おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:chardonnay ( 69 ) タグの人気記事


2013年 05月 10日

2010 Domaine Gerard Tremblay Chablis 1er Cru "Cote de Lechet"

(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: 未飲
K&L価格: $23.99
[PR]

by magamoduck | 2013-05-10 19:00 | ワイン日記
2013年 04月 21日

2010 Te Whare Ra Chardonnay

(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: 未飲
K&L価格: $24.99
[PR]

by magamoduck | 2013-04-21 19:00 | ワイン日記
2012年 12月 31日

2008 Mount Eden "Saratoga Cuvee" Santa Cruz Mountains Chardonnay

2008 Mount Eden "Saratoga Cuvee" Santa Cruz Mountains Chardonnay

K&L Personal Sommelier Service 2012 5月のワイン。
San Jose 近くの Saratoga にある Mount Eden Vineyards。Santa Cruz Mountain (Santa Clara Valley)にある Estate Vineyard と、San Luis Obispo 近くの Edna Valley にて、Pinot Noir、Chardonnay、Cabernet Sauvignon を少量生産している。今回飲んだ Saratoga Cuvee は同ワイナリーのフラッグシップであるエステートワインのセカンド的な位置づけであり、2009年ヴィンテージ以降は Domaine Eden というラベルにその名を変更している。

カリフォルニアらしい樽香の効いたシャルドネ。とは言え樽香が強すぎることは決して無く、上品な味わいの1本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: 未飲
K&L価格: $22.99

サイト: http://www.mounteden.com/

Winemaker's notes (引用):
We grown Chardonnay on two mountaintops, Mount Eden and Domaine Eden. All the viticulture and winemaking is the same for both. What is different is the expression. As we go through the barrels in early spring- after the wines have finished their fermentations - we look for distinctions based on ageability. The Saratoga Cuvee selections show an earlier drinking personality, more precocious as it were. While the Estate wine is more reserved and destined for bottle evolution.

With that preamble, this vintage displays classic Old World aromas of hazelnut, lanolin and cherry pit. The palate is nicely textured from barrel fermentation, sur-lie ageing and minimal processing. Expect a slow, positive evolution (this is Mount Eden, you know) over the next five years.

Total production: 2,513 cases


[PR]

by magamoduck | 2012-12-31 19:00 | ワイン日記
2012年 05月 26日

2007 Matanzas Creek Winery "Journey" Sonoma County Chardonnay

2007 Matanzas Creek Winery "Journey" Sonoma County Chardonnay

カリフォルニア州ソノマにある Matanzas Creek Winery (マタンザス・クリーク・ワイナリー)。ワイナリーが拠点を構える Bennett Valley (ベネット・ヴァレー)は、2003年に Matanzas Creek の申請によって新たに AVA 登録された新しいワイン地域。3つの山々の谷間で起こる "Petaluma Wind Gap (ペタルマ・ギャップ)" と呼ばれる太平洋からの霧と冷風の影響で、同じソノマでも北にある Russian River Valley の気候に似ているのだそう。

細かいミネラル感と程よく自己主張する樽香が印象的。かなり完成度の高いカリフォルニアのシャルドネという印象。数年間寝かせて、角が取れた感じが心地よい。もっと寝かせてみると面白いかもしれない。

おっと: ★★★★☆
よめ: 未飲
価格: 不明

サイト: http://www.matanzascreek.com/

Winemaker's notes (引用):
The 2007 Journey Chardonnay is the culmination of the finest cool climate vineyards in Sonoma County and our classic winemaking style. In 2007 mother nature delivered us the perfect spring and summer that California is famous for. Warm and dry, these conditions allowed for a long growing season resulting in flawless fruit.


[PR]

by magamoduck | 2012-05-26 01:00 | ワイン日記
2011年 12月 22日

2009 Fort Ross "Fort Ross Vineyard" Sonoma Coast Chardonnay

2009 Fort Ross Chardonnay

95 points Wine Enthusiast
Top 100 Wines of 2011 #28, Wine Enthusiast


K&L Personal Sommelier Service 2011 11月のワイン。
カリフォルニア州ソノマのワイナリー Fort Ross Vineyard & Winery。近年注目を集める Sonoma Coast 地区において、太平洋岸に沿うように18の小さなブロックが連なった自社畑 Fort Ross Vineyard は、カリフォルニアで最も海に近いブドウ畑のひとつであり、カリフォルニアの強い日差しと洋上からの冷気という対極に見舞われるピノノワールやシャルドネ造りに最良のロケーションにある。2003年には Freeman、August West のワインメーカー Ed Kurtzman (エド・カッツマン)と、10年間に渡り Dehlinger に携わったワインメーカー Fred Scherrer (フレッド・シェア)を招き、高い評価を受け続けている。今回のシャルドネも Wine Enthusiast 誌の2011年トップ100において第28位にランクイン。

「多くの白ワインをデキャンタするけれど、オーク(樽)が強いものは特にデキャンタしている。それによって、香り高くなるし、表情豊かになる。」というサンフランシスコ・ワイン日記のゴマさんの記事を読んだ直後で、カリフォルニアの若めのシャルドネということもあり、初めて白ワインをデキャンタージュ。強烈なミネラル感と程よい樽香が絶妙に調和しており、おっとにはなかなかのヒット。全てが濃い、お買い得でハイエンドな味わいのカリフォルニアのシャルドネ。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $24.99

サイト: http://www.fortrossvineyard.com/

Winemaker's notes(引用):
This golden Chardonnay finely balances layers of intense fruit with the natural acidity and minerality characteristic of the Fort Ross coastal climate. Generous aromas of white flowers, autumnal pear, and honeydew melon lead a complex palate of succulent apricot, sweet peaches with a drop of honey and spiced hazelnuts. Bottled unfined and unfiltered contributed to the seamless silky texture and lengthy focused finish.

K&L's notes (引用):
95 points Wine Enthusiast: "A brilliant Chardonnay. Almost nothing quite like it out there. Great, zesty acidity makes the mouth water, and oak is strongly there but perfectly vindicated by the power of the underlying flavors. They suggest ripe pineapples and tropical fruits, peaches, honeysuckle and a firm, stony minerality that has to come from the soil. For all the richness, the wine is terrifically dry." (10/11)


[PR]

by magamoduck | 2011-12-22 01:00 | ワイン日記
2011年 11月 26日

2007 Stag's Leap Wine Cellars Arcadia Vineyard Chardonnay

2007 Stag's Leap Wine Cellars Arcadia Vineyard Chardonnay

カリフォルニア州ナパの Stag's Leap 地区にある Stag's Leap Wine Cellars。Stag's Leap Wine Cellars が世界のワイン界にその名をとどろかせたのは、フランスのワインを抜いて1位に輝いた1976年のパリ対決(パリ・テイスティング:Paris Tasting of 1976)。自社畑は S.L.V.、FAY、Arcadia。最高級ブレンドである CASK 23 は、自社畑である S.L.V. vineyard と FAY vineyard の最もよいブドウをブレンドしている。同ワイナリーは、近年イタリアの名門 Antinori (アンティノリ社)ともパートナーシップを持つ Ste. Michelle Wine Estates に買収される。

今回飲んだのシャルドネは、1996年に Mike Girgich 氏から購入した Arcadia Vineyard のもの。古典的なブルゴーニュのシャブリに近いシャルドネと評されるだけあり、カリフォルニアのシャルドネでありながらミネラルが強く上品。久し振りにこんなに美味しいカリフォルニアのシャルドネを飲んだ。

※ナパには Stag's Leap Wine Cellars と Stags' Leap Winery という紛らわしい2つのワイナリーがあるので注意。

※Ste. Michelle Wine Estates (http://www.smwe.com/)
ワシントン州コロンビアヴァレーに拠点を置く大規模親会社グループ Ste. Michelle Wine Estates。傘下のブランドは、ワシントンの Chateau Ste. Michelle、Domaine St. Michelle、Col Solare、Columbia Crest、カリフォルニアの Stag's Leap Wine Cellars、Conn Creek、Hawk Crest など。


おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.cask23.com/
[PR]

by magamoduck | 2011-11-26 02:00 | ワイン日記
2011年 10月 22日

2009 Russian River Vineyards "Common Thread" Chardonnay

2009 Russian River Vineyards "Common Thread" Chardonnay

カリフォルニア州ソノマ Russian River Valley にあるワイナリー Russian River Vineyards。ベタなネーミングながらもワイナリーとしては同地有数の歴史を誇っており、現在は新しい5人の共同オーナーによってオーガニックでモダンなワイナリーへの変化を遂げようとしている。レストラン Corks at Russian River Vineyards も敷地内に持つ。ワインメーカーは5人のオーナーのうちの1人、Anthony Austin 氏。

久々に飲むクリスプ系の、良い意味でストレートで分かりやすいシャルドネ。樽香は無く、アルコール度数も12.9%と低め。おっとにはなかなか好評。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $22.00

サイト: http://www.russianrivervineyards.com/

Winemaker's notes (引用):
Well balanced and elegant, enticing and crisp, with notes of lingering tropical fruits and hints of citrus and minerals. This wine has a rich, long lasting mouth feel that will not disappoint. Drink now through 2013.


[PR]

by magamoduck | 2011-10-22 01:00 | ワイン日記
2011年 06月 10日

1967 Domaine de la Roche (René Guérin), Pouilly-Fuissé

1967 La Roche Pouilly-Fuissé
Domaine de la Roche (Rene Guerin), Pouilly-Fuisse
(ドメーヌ・ド・ラ・ロッシュ・ルネ・ゲラン・プイィ・フュィッセ)

Pouilly-Fuissé (プイィ・フュィッセ)は、Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の南の Mâcon (マコン地区)に位置し、Pouilly-Fuissé という村名(アペラシオン)を名乗ることができる5地域のうちの1つ。(それ以外のマコン地域のワインの多くはマコン・ヴィラージュ Mâcon-Villages と総称される。)色が薄く爽やかでドライ、繊細で素晴らしい Chardonney を造る地方で、マコンの中では人気のあるアペラシオン。ブルゴーニュの白ワインの入門編として、とてもいいワインとの評判も。※Loire Valley (ロワール)の Pouilly-sur-Loire で造られる Sauvignon Blanc、Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)と混同しないように。

造り手である René Guérin (ルネ・ゲラン)氏は、プイイ・フュイッセの名人であったらしい。酸の質、ブドウの根の深さに由来するミネラルと滋味の豊かさといったワインのバランスを大切にし、20年経っても活き活きとした味わいを保つという。(1997年以降のヴィンテージは見当たらない。)

K&L のお買い得コーナーで見つけた44年物。1967年はおっととよめ史上最古のビンテージ。古い白ワイン特有の紹興酒のような香り。グラスを遠ざけてもシャルドネの芳香を強く感じられる。明らかにピークは過ぎているものの、この古さでこのしっかりとした骨格には驚き。きちんと造られたブルゴーニュ白ワインの底力を感じた。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99


※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

by magamoduck | 2011-06-10 01:00 | ワイン日記
2011年 03月 12日

2005 Beringer Private Reserve Chardonnay

2005 Beringer Private Reserve Chardonnay

93 points Robert Parker
92 points Wine Spectator
91 points Stephen Tanzer's International Wine Cellar

カリフォルニア州ナパの中でも最も古いワイナリーのひとつ Beringer Vineyards。1876年にドイツ系移民である Beringer Brothers (べリンガー兄弟、当時ドイツ語読みでべリンガーと発音)が創業し、禁酒法の時代(1920年~1933年)にもミサ用ワインの製造許可を与えられたことから、絶え間なくワインを製造している最も古いワイナリーとなった。現在はビール大企業 Foster's Group の傘下にある。(Foster's Group の傘下は他にも Chateau St. Jean、Etude、St-Clement、Stags' Leap Winery、Penfolds など多数。)

数年寝かせて今がちょうど飲み頃の Beringer のフラッグシップ・シャルドネ。濃いめの黄金色で、焦がした樽香を強く感じる。熟成されたトロピカルフルーツ感が複雑。ブルゴーニュのシャルドネと比べると大味で強烈な印象だが、よく造られたカリフォルニアのシャルドネだと感じさせる味わい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Safeway価格: $34.43

サイト: http://www.beringer.com/

Winemaker's notes (引用):
The Beringer's northernmost Chardonnay vineyards, Gamble Ranch, Big Ranch Road and Yountville Vineyard, are located around the town of Yountville, where daytime temperatures slowly climb as the cooling morning fog recedes south to San Pablo Bay. This significant diurnal shift allows the grapes to maintain their acidity, which is essential to balancing the ripe, rich flavors they develop during warm afternoons. As harvest approached, Winemaster Ed Sbragia together with Winemaker Laurie Hook worked closely with vineyard manager Jim Frisinger to identify the blocks and rows that had reserve potential.

"For the 2004 vintage, Ed and I were particularly impressed with our Gamble Ranch vineyard, which makes up 73 percent of the blend in this Private Reserve. The unique flavor profiles contribute to a rich reserve wine while letting the fruit characteristics shine through," said Laurie Hook, winemaker.



※ヴィンテージ違いです。
 
[PR]

by magamoduck | 2011-03-12 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru
Leflaive & Associes, Rully 1er Cru
(ルフレーヴ・エ・アソシエ・リュリー・プルミエ・クリュ)

フランス・ブルゴーニュの Puligny-Montrachet (ピュリニー・モンラッシェ村)最高峰の生産者にして世界屈指のシャルドネでもある Domaine Leflaive (ドメーヌ・ルフレーヴ)。名声の高かった Vincent Leflaive (ヴァンサン・ルフレーブ)が1993年に亡くなり、娘の Anne Claude (アンヌ=クロード)が受け継ぐ。醸造責任者の Pierre Morey (ピエール・モレ)と共に素晴らしいワインの数々を造り出している。畑の化学肥料を減らす為に Biodynamic (バイオダイナミック、ビオデナミ)栽培法を取り入れ、単位面積の収穫量もかなり減らしたブドウ造りにこだわる。今回飲んだのは、そのルフレーブが2008年よりネゴシアンとして造る Leflaive & Associes の一本。ネゴシアンとは言え、ドメーヌが年間を通じて栽培農家と密接に連携を取っており、収穫に至っては完全にドメーヌ主導で行っている。醸造は他のルフレーブ・ワインと同様、ドメーヌ自身が自らの施設で行っている。

ルフレーヴに恋する友人宅で頂いた久々のルフレーブ。Rully (リュリー)は Côte Chalonnaise (コート・シャロネーズ)のAOC。バターのような樽香はしっかりで濃厚だが主張しすぎず繊細。以前飲んだ Les Pucelles と比べるとフレッシュで今すぐ飲むのに適しているワイン(Les Pucelles は熟成させて飲みたい)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.leflaive.fr/en/



 
 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 01:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧