タグ:sangiovese ( 40 ) タグの人気記事


2014年 07月 04日

2004 Selvapiana Chianti Rufina Riserva "Bucerchiale"

2004 Selvapiana Chianti Rufina Riserva \

K&L Club Italiano Wines 2009 3月のワイン。
(飲んだ記録のみ)

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $27.99
[PR]

by magamoduck | 2014-07-04 19:00 | ワイン日記
2011年 10月 08日

2009 Tenuta di Montecucco "Passonoio"

2009 Tenuta di Montecucco "Passonoio"

イタリア・トスカーナ州の南部に位置するマイナーな Montecucco (モンテクッコ)地方のワイナリー Tenuta di Montecucco。古い歴史を持つワイナリーで、文献によると、12世紀初頭には修道僧であった Montecucco 一族がこの土地の品質とワイン生産に言及している。

サンフランシスコのイタリアンレストラン Incanto で飲んだ一本。イタリアンな土臭さは健在。同じトスカーナでも Chianti や Montalcino のワインとは異なり、男性的な力強さではない。可もなく不可もなく。(以前にも安い Montecucco を飲んでいる。)今回飲んだ Passonaia は 85% Sangiovese、15% Ciliegiolo (土着品種)のブレンド。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: $40前後

サイト: http://www.tenutadimontecucco.it/

Winemaker's notes (引用):
Born from Sangiovese grapes on the hills between Montalcino and Scansano. The particular character of the soils and a fantastic exposure make this wine wonderful to drink and give it a personality which is strongly integrated with its "terroir".


[PR]

by magamoduck | 2011-10-08 01:00 | ワイン日記
2011年 04月 06日

2007 Amantis "Birbanera" Montecucco

2007 Amantis "Birbanera" Montecucco

イタリア・トスカーナ州の南部に位置するマイナーな Montecucco (モンテクッコ)地方のワイナリー Amantis。ワイン学者(Enologist)でもある Paolo Vaggagini 氏とワインを愛する Bernardetta Angela Tacconi Vaggagini 夫妻が、トスカーナの主要品種であるサンジョベーゼを中心にブドウとワインを生産している。今回飲んだのは "Birbanera" と名付けられた Montecucco Rosso DOC ワイン。黒猫だけに珍しくラベル買い。

鮮やかなフルーツが香る軽めのイタリアワイン。もの凄い澱が出ている。トスカーナにしては軽やかに感じるのはメルローを始めとする様々なブレンドによる影響か。60% Sangiovese、その他、Colorino、Canaiolo、Merlot、Petit Verdot のブレンドワイン。 

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://www.agricolaamantis.com/

Winemaker's notes (引用):
Colour: intense ruby red, limpid.
Fragrance: intense and caressing, fresh and ripe fruit-scented.
Taste: delightful and concentrated, soft and pleasant.
Service: at a temperature of 20°


[PR]

by magamoduck | 2011-04-06 19:00 | ワイン日記
2011年 01月 16日

2007 Rocca di Montegrossi Chianti Classico

2007 Rocca di Montegrossi Chianti Classico
Rocca di Montegrossi Chianti Classico
(ロッカ・ディ・モンテグロッシ・キャンティ・クラシコ)

91 points Robert Parker's Wine Advocate
K&L Club Italiano 2009 7月のワイン。
イタリア・トスカーナ州の DOCG 認定地区 Chianti Classico の中の Gaiole in Chianti (ガイオーレ・イン・キャンティ)自治体で Ricasoli-Firidolfi (リカゾリ・フィリドル)家が運営するワイナリー Rocca di Montegrossi (ロッカ・ディ・モンテグロッシ)。現在のオーナーは Marco Ricasoli-Firidolfi 氏。

K&Lで良く見かける造り手のキャンティ・クラシコ。以前にも2005年ビンテージを飲んでいる。最初少しだけピリピリした臭みが感じられたがすぐに消える。それでもあまり深みは無く、2005年の時と同様値段相応の味わいという印象。90% Sangiovese、5% Canaiolo、5% Colorino。

※キャンティとキャンティ・クラシコの違い (Chianti and Chianti Classico)
キャンティは、その質にピンからキリまであるようなワインが一括して DOCG にランクされているとよく問題視されるが、キャンティ・クラシコも長い間キャンティのひとつのカテゴリに過ぎなかった。1996年、ようやくキャンティから独立し、単独の DOCG を名乗ることになった。最も古い歴史と伝統があるエリアで造られるキャンティ、それがキャンティ・クラシコと言える。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $18.99 ※Restricted to Wine Club Members (K&L価格:$21.99)

K&L's notes (引用):
91 points Robert Parker's Wine Advocate: "The 2007 Chianti Classico explodes from the glass with a kaleidoscope of black cherries, minerals, flowers and underbrush. The wine reveals stunning length and an intense, satisfying finish. This dense, full-bodied wine is truly a remarkable effort at this level. It also happens to be an incredible value. The Chianti Classico is 90% Sangiovese, 5% Colorino and 5% Canaiolo that spent 12 months in French oak barrels. Anticipated maturity: 2009-2017. Once again proprietor Marco Ricasoli has fashioned one of the most outstanding set of wines in Chianti Classico." (08/09)




[PR]

by magamoduck | 2011-01-16 04:00 | ワイン日記
2010年 09月 14日

2006 Selvagrossa Trimpilin

2006 Selvagrossa Trimpilin
Selvagrossa Trimpilin
(セルヴァグロッサ・トリンピリン)

K&L Club Italiano 2009 6月のワイン。
イタリア Marche (マルケ州)にあるワイナリー Selvagrossa Winery (セルヴァグロッサ・ワイナリー)。Alessandro & Alberto Taddei (アレッサンドロ&アルベルト・タッディ)兄弟によって2001年に設立。弟のアルベルト・タッディ氏は、世界的にもトップクラスのワインコレクションをもつミシュラン3つ星レストラン Florence at Enoteca Pinchiorri (エノテカ・ピンキオーリ・フィレンツェ)で8年間ソムリエを勤めた人物。ソムリエとして従事しながらフィレンツェ大学の醸造科でも醸造学を習得。兄のアレッサンドロ・タッディ氏も料理学校を卒業し、レストランでシェフとして経験を積み、料理からワイン造りへの道へと進んだ。この兄弟2人にとって、ワインは「食」と共にあり、食に寄り添う上品さと繊細さを持つワイン造りを目指している。

Sangiovese、Cabernet Franc、Merlot 種による非常に少量生産な3種類のワイン「Trimpilin (トリンピリン)」「Poveriano (ポヴェリアーノ)」「Muschén (ムスケン)」を生産。K&Lワインクラブからそのうちの2本が登場。いずれもチャーミングなラベル。今回の Trimpilin の名前の由来は、イタリア造語で「いたずらっ子、やんちゃ坊主」の意味。弟アルベルトがエノテカ・ピンキオーリで働き始めた頃、レストランのオーナーであるピンキオーリ氏がアルベルトをそう呼んでいたことからこの名前がついた。(もう1本の Muschén はこちら。)

(2009.08.08 first entry)
ベリーやカラント系の鮮やかかつ複雑な香りと重厚な味わい。イタリアらしい土っぽさはあるけど、どちらかというといいボルドーのような複雑さを感じる。100% Sangiovese。

(2010.09.14 update)
前回とても美味しかったので再飲。濃いルビー色。熟したプラムやプルーンのような香りを持ち、サンジョベーゼの土臭さや渋みを残しつつ、深みと複雑さを兼ね備えたワイン。しかも価格が下がったのでコストパフォーマンスは最高。前回同様、お気に入りの1本。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
K&L Wine Club価格: $23.99 (K&L価格:$29.99)-> $15.99

サイト: http://www.selvagrossa.it/

Winemaker's notes (引用):
The 2006 Selvagrossa Trimpilin is 100% sangiovese and is vinified in temperature-controlled stainless steel tanks where it remains until after the malolactic fermentation. The wine is then aged in barrique for 16 months. Selvagrossa’s first production for the Trimpilin was in 2002 and in this 2006 vintage, 250 cases were produced. The wine is really beginning to blossom now; the sangiovese’s tight core of cherrylaced flavors is gradually uncoiling to show this wine’s strident purity. In the mouth the wine is spicy, full of complex fruit and hints of vanilla while it begins to broaden across the palate. The finish is vibrant and emphasizes the fruit spice as it lingers deliciously on the palate. To pair it classically, a wide tagliatelle with a veal sauce would be marvelous. Or Vincisgrassi, a much celebrated local lasagne, topped off with white truffles when they are in season.


[PR]

by magamoduck | 2010-09-14 19:00 | ワイン日記
2010年 06月 25日

2006 Sesta di Sopra Rosso di Montalcino

2006 Sesta di Sopra Rosso di Montalcino
Sesta di Sopra Rosso di Montalcino
(セスタ・ディ・ソープラ・ロッソ・デ・モンタルチーノ)

1 Glass Gambero Rosso
K&L Club Italiano 2008 10月のワイン。
イタリア・トスカーナ州、Montalcino (モンタルチーノ)地区のワイナリー Sesta di Sopra(セスタ・ディ・ソープラ)。非常に小さな造り手で、Brunello di Montalcino の生産はわずか330ケース。収穫は手作業で行われ、丁寧なブドウおよびワイン造りを心がけている。

2年前にK&Lワインクラブで届いたものを少しだけ熟成。香り、および口に含んだ瞬間の印象は、果実味が凝縮され、かなりフルーティな感じだけど、明らかにイタリアワインだと分かる強烈な土臭さと野生のハーブが印象的なサンジョベーゼ。少し熟成させたため、タンニンが落ち着いてスムーズになっている。それでも良い意味でパワフルで好印象。Rosso di Montalcino だが、さらに5年くらいは寝かせられるそう。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $21.99 (K&L価格:$26.99)

サイト: http://www.sestadisopra.it/

Winemaker's notes (引用):
Prodution area
South of Montalcino
 
Soil / Vineyards
Medium textured, calcareous soil. The methods of cultivation ensure that a good vegetative balance is obtained and production is contained.
 
Harvest and Winemaking
The harvest is carried out at the end of September and respects the integrity of the grapes, which are made into wine using traditional techniques alongside modern technology, so that the colour and tanninsare extracted in the best way.
 
Maturation
in Franch oak barrels
 
Ageing
In the bottle for 3 months
 
Organoleptic Notes
Intense ruby red colour with an aroma of fresh fruit with toasty vanilla notes. Elegant, austere body.


[PR]

by magamoduck | 2010-06-25 19:00 | ワイン日記
2009年 12月 19日

2007 Poggiarellino Rosso di Montalcino

2007 Poggiarellino Rosso di Montalcino

K&L Club Italiano 2009 10月のワイン。
イタリア・トスカーナ州、Montalcino (モンタルチーノ)地区のワイナリー Poggiarellino。50歳代の可愛い老夫婦が営む小さなワイナリー。モンタルチーノ地区のワインには、5年寝かせる長期熟成ワイン Brunello di Montalcino と、1年でリリースするこの Rosso di Montalcino がある。ブドウは一緒だが、より広い層の人に飲んでもらうためのマーケティング。Rosso di Montalcino のワインは「100% Sangiovese であること」「収穫から1年後の1月2日以降までリリースしてはならないこと」が法律で定められている。

2007年のトスカーナワインは最高の年で、特にモンタルチーノは素晴らしい出来。濃いチェリーの香りと土っぽさが複雑に絡み合った美味しいロッソ・デ・モンタルチーノ。2005ヴィンテージも飲んでいるが、どちらもよく、お気に入りの造り手。100% Sangiovese。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $12.49 (K&L価格:$14.99)

サイト: http://www.poggiarellino.it/

K&L's notes (引用):
One of our real evolving stars in Montalcino this tiny winery is making great wines. The Poggiarellino Rosso di Montalcino is full of complex dark cherry fruit, with nicely evolved notes of tobacco leaf and has layers of what the Italians call sotto bosco (the flavor of the forest floor). On the palate the aromas are interwoven and fleshed out by an unctuous but not fat body and backed up with a core of mineral, stone, earth and truffle in the finish, does that sound complex?


[PR]

by magamoduck | 2009-12-19 03:00 | ワイン日記
2009年 11月 11日

2005 Vecchie Terre di Montefili Chianti Classico

2005 Vecchie Terre di Montefili Chianti Classico
Vecchie Terre di Montefili Chianti Classico
(ヴェッキエ・テッレ・ディ・モンテフィリ・キャンティ・クラシコ)

K&L Club Italiano 2009 7月のワイン。
イタリア・トスカーナ州にあるワイナリー Vecchie Terre di Montefili (ヴェッキエ・テッレ・ディ・モンテフィリ)。Acuti Family (アクーティ家)により1979年創業以来、Gambero Rosso (イタリアで最も権威あるワイン評価本「Vini d'Italia」(ミシュランみたいなもの)を出版する食の総合誌)からいくつもの 3-Glass awards を受けている。日本では Bruno di Rocca (ブルーノ・ディ・ロッカ)という Cabernet Sauvignon と Sangiovese のブレンドワインが有名。

現在キャンティ・クラシコは、20%までであればサンジョベーゼ以外の認定されている他の品種とのブレンドが許されているが、今回のキャンティ・クラシコは 100% Sangiovese。イタリアらしいワインではあるが、今まで飲んだことのあるキャンティ・クラシコのようなミネラル、スパイシーさは少なかった。と、同じ感想を持ったキャンティ・クラシコが以前もあった。キャンティこそ最も多種多様なワインが出来る土地のひとつ。既成概念を捨てて飲むのがいいのだろう。コルクが異常に固かった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $17.99 (K&L価格:$21.99)

サイト: http://www.vecchieterredimontefili.it/

K&L's notes (引用):
Rarely does one find a Chianti Classico that is 100% Sangoovese, but just such a wine is the Vecchie Terre Chianti. It is aged for one year in oak and offers the just about everything one loves about quality Chianti, especially its affinity for Italian pasta dishes and pizza. Intensely perfumed with notes of forest berries and spice, it is dry on the palate while vivacious, with ample structure and tannin to cut through rich cheeses and meat sauces. Fabulous! K&L's Italian Buyer Greg St. Clair says: "This has lilting Sangiovese aromatics, supple palate grace and long and decisive finish…wow! Really, really great."


[PR]

by magamoduck | 2009-11-11 19:00 | ワイン日記
2009年 08月 15日

2006 Tenuta dell' Ornellaia Le Volte

2006 Tenuta dell' Ornellaia Le Volte
Tenuta dell' Ornellaia Le Volte
(テヌータ・デル・オルネライア・レ・ヴォルテ)

Robert Parker's Wine Adovcate 90 ポイント
Sassicaia (サッシカイア)と人気を2分するスーパー・トスカーナ(スーパー・トスカン / スーパー・タスカン)ワイン Tenuta dell'Ornellaia (テヌータ・デル・オルネライア)。1981年、フィレンツェの名門 Antinori (アンティノリ)家の次男である Lodovico Antinori (ロドヴィコ・アンティノリ)侯爵が、兄のピエロ・アンティノリが造ったサッシカイアに刺激を受けて造り始め、以来、常にイタリアワインのトップクラスに位置づけられている。1999年にカリフォルニアの Robert Mondavi (ロバート・モンダビ)がパートナーに加わり、2002年にはロドヴィコは経営から退き、モンダビが50%、イタリアの Frescobaldi (フレスコバルディ社)が50%の所有権を持つようになる。2005年からはモンダビも退き、現在はフレスコバルディ社が100%所有している。

オルネライアでは、フラッグシップの Ornellaia、セカンドラベルの Le Serre Nuove dell' Ornellaia (レ・セッレ・ヌオーヴェ・オルネライア)、よりカジュアルなラインの Le Volte (レ・ヴォルテ)の3種類のワインを造っている。

オルネライアやセカンドラベルがボルドーブレンドであるのに対し、このレ・ヴォルテはサンジョベーゼ中心。イタリアの伝統的なサンジョベーゼの王道外れることなくバランスよく造られている。軽やかさも感じつつ。間違いのない美味しさはさすが。52% Sangiovese、36% Merlot、12% Cabernet Sauvignon。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $24.99

サイト: http://www.ornellaia.com/

Winemaker's notes (引用):
This Malbec has an excellent body and is exceptionally well balanced with a great structure. Aromas of ripe plums, strawberry, lavender and vanilla with notes of cherry and spices are balanced with lush flavors of red plum, black currant, Morello cherry and chocolate with notes of dried fruits and red fruit liqueur that complement the soft, sweet, rounded tannins and produce an exquisite finish.


=========
楽天でお買い上げ
=========


[2006] レ・ヴォルテ (フルボトル) 1本LE VOLTE TOSCANA IGT 750ml 1bt


[PR]

by magamoduck | 2009-08-15 02:00 | ワイン日記
2009年 08月 04日

2007 Selvagrossa Muschén

2007 Selvagrossa Muschén
Selvagrossa Muschen
(セルヴァグロッサ・ムスケン)

K&L Club Italiano 2009 6月のワイン。
イタリアの Marche (マルケ州)にあるワイナリー Selvagrossa Winery (セルヴァグロッサ・ワイナリー)。Alessandro & Alberto Taddei (アレッサンドロ&アルベルト・タッディ)兄弟によって2001年に設立。弟のアルベルト・タッディ氏は、世界的にもトップクラスのワインコレクションをもつミシュラン3つ星レストラン Florence at Enoteca Pinchiorri (エノテカ・ピンキオーリ・フィレンツェ)で8年間ソムリエを勤めた人物。ソムリエとして従事しながらフィレンツェ大学の醸造科でも醸造学を習得。兄のアレッサンドロ・タッディ氏も料理学校を卒業し、レストランでシェフとして経験を積み、料理からワイン造りへの道へと進んだ。この兄弟2人にとって、ワインは「食」と共にあり、食に寄り添う上品さと繊細さを持つワイン造りを目指している。

Sangiovese、Cabernet Franc、Merlot 種による非常に少量生産な3種類のワイン「Trimpilin (トリンピリン)」「Poveriano (ポヴェリアーノ)」「Muschén (ムスケン)」を生産。K&Lワインクラブからそのうちの2本が登場。いずれもチャーミングなラベル。(もう1本のTrimpilinはこちら。)

今回の「Muschén (ムスケン)」の名前の由来は、マルケ州の方言で「ハエ」。兄アレッサンドロの祖父がちょろちょろ動き回る彼の姿をとらえたユーモアたっぷりのニックネーム。ブルーベリーの鮮やかなフルーティさはサンジョベーゼのもの。バランスがよく軽く飲めるワイン。なんと樽未使用。発酵も熟成もステンレスタンクで行われている。60% Sangiovese、30% Merlot、10% Cabernet Franc。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $15.99 (K&L価格:$18.99)

サイト: http://www.selvagrossa.it/

Winemaker's notes (引用):
The 2007 Selvagrossa Muschén is a forward, fresh and vibrant wine that is made from 60% Sangiovese, 30% Merlot and 10% Cabernet Franc. It is fermented and aged in stainless steel and sees no oak. The wine shows Sangiovese's vibrant, acidic backbone, which gives the wine its verve and direction along with some elegant cherry tones. The Merlot adds a bit of mid-palate richness and some warm texture to the Sangiovese's brightness while thickening it toward the finish. The spicy, complex Cabernet Franc is what brings everything together. This 2007 vintage is sensational - beautifully ripe fruit grown in stellar conditions. The 2007 wines show it - they drink with a particular ease, elegance and balance. "Muschén" is a name that Alberto's grandfather gave to him. In local Pesaro dialect it means a little fly, akin to an annoying gnat, just like owner Alberto Taddei was as a young boy! Only 600 cases of 2007 Muschén were produced.


[PR]

by magamoduck | 2009-08-04 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧