おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:languedoc-roussillon ( 8 ) タグの人気記事


2011年 10月 17日

2010 Domaine de Fontsainte Corbières Gris de Gris Rosé

2010 Domaine de Fontsainte Corbières Gris de Gris Rosé

フランス南部ラングドック・ルシヨン地域、ピレネー山脈に近い Corbières (コルビエール) AOC の造り手 Domaine de Fontsainte。コルビエールで生産されるワインは、95%が赤であるが、白やロゼも造られている。どちらかと言うと安価で個性に乏しいワインの産地として知られている同地の中で、高品質のワインを生産する造り手として知られている。今回飲んだGris de Gris Rose は彼等の代表作の1つで、同地を代表するベンチマーク的な1本として知られている。ブドウは 70% Grenache Gris and Grenache Noir、10% Mourvèdre、10% Carignan、10% Cinsault のブレンド。

バークレーのインポーター Kermit Lynch で勧められたロゼ。色はプロヴァンスのロゼよりもやや濃いめ(でも殆ど同じレベルの薄さ)。味わいは、同じくラングドック・ルシヨン地区のロゼ産地 Tavel (タヴェル)程では無いにせよ、プロヴァンスのロゼのと比べるとやや辛口な印象。やはりおっととよめはプロヴァンス・ロゼのファン。こういう辛口ロゼは辛い白と同じような料理をあわせるのがいいのだろうと思う。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Kermit Lynch 価格: $14.99

サイト: http://www.fontsainte.com/

Winemaker's notes (引用):
Eye
A crystalline salmon colour with superb amethyst tints. Fine separate legs run slowly down the glass.

Nose
Expressive and particularly tonic, the wine immediately gives off notes of raspberry, cherry and freshly picked strawberries - followed by exotic aromas such as pineapple and mango.

Palate
A direct and considerable freshness - the density and richness of the fruit mingle with the superb acid vitality giving a wine with a frisson and a magnificent persistency.

In summary
Stunningly balanced, this is an extremely appetent wine! Ideal as an aperitif with toast and crushed olives, or with wok-fried vegetables and garlic mayonnaise, grilled fish, lamb tajine, finely roasted guinea-fowl with rosemary...
 

[PR]

by magamoduck | 2011-10-17 19:00 | ワイン日記
2010年 12月 25日

Domaine J. Laurens Brut Crémant de Limoux

Domaine J. Laurens Brut Crémant de Limoux

南フランス、ラングドック地方の Limoux (リムー)にあるワイナリー Domaine J. Laurens (ドメーヌ・ジェイ・ローラン)。80年代から Blanquette de Limoux や Crémant de Limoux といったAOCに準拠したリムーのスパークリングワインを専門に造り続けている。現在3種類の Crémant de Limoux を生産しており、今回の Brut の情報がないので、アメリカ輸出限定なのかもしれない。

爽やかで、かつほんのりと甘く、酵母の香りもミネラルもきちんと主張するお手頃クレマン・ド・リムー。最初一同、華やかなシャンパンだと思ったほど。最高のコストパフォーマンス。


※Blanquette de Limoux (ブランケット・ド・リムー)と Crémant de Limoux (クレマン・ド・リムー)
共にリムー地方で作られるAOCスパークリングワイン。Blanquette de Limoux はフランスで一番最初に造られたスパークリングワインと言われており、その歴史はシャンパンより古い。Blanquette de Limoux よりモダンなワインという位置づけで Crémant de Limoux がAOCとして登場する。Blanquette de Limoux のメイン品種は土着の Mauzac (モーザック)であるのに対し、Crémant de Limoux は Chardonnay と Chenin Blanc がメイン品種である。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $12.99

サイト: http://www.jlaurens.com/

K&L's notes (引用):
This wallet-friendly French 'Blanc de Blancs' is one of our favorite hidden gems. It drinks like an expensive French Champagne with a rich yeasty nose and body to match. It's called 'Cremant de Limoux', the official name for a sparkling wine from Limoux (that meets certain production and quality requirements). Limoux is actually located in southern France near Carcassonne. Definitely worth a serious look. Your friends that haven't seen the price tag will swear they're drinking Champagne worth 2-3 times what you paid! 12% abv.


[PR]

by magamoduck | 2010-12-25 01:00 | ワイン日記
2010年 08月 25日

2009 Les Vignerons de Fontès "Prieuré Saint-Hippolyte" Languedoc Rosé

2009 Les Vignerons de Fontès "Prieuré Saint-Hippolyte" Languedoc Rosé

南フランス Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)、Fontès (フォンテ) 地方の協同組合 Les Vignerons de Fontès (レ・ヴィニュロン・ド・フォンテ)。1930年に設立されたこの組合は、現在では200のワイン栽培者が加盟しており、その畑はフォンテ地方の農地の実に95%を占めている。

ローヌ地方 Tavel (タヴェル)ほどではないものの、色も味わいもプロヴァンスのロゼよりぐっと濃い。酸味は少ないがドライな辛口で、イチゴのような果実味で甘みがやや強め。BBQにあいそう。完全にプロヴァンス信者になってしまったおっととよめ、夏はもう少し酸味が豊かで色の薄いロゼを飲みたい気分。70% Syrah、30% Grenache。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $7.99

サイト: http://www.les-vignerons-de-fontes.com/

K&L's notes (引用):
If you love deeply colored roses, pink wines that are nearly red, this will blow you away. Syrah and Grenache make for a chewy, medium-boded wine, with strawberry and cassis notes and a fresh, intense, slightly herbal note on the palate. Saignée method. Lovely with southern French cuisine. Gold medal winner in the Concours Général Agricole de Paris and the Concours des Grands Vins de Mâcon.


[PR]

by magamoduck | 2010-08-25 19:00 | ワイン日記
2010年 05月 17日

2009 Domaine Begude Vin de Pays d'Oc Pinot Rosé

2009 Domaine Begude Vin de Pays d'Oc Pinot Rosé
Domaine Begude Vin de Pays d'Oc Pinot Rose
(ドメーヌ・ベギュド・ヴァン・ド・ペイ・ドック・ピノ・ロゼ)

南フランス Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)、Limoux (リムー)地方のワイナリー Domaine Begude (ドメーヌ・ベギュド)。標高400メートル畑を持つこのワイナリーは、その標高から来る涼しい気候によって特徴づけられる爽やかなワインを生産している。

K&Lで勧められた Pinot Noir のロゼ。イチゴのような香りと、プロヴァンスのロゼと比べてやや甘い味わいが印象的。おっともよめも、もう少し酸味が効いていてきりっとしたプロヴァンスのロゼの方が好み。K&Lによるとサンセールのロゼに似たスタイルらしい。

※Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)とは
Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)とは、「地方のワイン、地酒」の意味。原産地名が統制されたAOCワインおよびVDQSワインより下位であるが、一般的なテーブルワインよりは上位とされ、最近はAOCに勝る高い評価を得ているものも出てきている。ヴァン・ド・ペイは、ラベルに必ず「Vin de Pays ~」と産地を明記する。ヴァン・ド・ペイの中で最も知られた産地呼称が、南部の Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)地方全域をカバーする「オック」(Oc 、Vin de Pays d'Oc ヴァン・ド・ペイ・ドック)。異なる産地のワインのブレンドは禁止されている。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $12.99

サイト: domainebegude.com/ (http://www. を頭につけてください。)

Winemaker's notes (引用):
Plump strawberries, plums and cherries on the nose give way to luscious summer fruits, which crowd the palate. Enjoy this ravishing pink beauty from the sunny South of France as an aperitif or with any light meals.


[PR]

by magamoduck | 2010-05-17 20:00 | ワイン日記
2010年 02月 08日

2007 Antech "Cuvee Eugénie" Crémant de Limoux

2007 Antech "Cuvee Eugénie" Crémant de Limoux
Antech "Cuvee Eugenie" Cremant de Limoux
(アンティッシュ・キュヴェ・ユジェニー・クレマン・ド・リムー)

南フランス Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)、Limoux (リムー)地方の中でも大規模な家族経営ドメーヌ Antech-Limoux (アンティッシュ・リムー)。長い間スティルワインを生産していたが、1931年頃よりスパークリングワインの生産にシフトしていく。現在は6代目にあたる Françoise Antech (フランソワーズ・アンテッシュ)女史が女性の感性を活かし経営にあたっている。

Crémant de Limoux (クレマン・ド・リムー)は南フランスのリムー地域で作られるスパークリングワイン。この地域のスパークリングワインは品質も高く、Robert Parker も著書「フランスワインガイド」の中で Crémant de Limoux を、最も知名度は低いが最も品質が高いスパークリングと評している。

今回飲んだクレマン・ド・リムー "Cuvee Eugénie" は、20世紀初頭ラングドック地方で初めて女性でブドウ畑を経営した1人と言われている Eugénie Antech (ユジェニー・アンティッシュ)の名に由来。かなり辛口でドライな泡。柑橘系の苦味。50% Chardonnay、40% Chenin Blanc、10% Mauzac (モーザック:フランス南西部原産の白ワイン用ブドウ品種。辛口から甘口、発泡性といろいろなタイプのワインが造られる)。


※Vin Mousseux (ヴァン・ムスー)とは
Mousseux (ムスー)は「泡立つ」という意味のフランス語で、発泡性ワインは Vin Mousseux (ヴァン・ムスー) と呼ばれる。Champagne (シャンパーニュ) はもっとも有名なヴァン・ムスー。ヴァン・ムスーの中にもシャンパンと同じ5~6気圧の通常の「ヴァン・ムスー」、やや泡立ちが優しい(3.5気圧程)「クレマン(Cremant)」と呼ばれるもの、微発泡(2気圧程)の「ぺティアン(Petillant)」と呼ばれるものがある。シャンパーニュ以外では、ブルゴーニュの Crémant de Bourgogne (クレマン・ド・ブルゴーニュ)、シャルドネから造られるアルザスの Crémant d'Alsace (クレマン・ダルザス)、ラングドック地方の Crémant de Limoux (クレマン・ド・リムー)、ロワール地方の Crémant de Loire (クレマン・ド・ロワール)、Saumur Mousseux (ソミュール・ムスー)、Vouvray Mousseux (ヴーヴレ・ムスー)などがAOCを名乗れる主な産地。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://www.antech-limoux.fr/

K&L's notes (引用):
From La Maison Antech located in the southern French region of the Languedoc comes this beautiful example of Cremant de Limoux. Named after the grande dame of the estate Eugenie Limouzy, this Cremant is composed of 50% chardonnay, 40% chenin blanc and 10% mauzac. It is produced along the lines of methode champenoise and spends twelve months on the lees before being disgorged. This balanced and elegant sparkling wine reveals subtle hints of citrus fruits, toast and honey. At less than half the price of a bottle of champagne, the cuvee Eugenie is the perfect choice for your house sparkling wine or to feature at parties where quality and good taste matter. 12% abv.


[PR]

by magamoduck | 2010-02-08 19:00 | ワイン日記
2009年 04月 30日

1998 Domaine Fontanel Rivesaltes Ambré

1998 Domaine Fontanel Rivesaltes Ambré
Domaine Fontanel Rivesaltes Ambre
(ドメーヌ・フォンタネル・リヴサルト・アンブレ)

フランス南東部、スペインの国境に近く地中海に面した地方にある Domaine Fontanel (ドメーヌ・フォンタネル)。1864年に創業し、以来5世代に渡ってワイン造りを行っている。デザートワインに加え、シラーやグレナッシュ、カリニャンを使った秀逸な赤ワイン等も生産している。

今回飲んだのは Rivesaltes Ambré (リヴサルト・アンブレ)という酒精強化ワイン。Grenache Blanc (グレナッシュ・ブラン)という白ブドウから造られており、7年もの樽熟成を経て出荷されている。ものすごく複雑な味わいのデザートワイン。長期熟成したソーテルヌのような濃いオレンジ色で、ソーテルヌと比べて果実実が凝縮された感じがする。とても美味しい一本。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $24.99

サイト: domainefontanel.com/ (http://www. を頭につけてください。)

K&L's notes (引用):
Domaine Fontanel is a small gem of an estate located in the Cotes du Roussillon. Pierre Fontanel is a grower/winemaker who is meticulous thoroughout every stage of the grapegrowing and winemaking process. This fabulous dessert wine is made from 60-year-old grenache blanc vines. It is wonderfully complex, thoughtful and hedonistic, displaying a classic rancio nose along with carmelized nut, dried flowers, and a light but elegant spice. This wine is stunning served after a meal with a cheese from the area such as Ossu Iraty and roasted almonds! 16% abv.


[PR]

by magamoduck | 2009-04-30 09:00 | ワイン日記
2008年 09月 09日

2003 Clos du Gravillas "Le Rendez-Vous du Soleil", VdP des Côtes du Brian

2003 Clos du Gravillas "Le Rendez-Vous du Soleil", VdP des Côtes du Brian
Clos du Gravillas "Le Rendez-Vous du Soleil", VdP des Côtes du Brian
(クロ・デュ・クラヴィヤス・ル・ランデヴー・デュ・ソレイル・ヴァン・ド・ペイ コート・デュ・ブライアン)

南フランス Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)地方の St.Jean de Minervois (サン・ジャン・ド・ミネルヴォア)でワイン造りを営む Clos du Gravillas (クロ・デュ・クラヴィヤス)。Gravillas = Gravel (砂利)というワイナリー名が示すように、ワイン畑は炭酸石灰(calcium carbonate)が豊富な砂利。Carignan (赤)と Grenache Gris (白)を主力としている。今回のワインは、Languedoc-Roussillon の Vin de Pays である Cotes du Brian のもの。

色が濃く、味も濃い辛口のワイン。なんの品種かまったく想像がつかなかったら飲みなれないカリニャンだった。(普段はブレンド用に使われることが多い。)よめは初日は苦手。翌日のほうが空気に触れて辛さがまろやかになり飲みやすい。おっとは普通。95% Carignan、5% Cabernet Sauvgnon。


※Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)とは
Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)とは、「地方のワイン、地酒」の意味。原産地名が統制されたAOCワインおよびVDQSワインより下位であるが、一般的なテーブルワインよりは上位とされ、最近はAOCに勝る高い評価を得ているものも出てきている。ヴァン・ド・ペイは、ラベルに必ず「Vin de Pays ~」と産地を明記する。ヴァン・ド・ペイの中で最も知られた産地呼称が、南部の Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)地方全域をカバーする「オック」(Oc 、Vin de Pays d'Oc ヴァン・ド・ペイ・ドック)。異なる産地のワインのブレンドは禁止されている。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99

サイト: http://www.closdugravillas.com/

K&L's note (引用):
Carignan, treated seriously and respectfully, returns the flavor. And like some famous Priorats, a touch of cabernet sauvignon puts a bit of extra oomph into this delicious Languedoc red. Clos du Gravillas' carignans are de-stemmed and foot crushed, left on the skins for 6 weeks with daily pigeage. After fermentation, the wine is aged in 1 to 4 year old 400L Allier barrels. Blackberry, cherry cola, cocoa and hibiscus notes abound as its silky texture glides down the throat! Perfect with roast guinea fowl, beef daube, or grilled tri-tip. The wines from Clos du Gravillas give true meaning to the word "artisanal". 13.5% abv. Hand bottled by Nicole & John Bojanwski, St. Jean de Minervois, France. 500 cases made. Carignan 95%, Cabernet Sauvgnon 5%。


[PR]

by magamoduck | 2008-09-09 19:00 | ワイン日記
2007年 05月 28日

Crémant de Limoux Grande Cuvée 1531 de Aimery

IMG_5162
Cremant de Limoux Grande Cuvee 1531 de Aimery
(クレマン・ド・リムー・グラン・キュヴェ・1531・デ・メリー)

パリ・コンクール金賞受賞
Crémant de Limoux (クレマン・ド・リムー)は南フランスのリムーという地域で作られるスパークリングワイン。この地域のスパークリングワインは品質も高く、Robert Parker も著書「フランスワインガイド」の中で Crémant de Limoux を、最も知名度は低いが最も品質が高いスパークリングと評している。しかもこのお手ごろ価格。黄緑色のスパークリングワインで、果実実の中にほんの少し渋みが入って美味しい。キンキンに冷やして飲みたかったかも。

※Vin Mousseux (ヴァン・ムスー)とは
Mousseux (ムスー)は「泡立つ」という意味のフランス語で、発泡性ワインは Vin Mousseux (ヴァン・ムスー) と呼ばれる。Champagne (シャンパーニュ) はもっとも有名なヴァン・ムスー。ヴァン・ムスーの中にもシャンパンと同じ5~6気圧の通常の「ヴァン・ムスー」、やや泡立ちが優しい(3.5気圧程)「クレマン(Cremant)」と呼ばれるもの、微発泡(2気圧程)の「ぺティアン(Petillant)」と呼ばれるものがある。シャンパーニュ以外では、ブルゴーニュの Crémant de Bourgogne (クレマン・ド・ブルゴーニュ)、シャルドネから造られるアルザスの Crémant d'Alsace (クレマン・ダルザス)、ラングドック地方の Crémant de Limoux (クレマン・ド・リムー)、ロワール地方の Crémant de Loire (クレマン・ド・ロワール)、Saumur Mousseux (ソミュール・ムスー)、Vouvray Mousseux (ヴーヴレ・ムスー)などがAOCを名乗れる主な産地。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

K&L's comment (引用):
Yes folks, this mighty little sparkling wine is back! Over the holidays this delicious bubbly from the Limoux appellation in southern France was a tremendous hit with both our staff and customers. We went through our inaugural shipment so quickly in fact that we didn't even make it to New Year's! The "1531" as it's now affectionately referred to is composed of chardonnay, chenin blanc and mauzac. It offers up layers of green apple, pear and citrus fruit with a fine bead and an oh so delicate hint of hazelnut. If you loved the 1531 the first time around then we suggest that you stock up. And if you have not yet tried this sparkling gem then we suggest that you do!


[PR]

by magamoduck | 2007-05-28 00:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧