おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:muller-thurgau ( 2 ) タグの人気記事


2010年 09月 20日

2008 Schloß Mühlenhof Müller-Thurgau Trocken

2008 Schloß Mühlenhof Müller-Thurgau Trocken

ドイツ最大のワイン産地 Rheinhessen (ラインヘッセン) にある Weingut Schloßmühlenhof (シュロス・ミューレンホフ醸造所)。1846年に創業した家族経営の小規模ワイナリーで、グリーンなワイン造りを心がけている。アメリカで流通しているワインには Schloß Mühlenhof / Schloss Mühlenhof と表記されている様子。

Müller-Thurgau (ミュラー・トゥルガウ)は、Riesling (リースリング)と Silvaner (シルヴァーナ)の交配によってドイツで生まれたブドウ品種で、リースリングの個性を失わないさっぱりとした白ワインを生み出す。(DNA解析によるとシルヴァーナではなく Chasselas (シャスラ種)の可能性が高いとも言われている。)白ワインで有名なドイツにおいて1970年頃までは最も作付面積の広いブドウ品種であったが、現在は減少傾向でリースリングが最広域である。北海道でもミュラー・トゥルガウがワイン専用種としては最も多く栽培されているそう。

ドイツ・リースリング特有の石油系の香りが強い。が、リースリングよりはフルーティな香り。香りに反して味わいはそこまで甘すぎず。リースリングやゲヴュルツトラミナーに似ているもののどことなく異なり、やや甘めでホワイトネクタリンを思わせるエキゾチックな印象。美味しい。1年前に飲んだ北海道のミュラー・トゥルガウと飲み比べると面白そう。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $12.99

サイト(ドイツ語): http://www.schlossmuehlenhof.de/

K&L's notes (引用):
Sustainable, and committed to green winemaking, Mulenhof is an estate to watch in Germany's Rheinhessen. The estate's dry Muller Thurgau is intensely fruity but never over the top. Spicy, a bit smoky, with citrus and more tropical notes on the nose, the crisp finish brings in pink grapefruit and zinger ginger. Just the thing for smoked trout or salmon, this is also wonderful with sashimi.


[PR]

by magamoduck | 2010-09-20 19:00 | ワイン日記
2009年 10月 15日

2006 北海道ワイン鶴沼ミュラー・トゥルガウ

2006 北海道ワイン鶴沼ミュラー・トゥルガウ

北海道小樽市にあるワイナリー、北海道ワイン。嶌村彰禧(しまむらあきよし)氏は、ヨーロッパのワイン葡萄の栽培が、大陸性気候である北海道でも可能と考え、1975年にドイツ、オーストリア、ハンガリー等より20数品種の葡萄苗木を輸入。当初は土に合わず全滅したり、ようやく根付いた樹も積雪のため次々と折れていく。ワインが出来てからも苦難は続く。赤ワインブームで多くの安い輸入ワインが店頭に並ぶ中、北海道産ブドウにこだわった北海道ワインの売り上げは急落。それでも信念を貫き通し、ようやく国内のコンクールにも入賞し、輸出もされ、認められるようになる。集英社コミック 『ソムリエール』 3巻に登場。

Müller-Thurgau (ミュラー・トゥルガウ)は、Riesling (リースリング)と Silvaner (シルヴァーナ)の交配によってドイツで生まれたブドウ品種で、リースリングの個性を失わないさっぱりとした白ワインを生み出す。(DNA解析によるとシルヴァーナではなく Chasselas (シャスラ)の可能性が高いとも言われている。)白ワインで有名なドイツにおいて1970年頃までは最も作付面積の広いブドウ品種であったが、現在は減少傾向でリースリングが最広域である。北海道でもミュラー・トゥルガウがワイン専用種としては最も多く栽培されているそう。

りんごの香り。甘口。リースリングの持つミネラルがやや和らいだような印象。甘いだけのリースリングとは違い、複雑さと深みのある甘さ。素敵な北海道ワイン。アルコール度数11%。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
楽天価格: 1,870円 (720ml)

サイト: http://www.hokkaidowine.com/

Winemaker's notes (引用):
今回ご紹介する北海道ミュラー・トゥルガウは、清々しい香りを持ちながら、しっかりとした酸味が下支えとなったやや甘口。瓶詰め後に1年半熟成させ、まろやかで落ち着いた飲み口に仕上がっています。キリッと冷やしてお楽しみください。
ステンレスタンクでの低温発酵、貯蔵に由来する香り高いアロマ。メロンや青リンゴを思わせる新鮮な甘い香りがあり、グラスをまわして空気に触れさせると柑橘類のような爽やかな香りも立ち上ってきます。香りは花のように清楚で澄んだ印象です。

『ソムリエール』 堀健一's notes (引用):
鶴沼ミュラー・トゥルガウは自社畑から収穫された葡萄100%でつくられ、この価格帯のやや甘口の日本産ワインとしては珍しく、加熱殺菌が行われていない。ボトル内再醗酵を防ぐために、最新鋭の無菌フィルタで濾過されているが、原料のポテンシャルの高さのためか、生の葡萄の香りがストレートに伝わる、感動的なワインとなっている。


[PR]

by magamoduck | 2009-10-15 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧