タグ:red rhone blend ( 25 ) タグの人気記事


2014年 04月 24日

2005 Domaine Belle, "Cuvée Louis Belle", Crozes-Hermitage

2005 Domaine Belle,
Domaine Belle, "Cuvee Louis Belle", Crozes-Hermitage
(ドメーヌ・ベル・キュヴェ・ルイ・ベル・クローズ・エルミタージュ)

シラー100%。果実の熟れた香りやかすかなピーマンの香りがあり、口当たりがソフトで果実味があふれている。この生産者のクローズ・エルミタージュは並みの生産者のエルミタージュを確実に上回ると言われている。(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $29.99


※ビンテージ違いです。
[PR]

by magamoduck | 2014-04-24 19:00 | ワイン日記
2013年 12月 25日

2005 Domaine du Vieux Telegraphe "Telegramme", Châteauneuf-du-Pape

2005 Domaine du Vieux Telegraphe "Telegramme", Châteauneuf-du-Pape

ローヌを代表する大手の造り手である Vignobles Brunier(ヴィニョーブル・ブリュニエ)。そのフラッグシップワインである Châteauneuf-du-Pape の Vieux Telgraphe(ヴュー・テレグラフ)と同じ畑の若いブドウから造られるセカンドワインである Telegramme(ヴュー・テレグラフ)を今回は飲んだ。

最初30分くらいは固く閉じていて香りもあまりせず。時間が経つにつれて開いてきてよくなる。ローストチキンにはよくあい、食事と合わせるとよいフードフレンドリーなタイプのワイン。おっとは、期待していた深みのあるワインではなかったと残念気味。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $31.99

サイト: http://www.brunier.fr/

K&L's notes (引用):
91 points Wine Spectator: "Ripe, with nice kirsch and raspberry fruit backed by darker hints of applewood-smoked bacon, plum sauce and dark licorice. Juicy and long on the finish, this stretches out nicely. A great second wine. Best from 2009 through 2025." (04/08) According to Stephen Tanzer: "Deep red. Fresh red berry and cherry aromas are brightened by zesty minerality, with a subtle floral quality adding complexity. Deep cherry and blackcurrant flavors are sharpened by fresh acidity, which adds lift to the finish." K&L's notes - Undeniably one of the best deals in Chateauneuf has to be the "Telegramme" from Chateauneuf du Pape legend Domaine du Vieux Telgraphe. Produced from younger vines and composed of predominantly grenache and mourvedre, this second wine undergos the same vinification and elevage as the grand vin, with no new oak, no filtration and two years elevage. Drink this rhone beauty now and over the next few years as you wait for its big brother to come of age!


[PR]

by magamoduck | 2013-12-25 19:00 | ワイン日記
2012年 09月 08日

2007 Alain Corcia, Châteauneuf-du-Pape, "Hervé"

c0121783_2365883.jpg

(写真は大将から無断でお借りしました)

ブルゴーニュのネゴシアン、Alain Corcia(アラン・コルシア)。ロバート・パーカーが史上最強のヴィンテージと称した2007年のローヌを飲んでみたくて、K&Lが直輸入するこのChâteauneuf-du-Papeを3年前に購入。Châteauneuf-du-Papeらしく、Grenacheが多めで他はSyrahとMourvedreを少量ブレンド。

スペインのGrenacheのような直球で攻めてくる太陽のような果実味に、ローヌらしいなんとも言えない土・獣臭い香りが混じる。今まで飲んだChâteauneuf-du-Papeの中では割とストレートで分かりやすい味わいだった気がする。自宅のセラーで3年間寝かせたのもあって、程よい熟成感。

おっと: ★★★★☆
よめ: 未飲
K&L価格: $34.99

K&L's notes (引用):
92+ points Robert Parker: "The 2007 Chateauneuf du Pape Herve seems to have more tannin than its siblings. Its dense plum/purple color is follwed by notes of creosote, blueberries, black currants, charcoal, lavender, and earth, and prominent silky tannins, good acids, and a sweet, ripe, pure personality. It will benefit from 1-2 years of bottle age, and should drink well for 12-15 years." (10/09) Burgundy wine broker Alain Corcia (and a longtime friend to K&L) has once again ventured into the southern Rhone to purchase wine from longtime contacts that he then sells for a song. Some of the cuvees see up to 30% new oak, however Corcia's overall philosophy is to keep the wood as a background element to the fruit, which is always dominated by grenache (60-70%) along with smaller amounts of syrah and mourvedre. As a direct buy, the rich and gutsy 2007 Hervé represents an outstanding value, as K&L has gone straight to the source, cut out the middleman, and passed the savings directly on to you. 14% abv.

[PR]

by magamoduck | 2012-09-08 01:00 | ワイン日記
2011年 11月 24日

2008 Domaine du Pégaü, Châteauneuf-du-Pape, Cuvée Réservée

2008 Domaine du Pégaü, Châteauneuf-du-Pape, Cuvée Réservée
Domaine du Pegau, Chateauneuf-du-Pape, Cuvee Reservee
(ドメーヌ・デュ・ペゴー・シャトーヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・レゼルヴェ)

Côtes-du-Rhône (コート・ドュ・ローヌ)地方の中で最高級ワインの産地である Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)。

Domaine du Pégaü (ドメーヌ・デュ・ペゴー)は、シャトーヌフの造り手の中で、わずか10しかない Robert Parker 100ポイント獲得生産者として、また19しか存在しないパーカー氏の最上評価生産者として認定されている。日本の人気コミック 『神の雫』 にて "第3の使徒" にも選ばれている。1946年当主の Paul Feraud (ポール・フラウド)氏によって小さなワイナリーとしてスタート。1987年にポール氏の娘 Laurence (ローレンス)女史がワイン醸造学の勉強を終えてワイン造りに加わり、ぺゴーの質は飛躍的に向上。フラッグシップワインである Cuvee da Capo (キュヴェ・ダ・カポ)は、暫定を含め3度のパーカー100ポイントを獲得。シャトー・ヌフ好きのパーカー氏が常に高評価をすることでこってりとしたパワフルなワインをイメージしがちだが、緻密で品格も感じさせ、単発ではなく継続させ安定した品質を維持し、注目を浴び続けている。カリフォルニアのカルトワインの巨人 Harlan Estate の姉妹ブランド BOND の取締役支配人であり、ミシュラン3つ星レストラン French Laundry グループのワイン購買マネージャーも務め上げたポール・ロバーツ氏も賞賛し、「ベスト・シャトーヌフ・デュ・パプ」と太鼓判を押している。

空けたばかりの時は凝縮された果実の香りとムンムンしたスパイシーさだけが目立ったものの、開いてくるにつれてイタリアワインのような土臭いミネラル感と野性的などんどん広がってくる面白いワイン。果実味とボリューム感はいかにも若いローヌの味わいで、余韻も長い。2008年は決してヌフの良年ではないけれど、久々のヌフはやはり美味しい。(ヌフの良年は2000、2001、2007。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.pegau.com/





※上は今回飲んだ2008、下はグレートヴィンテージの2007
[PR]

by magamoduck | 2011-11-24 03:00 | ワイン日記
2011年 05月 31日

2007 Château de Vaudieu, Châteauneuf-du-Pape

2007 Château de Vaudieu, Châteauneuf-du-Pape
Chateau de Vaudieu, Chateauneuf-du-Pape
(シャトー・ド・ヴォーデュー・シャトーヌフ・デュ・パプ)

92 points Robert Parker

K&L Personal Sommelier Service 2010 10月のワイン。
Côtes-du-Rhône (コート・ドュ・ローヌ)地方の中で最高級ワインの産地である Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)。そのシャトーヌフ・デュ・パプの中で最も歴史のある造り手の1つである Château de Vaudieu (シャトー・ド・ヴォーデュー)。70ヘクタールという同地で最大級の畑を持つ。

2007年のブレンド比率は 80% Grenache、15% Syrah、5% Mourvedre。今まで飲んだヌフの中ではやや甘め。ブラックチェリーやリコリスなど。少しだけ熟成が進んでおり、スパイシーさは残っているもののスムーズな口当たりが印象的。ヌフ最高良年と言われる2007年だったが期待した程の複雑さはなく、もう少し寝かせても良かったのかもしれない。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $34.99

サイト: http://www.famillebrechet.fr/

K&L's notes (引用):
92 points Robert Parker. "The 2007 Chateauneuf du Pape is a full-bodied, exceptionally aromatic effort displaying plenty of sweet black cherry, licorice, garrigue, and earth as well as a subtle note of oak in a full-bodied, opulent style. As the wine sits in the glass, whiffs of raspberries and figs also emerge from this substantial, fleshy, irresistible Chateauneuf du Pape. Enjoy it over the next 10-15 years. One of the oldest estates in Chateauneuf du Pape (the winery, which is actually a true chateau, was constructed in the mid-1700s), Chateau de Vaudieu is located adjacent to Rayas, just a few kilometers northeast of the village. One of the appellation-s largest estates (175 acres in vine), Vaudieu-s quality has soared over recent years as the famed oenologist Philippe Cambie has been working here since 2003. (Wine Advocate # 185 October 2009)


[PR]

by magamoduck | 2011-05-31 02:00 | ワイン日記
2011年 05月 13日

2007 Parkmon Vineyards "Debbie's Cuvée"

2007 Parkmon Vineyards "Debbie's Cuvée"

カリフォルニア州 Moraga (Walnut Creek や Oakland Hills 近郊)にある家族経営の小さなワイナリー Parkmon Vineyards。Lamorinda というワイン産地になるらしい。ブドウは Russian River Valley、Contra Costa County、Lamorinda、Mt. Veeder、Santa Barbara County など幅広い。去年の10月のK&Lテイスティングで気に入ってお買い上げした一本で、オーナー兼ワインメーカーの Dave Parker 氏のサイン入り。

フルーティだけど、決してフルーツ爆弾ではない落ち着いた感じのカリフォルニアのローヌ・ブレンド。落ち着きの中にもしっかりとしたスパイシーさがあり、バランスもコストパフォーマンスも非常に良い一本。応援したい地元の小さなワイナリー。78% Grenache。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $18.99

サイト: http://www.parkmon.com/

Winemaker's notes (引用):
This year, our Southern Rhone-styled blend (Grenache-based) is a real standout.  Whereas our 2006 version was more like a wine from the Gigondas region (lighter, fruit-forward), our 2007 Debbie’s Cuveé is definitely more “Chateauneuf-du-Pape-like”.  With 78% Grenache from our vineyard, one would expect a lighter-colored, more svelte wine; but because of the vintage’s characteristically outstanding pigment development and the higher skin-to-juice ratio enjoyed after bleeding off 12% of the juice pre-fermentation (for Shari’s Rosé), this wine presents a deep, sumptuous yet vibrant color of cherry red, tending toward magenta, with excellent clarity in the glass.  It displays a big intoxicating cherry vanilla nose with a touch of earthiness, evolving into a classic Chateauneuf-like ripe strawberry.  The palate is opulent, full-bodied, and lush, with a touch of spice and a well-rounded structure (aided by the 12% Carignane component).  This is a sexy, hedonistic wine with excellent balance between fruit, power, and elegance.  The fine-grained tannins are evident in the finish, which continues to expand from the back-palate and seems to go on and on and on.  
This wine would be an excellent match for a lean lamb stew with root vegetables in a broth, cooked down to a rich, flavor-packed reduction.  The rich fruit in its youth, especially with sufficient aeration, makes this wine particularly satisfying to drink now, but you’ll be rewarded with elegance and enhanced complexity if cellared for a few years.  This is another wine for which I’m excited to observe its development over the next 20 years.


[PR]

by magamoduck | 2011-05-13 19:00 | ワイン日記
2011年 04月 15日

2005 Domaine Bosquet des Papes "Cuvée Tradition", Châteauneuf-du-Pape

2005 Domaine Bosquet des Papes "Cuvée Tradition", Châteauneuf-du-Pape
Domaine Bosquet des Papes "Cuvee Tradition", Chateauneuf-du-Pape
(ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ・キュヴェ・トラディシオン・シャトーヌフ・デュ・パプ)

90-92 points Robert Parker
91 points Wine Spectator

Côtes-du-Rhône (コート・ドュ・ローヌ)地方の中で最高級ワインの産地である Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)。その地で1860年からワイン造りを続ける Boiron 家のワイナリー Domaine Bosquet des Papes (ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ)。ローヌ好きロバート・パーカー氏からも高い評価を得ている。北ローヌがシラーを中心とする一方、シャトーヌフ・デュ・パプを含む南ローヌはグレナッシュの比率が高く、今回飲んだ Cuvée Tradition も、通常 75% Grenache、10% Syrah、10% Mourvedre、5% Cinsault のブレンド。

数年前にヌフを飲もうと購入し寝かせておいたもの。2005年はローヌおよびシャトーヌフ・デュ・パプの大当たり年。良い感じに熟成している。スパイシーさは強いものの、タンニンは軽く、つるんとした舌触り。角は取れていても、しっかりとした骨格を持ち、これぞヌフと感動。力強いローヌばかりだと飲み疲れてしまうけど、時々飲む分には非常に美味しく飲める。ジビエに合いそう。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $29.99

K&L's notes (引用):
(90-92) points Robert Parker. "The 2005 Chateauneuf du Pape has a dense ruby/purple color and a sweet nose of black cherries, creme de cassis, plums, allspice, and smoky, gamey notes with a hint of damp earth. The wine is ripe, full-bodied, powerful, and moderately tannic. It will probably drink well young but should age nicely for 10-15 years. This superb estate never misses a beat with its wines, which are all reasonably drinkable at a young age, normally exhibit terrific Provencal typicity, and have uncommon aging potential. I still have some soft years like 1983 and 1985 in my cellar that are holding up beautifully." (02/07)


[PR]

by magamoduck | 2011-04-15 19:00 | ワイン日記
2010年 05月 04日

2007 Château Roubine, Classique Rouge

2007 Château Roubine, Classique Rouge
Chateau Roubine, Classique Rouge
(シャトー・ルビンヌ・クラシック・ルージュ)

南フランス・プロヴァンスの大手ワイナリー Château Roubine (シャトー・ルビンヌ)。その名は世界的にも知られており、自社畑に植えられている全13種のブドウを使って赤白ロゼの様々なワインを生産している。

南仏エズのホテル Les Terrasses d'Eze (レ・テラス・デズ)のレストランで勧められた1本。初めてのプロヴァンスの赤。おそらく Grenache (グレナッシュ)を主体とした Syrah、Cabernet Sauvignon、Grenache、Carignan のブレンド。Gamay (ガメイ)を彷彿とさせる軽めの色調。香りも Gamay 系の木苺風でとてもフルーティー。しばらく置くとどんどん果実実が豊かになる。珍しい。Gamay と Pinot Noir の中間みたいな印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: €11,00

サイト: http://www.chateauroubine.com/

Winemaker's notes (引用):
The grapes are picked according to their particular varieties and undergo de-stemming, de-stalking and crushing. Alcoholic fermentation which takes about 10 days is followed by vatting (fermenting on the lies) for 10 days. After malo-lactic fermentation, the wines are blended and aged in cuve. The wine is then filtered and bottled. The result is a ruby red wine with spicy, garrigue aromas and red fruits, to be appreciated with manly traditional and on cheeses.

Recommended temperature for serving: 13° - 14°C (may be slightly cooled).
Can be stored up to 5 years.


[PR]

by magamoduck | 2010-05-04 02:00 | ワイン日記
2010年 01月 18日

2007 Perrin & Fils, Côtes du Rhône-Villages

2007 Perrin & Fils, Côtes du Rhône-Villages
Perrin & Fils, Côtes du Rhône-Villages
(ペラン&フィス・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ)

Wine Spectator 90 ポイント
フランス・コート・デュ・ローヌ地方 Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ)にあるワイナリー Château de Beaucastel (シャトー・デュ・ボーカステル)で、1909年から Perrin 一族が造り始めた Domaines Perrin (ドメーヌ・ペラン)のワイン。現在の4代目 Jean Pierre Perrin (ジャン・ピエール・ペラン)氏は、1962年にニワトリラベルの La Vieille Ferme (ラ・ヴィエイユ・フェルム)を発表、1989年にはカリフォルニア州 Paso Robles でローヌの台木・穂木を使用した Tablas Creek (タブラス・クリーク)をリリースし、話題を呼んだ。1964年よりオーガニック製法にこだわり、ローヌ地方ではその先駆者として知られている。

ワイン好きの友人が好評していたローヌの赤。ローヌにしてはクセがなく飲みやすく、果実味とスパイシーさとタンニンのバランスのよさが心地よい。価格も手頃。50% Syrah、50% Grenache。(以前このワイナリーの白を飲んでいる。それもなかなかだった。)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $10.99

サイト: http://www.jeroboam.co.jp/wine_maker/perrin.html

K&L's notes (引用):
90 points Wine Spectator: "Very pure, with gorgeous plum and black cherry aromas and flavors laced with enticing spice, graphite and violet notes. Long, very silky finish. Delicious. Drink now."-WS May 8, 2009. Just 20% of the Côtes du Rhône vineyards are entitled to add "Villages" to their name. These are the best vineyard sites, which means if you like Côtes du Rhône, then you'll love Côtes du Rhône-Villages. This wine is produced by the Perrin family of Beaucastel fame, using the same viticultural and winemaking techniques they use in making their famous Châteauneuf-du-Pape. It is a blend of 50% Syrah and 50% Grenache from two specific vineyard plots that are among the best in the Rhône Valley. The 2007 Côtes du Rhône-Villages from Perrin & Fils is an absolute pleasure to imbibe. Like a great dinner guest, this juicy but perfectly balanced red will integrate seamlessly with many mediterranean inspired dishes and end up making quite an impression at your next meal. Chorizo and a hunk of Manchego? Chanterelle pizza? Rosemary skewered lamb kebabs? This 2007 should definitely be one of your go to wines. Open a bottle and watch it disappear. 13% abv.(Mulan Chan-Randel, K&L Wine Merchants)


[PR]

by magamoduck | 2010-01-18 19:00 | ワイン日記
2009年 12月 31日

2006 Villa Creek "Avenger" Paso Robles

2006 Villa Creek "Avenger" Paso Robles

カリフォルニア州パソロブレスにあるワイナリー Villa Creek Cellars。2007年10月の Food and Wine 誌上で、かのロバート・パーカーに「パソロブレスで一番好きなワイナリーの1つだ (Villa Creek is one of my favorite wineries in Paso Robles.)」とまで言わしめた同ワイナリーは、主にローヌ系の様々な赤ワインを生産している。

今回飲んだ Avenger (「仇を討つ者」を意味する)は、シラーを主体としたブレンドワイン。2006年のブレンド比率は 50% Syrah、30% Mourvèdre、20% Grenache。パソロブレスらしく濃厚な味わいは残しつつも、どことなく繊細で複雑な味わいがとても魅力的な一本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $35.00

サイト: http://www.villacreek.com/

Winemaker's notes (引用):
Avenger is our Syrah based blend, which launched the Villa Creek wine program back in 2001. While much has changed for us since that inaugural vintage, Avenger remains a favorite in the line-up. The 2006 Avenger is comprised of Denner and Booker Vineyard fruit. The grapes from these vineyards continue to gain complexity and richness with age, and this just may be the richest bottling of this wine to date.

Blend: 50% Syrah, 30% Mourvèdre, 20% Grenache
Appearance: Deep ruby
Nose: Spice box, cherry cola, black pepper
Palate: Cinnamon, black cherry, peppercorn, maple cured bacon, concentrated with a muscular finish.


[PR]

by magamoduck | 2009-12-31 01:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧