おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:lebanon ( 1 ) タグの人気記事


2008年 08月 22日

1999 Château Musar

1999 Château Musar
Château Musar
(シャトー・ミュザール)

中東レバノンにある Château Musar (シャトー・ミュザール)。レバノンは、世界最古のワイン産地のひとつと言われている。Château Musar の赤シリーズがフラッグシップワイン。Cabernet Sauvingnon、Cinsault、Carignan のブレンド。3年の樽熟成と、4年のボトル熟成を経て、収穫から7年後に初めて出荷される赤ワインは、エキゾチックなボルドーの味がする。さらに、15年以上経ってからが飲み頃という長期熟成タイプ。独特な香りを持ち、一見薄そうだがフルーティさを備える。集英社コミック 『ソムリエール』 3巻にも登場。

以前 K&L のワインテイスティングでおっとが惚れ込んだ1本。特に1999年は良年。薄いような、でも上品でとても美味しい。スペインのワインにも近いニュアンスがある。石油のような味がするという人も。(レバノンだから?)昔だったらあまり好きじゃなかったかもしれないが、今はこういうワインが大好き。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $44.99

サイト: http://www.chateaumusar.com.lb/

Winemaker's note (引用):
1999: This is the basic palette from which Serge Hochar, no dry academician, creates his blends:
- First, a Cinsault from a single, soil-rich vineyard in Ana: deep core, young Provencal scent; delicious flavour, wonderful richness and flesh. Soft tannins.
- Next, a Cinsault from Ammiq's very gravelly soil: fragrant, lighter style, more charm.
- Then Carignan from a lighter soil in the Ana district: Deep, velvety; spicy garrigue scent (I was reminded of Corbieres in the Languedoc), flavour more aromatic. Lastly, Cabernet Sauvignon from Kefraya's rocky soil: very deep purple; sweet, lovely crisp flavour, excellent tannins and acidity.
- End taste of violets and blackcurrants.
In the Chateau Musar cellars, Dec 1999


=========
楽天でお買い上げ
=========


シャトー・ミュザール 1999[赤/750ml/レバノン] Chateau Musar



[PR]

by magamoduck | 2008-08-22 05:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧