タグ:piedmont ( 28 ) タグの人気記事


2011年 06月 10日

2005 Pio Cesare Barolo

2005 Pio Cesare Barolo

イタリア・ピエモンテ州 Alba (アルバ)に1881年に創設された歴史あるワイナリー Pio Cesare (ピオ・チェザーレ)。創業者ピオ・チェーザレは、「量は少なくとも良い品質のワイン」をモットーとし、その志は4代目にあたるピオ・ボッファにまで受け継がれている。伝統的な大樽による長期熟成から、バリックと呼ばれるオークの小樽へと変わってきたピエモンテ地方のワイン造りのなかで、ピオ・チェーザレは中道を進んでいる、と言われている。新樽を多用した現代風の味わいは避け、ネッビオーロをはじめとするピエモンテ地方の品種特性を尊重しつつ、柔らかみのある味わいに仕上げている。ポートワインのようなラベルが印象的。2001 Pio Cesare Barolo がワインコミック 『神の雫』 20巻に登場。

抜栓した瞬間、揮発系のお菓子のような甘い香りが立ったものの、すぐに消える。その後、時間とともに明るい感じから深みのある印象にわかりやすいほど刻々と変化していく。豊かなタンニンとミネラル感は最後まできちんと残る。バローロはもっと経験を積みたい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.piocesare.it/

Winemaker's notes (引用):
A classic Barolo. Excellent structure and harmony, mild tannins and balanced fruit. It is immediately approachable, but it has a very long ageing potential.




 
[PR]

by magamoduck | 2011-06-10 02:00 | ワイン日記
2011年 03月 28日

2010 Tintero "Sori Gramella" Moscato d'Asti

2010 Tintero "Sori Gramella" Moscato d'Asti
Tintero "Sori Gramella" Moscato d'Asti
(ティンテロ・ソリ・グラメラ・モスカート・ダスティ)

イタリア・ピエモンテ州 Asti (アスティ)にある家族経営ワイナリー Tintero (ティンテロ)。現オーナー兼ワインメーカーは、3代目 Marco Tintero 氏。アスティの中でも Mango 地区は優良な Moscato (モスカート種)の生産地で、氏の所有する30haの自社畑のうち、20haにモスカート種が植えられている。Moscato d'Asti (モスカート・ダスティ)は、アスティで造られる甘口でアルコール度数の低い微発泡 DOCG ワインで、デザートと合わせたりデザートワインとして扱われることも多い。カリフォルニア州バークレーにある、興味深いワインを多く手がけるインポーター&ディストリビューター Kermit Lynch によるインポートということもあり購入。

微発泡ワインなので下膨れのコルク。泡の量はごく控えめで、微発泡のしゅわしゅわ感が心地よい。柑橘やリンゴの果実味で、控えめなデザートワインくらい甘口だが、ミネラルとのバランスのおかげでただ甘いだけではなく楽しめる。アルコール度数も低くて飲みやすい。甘口ワインの好きな女性には非常に受けそうな1本で、最初の乾杯などにいつもとは違った泡としても喜ばれそう。ただし食事と合わせるには甘すぎる。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
Whole Foods 価格: $9.99  (imported by Kermit Lynch Wine Merchant)

サイト: http://www.tintero.it/

Winemaker's notes (引用):
Its colour is bright straw-yellow tending to golden-yellow and its aroma is fresh, harmonic, fragrant and reminiscent of several types of flowers. It feels delicately sweet, aromatic and playful in the mouth. It matches perfectly any type of sweets and fruit and it is also excellent on its own. Ideal to drink when young at the temperature of 6-8C.

Kermit Lynch's notes (引用):
The commune of Mango is the heart of Moscato country, and 20 of the Tinteros’ 30 hectares are planted to this grape. Their largest parcel is in the Sorì Gramella vineyard, whose full southern exposure and gradient of more than 20% pamper the grapes with many long hours of sunshine, without even casting shadows from one row to the next as is the case in most vineyards. The resulting wine is delightfully fizzy and slightly sweet, an irresistible combination that makes it a universal favorite. Marco also maintains that same spirit in his other wines, which are all fresh, easy, and fun to drink with friends.


[PR]

by magamoduck | 2011-03-28 19:00 | ワイン日記
2011年 03月 02日

2005 Tenute di Sella "Bramaterra" 

2005 Tenute di Sella "Bramaterra"

90 points Robert Parker's Wine Advocate
K&L Personal Sommelier Service 2010 5月のワイン。
イタリア最古のワイナリーの1つであるピエモンテの Tenute di Sella (テヌータ・ディ・セッラ)。そのワイン造りの歴史は1671年に遡り、当時の建造物をそのまま使うセラーには1881年ビンテージのワインも未だに貯蔵されている。アルプスの麓に位置するこの Bramaterra (ブラマテッラ) という畑はバローロやバルバレスコよりも年間の気温が低く、よりミネラル分が豊富なワインを産み出す事で知られている。

今回飲んだワインは 70% Nebbiolo、20% Croatina、10% Vespolina のブレンド。空けた直後は少し揮発系の不思議な香りがしたものの、数分空気に触れさせる事でネッビオーロらしい繊細で枯れた鉄のような独特の味わいが現れて非常に美味しかった。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $34.99

サイト: http://www.tenutesella.it/

K&L's notes (引用):
90 points Robert Parker's Wine Advocate: "The 2005 Bramaterra is a joyous wine for its generous core of red fruit and finessed, silky tannins. This is an especially pure, elegant Bramaterra with gorgeous textural balance and a long, refreshing finish. Anticipated maturity: 2009-2013." (10/09) The Sella wine estates are one of the oldest active Italian wine producers. The Sella family has produced wine in Lessona from their own vineyards since 1671. The documents from that period are still preserved in the Sella Foundation. Over the next three centuries, the Sella family has kept the estate intact and its cellars still hold old vintages of these wines, including Lessona dating back from as early as 1881. Lessona and Bramaterra are located in northern Piedmont, in the foothills of the Alpine mountains. This area covers the western part of a circle of noble wine-producing areas, made unique by their porphyric soils, that extends from Gattinara to Boca. With the Langa and Valtellina, these constitute the three classic areas for the production of Nebbiolo. The vineyards of northern Piedmont offer a cooler climate and soils that are richer in minerals when compared to the soils of Barolo and Barbaresco. The Bramaterra is 70% Nebbiolo, 20% Croatina and 10% Vespolina, aged for 18 months in large barrels. Italy's version of a very very fine Grand Cru red Burgundy, it is austere, intensely ferrous and spicy, with the most intense and succulent fruit.


[PR]

by magamoduck | 2011-03-02 19:00 | ワイン日記
2010年 12月 18日

2007 Vietti Tre Vigne Barbera d'Asti

2007 Vietti Tre Vigne Barbera d'Asti
Vietti Tre Vigne Barbera d'Asti
(ヴィエッティ・トレ・ヴィーニェ・バルベラ・ダスティ)

90 points Robert Parker's Wine Advocate
90 points Stephen Tanzer's International Wine Cellar

イタリア・ピエモンテ州にある Baloro (バローロ)の名門 Vietti (ヴィエッティ)。ヴィエッティのワイン造りの歴史は19世紀に遡るが、Mario Vietti (マリオ・ヴィエッティ)氏により Vietti の名前でワインが世に出たのは1919年が初めて。1952年に Luciana Vietti (ルチアーナ・ヴィエッティ)の夫である Alfredo Currado (アルフレド・クッラド)氏が引き継ぎ、ピエモンテのトップ生産者として、またアメリカ市場に初めて輸出したワイナリーのひとつとして高い評価を得る。Villero (ヴィッレーロ)、Brunate (ブルナーテ)、Rocche (ロッケ)、Castiglione (カスティリオーネ)などいくつもの銘柄畑を所有し、当時まだ革新的だった "シングル・ヴィンヤード(single vineyard)" または "クリュ(cru-designated)" ワインを造ってきた。現在ワイナリーを取り仕切るのは、アルフレド氏の義理の息子 Mario Cordero (マリオ・コルデーロ)氏。

軽さと骨太さが不思議に同居するバルベーラ。色は濃い紫。イタリアらしい鉄、土のようなミネラル感はしっかりと感じられ、後味にバルベーラらしい鮮やかな果実味が残る。オークも少し。食事にとてもよく合い、コストパフォーマンスの高い一本。この造り手のバローロも以前飲んでいる。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
Beltramo's 価格: $15.99

サイト: http://www.vietti.com/

Winemaker's notes (引用):
Winemaking: the grapes are selected from young vineyards, approximately 10 years old, in Agliano d’Asti that are planted 4,800 plants per hectare with a yield of 39 hl/ha. The must is kept, for 12 days, in stainless steel tanks at 30-32°C.

Aging: at the end of the malolactic fermentation, the wine is moved into French oak barrels or Slavonian oak casks for 12 months, then into steel tanks 2 months before bottling. The wine is bottled unfiltered to retain complexity.

Description: ruby purple color with ripe red cherry aromas with hints of mineral and vanilla. A dry, medium bodied red wine with refreshing acidity (making it perfect to pair with food) and soft tannins, the Barbera d'Asti Tre Vigne is well balanced with good integration of oak, good complexity and a finish of more red cherries.

Food Pairings: antipasti, rich salads, grilled seasoned vegetables, hearty soups, pastas or with breaded veal, pork, chicken with light sauces





[PR]

by magamoduck | 2010-12-18 19:00 | ワイン日記
2010年 11月 08日

2007 La Spinetta Langhe Nebbiolo

2007 La Spinetta Langhe Nebbiolo
La Spinetta Langhe Nebbiolo
(ラ・スピネッタ・ランゲ・ネッビオーロ)

イタリア・ピエモンテ州の造り手 La Spinetta (ラ・スピネッタ)。甘口白ワインのマスカット Moscato 造りから始まり、1995年代半ばには念願の Barbaresco (バルバレスコ)に着手、2000年から Barolo (バローロ)にも手を広げ、今ではトスカーナ州で Sangiovese (サンジョベーゼ)種も造っているという、ピエモンテ内でも屈指のハイテク大規模ワイナリー。ラ・スピネッタのバルバレスコのワインラベルには、古代のサイが描かれており、オリジナル画は現在ロンドンの大英博物館に収められている(ワイナリー訪問記)。

今回飲んだのは、バルバレスコでもバローロでもない、ピエモンテの Langhe (ランゲ)地方の Nebbiolo (ネッビオーロ)種。今まで飲んだネッビオーロの中ではタンニンが強く、やや強めの苦みを感じる。1日置くと角が取れ、濃いバルバレスコと形容したくなるような味わいに変化。印象としては、繊細なバルバレスコや力強いバローロより、さらに骨太でどっしりとしたネッビオーロ。イタリアらしい土臭さは健在で美味しい。100% Nebbiolo。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
Draegers価格: $30.99

サイト: http://www.la-spinetta.com/

Winemaker's notes (引用):
Color: defined, vibrant red
Bouquet: dried roses, currant and black cherry flower
Taste: warm with perfect tannins, great elegance, yet round with
fine finish, delicious
Evolution: 15 years
Available bottle sizes: normal
Pairings: grilled and elaborate red meat and wild game





[PR]

by magamoduck | 2010-11-08 19:00 | ワイン日記
2010年 10月 15日

2008 Olek Bondonio "Giulietta" Langhe Rosso

2008 Olek Bondonio "Giulietta" Langhe Rosso

K&L Club Italiano 2009 10月のワイン。
イタリア・ピエモンテ州、Barbaresco (バルバレスコ)で、La Berchialla と呼ばれる農家を2世紀以上に渡って守り続けてきた Bondonio 家。Olek Bondonio 氏は、アルバの学校で醸造学を学び、その後ボルドー、オーストラリア、ニュージーランド、そしてオレゴンと世界を回りながらワンメーカーとしての修行を積んだ後、2005年にワイナリーを創設。現在は完全にオーガニックな農法を、将来的には Biodynamic な農法を取り入れてブドウ造りを行う事を目指している。同氏はピエモンテのハーフパイプのチャンピオンでもある。

今回飲んだのは Pelaverga (ペラヴェルガ) 種100%の一本。Pelaverga はピエモンテ地方の土着品種であり、ピノ・ノワールのような繊細な軽さを持ち合わせた品種。Langhe Rosso (ランゲ・ロッソ)DOC。

初めはシンナーのような、少し揮発系の香りに驚く。2008なのに古いワインのような少し蒸れた感じの香りが面白い。ネッビオーロともピノとも異なるものの、酸味が強く、エレガントで軽い味わいはそれらの品種を彷彿とさせる。後味もかなり長い。香りと酸味と果実味のバランスが多少悪い印象もあるが、興味深く美味しいワイン。勧められないと絶対に手を出さなそうなこういうワインが飲めるので、ワインショップのワインクラブは偉大だと思う。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $22.99 (K&L価格:$32.00)

サイト: http://www.olekbondonio.it/

K&L's notes (引用):
The Giulietta is made from Pelaverga Piccolo and has a nose full of strawberry, rose petals and white pepper. It's very delicate in a Pinot sort of way. Enjoy it now with aged cheeses and your favorite risotto.


[PR]

by magamoduck | 2010-10-15 19:00 | ワイン日記
2010年 09月 04日

2006 Cavallotto "Bricco Boschis" Langhe Freisa

2006 Cavallotto "Bricco Boschis" Langhe Freisa
Cavallotto "Bricco Boschis" Langhe Freisa
(カヴァロット・ブリッコ・ボスキス・ランゲ・フレイザ)

イタリア・ピエモンテ州、Barolo (バローロ)といえば必ず名前の挙がる造り手 Cavallotto (カヴァロット)。自社畑である Bricco Boschis (ブリッコ・ボスキス)は、バローロの中でも様々な条件を完璧に兼ね備えた素晴らしい畑として知られている。今回飲んだのはバローロではなく、その Bricco Boschis で造られた Freisa (フレイザ) という土着品種のワイン。Langhe (ランゲ)は、ピエモンテ州で造られる DOC ワインで、Langhe Freisa (ランゲ・フレイザ)は100%フレイザ種から造られる赤ワイン。サンフランシスコのイタリアン・レストラン、Quince でソムリエに選んでもらった一本。

ネッビオーロよりも優しいピノ・ノワールのような味わいと、強めの酸味が印象的。ラズベリーのような華やかさも感じる。ピエモンテらしい重厚な味わいは色濃いものの、ネッビオーロやピノとはまた違った面白い土着のワイン。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: $45.00

サイト: http://www.cavallotto.com/
[PR]

by magamoduck | 2010-09-04 01:00 | ワイン日記
2010年 07月 03日

2004 Antoniolo Gattinara

2004 Antoniolo Gattinara
Antoniolo Gattinara
(アントニオーロ・ガッティナーラ)

イタリア・ピエモンテ州、トリノとミラノの中間に位置する Gattinara (ガッティナーラ)地方は、かの有名な Barolo (バローロ)や Barbaresco (バルバレスコ)からは100キロ程北に位置しており、時にはバローロに匹敵するとも言われるネッビオーロから造られる良質なDOCGワインの産地としてその名を知られている。Antoniolo (アントニオーロ)はガッティナーラを代表するワイナリーの1つ。1948年設立。以降 Gattinara 全体の品質を上げるという目標の元、畑を広げることなく質の向上に努力してきた。

サンフランシスコのイタリアン・レストラン Perbacco でソムリエに勧められた一本。最初は少し冷えすぎていたけれど、温まると開いてきて、ネッビオーロらしい果実味を感じられる。Alba 周辺のネッビオーロ(Barolo、Barbaresco、Nebbiolo d'Alba) よりも若干軽めで、それでも薄っぺらくならないでイタリアらしい土臭さをしっかりと発揮していた。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: $70.00





 
[PR]

by magamoduck | 2010-07-03 19:00 | ワイン日記
2010年 05月 06日

2007 Poderi Colla Nebbiolo d'Alba

2007 Poderi Colla Nebbiolo d'Alba
Poderi Colla Nebbiolo d'Alba
(ポデリ・コッラ・ネッビオーロ・ダルバ)

イタリア・ピエモンテの Alba (アルバ)にある家族経営ワイナリー Poderi Colla (ポデリ・コッラ)。ワインメーカー Beppe Colla 氏は、1960年代に Alba DOC 設立に大きく貢献した1人で、Alba にあるすべてのブドウ畑のあらゆるブドウの樹を知り尽くしていると言われるほど。1993年に Beppe 氏の娘 Federica と Beppe 氏の弟 Tino により本ワイナリー Poderi Colla 設立。バローロやバルバレスコを始めとし、ピエモンテを代表するネッビオーロやバルベーラ等のワインを生産している。ワイナリーは新しいものの Colla 家によるワイン造りの歴史は18世紀初頭にまで遡る。

ピエモンテの地元レストラン Osteria Italia で勧められた Nebbiolo d’Alba (ネッビオーロ・ダルバ)。まさに地元ワイン。深く鮮やかな赤。重すぎず、適度なタンニンがあり、お手頃な値段なのに非常に美味しい。なんといってもトマトとオリーブオイル、ひき肉系パスタといったイタリアの食事に大変よくあう。地元で飲む、地元の美味しいワイン。100% Nebbiolo。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: €16.00

サイト: http://www.podericolla.it/

Winemaker's notes (引用):
Intense ruby red, the wine’s bouquet clearly indicates the relationship with its “big brothers”, Barbaresco and Barolo; full-bodied, structured, with firm yet pleasing tannins, its ideal expression is with food, which it matches beautifully as an all-around meal wine. Particularly fine to accompany pasta with gravy or meat sauce, as well as meat-based main courses.
Best served at 15/17° C., in a fairly ample glass in order to let the wine breathe properly.


[PR]

by magamoduck | 2010-05-06 19:00 | ワイン日記
2010年 03月 20日

2007 Bricco del Cucù Dolcetto di Dogliani

2007 Bricco del Cucù Dolcetto di Dogliani
Bricco del Cucù Dolcetto di Dogliani
(ブリッコ・デル・クク・ドルチェット・ディ・ドリアーニ)

Gambero Rosso 2 Glasses
K&L Club Italiano 2010 2月のワイン。
イタリア・ピエモンテ州の造り手 Dario Sciolla 氏。代々ブドウ製造者だったが、Dario 氏が初めてボトリングを手がけた途端、イタリアで最もメジャーな評論誌 Gambero Rosso より 2 Glasses が付けられる。品種はイタリア土着の Dolcetto (ドルチェット)。ピエモンテで、Nebbiolo でもなく Barbera でもなく、Dolcetto。Dolcetto di Dogliani は2008年より DOCG に認定。

今回の Dolcetto di Dogliani は同ワイナリーのフラッグシップ。1年以上前に飲んだ Bricco San Bernardo と比べてフルーティさが抑えられて、より複雑味が増している(=好み)感じがする。それでもやっぱりドルチェットは強烈なフルーツ爆弾を思わせる。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ----- (未飲)
K&L Wine Club価格: $12.99 (K&L価格:$19.99)

サイト: http://www.briccocucu.com/

K&L's notes (引用):
We met Dario Sciolla for the first time in Piedmont a few years ago and were very impressed with his wines. He hails from a little town called Bastia Mondovì about 16 miles south of Barolo in dolcetto country. Dario's family has been growing grapes here for generations, the vineyards surround the family home but Dario was the first to bottle wine. His winery is about as big as your garage, ok maybe slightly bigger, but his was built around the time Columbus was dodging hurricanes in the Caribbean. In the mouth the wine is lush; it rolls across your palate, with layers of black fruit flavors. This is a food wine if ever there was one, and it goes with everything from meat and cheese filled pastas to roast fowl, lamb chops on the grill, you name it!


[PR]

by magamoduck | 2010-03-20 05:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧