おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:other france ( 3 ) タグの人気記事


2011年 07月 12日

Louise d'Estrée Dry Red

Louise d'Estrée Dry Red

Trader Joe's で見つけたお手頃価格の赤スパークリングワイン。飲みなれたオーストラリアのシラーズ・スパークリングかと思って購入したら、実はフランス産だった。品種、産地等は不明。

好きでよく飲むオーストラリアのシラーズ・スパークリングとは異なった味わい。シラーズよりも辛口(それでも少し甘い)で、実際の品種やブレンド比率は不明ながらもどことなくカベルネ系の印象が感じられる。悪くはないけれど個人的にはどっしりしてかつ甘めなオーストラリアのシラーズ・スパークリングの方が好み。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's 価格: $6.99
[PR]

by magamoduck | 2011-07-12 19:00 | ワイン日記
2010年 04月 28日

2006 Château Thénac, Bergerac Sec

2006 Château Thénac, Bergerac Sec
Chateau Thenac, Bergerac Sec
(シャトー・テナック・ベルジュラック・セック)

ボルドーにほど近いフランス南西部のワイン産地である Bergerac (ベルジュラック)地方。12世紀にまで遡る歴史を誇る Château Thénac (シャトー・テナック)は、主にボルドー系の品種を軸に、いくつかの土着品種も含め、赤白様々なワインを生産している。

ベルジュラックは比較的産出量の多い地域で、ボルドー地方と同じく、赤は Cabernet Sauvignon、Merlot、Cabernet Franc、白は Sémillon、Sauvignon blanc、Muscadelle、Ondenc、Chenin Blanc が使われるが、味わいはボルドーのものとほとんど変わらない。ボルドーのような格付けがないがAOCの規格は十分満たしており、お買い得なものが多い。今回のワインは Bergerac Sec AOC。

キリっとした Sauvignon Blanc と Semillon のブレンド。かなり果実味が豊かで、最初はシャルドネかそれに似た土着系の白かと思うほど。複雑な味わいでよくも悪くもとても飲みやすい一本。ヨーロッパではそこそこ流通しているらしい Bergerac のワイン。アメリカでは殆ど見かけない。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Berry Bros & Rudd価格: £12.75

サイト: http://www.chateau-thenac.com/

Winemaker's notes (引用):
The 2006 Château Thénac white is sweetly perfumed with tropical fruit, melon and floral notes. A voluptuous texture makes this an instant charmer with savoury minerality and a citric freshness finish. This is a wine to be enjoyed, now, preferably with some fresh seafood.


[PR]

by magamoduck | 2010-04-28 02:00 | ワイン日記
2008年 07月 26日

2006 Jurançon Sec Clos Lapeyre

2006 Jurancon Sec Clos Lapeyre
Jurançon Sec Clos Lapeyre
(ジュランソン・セック・クロ・ラペール)

K&Lのフランス特集テイスティングで見つけた1本。
フランスの南西、フランス側のピレネー山脈(スペインとの国境の山脈)付近に位置する Jurançon AOC のワイン。100% Gros Manseng (グロ・マンセン)という白ワイン品種から造られている。酸味、ミネラルがあり、アプリコットやマルメロ(quince:カリンのようなバラ科の果実)の香りが特徴のドライな白ワインとなる。オーガニックワイン。

冷えているとドライできりっとして好みだが、温度が上がると芳醇な果実実が強調され過ぎてもったりする感じがした。フルーティな白が好きな人(女性とか)にはお薦め。温度にさえ気をつければ、夏にぴったりの1本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

K&L's note (引用):
This racy white from the French Pyrenees is incredibly fun to drink! Comprised of 100% gros manseng, this is a firm, mineral driven white with notes of fresh herbs, green apple and quince. This Jurancon sec white is delicate and refreshing, however, its complexity and concentration will undoubtedly impress you. Enjoy a glass while cooking dinner, or pair with sizzling garlic shrimp! 13% abv.


[PR]

by magamoduck | 2008-07-26 01:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧