おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:loire ( 25 ) タグの人気記事


2011年 12月 31日

2010 Gérard Boulay Sancerre Chavignol

2010 Gérard Boulay Sancerre Chavignol
Gerard Boulay Sancerre Chavignol
(ジェラール・ブレ・サンセール・シャヴィニョル)

K&L Personal Sommelier Service 2011 10月のワイン。
Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

サンセール地区 Chavignol (シャヴィニョル村)にあるドメーヌ Domaine Gérard Boulay (ドメーヌ・ジェラール・ブレ)。その歴史は1380年に遡る。このドメーヌの自社畑、シャヴィニョルの傾斜した地質はフランスの Chablis (シャブリ)に似ており、ミネラルを含む味わいもトップクラスのシャブリとの引き合いに出されるほど。ラベルに必ずヤギさん。

K&Lお勧めの造り手。去年も同時期に同じワインの1年前のヴィンテージを飲んでいる。去年よりはミネラル、酸味と茎草の香りが強く、ロワールらしいサンセールの印象だが可もなく不可もなく。よめは圧倒的に同造り手のシングルヴィンヤードのサンセールが好みだった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
If you don't know this estate in Sancerre, you should. K&L is fortunate to have discovered these wines a few years back, before the press. And, as Boulay's California importer, we have a leg-up on the few retailers in the country who can get their hands on these wines. Never have we tasted such vivid clarity and expressiveness in Sancerre, much less Sauvignon Blanc. This wine transcends what you think of Sauvignon Blanc. It is much more than a simple quaffer with its aromas of candied grapefruit, Mandarin orange, lime and wildflowers. But what really sets it apart is its mineral-infused personality. These are wines of the soil, wines that echo the land with precision and delineation found in only the greatest of white wines. Comprised from the Boulay's many small parcels around the hamlet of Chavignol - considered to be the finest spot in all of Sancerre.


[PR]

by magamoduck | 2011-12-31 19:00 | ワイン日記
2011年 11月 08日

2010 Domaine du Salvard Cheverny Rosé

2010 Domaine du Salvard Cheverny Rosé

フランス・ロワール地方、Cheverny (シュヴェルニー)で1898年から5世代に渡って Domaine du Salvard (ドメーヌ・デュ・サルヴァール)のワインを造り続ける Delaille (ドレイユ)家。シュヴルニーという産地は、ロワール中央、甘口ワインで有名な Vouvray (ヴーヴレ)の隣に位置する。1993年にヴァン・ド・ペイからAOCに昇格した比較的新しい産地であり、特に切れ味のシャープなソーヴィニョン・ブランに定評がある。

「サンフランシスコ・ワイン日記」のゴマさんお勧め、バークレーのインポーター Kermit Lynch で見つけたロゼ。60% Pinot Noir、40% Gamay のブレンドは、薄目の色調(それでもプロヴァンスよりは少し濃い)で、味わいはプロヴァンスよりはやや濃いものの、ピノらしいイチゴの香りとハーブの爽やかな後味が印象的。おっともよめも、プロヴァンスのロゼの凛としたミネラルと複雑さが好みだが、これはこれで興味深い1本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Kermit Lynch価格: $14.99

サイト: http://www.delaille.com/
[PR]

by magamoduck | 2011-11-08 19:00 | ワイン日記
2011年 09月 02日

2010 Domaine de la Pépière Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie

2010 Domaine de la Pépière, Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie
Domaine de la Pepiere Muscadet Sevre et Maine Sur Lie
(ドメーヌ・ド・ラ・ペピニエール・ミュスカデ・ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー)

Muscadet (ミュスカデ)は、フランス・ロワールのロワール川河口付近で作られる AOC ワイン。フランスの AOC ワインは、村名やその地域の通称名称を用いたものが多いが、このミュスカデは、使用されている白ワイン用ブドウ品種 Melon de Bourgogne (ムロン・ド・ブルゴーニュ)がマスクメロンに似た香りを持つことから名づけられたとされている。Muscadet AOC の中でも、特に最適な土壌による畑が揃っているのが Muscadet-Sèvre et Maine AOC (ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ)で、現在ミュスカデとして出回っているワインの大半はこれである。

Domaine de la Pépière ((ドメーヌ・ド・ラ・ペピニエール)のワインメーカー Marc Ollivier 氏は、赤から白まで手がけるが、高く評価されているのはなんといってもミュスカデ。生産高の80%以上はアメリカを始めとする海外に輸出されている。

サンフランシスコのモロッコレストラン Aziza で勧められたミュスカデ。実に2年以上飲んでいなかった品種。非常に薄い色。程よく辛口で、酸味が豊か。後味にほんのり甘い果物の感じが残るが、これまで飲んだミュスカデよりずっとシンプル。スパイシーなモロッコ料理と良く合う。よめはもう少しフルーツ感があったほうが好み。100% Melon de Bourgogne。


Sur Lie (シュール・リー)とは
ミュスカデによくある Sur Lie という表示。ワインの発酵が終わったあとすぐにろ過せず、酵母が主体のオリとワインを一緒に熟成させること。そうすることにより酵母の旨味がワインの中に溶け出すとともに、ワインを酸化しにくい状態で熟成させることができる。※sur lie:「オリの上」という意味のフランス語。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $12.99

サイト: http://louisdressner.com/producers/Ollivier/


K&L's notes (引用):
When Marc Ollivier is on, these are the top wines of the AOC - wines that are not only delicious young, but that can also age 10, 20 or 30 years. Ollivier's Muscadet-sur-Lie is the authentic item — it has lees contact until the time of bottling, generally in late May. This extended contact gives it the crispness that makes Muscadet so refreshing, and the classic wine match for seafood.


[PR]

by magamoduck | 2011-09-02 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 15日

2008 François Pinon "Cuvée Silex Noir" Vouvray

2008 François Pinon "Cuvée Silex Noir" Vouvray
Francois Pinon "Cuvee Silex Noir" Vouvray
(フランソワ・ピノン・キュヴェ・サイレックス・ノワール・ヴーヴレ)

91 points Wine Spectator
91 points Robert Parker's Wine Advocate

フランス・ロワール地方のワイナリー Domaine François Pinon (ドメーヌ・フランソワ・ピノン)。7世代に渡り、Vouvray (ヴーヴレ)のワインを造り続けている。様々な土壌や日照時間、標高などが異なるいくつものプロットでブドウ(Chenin Blanc)を栽培し、理想のワインになるようブレンドしている。

初ヴーヴレ。糖度などの知識なく、K&Lで評判のよかった1本をセレクト。相当な甘さはハチミツのよう。その中にもいい酸味。(ミネラルだと思っていた。)いい対極感で複雑だけど、まるでデザートワインのように甘過ぎて、普通の食事とはあわせられない。(それもそのはず、この Silex Noir は非常に甘口に造られたヴーヴレだった。)ドライなヴーヴレを飲んでみたい。


※Vouvray (ヴーヴレ)とは
Vouvray (ヴーヴレ)は、フランス・ロワール地方のAOC。ほぼ100% Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 種を使って造られる白ワイン。(非常にマイナーな Arbois 種のブレンドが許されているがほとんど行われていない。)ワインのタイプはその年の気候に大きく依存し、涼しい年にはドライ(sec)やスパークリングワインが造られるが、暖かい年にはやや甘口(demi-sec)や貴腐ワイン(moelleux)まで造られる。いずれもシュナン・ブランの特徴である豊かな酸味を持つ。非常に長くエイジングさせられることでも有名だが、近年では早飲み用の Vouvray の生産も増えている。最も有名な生産者は Domaine Huet (ドメーヌ・ユエ)。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99

K&L's notes (引用):
91 points Wine Spectator: "A delicious, bracing version, with a wide range of candied lime peel, pear, fig and quince flavors all laid over a tangy, mineral-driven finish. Lengthy and stylish. Drink now through 2012. 800 cases imported." (04/10) 91 points Robert Parker's Wine Advocate: "Representing only the second installment of this cuvee, Pinon’s 2008 Vouvray Silex Noir – an inaugural cuvee solely from flint-rich soils – shares its Cuvee Tradition sibling’s judiciously-judged sweetness, but offers additional complexity and refreshment. Musk, quince, pineapple, passion fruit, lime, and a hint of sweat fill the nose as well as a bright, salt-, chalk- lanolin-, and quinine- tinged palate. Quite densely compact yet succulent, this harbors an animal element that surprises you in the finish like coming upon the scent of wild game recently passed. It should be fascinating to follow for at least the better part of a decade. And what an excellent value this much intrigue represents for its price!" (08/10)


[PR]

by magamoduck | 2011-06-15 19:00 | ワイン日記
2011年 04月 13日

2009 Patient Cottat "Le Grand Caillou" Sauvignon Blanc

2009 Patient Cottat "Le Grand Caillou" Sauvignon Blanc

フランス・ロワール地方サンセールの小さな村で Fournier 一家がワインを造り続ける Patient Cottat。現在は Mentou Salon (メヌトゥー・サロン:1959年に認定された新しいアペラシオン)、Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)、Sancerre (サンセール)のワインを造っている。今回のワインは、「サンセールの半分の価格でサンセールに近い味わいが楽しめる Vin de Pays (AOC認定されていないテーブルワイン)」としてK&Lが何年も扱っているもの。石の絵をラベルでフィーチャーしているあたり、同じロワールの最高峰 Silex を彷彿とさせる(飲んだ事は無い)。

ロワールの個性的な濃さと、強烈とも言えるライムストーンのミネラル。暑い季節にキンキンに冷やして飲めば更に格別だろうと思う。100% Sauvignon Blanc。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

Winemaker's notes (引用):
Sancerre at half the price!! The Fournier family, with roots as deep as their vines in this region seem to be related to just about everyone in some way and have for generations been farming and producing wines in Sancerre. We are pleased to have been offered this wine, yet again, at such a great price. Soft, subtle mineral notes are wrapped up in aromatics of melon and citrus. Clean, bright and refreshing, this is a perfect little Sauvignon Blanc to enjoy while having a lite lunch in the afternoon sun or getting your evening kicked off.


[PR]

by magamoduck | 2011-04-13 19:00 | ワイン日記
2011年 03月 12日

2009 Pascal Janvier Jasnières

2009 Pascal Janvier Jasnières

91 points Robert Parker's Wine Advocate
90 points Wine Spectator

フランス・ロワール地方の Jasnières (ジャニエール) AOC の造り手 Pascal Janvier (パスカル・ジャンヴィエ)。Janvier はフランス語で「1月」の意味。Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 種を使って造られるドライな白ワインに定評があり、造られるワインは主に地域内で消費されるものの、英国を主に一部輸出もされている。ジャニエール AOC は、ロワール川北側に存在する非常に小さなアペラシオン。造られるのはシュナン・ブラン種。シュナン・ブランといえば、ロワールの Vouvray (ヴーヴレ)が連想されがちだが、地元の人はジャニエールと答える人が多いそう。ジャニエールのシュナン・ブランは、気品ある辛口で他のロワールには見られない上品な酸味を持つと言われている。

同じロワールでも、サンセール等の Sauvignon Blanc 種のワインとはかなり異なる印象。酸味が豊かでフランスワインらしい味わい。この値段にしてはなかなか悪くない。(よめは酩酊していてまったく覚えていない。ちゃんと飲みたい、ジャニエールのシュナン・ブラン。同じロワールの造り手 Pascal Jolivet (パスカル・ジョリヴェ)と混乱しがち。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99 (imported by Kermit Lynch Wine Merchant)

サイト: http://www.jasnieres-pjanvier.fr/

K&L's notes (引用):
91 points Robert Parker's Wine Advocate: "Janvier’s 2009 Jasnieres assembled from many pieces in February (the same date as for his other wines) – smells of orange blossom, musky narcissus, candied orange rind, iris, honeysuckle, and quince. White peach and lime combine with the aforementioned floral and quince notes on a palate of silken texture yet levity, with subtly bitter notes of peach kernel and citrus rind helping to keep the residual sugar that’s present from making the wine taste significantly sweet. The crustacean element in the present instance is like the whole oyster: shell, liqueur, all mingled with the fruit and flowers in a distinctively – indeed, from a global perspective, deviantly – delicious denouement. Janvier says he thinks this is similar to his 2005 but a bit less rich. I can’t say, because I started with 2006, and Javier can’t even muster a bottle of his 2008 any longer to compare side-by-side, much less a 2005. I’m guessing this superb value will keep well for at least 4-5 years, the inherently more fragile fruit of 2006 not yet showing any sings of fading." 90 points Wine Spectator: "Still a little tight, with a talcum powder hint fronting for the core of blanched almond, honeysuckle, quince and pear skin, followed by a long and very elegant finish. This should develop nicely with modest cellaring. Drink now through 2012." (12/10)


[PR]

by magamoduck | 2011-03-12 03:00 | ワイン日記
2011年 01月 22日

2009 Hippolyte Reverdy Sancerre


(写真はK&Lのサイトより転載)

90 points Wine Spectator
Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

K&Lスタッフが、これ以上牡蠣にあうサンセールはない!と絶賛する1本。造り手である Hippolyte Reverdy に関する情報は殆どないものの、酸味、ミネラル、そしてほんのり甘い(フローラル?)果実味のバランスが非常に良く、牡蠣(生、BBQ)との相性は抜群だった。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
There is perhaps no better match for a dozen oysters than this minerally Sancerre from one of the best producers in the region. Textbook Loire Valley Sauvignon Blanc, with bright acidity, smoke, citrus and grassiness. Insanely addictive and so so good with shellfish it's almost sick! 90 points Wine Spectator: "Mouthwatering from start to finish, boasting bright floral and lemon zest notes up front, followed by pink grapefruit, quince and salted butter notes that extend through the finish. Ripe, but bright and lacy, with lovely detail. Drink now through 2011." (12/10) 89 points Robert Parker's Wine Advocate: "Hippolyte Reverdy's 2009 Sancerre displays the ripeness of its vintage with amplitude and a bit of heat, but fresh honeydew as well as lime and grapefruit accompany the corresponding bittersweet oils; and salty, stony, chalky underlying notes that convey a certain sense of coolness as well as invigoration, saving this rich Sancerre from coming off as overbearing, and reasonably fending-off the effects of high alcohol (disguised by a label that reads '11-14%'). Serve this (not too warm!) over the coming 12-18 months." (08/10)


[PR]

by magamoduck | 2011-01-22 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 16日

2008 Pascal Cotat "Les Monts Damne's" Sancerre Chavignol

2008 Pascal Cotat "Les Monts Damne's" Sancerre Chavignol
Pascal Cotat "Les Monts Damne's" Sancerre Chavignol
(パスカル・コタ・レ・モン・ダネ・サンセール・シャヴィニョル)

フランス・ロワール地方、サンセールの造り手 Domaine Pascal Cotat (ドメーヌ・パスカル・コタ)。コタ家は、Didier Dagueneau(ディデイエ・ダグノー)、Alfonso Mellot(アルフォンソ・メロ)、Henri Bourgeois(アンリ・ブルジョワ)に並ぶサンセールの傑出した造り手。非常に似たラベルでワインを出す François Cotat (フランソワ・コタ)と Pascal Cotat (パスカル・コタ)は従兄同士。元々は父親同士が営む一つのドメーヌだったのが2つに別れ(フランソワの醸造所はサンセールのシャヴィニョル村、パスカルはサンセール)、現在は同じ畑のブドウから別々にワイン造りを行っている。似たような味わいではあるものの、フランソワの造るワインは繊細でミネラルに富んだ造り、パスカルの造るワインは果実味にあふれ、非常に華やかな派手な造りとなっている。インポーターはバークレーの North Berkeley Imports。

"Damned Mountains (非常な山)" を意味するこの単一畑は、他に類を見ない急勾配故に手作業で収穫が行われ、ロワールの中でももっともチョーキーなワインを造ることで知られている。開いてくるとミネラル感が強くて非常に美味しい。今まで飲んだサンセールの中では以前飲んだ Gerard Boulay (ジェラール・ブレ)と並んで間違いなくトップクラス。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
インポーター価格: $61.95

インポーターのサイト: http://www.northberkeleyimports.com/
[PR]

by magamoduck | 2011-01-16 02:00 | ワイン日記
2010年 12月 22日

2009 Gérard Boulay Sancerre Chavignol

2009 Gérard Boulay Sancerre Chavignol
Gerard Boulay Sancerre Chavignol
(ジェラール・ブレ・サンセール・シャヴィニョル)

Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

サンセール地区 Chavignol (シャヴィニョル村)にあるドメーヌ Domaine Gérard Boulay (ドメーヌ・ジェラール・ブレ)。その歴史は1380年に遡る。このドメーヌの自社畑、シャヴィニョルの傾斜した地質はフランスの Chablis (シャブリ)に似ており、ミネラルを含む味わいもトップクラスのシャブリとの引き合いに出されるほど。ラベルに必ずヤギさん。

K&Lお勧めの造り手。以前単一畑の Clos du Beaujeu を飲んでとても印象のよかった造り手の同じくサンセール。ロワールらしいミネラル感は感じられるものの、サンセールの割には煮詰めたハチミツのようなねっとりした甘みが少し感じられたのが意外。淡白なシーフードと合わせるためドライなワインを期待していたのでやや残念。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
If you don't know this estate in Sancerre, you should. K&L is fortunate to have discovered these wines a few years back, before the press. And, as Boulay's California importer, we have a leg-up on the few retailers in the country who can get their hands on these wines. Never have we tasted such vivid clarity and expressiveness in Sancerre, much less Sauvignon Blanc. This wine transcends what you think of Sauvignon Blanc - it is much more than a simple quaffer with its aromas of candied grapefruit, Mandarin orange, lime and wildflowers. But what really sets it apart is its mineral-infused personality. These are wines of the soil, wines that echo the land with precision and delineation found in only the greatest of white wines. Comprised from the Boulay's many small parcels around the hamlet of Chavignol - considered to be the finest spot in all of Sancerre.


[PR]

by magamoduck | 2010-12-22 02:00 | ワイン日記
2010年 11月 21日

2008 Domaine Cherrier & Fils Sancerre

2008 Domaine Cherrier & Fils Sancerre

90 points Wine Enthusiast
行きつけのワインショップ K&L でのレビューが高かったのでお買い上げした、フランスのサンセールのワイン Domaine Cherrier & Fils (ドメーヌ・シェリエ)。ドメーヌの情報はほとんど見つからず。

サンセールにしては濃いめの色調とフレッシュで力強い柑橘系の果実味。ミネラルとのバランスがいいので甘すぎない。カニとの相性が抜群だった一本。飲みやすくてよめお気に入り。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99

K&L's notes (引用):
Fresh lime, kiwi, and honeydew are balanced by a profound minerality. A very lithe and racy wine indeed, and without question an archetypal Sancerre! 90 points Wine Enthusiast: "A wine on the crisp, mineral side, bringing out some flintiness while also showing pear juice fruit flavors. There is a strong texture here, leaving a final tight acidity." (08/10) 89 points Wine Spectator: "Tangy, with chive, lemon peel and gooseberry notes that stay crackling through the bright finish. Solid. Drink now." (04/10) And, according to Stephen Tanzer's International Wine Cellar: "Pale yellow. Aromas of pear skin, lanolin, honey and wet rock, plus a hint of orange zest. Juicy, spicy and nicely focused, offering open-knit citrus and orchard fruit flavors. Finishes with tart citrus and floral flavors and good length." (March/April 10)


[PR]

by magamoduck | 2010-11-21 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧