タグ:trentino-alto adige ( 3 ) タグの人気記事


2009年 11月 29日

2008 Alois Lageder Beta-Delta Chardonnay/Pinot Grigio

2008 Alois Lageder Beta-Delta Chardonnay/Pinot Grigio
Alois Lageder Beta-Delta Chardonnay/Pinot Grigio
アロイス・ラゲデール・ベータ・デルタ・シャルドネ / ピノ・グリジオ)

K&L Club Italiano 2009 11月のワイン。
イタリア最北、アルプス山脈の麓でオーストラリアとの国境に近い Trentino-Alto Adige (トレンティーノ・アルト・アディジェ)州で150年以上もの間ワインを造り続けている Lageder (ラゲデール)家。現在の当主は Alois Lageder (アロイス・ラゲデール)氏。トレンティーノ・アルト・アディジェ州は、アルプス気候と地中海性気候の交わる地域で、寒暖の差が大きく、ワインをエレガントにするのに必要な酸を生み出してくれる絶好の丘陵地。

香り高い。最初はピノ・グリのきりりとしたミネラル感、でも、根底の味わいはシャルドネ。不思議な、興味深いブレンド。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $18.99 (K&L価格:$21.90)

サイト: http://www.aloislageder.eu/

Winemaker's notes (引用):
Grape varieties: Chardonnay and Pinot Grigio
Description: Bright, light straw yellow colour with a green tinge. Quite perfumed, rich aroma with mineral notes; impressions of ripe subtropical fruits. Well balanced flavour, medium bodied, with good persistency on the palate. Nice citrus touches and an attractive crisp, fresh fruit aftertaste. Good length. Drink between 2010 - 2013.
Suggested Food: All types of starters, seafood (fish and shellfish), white meat and poultry.


[PR]

by magamoduck | 2009-11-29 19:00 | ワイン日記
2009年 03月 20日

2001 San Leonardo Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga

2001 San Leonardo Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga
San Leonardo Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga
(サン・レオナルド・マルケーゼ・カルロ・グエリエリ・ゴンザーガ)

Gambero Rosso 3 Glasses
Stephen Tanzer's International Wine Cellar 93 ポイント
Wine Spectator 90 ポイント

北イタリア、アルプス山脈の麓でオーストラリアとの国境に近い Trentino-Alto Adige (トレンティーノ・アルト・アディジェ)地方で18世紀からワインを生産している歴史あるワイナリー Tenuta San Leonardo (テヌータ・サン・レオナルド)。現在の当主は Marchese Carlo Guerrieri Gonzaga (マルケーゼ・カルロ・グエリエリ・ゴンザーガ)公爵。醸造額を学んだ後、親戚関係にあたる Tenuta San Guido (テヌータ・サン・グイド:サッシカイアの生産者)で Giacomo Tachis (ジャコモ・タキス)氏の指導のもと6~7年修行。その後、父親からサン・レオナルドを引き継ぐ。ジャコモ・タキス氏は1983年からテヌータ・サン・レオナルドの醸造コンサルタントも勤めている。

フラッグシップワイン San Leonardo の 2001 と 2003 ヴィンテージは Gambero Rosso (ガンベロ・ロッソ)を始めとするイタリアワインの5大評価本それぞれで最高評価を獲得。2ヴィンテージ連続の5誌最高評価は、Sassicaia とこの San Leonardo だけ。しかもガンベロ・ロッソ誌に至っては、10年連続で最高評価 3 Glasses (tre bicchieri:トレ・ビッキエリとも呼ばれる)を獲得。「北のサッシカイア」とも呼ばれる本格派ボルドーブレンド。2000 ヴィンテージがワインコミック 『神の雫』 に登場。

その恐ろしく高い評価を得ている 2001 San Leonardo。パワフルでフルボディ、かつエレガントなボルドースタイル。だが、ボルドーよりイタリアらしい土臭さが特徴的でいい。おっと大絶賛。よめはもうちょっとちゃんと飲めばよかったと後悔。おおまかなブレンド比率は 60% Cabernet Sauvignon、30% Cabernet Franc、10% Merlot。


Sassicaia (サッシカイア)
元祖スーパー・トスカーナ(スーパー・トスカン)として名高いイタリアワイン。

Giacomo Tachis (ジャコモ・タキス)
「スーパー・トスカーナの父(the father of supertuscan wines)」として知られ、Sassicaia (サッシカイア)、Tignanello (ティニャネロ)、Solaia (ソライア)の3大元祖スーパー・トスカーナを世に送り出した醸造コンサルタント。1961年から30年に渡り Tignanello の生産者である Antinori (アンティノリ)に務め、1965年には Antinori の製造総責任者となる。1992年に Antinori を引退後、現在は南イタリアの Sicily や Sardinia といった地域のワイン造りに力を注いでいる。ボルドー大学の醸造学者 Emil Peynaud (エミール・ペイノー)教授とも旧来の親友。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $51.99

サイト: http://www.sanleonardo.it/

Winemaker's notes (引用):
San Leonardo is the magical heir to a tradition known the world over as Bordeaux blending. Dreams and heritage mingle to bring you a wine that conveys all its land-rooted character and genuine territory-focused appeal.

Intense ruby red with garnet highlights. A wine of remarkable intensity on the nose, which layers bell peppers and wild berries over a background note of vanilla. The palate San Leonardo is a skilful blend of wines from three grapes that are fermented and aged separately: 60% Cabernet Sauvignon, 30% Cabernet Franc and 10% Merlot. Before it goes into bottle, the precise proportions of the blend are decided only after rigorous tasting of samples, barrique by barrique.


=========
楽天でお買い上げ
=========


サン・レオナルド[2001]
[PR]

by magamoduck | 2009-03-20 07:00 | ワイン日記
2009年 01月 18日

2007 Convento Muri-Gries Lagrein Scuro/Dunkel

2007 Convento Muri-Gries Lagrein Scuro/Dunkel
Convento Muri-Gries Lagrein Scuro/Dunkel
(コンヴェント・ムーリ・グリエス・ラグレイン・スクーロ・ダンケル)

K&L Club Italiano 2008 11月のワイン。
イタリアの最も北部に近い Alto Adige (アルト・アディジェ)にある修道院ワイナリー Muri-Gries (ムーリ・グリエス)。ベネディクト修道僧によって営まれるワインの歴史を辿るとなんと11世紀に遡る。Muri-Gries ワイナリーとしての創業は1845年。アルト・アディジェ地域の土着品種 Lagrein (ラグレイン)は、Syrah を起源とする非常にパワフルな赤ワイン品種。黒い果実のフルーティさ、レザー、タール、スミレ、バラのアロマを持つ。Muri-Gries では Lagrein 種が赤ワイン生産量の80%を占めている。

初品種 100% Lagrein (ラグレイン)。最初はびっくりするほどの濃さ。カリフォルニアのシラーのようなフルーツの濃さではなく、ワインそのものが濃度凝縮で濃い。最初はパワフル過ぎたけれど、時間と共に落ち着いてくる。パワフルなので食事とあわせるより単体で飲んでもいいワイン。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99 (ワイナリー価格:$16.90)

サイト: http://www.muri-gries.com/

K&L's notes (引用):
The ancient monastery of Muri-Gries, located just south of the Bremmer Pass in Süd Tyrol is the source for a bevy of clean, complex and classy wines made from the traditional grapes of this beautiful region. Muri-Gries remains a working Benedictine monastery, which was originally built in the late eleventh century as a fortress. In the fourteenth century, the fortress was donated to a local group of monks and converted into a monastery. Lagrein is a traditional local variety of the Süd Tyrol (a cousin of Syrah), which produces a deep and complex wine that is at once both broad-shouldered and elegant. This is the workhorse red varietal of the monastery, and in the hands of the estate's current winemaker, Christian Werth, this beautiful varietal is beginning to gain an international following for its compelling character and impressive complexity. These Lagrein vineyards are meticulously taken care of by hand, with most of the vineyard work still done by the monks of the order. This 2007 is a very classy red wine that offers up a unique aromatic mélange of black cherries and dark berries, as well as chocolate, fresh herb tones, earth and at times a slightly resinous topnote that adds an additional layer of complexity. On the palate it is a full-bodied, deep wine that is surprisingly supple and voluptuous, with modest, well-integrated tannins and lovely framing acids that add succulence and focus in the mouth.


[PR]

by magamoduck | 2009-01-18 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧