリアの白ワインの薄っぺらいイメージを覆してくれた1本。美味しい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $14.99 (K&L価格:$17.99)

K&L's note (引用):
Valentino Sciotti and Camillo de Iulis are not unlike some of their young Californian counterparts. Not everyone is blessed with an inheritance of acres of vineyards and a winery that your great-great-grandfather built and is paid for! They are negociants who work closely with growers in several regions looking to produce wines of character, from vineyards that aren’t tied to any one winery. They can offer more for the grapes because they have little overhead, they rent space as they need it, and because they are getting paid more the growers are more willing to listen to their suggestions and requests about how to care for their vineyards. They started their project in the Alto Adige and now are making wines in Campania and to honor the region they call this label Terre del Vulcano and appropriately the Fiano di Avellino is called Lava! Where most Italian white varietals exhibit greener flavors like tarragon, or pea sprouts or aromatic flowers, This fiano has more earthy, meaty flavors most often described as nutmeats, specifically hazelnut. Its color is generally richer, more straw than green showing its native bronzed muscularity. The cuisine of Campania is about fish, and this white is perfect for fish especially the delicately fleshed Mediterranean fish. Those of us on the west coast have more cold water fish and they don’t get the sweetness of their warm water brethren, but never fear, this one is versatile!


[PR]

by magamoduck | 2008-08-30 19:00 | ワイン日記
2008年 08月 11日

2006 Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio Bianco

2006 Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio Bianco
Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio Bianco
(マストロベラルディーノ・ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスヴィオ・ビアンコ)

イタリア・カンパーニャ州で造られるワイン。Lacryma Christi (ラクリマ・クリスティ)は 「キリストの涙」という意味。今回は Mastroberardino (マストロベラルディーノ)という造り手のもの。赤ワイン(Rosso)と、白ワイン(Bianco)があり、白はカンパーニャの伝統品種 Coda di Volpe (コーダ・ディ・ヴォルペ)から造られている。

Mastroberardino の赤のラクリマ・クリスティがとても美味しかったので、白も期待を込めて購入。色は黄緑に近い薄い黄色。香りは、クリスプだけど何とも言えない独特な香り。口に含むとなんだこれは、、、腐ったフルーツ(あるいはドライアプリコット)のような味。おっともよめも全然ダメ。翌日になってもまったく飲む気が起きない。コルク臭やカルキ臭ではなかったので思い当たらなかったが、腐った野菜(果物)の香りもブショネだったのかも。サランラップを入れてみればよかった。(カリフォルニアワインのお勝手口「ブショネ除去実験報告」はこちら。)

Lacryma Christi (ラクリマ・クリスティ)の由来
ヴェスヴィオ山の噴火により荒廃したポンペイの町を天上から見たキリストが、悲しみのあまり涙を流し、その涙が落ちた所からブドウ樹が生え、ワインが生まれた・・・という逸話がある日常消費用ワイン。(『ソムリエ』 3巻より。)

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
BevMo!価格: $14.99

サイト: http://www.mastroberardino.com/eng/index.asp

BevMo's note (引用):
The Mastroberadino Lacryma Christ White is an exotic dry wine; hase excellent ripeness and fine balance.


=========
楽天でお買い上げ
=========


マストロベラルディーノ ラクリマ・クリスティ ビアンコ 2006 750ml


[PR]

by magamoduck | 2008-08-11 19:00 | ワイン日記
2008年 07月 17日

2006 Mastroberardino Greco di Tufo

2006 Mastroberardino Greco di Tufo
Mastroberardino Greco di Tufo
(マストロベラルディーノ・グレーコ・ディ・トゥーフォ)

K&L Club Italiano 2008 7月のワイン。
イタリア・カンパーニャ州の造り手 Mastroberardino (マストロベラルディーノ)。カンパーニャ2本目と思ったら、以前飲んだ Lacryma Christi (ラクリマ・クリスティ)と同じ造り手。Greco di Tufo という DOCG は、サバト渓谷(banks of the river Sabato)の泥灰土とヴェスヴィオ火山(Mount Vesuvius)の噴火による火山灰が混じった土壌で育った Greco (グレーコ)というブドウ品種から出来ている。地質の特製から、フレッシュでミネラル豊かなワインとなる。

ドライですっきりした飲み口だが果実味は豊か。カリフォルニアの白ともフランスの白とも違う。後味に強いミネラルを感じる。夏に飲むにはちょうどいいきりっとワイン。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $14.99

サイト: http://www.mastroberardino.com/eng/index.asp

K&L's note (引用):
From moderate-altitude hills, where the nature of the terroir exhalts the characteristics of the Greco grape. Since 1945, this family of winemakers has dedicated itself to the rediscovery and re-evaluation of this vine along the banks of the river Sabato in Irpinia. The variety was imported by the Hellenes before the founding of Rome. The 2006 offers fruity flavours of apricot, peach and pear fruit. Smooth and elegant, mineral and structured, with good acidity, it is delicious with pasta and seafood- or vegetable-based sauces.


[PR]

by magamoduck | 2008-07-17 19:00 | ワイン日記
2008年 03月 30日

2005 Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio Rosso

2005 Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio
Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio Rosso
(マストロベラルディーノ・ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスヴィオ・ロッソ)

ワインコミック 『ソムリエ』 3巻に登場して以来、ずっと探していたラクリマ・クリスティ。
イタリア・カンパーニャ州で造られるワイン。Lacryma Christi (ラクリマ・クリスティ)は 「キリストの涙」という意味。今回は Mastroberardino (マストロベラルディーノ)という造り手のもの。赤ワイン(Rosso)と、白ワイン(Bianco)があり、赤は南イタリア特有の伝統品種 Piedirosso (ピエディロッソ)から造られている。

心地よい酸味と程よいタンニンと強烈なフルーティさのバランスがとてもいい。カリフォルニアワインを彷彿とさせるフルーティ感もありつつ、やっぱりイタリアっぽい土臭さのような香りがある。かなり当たりなデイリーワイン。

Lacryma Christi (ラクリマ・クリスティ)の由来
ヴェスヴィオ山の噴火により荒廃したポンペイの町を天上から見たキリストが、悲しみのあまり涙を流し、その涙が落ちた所からブドウ樹が生え、ワインが生まれた・・・という逸話がある日常消費用ワイン。(『ソムリエ』 3巻より。)

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
A.G. Ferrari Foods価格: $19.99

サイト: http://www.mastroberardino.com/Eng/index.asp

Winemaker's note (引用):
Colour: Intense ruby red.
Bouquet: Full, with cherry, plum, raspberry and strawberry aromas supported by spiced pepper and clove.
Palate: Warming, well-structured and smooth, with refined tannins and a background of fruit and spice notes.
Serving temperature: 18°C
Food affinities: A major wine, to be matched with well-flavoured dishes such as pasta or polenta with meat-based sauces; ideal for sophisticated red meats; an imaginative and surprising companion to grilled swordfish.
Notes: A wine with a prestigious name and origins lost in legend, which entranced the great Voltaire in 1700. The grape is Piedirosso, mentioned by Pliny two thousand years ago. It is grown, in soil rich in ash, in the area surrounding Vesuvius. The fiery passion of the land finds direct expression in the wine, even after long aging.


=========
楽天でお買い上げ
=========


ラクリマ・クリスティ・デル・ウ゛ェスーウ゛ィオ ロッソ [2006]
※ヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2008-03-30 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧