おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

タグ:pinot gris & grigio ( 12 ) タグの人気記事


2011年 09月 06日

2008 Mt. Difficulty Central Otago Pinot Gris

2008 Mt. Difficulty Central Otago Pinot Gris

ニュージーランド最南端、"世界で最も南に位置するワイン銘醸地" として知られる Central Otago (セントラル・オタゴ)地方にあるワイナリー Mt Difficulty Wines (マウント・ディフィカルティ)。ニュージーランドを代表するピノ・ノワールの生産者として名を馳せ、ワイナリーのある Bannockburn (バンノックバーン)地域は、ワイナリーの名前でもあるディフィカルティ山が微気候をもたらし、ピノ・ノワールとシャルドネに最適なテロワールを兼ね備えている。

ニュージーランドと言えばソーヴィニヨン・ブランだが、ピノ・グリも美味しいという勧めで購入。初ニュージーランドのピノ・グリ。強めの酸味はあるものの、フルーツの甘さが強すぎて期待より随分甘め。酸味とあわせても全体的にとろんとした甘い印象が勝る。値段の割には悪くないのかもしれないが。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.mtdifficulty.co.nz/

Winemaker's notes (引用):
The warm dry vintage of 2008 has resulted in aromas of white peach blossom mingled with Bon Chretien pear. The palate displays luscious fruit in the same vein, while the mid palate is full, creamy and well textured. The wine has a rich minerally, stonefruit driven finish.


[2008] Mt.Difficulty Pinot Gris - Mt. Difficul...

[2008] Mt.Difficulty Pinot Gris - Mt. Difficul...
価格:3,444円(税込、送料別)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-09-06 19:00 | ワイン日記
2011年 04月 20日

2009 King Estate Signature Collection Pinot Gris

2009 King Estate Signature Collection Pinot Gris

オレゴン州で3番目に大きい、Willamette Valley 南端の都市 Eugene (ユージーン)に位置するワイナリー King Estate。1991年 King 一家により創設。オーガニック認証を受けた Pinot Noir と Pinot Gris を主に生産している。オレゴン州ではピノ・ノワールについで多く栽培されているのがピノ・グリで、King Estate が造るピノ・グリはオレゴン内の同種のワインの中でもトップクラスの出来栄えといわれている。フラッグシップの Domaine シリーズ、今回の Signature シリーズ、よりパワフルでアメリカンな Acrobat シリーズ、次世代をイメージした Next シリーズなどがある。

程よい甘さとミネラル感が印象的。香りはそれほど強くない一方、味わいは非常に濃い。冷えているうちは濃いめのアルザスのようなオールドワールドを思わせるニュアンスが感じられたけれど、温度が高くなるにつれて果実味が主張するアメリカンな味わいに変化。やはりカリフォルニアのピノ・グリよりは好印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Costco価格: $12.99

サイト: http://www.kingestate.com/

Winemaker's notes (引用):
Appearance: Golden straw with green hue
Aroma: Grapefruit, green apple, honeysuckle, white peach, apricot, lime, and floral notes
Flavor: Melon, mineral, lively citrus, stone fruit, and honey
Mouthfeel: Soft rich entry, nice texture, good weight, long lively crisp finish



※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

by magamoduck | 2011-04-20 19:00 | ワイン日記
2010年 02月 04日

2008 Chehalem "3 Vineyard" Pinot Gris

2008 Chehalem "3 Vineyard" Pinot Gris

Wine Enthusiast 91 ポイント
Wine Spectator 90 ポイント


オレゴン州有数のワイン産地 Willamette Valley (ウィラメット・ヴァレー)に位置する Chehalem Vineyards (チュヘイラム・ヴィンヤーズ)。1990年にワイナリーを創業した Harry Peterson-Nedry (ハリー・ピーターソン・ネドリー)氏は、Chehalem Mountain 地区に最初にブドウ畑を開墾したパイオニア。自らのワイナリーを超えて、Oregon Wine Board 理事、International Pinot Gris Symposium オレゴン代表、Oregon Pinot Camp 設立、ORCA (the Oregon Chardonnay Alliance)、Willamette Valley AVAs 設立など多くの役職を兼ね、オレゴンワイン界のリーダー的存在としても知られる。Chehalem はアメリカン・インディアンの言葉で「なだらかな丘」「花の谷間」という意味。独創的なラベルが印象的。

Chehalem のピノ・グリはフランス・アルザスに近いスタイルを目指しているそう。柑橘系トロピカルフルーツの香り。リースリングとまではいかないしても多少甘め。オレゴンのピノ・グリといってもいろいろなスタイルがある。
(以前K&Lのテイスティングでピノ・グリ以外も何種類か飲んでいる。いい印象だと思っていたら、ブログを読み返すとそうでもなかった。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99

サイト: http://www.chehalemwines.com/

Winemaker's notes (引用):
The stereotypical cool-climate Pinot Gris, focused on fruit, flowers, acid, and perfect balance. The wine is platinum, rich in texture and bright in nature, with aromas and flavors covering a complex spectrum of white and yellow fruits and flowers and spice. Look for mineral, ginger, grapefruit, orange peel, sea spray, and exotic fruits like papaya, banana, satsumas, honeydew melon—even lemon meringue pie and spiced pears. A lush fruit sweetness and great acid balance make the wine full and long on the palate, finishing dry and clean.


[PR]

by magamoduck | 2010-02-04 19:00 | ワイン日記
2010年 01月 06日

2007 Eyrie Dundee Hills Pinot Gris

2007 Eyrie Dundee Hills Pinot Gris
Eyrie Dundee Hills Pinot Gris
(アイリー・ダンディー・ヒルズ・ピノ・グリ)

Wine Enthusiast 91 ポイント
Wine Spectator 90 ポイント
Stephen Tanzer's International Wine Cellar 90 ポイント

オレゴン州 McMinnville (マクミンヴィル)にあるワイナリー The Eyrie Vineyards (ジ・アイリー・ヴィンヤーズ)。創設者の David Lett (デヴィッド・レット)氏は、1966年にワイナリーを設立、オレゴンの Willamette Valley (ウィラメット・ヴァレー)に初めて Pinot Noir を植えた人物であり、アメリカで初めて Pinot Gris を栽培し始めた人物である。1975 Pinot Noir Reserve がフランスの国際的な大会で2度の上位入賞を果たし(Paris 1979、Beaune, 1980)、初めて世界的な認知を得たアメリカ産ピノ・ノワールとなる。2008年デヴィッド氏没後、現在は息子の Jason Lett (ジェイソン・レット)氏が引き継いでいる。伝統的なブルゴーニュスタイルを継承し、野生酵母による自発的自然発酵が行われ、その結果、アイリーのピノ・ノワールは淡い色調をもち、非常に繊細なスタイルで、数年寝かせるとすばらしい熟成味を醸し出すと言われている。

ピノ・グリはカリフォルニアよりオレゴンのほうが評判が高いということで、引き続き何本か飲んでみている。2007ヴィンテージは伝説のデヴィッド氏没前の最後のヴィンテージということになる。レモンやオレンジといった柑橘系の皮のような香り。同じオレゴンのピノ・グリでも、 A to Z に比べると驚くほどドライで辛口。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.eyrievineyards.com/

K&L's notes (引用):
91 points Wine Enthusiast: " In 1970, David Lett made Pinot Gris for the first time - the first vintage anywhere in America. This, his 38th and final vintage, runs the flavor gamut from citrus to stone fruit to tropical. There's a deep straw color, a flash of honey, and a substantial, almost weighty midpalate. Light toast adds further flavor interest to the finish." (12/09) 90 points Wine Spectator: "A bit darker and denser than most, this is aromatic with spicy pear notes, hinting at tobacco and cardamom as the pear and melon flavors linger. Drink now." (10/09) 90 points Stephen Tanzer's International Wine Cellar: "Bright gold. Expressive, slightly exotic aromas of peach skin, yellow plum, orange zest, fresh apricot and smoke, plus a whiff of dusty minerals. Then tactile, chewy and rich in the mouth, with bitter pit fruit and pear skin, ginger and orange rind flavors. An impressively complex dry wine that manages to be powerful without conveying any excess weight. Finishes with subtle nuances of salty minerality and smoke." (07/09)


=========
楽天でお買い上げ
=========


ジ アイリー ヴィンヤーズ ピノ グリ「2004]
※ヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2010-01-06 19:00 | ワイン日記
2009年 12月 19日

2008 A to Z Pinot Gris

2008 A to Z Pinot Gris

オレゴン州最大のネゴシアン A to Z Wineworks。2001年の初リリースからハイコストパフォーマンスで高評価を得、話題となる。A to Z を代表するピノ・ノアールは、2009年版 dancyu ワイン大賞「5000円台までのピノ・ノアール大賞」の1本に選ばれている。(ピノの感想はこちら。)

カリフォルニアより評判の高いオレゴンのピノ・グリということで購入した1本。やや甘口。柑橘系の香りがソーヴィニヨン・ブランを思わせるが、しっかりした酸味がピノ・グリの証。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Whole Foods価格: $14.99 (ワイナリー価格:$13.00)

サイト: http://www.atozwineworks.com/

Winemaker's notes (引用):
Pale yellow gold the 2008 A to Z Pinot Gris has aromas of ripe citrus fruits, kiwi, lychee, wet stones, minerals, honeysuckle and nectarines. As the wine opens aromatics of spices, nutmeg, lime blossom & tangerine are revealed. The concentrated attack is pure and bright with wonderful lush fruit and mineral notes and is framed by ripe acidity giveing classic Oregon Pinot Gris proportions and lift to the richness. The finish rolls seamlessly off the mid-palate and goes on and on. The lasting impression of the wine is of great purity and intensity balanced by wonderful juiciness and succulence.


=========
楽天でお買い上げ
=========


【A to Z】 ピノ・グリ オレゴン [2007] オレゴンを代表するスーパースター達の結晶
※ヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2009-12-19 01:00 | ワイン日記
2009年 11月 21日

2007 Andretti Winery Napa Valley Pinot Grigio

2007 Andretti Winery Napa Valley Pinot Grigio

カリフォルニア州ナパにあるワイナリー Andretti Winery (アンドレッティ・ワイナリー)。有名なアメリカ人レーサーの Mario Andretti 氏が、友人であり Kmart のCEOを勤めた Joe Antonioni 氏と共に1996年に創業したワイナリー。

久々に飲むカリフォルニアのピノ・グリ。これまで飲んだものよりずっとフルーティ。柑橘系。オレゴンのピノ・グリのほうがやはり好みだけど、これも悪くない。(ピノ・グリで31ドルはかなり自信の価格設定。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $31.00

サイト: http://www.andrettiwinery.com/

Winemaker's notes (引用):
This Italian varietal, is a nice compliment to our prized Sangiovese.
As recognized in this wine, the beauty of a well made Pinot Grigio is its crisp, clean mouthfeel and delicate but complex fruit aromas and flavors. With wonderful undertones of ripe pear, pomelo, and strawberry that integrate well with floral notes, this wine has nice balance and good acidity ending with a crisp, clean finish.

To preserve the delicate fruit character of this wine, winemaker, Bob Pepi, employed stainless steel for the fermentation process; the result: a wine with that has a very smooth, almost silk-like overtones that leave an impression on the palate.


[PR]

by magamoduck | 2009-11-21 02:00 | ワイン日記
2009年 11月 10日

2008 Benton Lane Pinot Gris

2008 Benton Lane Pinot Gris

Wine & Spirits 93 ポイント
Wine & Spirits "2009 Best Pinot Gris in United States"

オレゴン州にあるワイナリー Benton-Lane Winery (ベントン・レーン・ワイナリー)。1988年創業。オーナーの Steve and Carol Girard 夫妻は、最高のピノノアールを造るにはカリフォルニアより更に涼しい地域が向いていると判断し、オレゴン州のピノノアールの産地 Willamette Valley (ウィラメット・ヴァレー)にワイナリーを構えることを決断。自社畑を購入したウィラメット・ヴァレー南部の Sunnymount Ranch がオレゴン州の Benton 郡と Lane 郡にまたがっていることからワイナリー名が誕生した。

サンフランシスコ・ワイン日記』のゴマさんより、ピノグリを飲むならカリフォルニアではなくオレゴンがお薦めと聞き、購入した1本。K&Lでもオレゴンのピノグリの中では一番のお薦め。柑橘の皮のような香りでドライなソーヴィニヨンブランのよう。比較的辛口。よい。アジア料理や和食によく合いそう。これまでのピノグリの印象が変わった1本。切手のようなラベルが特徴的。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99 (ワイナリー価格:$17.00)

サイト: http://www.benton-lane.com/

Winemaker's notes (引用):
This pale straw colored Pinot Gris has generous floral and pear aromas. In part, this comes from the addition of a small amount of estate grown Viognier grapes. Pressing the juice from whole grape clusters instead of individual grapes minimizes skin contact and this, along with a very cool fermentation, accentuates the delicate aromas. The wine is easy to love because it is beautifully balanced, and shows zesty citrus and apple flavors that lead to a lingering Asian pear finish.

Serve our 2008 Pinot Gris chilled while relaxing on the deck or with fresh grilled fish, steamed clams, Asian stir-fry, sushi or calamari. This wine is very easy to enjoy. Don't say I didn't warn you!


[PR]

by magamoduck | 2009-11-10 19:00 | ワイン日記
2009年 01月 03日

2007 Chateau Ste. Michelle Pinot Gris

2007 Chateau Ste. Michelle Pinot Gris

ワシントン州最大手にして最も優れた評価を誇るワイナリー Chateau Ste. Michelle Winery (シャトー・サン・ミッシェル・ワイナリー)。1933年アメリカ禁酒法廃止後の1934年に創業、アメリカには無かったエレガントさや複雑さをいち早く手に入れ、ワシントンのみならずアメリカワイン全体のけん引役としても活躍、素晴らしいワインを造り続けているが、値段は手頃で入手し易い。Tignanello (ティニャネロ)、Solaia (ソライア)などのスーパータスカンで知られるイタリアの名門 Antinori (アンティノリ社)と手を組み、Col Solare (コル・ソラーレ)を産み出したり、近年では同アンティノリ社との合弁会社にて、1976年パリ・テイスティングの覇者 Stag's Leap Wine Cellars を買収したことでも話題となる。

以前飲んだリースリングは甘すぎてだめだったが、今回のピノ・グリはその甘さが適度でいい。軽めでフレッシュでトロピカル。ピノ・グリ経験値は低いけれど、今までのピノ・グリの中ではベスト。美味しい。


Ste. Michelle Wine Estates
http://www.smwe.com/
ワシントン州コロンビアヴァレーに拠点を置く大規模親会社グループ Ste. Michelle Wine Estates。傘下のブランドは、ワシントンの Chateau Ste. Michelle、Domaine St. Michelle、Col Solare、Columbia Crest、カリフォルニアの Stag's Leap Wine Cellars、Conn Creek、Hawk Crest など。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
BevMo!価格: $9.99

サイト: http://www.ste-michelle.com/

Winemaker's note (引用):
Our Pinot Gris falls between the lighter Italian Pinot Grigio style and the richer, rounder Pinot Gris from Alsace. The Chateau Ste. Michelle Pinot Gris offers fresh aromas and flavors of pear, fig and a hint of spice. A touch of Viognier contributes texture and an attractive floral character. I like this wine with scallops or halibut.
-Bob Bertheau, Head Winemaker


[PR]

by magamoduck | 2009-01-03 02:00 | ワイン日記
2008年 03月 07日

2006 McManis Family Vineyards Pinot Grigio

2006 McManis Family Vineyards Pinot Grigio

カリフォルニアでかなりお手頃なワインを市場に送り出している McManis Family Vineyard。よく見かけるラベル。Livermore のさらに東、River Junction というアペレーション。San Fransico Chronicle 誌が The 15 American Bargain Wines で紹介していたのがきっかけで購入。McManis は記者の Blake 氏が最も気に入っているアメリカのバーゲンワインブランドだという。

色は Pinot Grigio らしく薄い黄色。柑橘系の香りが Sauvignon Blanc を思わせるが、ちょっと甘めで Sauvignon Blanc と Riesling の中間のような感じ。なにより薄い。私たちは Pinot Grigio という品種が好みではないんだろうな。Pinot Grigio が好きな人は気に入るかもしれない。スパイシーなアジア料理にはよく合う。アルコール 12.7%、100% Stainless Steel。

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
BevMo!価格: $9.99

サイト: http://www.mcmanisfamilyvineyards.com/

Winemaker's note (引用):
The color is of light straw. Aromas of grapefruit, lemon, lime and peach fuse with a subtle flintiness. The wine is medium bodied, yet crisp and refreshing. Tangy citrus and mineral flavors found on the pallet lead to a clean short finish.

San Francisco Chronicle's note (引用):
McManis is perhaps my favorite American bargain brand, a true family farm business in Ripon (San Joaquin County). Though different varietals vary in quality, the McManises usually have several excellent values each year (including the full-bodied '06 Viognier, which just missed this list). And to their credit, they have kept their prices level. This wine is all you can ask from Pinot Grigio: It's crisp, fruity and food-friendly, with thirst-quenching lime flavor and a hint of apricot on the finish. Why pay more for Italian wine when this one does the job cheaper?


[PR]

by magamoduck | 2008-03-07 00:00 | ワイン日記
2008年 01月 06日

2006 Diflora Pinot Grigio Delle Venezie (Whole Foods Market 365)

2006 Diflora Pinot Grigio Delle Venezie

Whole Foods ブランド 365 Everyday Value のバイヤー買い付けワイン。香りに樽香がしたけれど、味は草っぽく、薄い Sauvignon Blanc だなと思ったら、実はイタリア・ヴェネト州(Veneto)の州都ヴェネチア(Venezie)の Pinot Grigio だった。イタリアの Pinot Grigio は夫婦して苦手なのかも。セラーの温度で飲んでしまったので、もっとキンキンに冷やして飲めばよかった。

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
Whole Foods価格: $6.99

Whole Foods's notes (引用):
Diflora is a selected white produced from the variety of grape called Pinot Grigio del Veneto. The Pinot Grigio del Veneto vines are cultivated in restricted areas of the province of Veneto. The harvest is picked at the beginning of September when the temperature is warm, the weather is still sunny and the grapes are completely ripe. This wine has a straw color with a bouquet that is aromatic and characteristically delicate, with a taste that is full and harmonic. Serving Suggestions: Great as an aperitif, with the first course and fish.


[PR]

by magamoduck | 2008-01-06 00:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧