タグ:provence ( 12 ) タグの人気記事


2011年 01月 24日

2009 Château Miraval, "Pink Floyd" Côtes de Provence Rosé

2009 Château Miraval, "Pink Floyd" Côtes de Provence Rosé

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Château Miraval (シャトー・ミラヴァル)。オーガニック、バイオダイナミックにこだわっている。俳優アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのカップルが、「南フランス・プロヴァンス地方のブドウ畑付きシャトーを購入」という話題で一躍有名になる。Côtes de Provence のロゼで有名なシャトーだが、Rolle (ロール)という品種が主体の爽やかな白ワインや、ブレンドの赤ワインも造っている。

典型的なプロヴァンス色のロゼ。Old Vine の Cinsaut と Grenache から造られている。ほのかな果実味だがかなりドライな辛口ロゼ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99

サイト: http://www.miraval.com/

K&L's notes (引用):
Château Miraval's "Pink Floyd" is a most quintessential rosé from the south of France. The 2009 "Pink Floyd" Rosé is composed of organically grown cinsault and Grenache grapes grown on the clay/limestone soils of the domaine. Think light, bright, delicate..dry and crisp, with just enough subtle fruit nuances of wild strawberries, pink lady apple and fresh mint leaves. Pairing: roast beef sandwiches with aioli, olives and cheese, salade nicoise, ratatouille with couscous. 13.5% abv.


[PR]

by magamoduck | 2011-01-24 19:00 | ワイン日記
2010年 11月 20日

2009 Château du Rouet, Cuvee Reservée

2009 Château du Rouet, Cuvee Reservée
Chateau du Rouet, Cuvee Reservee
(シャトー・デュ・ルーエ・キュヴェ・レゼルヴ)

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Château du Rouet (シャトー・デュ・ルーエ)。地中海沿いのリゾート地 Fréjus (フレジュス)に位置するこのワイナリーは、1840年から5世代に渡って AOC Côtes de Provence のワインを造っている。同地のテロワール、"Terroir de Fréjus" を大切にしている。

下部分が窪み、滑らかな曲線を描くプロヴァンスらしいボトルのロゼ。色は典型的なプロヴァンスのロゼの薄いサーモン色。適度な酸味で、全体的に大人しめではあるが、相変わらずプロヴァンスのロゼは美味しいと思わせてくれる、コストパフォーマンスも良好な一本。和食や淡白な魚料理にあう。Grenache 60%、Syrah 40%。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://www.chateau-du-rouet.com/

Winemaker's notes (引用):
Tasting notes
Delicate salmon colour. Intense nose bringing small fruits notes: blueberries, raspberries. Fruity palate, elegant fresh fruits flavours. Round, the wine gains a lot of volume on the mid- palate, prolonging into a long, rich aftertaste. Good terroir expression.

Wine and meals
Cured meet, grilled white meat, Provence flavoured and spicy dishes.

Grape-varieties
Grenache 60%, Syrah 40%

Production
100000 bottles

Vinification
Hand- picked grapes. Skin- contact maceration. “Saignée” type rosé.


[PR]

by magamoduck | 2010-11-20 19:00 | ワイン日記
2010年 11月 10日

2005 Château Pibarnon, Bandol Rouge

2005 Château Pibarnon, Bandol Rouge
Chateau Pibarnon Bandol Rouge
(シャトー・ピバルノン・バンドール・ルージュ)

95 points and a Highly Recommended from the Wine Spectator
K&L Personal Sommelier Service 2010 9月のワイン。
南フランスはプロヴァンス地方、Bandol (バンドール)の名門ワイナリー Château de Pibarnon (シャトー・ピバルノン)。ロゼが一般的なプロヴァンスにおいて、主に Mourvèdre (ムールヴェドル )種を使った非常に評判の良い赤ワインを生産する、バンドールを代表する造り手。ムールヴェドルはスペインやフランス南部ローヌ地方でブレンド用に広く使われる品種で、タンニンが強く高いアルコール度数を持つ。Grenache (グレナッシュ)とよく似ている。

「バンドールといえばロゼ」のイメージを破ってくれた興味深い K&L ソムリエサービスのセレクション。最初は、薄目のボルドー系品種のような、時々あるイタリアの土着品種のような控えめな印象を受ける。ホコリっぽい香りと複雑な味わい(ミネラル?)が感じられる。ローヌ系のもっと自己主張の強いワインを想像していただけに、いい意味で期待を裏切られ美味しい。これは飲めてよかった。2日目は渋みが増して今ひとつ。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $39.99

サイト: http://www.pibarnon.com/ ※フランス語

K&L's notes (引用):
95 points and a Highly Recommended from the Wine Spectator: "An intense and focused red, with concentrated mineral, plum and dark cherry that are flanked by tobacco box notes. Lithe yet powerful, with a long, elegant and finely chiseled finish of slate and white pepper. Drink now through 2015." (05/09) Undeniably, the sun-kissed region of Bandol produces some of Provence's greatest red wines. Located just east of Marseilles and Cassis, the appellations regulations stipulate that Bandol rouge must be made with a majority of the powerful Mourvedre grape and from vines a minimum of 8 years of age. In addition, all harvesting must be done by hand, with red wines undergoing a minimum of 18 months in oak before release. Rich and deep, with excellent ageing potential and tremendous character, a well seasoned Bandol is the quintessential accompaniment to one Provence's most famous delicacies, a Gigot d'Agneau (garlic studded leg of lamb).





[PR]

by magamoduck | 2010-11-10 19:00 | ワイン日記
2010年 09月 27日

2009 Saint André de Figuière, "Cuvée Signature Magali" Rosé

2009 Saint André de Figuière, "Cuvée Magali" Rosé
Saint Andre de Figuiere, "Cuvee Signature Magali" Rose
(サン・タンドレ・ド・フィギィェール・キュヴェ・シグネチャ・マガリ・ロゼ)

南フランス・プロヴァンスの小さな家族経営のワイナリー Saint André de Figuière (サン・タンドレ・ド・フィギィェール)。プロヴァンス出身のオーナー Alain Combard (アラン・コンバード)氏は、シャブリのトップ生産者のひとつ Domaine Laroche (ドメーヌ・ラロッシュ)の Michel Laroche (ミッシェル・ラロッシュ)氏と共にシャブリで22年間修行を積んだ後、1991年プロヴァンスに戻り、独立を果たす。これまでの白ワインとは異なるロゼワイン製造に再び多大な努力を必要としたが、家族の助けもあり成功を収める。ロゼワインの印象が強いプロヴァンスでも秀逸な白ワインも造り続け、Robert Parker 氏からもプロヴァンス最高の白として紹介されている。今回飲んだロゼは、自社畑のブドウではなく他の栽培者から購入したブドウによるお手頃ラインのもの。ワイン名の Magali はセールスマネージャーとしてドメーヌを支えるアラン氏の娘の名前より。

25% Grenache、15% Cinsault、30% Syrah、30% Cabernet Sauvignon のブレンド。カベルネが多いからか、今まで飲んだプロヴァンスのロゼの中では色の割にはタンニンが強く、酸味が薄い印象(by おっと)。ドライ、の一言。ロゼというより辛口の白。プロヴァンスのロゼにはもう少しチャーミングさを期待したい。オリーブやサーディーンなど、合わせる料理によっては非常によさそうだが(by よめ)。よくも悪くも無難なワインという印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.figuiere-provence.com/

Winemaker's notes (引用):
A limpid salmon pink robe. Flattering bouquet of citrus fruits and red fruit. Fresh and smooth on the palate, evoking the juiciness of apricots and grapefruit.


[PR]

by magamoduck | 2010-09-27 19:00 | ワイン日記
2010年 08月 15日

2009 Domaine le Galantin, Bandol Rosé

2009 Domaine le Galantin, Bandol Rosé

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Domaine le Galantin (ドメーヌ・ラ・ガランタン)。Cassis (カシ) にもほど近いプロヴァンス有数のワイン産地である Bandol (バンドール) で造られるこのロゼは、50% Cinsault、25% Mourvedre、25% Grenache のブレンド。Wikipedia によると、バンドールはフランスで唯一 Mourvedre を主に造る産地であり、痩せた土地のため、面積あたりの収穫量はフランス有数の低さとなっているとのこと。

いかにもプロヴァンスらしいサーモンピンク色と爽やかな酸味。フレッシュなベリー。ラベルも可愛い。典型的なプロヴァンスのロゼ。これまでなんとなく飲み続けているだけなので、機会があればプロヴァンスの様々な産地の飲み比べをしてみたい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Beltramo's価格: $16.99

サイト: http://www.provenceweb.fr/83/galantin/ukindex.htm

Winemaker's notes (引用):
The rose, produced by direct pressing, with a pale robe, is fruity and flexible, even though it is a dry wine It is perfectly suitable for light meals, grilled fish dishes, Asian cuisine.


[PR]

by magamoduck | 2010-08-15 19:00 | ワイン日記
2010年 07月 25日

2009 Saint Roch les Vignes, Côtes de Provence Rosé

2009 Saint Roch les Vignes, Côtes de Provence Rosé

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Saint Roch les Vignes (サン・ロッシュ・レ・ヴィーニュ)は、個別ドメーヌというより、地元の小さなブドウ栽培家が集まってワインを共同で造るために1911年に設立された施設である。現在は施設の近代化も進み、200を超える農家をサポートしている。

印象的なモザイク柄のラベル。今まで飲んだプロヴァンスのロゼの中では色も濃く、酸味が少なく、そして若干甘め。ニューワールドを思わせる印象はあるものの、プロヴァンスらしい繊細さとドライな個性も感じられる。もう少し色調の薄いロゼのほうが、おっととよめの好みの味に近いのかもしれない。プロヴァンスのロゼによく使われる品種、50% Cinsault (サンソー)、50% Grenache (グレナッシュ)。


おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

サイト:http://www.saintrochlesvignes.com/ 
米国インポーターによる紹介: http://www.jeffwelburn.com/portfolio/provence/saint_roch_les_vignes

K&L's notes (引用):
This blend of cinsault (50%) and grenache (50%) has everything a Provencale rose should: delicacy, driness and drinkability! It was fermented at a low temperature in stainless steel, to preserve all of its freshness and brightness. It smells of bright red berries, and the palate is lively and full of crisp, food-friendly acidity. Drink chilled, of course, with fish dishes. 13.5% abv.


[PR]

by magamoduck | 2010-07-25 02:00 | ワイン日記
2010年 07月 19日

2009 Domaine de la Fouquette, Rosé e d'Aurore Rosé

2009 Domaine de la Fouquette, Rosée d'Aurore Rosé

南フランス・プロヴァンスのワイナリー Domaine de la Fouquette (ドメーヌ・デ・ラ・フーケ)。農家を改造したレストランも経営するこのワイナリーは、年間生産量 5,000 ケースの75% はロゼワインが占めている。今回飲んだのは 65% Grenache、30% Cinsault、5% Rolle のブレンド。Rolle (ロール)とは、プロヴァンスおよびイタリアの土着品種で、イタリアでは Vermentino (ヴェルマンチノ)と呼ばれている。

オレンジがかったピンクのロゼ。酸味が控えめで甘みが強い。(テイスティングノートには柑橘系とあるが、それは感じられなかったように思う。)それでもプロヴァンスらしい個性は強く、とても美味しい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://domaine.fouquette.pagesperso-orange.fr/

Winemaker's notes (引用):
No longer inspired in their former vocations, Isabelle and Jean-Pierre Daziano decided to follow their shared passion and agreed to take over the 35-acre vineyard and farm of Isabelle’s family. Nestled into a forested plane amid the Massif des Maures mountains, Domaine de la Fouquette sits in the heart of the Côtes de Provence appellation. Fouquette’s Rosée d'Aurore, named for the Daziano's young daughter, is a cuvée comprised of the classic cépages Grenache and Cinsault, but accented with Rolle (called Vermentino in Italy and other Southern France appellations), which adds citrus aromatics, crisp acidity and a touch of minerality to its red counterparts.


[PR]

by magamoduck | 2010-07-19 19:00 | ワイン日記
2010年 07月 10日

2009 Château La Calisse, Patricia Ortelli Rosé

2009 Château La Calisse, Patricia Ortelli Rosé

南フランス・プロヴァンス、Côteaux Varois en Provence AOC (コトー・ヴァロワ・ザン・プロヴァンス)に拠点を置くワイナリー Château La Calisse (シャトー・ラ・カリス)。創業者であり現オーナーの Patricia Ortelli (パトリシア・オルテリ)女史は、1991年に父よりシャトーを受け継ぎその全てを一新、有機農法によりポテンシャルの高い葡萄造りを実践、パリやマコンのコンクールで毎年賞を獲得したり、専門誌でも高い評価を受けている。赤・白・ロゼそれぞれのワインを、松竹梅の3段階 (並、Patricia Ortelli、étoiles) で生産している。今回飲んだ Patricia Ortelli のロゼ (中ランク) は、フランス旅行中にカンヌのワインショップで店員に勧められて購入したもの。

薄く淡いピンク色。今まで飲んだプロヴァンスの中で一番可愛い色調。多少甘さが勝ってはいたが、控えめな酸味と強めの果実味が女性らしさを思わせるプロヴァンスらしいロゼ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: €16.00

サイト: http://www.chateau-la-calisse.fr/

Winemaker's notes (引用):
Tasting
Round, well-balanced and silky. Currant aromas.

Type of wine
Syrah, Grenache

Techniques
Light maceration (pale colour), followed by bleeding (extraction of the juices) and low-temperature fermentation in stainless steel vats.


[PR]

by magamoduck | 2010-07-10 02:00 | ワイン日記
2010年 05月 05日

2008 Château Sainte Roseline, Cuvée Lampe de Méduse Rosé

2008 Château Sainte Roseline, Cuvée Lampe de Méduse Rosé
Chateau Sainte Roseline, Cuvee Lampe de Meduse Rose
(シャトー・サント・ローズリーヌ・キュヴェ・ランプ・ド・メドゥース・ロゼ)

南フランス・プロヴァンス、Les Arcs (レ・ ザルク)近郊に位置する Château Sainte Roseline (シャトー・サント・ローズリーヌ)。プロヴァンスを代表する大手造り手の1つでもあるこのシャトーは、ワインもさることながら、シャトーの名前にもなっている聖ロズリヌが祀られている(本物のミイラが置かれている)チャペルがある事でも有名。

ニースのレストランで注文した Grenache (グレナッシュ)、Cinsault (サンソー)、Tibouren (ティブラン、主にロゼを生産する品種)、Mourvèdre (ムールヴェドル)、Syrah から造られるロゼワイン。偶然にも前日飲んだ白ワインと同じシャトー。2日前に飲んだ Cassis のロゼと比べるとインパクトに欠けるものの、薄いサーモンピンクの色調と強めの酸味は健在。やはりプロヴァンスのロゼは美味しい。白同様、ボトル下部が膨らんでいて可愛い。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: €14.60

サイト: http://www.sainte-roseline.com/

Winemaker's notes (引用):
A slightly salmon and pale dress. Its complexe and intense nose reveals a touch of citrus fruit and red fruit. While tasting this rose the freshness of the citrus fruit is accentuated. A very nice lenghtness, smooth and round is discovered as well. The CRU CLASSE Rosé 2003 suits as an apéritif wine and accompanies nicely a grilled fish or lasagne.


[PR]

by magamoduck | 2010-05-05 01:00 | ワイン日記
2010年 05月 04日

2007 Château Roubine, Classique Rouge

2007 Château Roubine, Classique Rouge
Chateau Roubine, Classique Rouge
(シャトー・ルビンヌ・クラシック・ルージュ)

南フランス・プロヴァンスの大手ワイナリー Château Roubine (シャトー・ルビンヌ)。その名は世界的にも知られており、自社畑に植えられている全13種のブドウを使って赤白ロゼの様々なワインを生産している。

南仏エズのホテル Les Terrasses d'Eze (レ・テラス・デズ)のレストランで勧められた1本。初めてのプロヴァンスの赤。おそらく Grenache (グレナッシュ)を主体とした Syrah、Cabernet Sauvignon、Grenache、Carignan のブレンド。Gamay (ガメイ)を彷彿とさせる軽めの色調。香りも Gamay 系の木苺風でとてもフルーティー。しばらく置くとどんどん果実実が豊かになる。珍しい。Gamay と Pinot Noir の中間みたいな印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: €11,00

サイト: http://www.chateauroubine.com/

Winemaker's notes (引用):
The grapes are picked according to their particular varieties and undergo de-stemming, de-stalking and crushing. Alcoholic fermentation which takes about 10 days is followed by vatting (fermenting on the lies) for 10 days. After malo-lactic fermentation, the wines are blended and aged in cuve. The wine is then filtered and bottled. The result is a ruby red wine with spicy, garrigue aromas and red fruits, to be appreciated with manly traditional and on cheeses.

Recommended temperature for serving: 13° - 14°C (may be slightly cooled).
Can be stored up to 5 years.


[PR]

by magamoduck | 2010-05-04 02:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧