おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:marche ( 6 ) タグの人気記事


2013年 01月 26日

2005 Poderi San Lazzaro "Grifola" Marche IGT

2005 Poderi San Lazzaro "Grifola" Marche IGT

K&L Club Italiano 2009 12月のワイン。
イタリア、アドリア海に面した Marche (マルケ)州の造り手、Poderi San Lazzaro。2003年に創業したこの若い造り手は、今回飲んだ Montepulciano、Sangiovese それぞれの単独品種、その2種をブレンドした赤ワイン、それから白ワインを年間40,000本生産している。

複雑で後味がとても長いワイン。甘めの果実味が印象的で、イタリアらしい土臭い印象はあまりなかった。ブラインドで飲んだらローヌと間違えそう。

おっと: ★★★☆☆
よめ: 未飲
K&L価格: $34.99

サイト: http://www.poderisanlazzaro.it/

K&L's notes (引用):
90 points Robert Parker's Wine Advocate: "The estate’s 2005 Grifola is 100% Montepulciano made from lower yields than the Rosso and aged 16 months in French oak. It is a deep, rich wine with a plush core of sweet, dark fruit that gradually emerges as the wine sits in the glass. This elegant, full-bodied red offers notable elegance and balance, but it needs some air before it shows its true potential. It is an impressive effort from this young property. Anticipated maturity: 2008-2017." (02/08)


[PR]

by magamoduck | 2013-01-26 02:00 | ワイン日記
2011年 11月 03日

2009 Badiali Lacrima di Morro d'Alba

2009 Badiali Lacrima di Morro d'Alba

イタリアで最も小さな250エーカーのアペレーション、マルケ州土着の赤ワイン用ブドウ品種および DOC の Lacrima di Morro d'Alba (ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ)。スミレ、ラズベリー、ブルーベリー系の、リッチでドラマチックな香りが特徴的。Badiali 家の Vittorio & Mirlo 兄弟は、この Lacrima 種に特化してワイン造りを行っている。

K&L スタッフのコメントにもあるようにバラのようなお花畑系の芳醇な香りが印象的。目を瞑るとまるでベルサイユの薔薇の世界のよう(よめ)。パワフルかつ豊かなのでやや疲れてしまうけど、カリフォルニア・ワインにおけるフルーティさとは違う独特の味わいが楽しいワイン。前回の Lacrima di Morro d'Alba よりはずっとよい印象。


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $19.99

K&L's notes (引用):
The Badiali brothers, Vittorio and Mirko, specialize in Lacrima and nothing else, in the tradition of their late father Quinto. Thiers is a very limited production wine harvested by hand. In case you were not familiar with the varietal, the rare red Lacrima di Morro d'Alba produces a purple tear at the moment of perfect ripeness. This fresh, racy varietal, grows in the smallest appellation in Italy (250 acres). This one is ruby flecked with violet in the glass, rose petals and spice on the nose and a long finish with enough acidity to pair with red or meat sauce pastas, marinated fish, roast pork and chicken. Excellent before or after meals with Pecorino cheese. Amazingly this unusual grape pairs beautifully with "bitter" foods such as artichokes and asparagus.


[PR]

by magamoduck | 2011-11-03 19:00 | ワイン日記
2011年 06月 29日

2007 Lanari Rosso Conero DOC

2007 Lanari Rosso Conero DOC
Lanari Rosso Conero DOC
(ラナーリ・ロッソ・コーネロ)

K&L Club Italiano 2009 11月のワイン。
イタリア、アドリア海に面した Marche (マルケ)州 Conero (コーネロ)の造り手、Lanari (ラナーリ)。K&L が直輸入している。Rosso Conero はマルケ州のDOCであり、Montepulciano 種がメインで Sangiovese が少しブレンドされることが多い。同社のフラッグシップワインでもある。

90% Montepulciano、10% Sangiovese のブレンド。トスカーナなどで感じられるイタリアの「王道らしさ」ではなく、独特な土着系のワインの味わい。タンニンは強めで、イタリア土着ワインらしい土臭さも健在。それ以上にこれといった特徴は無く、可もなく不可もなく、特に印象に残らない一本。よめはいまいち。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $21.99

K&L's notes (引用):
The famous Montepulciano and Sangiovese are at the heart of this full-bodied and wonderfully tannic red from Italy's Marche region. Think of Rosso Conero as an insider's Chianti Classico. Our Direct Import makes this an even greater value!


[PR]

by magamoduck | 2011-06-29 19:00 | ワイン日記
2010年 09月 14日

2006 Selvagrossa Trimpilin

2006 Selvagrossa Trimpilin
Selvagrossa Trimpilin
(セルヴァグロッサ・トリンピリン)

K&L Club Italiano 2009 6月のワイン。
イタリア Marche (マルケ州)にあるワイナリー Selvagrossa Winery (セルヴァグロッサ・ワイナリー)。Alessandro & Alberto Taddei (アレッサンドロ&アルベルト・タッディ)兄弟によって2001年に設立。弟のアルベルト・タッディ氏は、世界的にもトップクラスのワインコレクションをもつミシュラン3つ星レストラン Florence at Enoteca Pinchiorri (エノテカ・ピンキオーリ・フィレンツェ)で8年間ソムリエを勤めた人物。ソムリエとして従事しながらフィレンツェ大学の醸造科でも醸造学を習得。兄のアレッサンドロ・タッディ氏も料理学校を卒業し、レストランでシェフとして経験を積み、料理からワイン造りへの道へと進んだ。この兄弟2人にとって、ワインは「食」と共にあり、食に寄り添う上品さと繊細さを持つワイン造りを目指している。

Sangiovese、Cabernet Franc、Merlot 種による非常に少量生産な3種類のワイン「Trimpilin (トリンピリン)」「Poveriano (ポヴェリアーノ)」「Muschén (ムスケン)」を生産。K&Lワインクラブからそのうちの2本が登場。いずれもチャーミングなラベル。今回の Trimpilin の名前の由来は、イタリア造語で「いたずらっ子、やんちゃ坊主」の意味。弟アルベルトがエノテカ・ピンキオーリで働き始めた頃、レストランのオーナーであるピンキオーリ氏がアルベルトをそう呼んでいたことからこの名前がついた。(もう1本の Muschén はこちら。)

(2009.08.08 first entry)
ベリーやカラント系の鮮やかかつ複雑な香りと重厚な味わい。イタリアらしい土っぽさはあるけど、どちらかというといいボルドーのような複雑さを感じる。100% Sangiovese。

(2010.09.14 update)
前回とても美味しかったので再飲。濃いルビー色。熟したプラムやプルーンのような香りを持ち、サンジョベーゼの土臭さや渋みを残しつつ、深みと複雑さを兼ね備えたワイン。しかも価格が下がったのでコストパフォーマンスは最高。前回同様、お気に入りの1本。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L Wine Club価格: $23.99 (K&L価格:$29.99)-> $15.99

サイト: http://www.selvagrossa.it/

Winemaker's notes (引用):
The 2006 Selvagrossa Trimpilin is 100% sangiovese and is vinified in temperature-controlled stainless steel tanks where it remains until after the malolactic fermentation. The wine is then aged in barrique for 16 months. Selvagrossa’s first production for the Trimpilin was in 2002 and in this 2006 vintage, 250 cases were produced. The wine is really beginning to blossom now; the sangiovese’s tight core of cherrylaced flavors is gradually uncoiling to show this wine’s strident purity. In the mouth the wine is spicy, full of complex fruit and hints of vanilla while it begins to broaden across the palate. The finish is vibrant and emphasizes the fruit spice as it lingers deliciously on the palate. To pair it classically, a wide tagliatelle with a veal sauce would be marvelous. Or Vincisgrassi, a much celebrated local lasagne, topped off with white truffles when they are in season.


[PR]

by magamoduck | 2010-09-14 19:00 | ワイン日記
2009年 08月 04日

2007 Selvagrossa Muschén

2007 Selvagrossa Muschén
Selvagrossa Muschen
(セルヴァグロッサ・ムスケン)

K&L Club Italiano 2009 6月のワイン。
イタリアの Marche (マルケ州)にあるワイナリー Selvagrossa Winery (セルヴァグロッサ・ワイナリー)。Alessandro & Alberto Taddei (アレッサンドロ&アルベルト・タッディ)兄弟によって2001年に設立。弟のアルベルト・タッディ氏は、世界的にもトップクラスのワインコレクションをもつミシュラン3つ星レストラン Florence at Enoteca Pinchiorri (エノテカ・ピンキオーリ・フィレンツェ)で8年間ソムリエを勤めた人物。ソムリエとして従事しながらフィレンツェ大学の醸造科でも醸造学を習得。兄のアレッサンドロ・タッディ氏も料理学校を卒業し、レストランでシェフとして経験を積み、料理からワイン造りへの道へと進んだ。この兄弟2人にとって、ワインは「食」と共にあり、食に寄り添う上品さと繊細さを持つワイン造りを目指している。

Sangiovese、Cabernet Franc、Merlot 種による非常に少量生産な3種類のワイン「Trimpilin (トリンピリン)」「Poveriano (ポヴェリアーノ)」「Muschén (ムスケン)」を生産。K&Lワインクラブからそのうちの2本が登場。いずれもチャーミングなラベル。(もう1本のTrimpilinはこちら。)

今回の「Muschén (ムスケン)」の名前の由来は、マルケ州の方言で「ハエ」。兄アレッサンドロの祖父がちょろちょろ動き回る彼の姿をとらえたユーモアたっぷりのニックネーム。ブルーベリーの鮮やかなフルーティさはサンジョベーゼのもの。バランスがよく軽く飲めるワイン。なんと樽未使用。発酵も熟成もステンレスタンクで行われている。60% Sangiovese、30% Merlot、10% Cabernet Franc。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $15.99 (K&L価格:$18.99)

サイト: http://www.selvagrossa.it/

Winemaker's notes (引用):
The 2007 Selvagrossa Muschén is a forward, fresh and vibrant wine that is made from 60% Sangiovese, 30% Merlot and 10% Cabernet Franc. It is fermented and aged in stainless steel and sees no oak. The wine shows Sangiovese's vibrant, acidic backbone, which gives the wine its verve and direction along with some elegant cherry tones. The Merlot adds a bit of mid-palate richness and some warm texture to the Sangiovese's brightness while thickening it toward the finish. The spicy, complex Cabernet Franc is what brings everything together. This 2007 vintage is sensational - beautifully ripe fruit grown in stellar conditions. The 2007 wines show it - they drink with a particular ease, elegance and balance. "Muschén" is a name that Alberto's grandfather gave to him. In local Pesaro dialect it means a little fly, akin to an annoying gnat, just like owner Alberto Taddei was as a young boy! Only 600 cases of 2007 Muschén were produced.


[PR]

by magamoduck | 2009-08-04 19:00 | ワイン日記
2009年 03月 02日

2006 Lucchetti Lacrima di Morro d'Alba

2006 Lucchetti Lacrima di Morro d'Alba
Lucchetti Lacrima di Morro d'Alba
(ルケッティ・ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ)

K&L Club Italiano 2008 10月のワイン。
Lacrima di Morro d'Alba (ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ)という長いイタリア語。これは、イタリアのマルケ州土着の赤ワイン用ブドウ品種および DOC。絶滅しそうだったこの品種を今回のワインメーカーである Mario Lucchetti 氏を始めとする何人かが救った。スミレ、ラズベリー、ブルーベリー系の、リッチでドラマチックな香りが特徴的。

驚くほどフルーティな香り。シラーとジンファンデルを足してもまだ足りないくらい。ところが口に含むと・・・なんというか、美味しくない。香りとは裏腹な苦味。時間をおいてもあまり改善せず。2006 なのにジャリジャリするほどのすごいオリ。ワインに寛容なおっとが珍しく嫌いなワイン。よめは個性を尊重して頑張って星3つ。(なぜかワインメーカーのサイトに載っているラベルとは異なっている。輸入用なのかもしれない。)

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $13.99 (K&L価格:$14.99)

サイト: http://www.mariolucchetti.it/

Importer's notes (引用):
Lacrima di Morro d'Alba is a name that just rolls off of your tongue and I'm sure most of you have never heard of it before! This is an indigenous grape variety from the Marche, that's the Adriatic side of Italy, which is just bursting with violets, raspberry and blueberry like fruit! The first time you taste this you'll be amazed by the richness and dramatic aromatics and you'll wonder like I did why hadn't I heard of this grape before? Mario Lucchetti is one of the leading figures in the Marche when it comes to Lacrima di Morro d'Alba; he and a small group of other producers have rescued this grape from extinction. Mario started planting Lacrima in the early 1980's; it was made a DOC in 1985, and now has 34 acres of vineyards. His belief in this variety has taken him to all parts of the world showing this exotic varietal to wine fans across the world. Italy has over 2000 grape varieties so getting yours noticed amongst all of the Chianti, Barolo and Amarone is not an easy task. However Mario believes once you taste this varietal for the first time you'll just love its bold, dramatic flavors, the luscious mouth feel and wonderful drinkability. I love the forwardness of this wine, it is so vivacious, friendly and succulent it sort of reminds me of a zinfandel with a little more structure and verve. This wine will go perfectly with grilled sausage or chicken and your favorite pasta as well.


[PR]

by magamoduck | 2009-03-02 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧