タグ:viognier ( 9 ) タグの人気記事


2011年 08月 06日

2010 Vina Robles Huerhuero Estate Viognier

2010 Vina Robles Huerhuero Estate Viognier

カリフォルニア州パソロブレスのスタイリッシュなワイナリー Vina Robles (ヴィーニャ・ロブレス)。「I want Vina Robles to express a unique balance of European heritage and American opportunity.」 と言うように、オールドワールドとニューワールドの絶妙なバランスを具体化したワイン造りを信条としている。

僅か8樽のみの少量生産のヴィオニエ。時々ある、香りも果実味も強すぎるヴィオニエとは違い、よい意味でやや控え目な存在感。それでもヴィオニエ特有の白い花の香りは健在で、酸味とのバランスが絶妙。カリフォルニアで出会ったヴィオニエの中ではおっとのベストかもしれない。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $19.00

サイト: http://www.vinarobles.com/

Winemaker's notes (引用):
Viognier is planted in our Huerhuero Vineyard as it is the highest and benefits from the cooling Pacific breezes that blow through the Templeton Gap in the afternoon. The fruit was hand picked in early September and only the ripest, highest quality bunches were selected. Following, the fruit was pressed resulting in low yields of fragrant juice. Fermentation took place in three year old French oak barrels. The wine was aged for a period of 180 days and lees stirring took place twice a week to improve mouth feel and add complexity. This wine did not undergo malolactic fermentation. Prior to bottling, the wine was filtered for better clarity and stability. Only eight barrels of this wine were produced.


[PR]

by magamoduck | 2011-08-06 02:00 | ワイン日記
2011年 03月 18日

1989 Calera San Benito County Viognier

1989 Calera San Benito County Viognier

カリフォルニアのロマネ・コンティ」という代名詞であまりにも有名なカリフォルニアワイン、Calera Wine Company (カレラ)。オーナーの Josh Jensen (ジョシュ・ジャンセン)氏は、フランスはブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)に惚れ込み、飛び込みで働き口を求め、その栽培・醸造・熟成技術を学び、その後カリフォルニアに戻りマウント・ハーランに畑を拓く。ロマネ・コンティから苗木のクローンをカリフォルニアに持ち帰った?とか、航空宇宙局(NASA)の人工衛星写真を使ってロマネ・コンティにそっくりな土壌を2年かけて見つけた?とか、様々な噂の真偽は不明。

K&Lのお買い得コーナーで見つけた古いヴィオニエ。「ヴィオニエは早く飲むもの」と一般的に言われているので期待せず、でもカレラということもあり、話のネタに購入。ヴィオニエらしい芳香は殆ど残っていないけど、果実味と土台となる酸味はしっかりと残っていて、22年経ってもきちんと飲める状態。熟成したドイツワインのような感じもあり、期待以上。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

サイト: http://www.calerawine.com/


※ヴィンテージ違いです。

 
[PR]

by magamoduck | 2011-03-18 01:00 | ワイン日記
2010年 07月 15日

2008 Yalumba Eden Valley Viognier

2008 Yalumba Eden Valley Viognier

Wine Spectator’s 2009 Top 100 39位
92 points Wine Spectator
90 points International Wine Cellar

オーストラリアの大手ワイナリー Yalumba (ヤルンバ)。1849年英国の醸造家 Samuel Smith (サミュエル・スミス)氏によって創設されたオーストラリアで最も古い家族経営のワイナリー。現在は5代目 Robert 氏の経営のもと、国際的な名声を得る大手ワイナリーへと発展している。Yalumba とは、オーストラリアの先住民アボリジニの言葉で "all the land around" (見渡す限りの大地) という意味。

非常に緑色の濃いヴィオニエ。久々のヴィオニエは花のような香りが強烈で非常に良い。アプリコットのようなストーンフルーツの果実味。冷たいうちはかなり好印象だったが、常温に近づくにつれてパワフルすぎる感じが強くなってきた。それでも、コストパフォーマンスもよく総じて好印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://www.yalumba.com/

Winemaker's notes (引用):
The 2008 vintage has created delicate and aromatic Viognier wines. The colour is pale gold with green highlights, with a nose of pure aromas displaying apricot nectar, lifted honeysuckle and orange oil perfume. The palate is long, rich and luscious, with intense stone fruit - particularly white peach and apricot flavours, finishing with an aromatic citrus freshness. This wine will continue to grow and develop in the bottle, firstly showing enhanced apricots and spice, then after a couple of years, honey flavours and toast.


[PR]

by magamoduck | 2010-07-15 19:00 | ワイン日記
2009年 06月 08日

2007 Miner Simpson Vineyard Viognier

2007 Miner Simpson Vineyard Viognier

The Connoisseurs' Guide to California Wine 92 ポイント, Two Stars & "Good Value" designation
San Francisco Chronicle Wine Section's Top Pick Viognier

カリフォルニア州ナパの Oakville にある Miner Family Vineyards。シリコンバレーのIT会社オラクルの創設者の1人である Bob Miner (ボブ・マイナー)氏が造ったワイナリー。派手な Larry Ellison (ラリー・エリソン)とは正反対に、ボブ・マイナーはほとんど贅沢をしなかったが、サンフランシスコの邸宅と大好きなワインにだけは熱意を注ぎ、このワイナリーを創設。当初 "Oakville Ranch Vineyards" という名前だったが、ボブ・マイナーが癌で亡くなり、甥夫婦の Dave & Emily Miner が相続して現在の "Miner Family Vinyards" となる。フラッグシップワインはボルドーブレンドの Cabernet Sauvignon "The Oralce"。

100% Viognier。非常に豊かなアロマ。トロピカル過ぎないシトラス(honeysuckle?)。フルボディ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $16.99 (ワイナリー価格:$20.00)

サイト: http://www.minerwines.com/index.html

Winemaker's notes (引用):
Aromatically complex with citrus and honeysuckle notes on the nose and a plush feel on the palate, our Viognier consistently displays a fine balance of natural acidity and intense concentration. Sourced from John Simpson's low-yielding vineyards in Madera, this quintessential food wine was whole cluster pressed and stainless steel fermented to allow the vibrant, tropical and stone fruit characteristics of this varietal to shine.


[PR]

by magamoduck | 2009-06-08 19:00 | ワイン日記
2008年 11月 06日

2007 d'Arenberg The Hermit Crab Viognier-Marsanne

2007 d'Arenberg The Hermit Crab Viognier-Marsanne
d'Arenberg The Hermit Crab Viognier-Marsanne
(ダーレンベルグ・ザ・ハーミット・クラブ・ヴィオニエ・マルサンヌ)

Robert Parker's Wine Advocate 90 ポイント
Wine Spectator 90 ポイント

オーストラリアのワイナリー d'Arenberg (ダーレンベルグ)。斜めに引かれた赤いラインが目を引く。現在ワインメーカーを務める4代目 Chester d'Arenberg Osborn (チェスター・ダーレンベルグ・オズボーン)氏は、ワイン専門誌 Winestate により1998年の "Winemaker of the year" に選出されたり、Wine & Spirits Magazine で世界の醸造家トップ70としてランキングされたり、世界で40人の "Wine personality of the year 2005" の1人にも選ばれたりと優秀なワインメーカー。

ワイン名になっている "Hermit Crub" とはヤドカリのこと。McLaren Vale の畑は多くが石灰石(limestone)の土壌で、その元となっているのがヤドカリを始めとする海洋生物であること、また、"Hermit (隠者)" がフランスにおいて Marsanne (マルサンヌ)種で有名な地域の略記であることから、この名前がついた。

58% Viognier、42% Marsanne。すごく独特な苦手な香り。味もなんと表現していいのかわからない。グリーンの渋みとヴィオニエの芳醇さが私たちには相容れない。飲みなれてないブレンドだからかもしれないが、苦手。。

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
K&L価格: $11.99

サイト: http://www.darenberg.com.au/

Winemaker's note (引用):
This wine comes about from the understanding that Grenache, Shiraz, and Mourvedre thrive in McLaren Vale soils, and therefore the Rhone Valley white partners Marsanne, Viognier and Roussanne should also perform well in the area.

Clear brilliant appearance with tints of green and yellow suggesting a fresh young wine with little influence of oak. The aromatics are tighter than previous years due to the small volume of cool climate Adelaide Hills Viognier included in this blend. This influences the aromatics spectrum with a slightly increased note of green flower stems & ginger. Overall the aromas are a combination of the above with nectarine/peach stone notes, green melon rind, and citrus notes with a freshly ground almond background.
The palate is vibrant and expresses plenty of ripe fruit characters with good tightness and control. Flavours range from tropical fruits, nectarine juice, quince, ginger notes with a lovely dry, green melon character. There is plenty of intensity and softness with a hint of lees character to add a little more complexity. The finish has moderate length with good flowery, nutty, mineral notes that complete the wine in a most attractive manner. Chill and enjoy for any occasion.



=========
楽天でお買い上げ
=========


オーストラリアワイン【送料無料】【90点】ダーレンベルグ・ハーミット・クラブ・ヴィオニエ・マルサンヌ [2006]


オーストラリアワイン【送料無料】【90点】ダーレンベルグ・ハーミット・クラブ・ヴィオニエ・マルサンヌ [2005]

※共にヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2008-11-06 19:00 | ワイン日記
2008年 10月 19日

2007 Bridlewood Reserve Viognier

2007 Bridlewood Reserve Viognier

カリフォルニア州南部 Santa Barbara にあるワイナリー Bridlewood Winery。サンタバーバラらしく特に Syrah 種に力を入れている。

香りはフローラルでトロピカル、典型的な甘いヴィオニエの香り。口に含むと苦味と舌の上で微発泡を感じる。2日目は苦味が多少抜けて飲みやすくなった。あの苦味はこのワイン特有なのか、たまたまこの1本がそうだったのか。94% Viognier、3% Chardonnay、3% Roussanne、1% Marsanne。カリフォルニアでは珍しいブレンド。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99 (ワイナリー価格:$22.00)

サイト: http://www.bridlewoodwinery.com/

Winemaker's note (引用):
Bridlewood Estate Winery's 2007 Central Coast Reserve Viognier is the result of blending grapes six unique vineyards. The vineyards scattered across the Central Coast were selected by winemaker David Hopkins for their own distinct 'terroir.' The grapes were harvested on different days, each at the peak of ripeness and whole cluster pressed to avoid inclusion of bitter skin components. After initial cold settling, the grapes were racked, fermented and aged in stainless steel. This is a Rhône style wine that is truly one of a kind.

The 2007 Central Coast Reserve Viognier is intensely aromatic with a bouquet of honeysuckle and orange blossom, accompanied by aromas of melon, buttered toast and rich tropical fruits. The flavors are a blend of tart mango, peach, grapefruit and a honeyed richness with a long mid palate and a clean finish. The moderate acidity, minerality and full fruit flavors make this a perfect wine for pairing with rich foods such as lobster, crab, abalone or a more casual fare such as pâté, fresh fruit and a variety of hard and soft cheeses.


[PR]

by magamoduck | 2008-10-19 19:00 | ワイン日記
2008年 05月 19日

2006 Michel & Stéphane Ogier Viognier de Rosine, VdP des Collines Rhodaniennes

2006 Michel & Stéphane Ogier Viognier de Rosine, VdP des Collines Rhodaniennes
Michel & Stephane Ogier Viognier de Rosine, VdP des Collines Rhodaniennes
(ミッシェル&ステファン・オジェ・ヴィオニエ・デ・ロジーヌ、ヴァン・ド・ペイ・コリーヌ・ロダニエンヌ)

北ローヌの Côte-Rôtie (コート・ロティ)地方で今注目を集めている造り手 Michel Ogier (ミッシェル・オジェ)。Robert Parker は「ミッシェルとその息子ステファンが造り出すワインは、ワインの魔術師のように素晴らしい」と賞し、1999 Cuvée la Belle Hélène (ベル・エレーヌ)という Syrah ブレンドワインに 100 ポイントをつけている。

本場フランスのヴィオニエを飲んでみたくて買った1本。ヴィオニエの代表的な産地である北ローヌの Condrieu (コンドリュー)のワインは高かったので、お手頃で評価の高かった Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)を購入。今まで飲んだフランスの白ワインの中ではフルーティな方だけど、やっぱり少し水っぽい印象。ヴィオニエらしい芳醇な香り(花みたい)が強かったけど、とても辛口な後味が今まで飲んだヴィオニエとは全く違った。よめはこれがアルコール度数 12.5% とは思えないと最後まで言っていた。翌日のほうが芳醇で優雅な花の香りが強く美味しく感じられた。


※Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)とは
Vin de Pays (ヴァン・ド・ペイ)とは、「地方のワイン、地酒」の意味。原産地名が統制されたAOCワインおよびVDQSワインより下位であるが、一般的なテーブルワインよりは上位とされ、最近はAOCに勝る高い評価を得ているものも出てきている。ヴァン・ド・ペイは、ラベルに必ず「Vin de Pays ~」と産地を明記する。ヴァン・ド・ペイの中で最も知られた産地呼称が、南部の Languedoc-Roussillon (ラングドック・ルーション)地方全域をカバーする「オック」(Oc 、Vin de Pays d'Oc ヴァン・ド・ペイ・ドック)。異なる産地のワインのブレンドは禁止されている。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $29.99

K&L's notes (引用):
This tiny estate, located in the village of Ampuis, consists of 6 hectares (2.5 hectares are within the Côte Rôtie appellation). Prior to 1980, Michel, the father, sold off both his fruit and the wines he produced to the large negoçiant Marcel Guigal. Michel began to bottle wines under his own label, and Bobby's first vintage working with Domaine Ogier was 1988. Nearly 20 years later, Stéphane, his son, is in charge. His youthful energy and passion for the vineyards and winemaking have resulted in the estate's rise to superstar status over the past ten years. Stéphane has been purchasing vineyards on the other side of the Rhône River in Seyssuel, near Vienne. The Viognier de Rosine is produced from these west-facing vines, which average 20 years. As in Côte Rôtie, all of the fruit is hand-harvested then 80% of the wine is fermented and aged in barrel (20% new). The remaining 20% of the fruit is fermented is tank. After seven months the barreled wine is decanted into tank and the 20% tank wine is placed in barrels for one month. The Viognier de Rosine is a high-toned, delicate, floral wine with wonderful drive, length and complexity. Baby Condrieu!

[PR]

by magamoduck | 2008-05-19 19:00 | ワイン日記
2008年 04月 09日

2006 Calera Central Coast Viognier

2006 Calera Central Coast ViognierGlass Closure

カリフォルニアのロマネ・コンティ」という代名詞であまりにも有名なカリフォルニアワイン、Calera Wine Company (カレラ)。オーナーの Josh Jensen (ジョシュ・ジャンセン)氏は、フランスはブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)に惚れ込み、飛び込みで働き口を求め、その栽培・醸造・熟成技術を学び、その後カリフォルニアに戻りマウント・ハーランに畑を拓く。ロマネ・コンティから苗木のクローンをカリフォルニアに持ち帰った?とか、航空宇宙局(NASA)の人工衛星写真を使ってロマネ・コンティにそっくりな土壌を2年かけて見つけた?とか、様々な噂の真偽は不明。

芳醇な香りのヴィオニエ。きんきんに冷えた状態から室温になってくると、ピーチや梨などさらに色々な香りがしてくる。きりり感(ミネラル?)も多少感じられて美味しい。翌日は少しえぐみを感じたので1日目のほうがいい。ガラスのキャップなんて初めて。

《おすすめ!》 ロマネ・コンティに挑む ~カレラ・ワイナリーの物語~

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $15.99

サイト: http://www.calerawine.com/

K&L's note (引用):
Calera's 2006 Central Coast Viognier comes from select lots of Mt. Harlan fruit. Located in the Gavilan Mountains 25 miles east of Monterey Bay, the vineyards on Mt. Harlan are best known for the limestone-rich soils, elevation and cool climate. A vibrant expression of the varietal, the wine shows stone fruit and pear aromas and flavors coupled with white flowers and flinty undertones. Round on the palate with hints of vanillin oak, this wine pairs beautifully with lighter fare and drinks well on its own, too.



=========
楽天でお買い上げ
=========


新発売![2006] カレラ セントラル・コースト ヴィオニエ Calera Central Coast Viognie


[PR]

by magamoduck | 2008-04-09 19:00 | ワイン日記
2007年 05月 19日

2006 Melville Verna's Vineyard Estate Viognier

IMG_5034

カリフォルニア州サンタバーバラで大変人気の高いワイナリー Melville Vineyards and Winery。1989年創立。創業者の Ron Melville (ロン・メルヴィル)氏は、10年間ソノマの Knight's Valley (ナイツヴァレー)で醸造学を学びブドウを造ってきたが、ブルゴーニュワインへの情熱からサンタバーバラへ移り、Sta. Rita Hills の畑を購入。(Santa Rita Hills の気候は、海からの冷たい風と午前中の霧の影響で極めて冷涼な気候に恵まれ、ブルゴーニュ地方のブドウ品種である Pinot Noir や Chardonnay、そして Northern Rhone Syrah の育成に向いている。)ワインメーカーは Greg Brewer (グレッグ・ブリュワー)氏。氏は同時に Steve Clifton (スティーブ・クリフトン)氏と共にワイナリー Brewer-Clifton も手掛けている。

St. Rita Hills AVA (formerly named Santa Rita Hills AVA through 2006)の Pinot Noir や Chardonnay は北カリフォルニアのワインショップでも見かけるが、Estate Vineyard の Terraces や Carrie's は入手困難で、リリースと同時にメーリングリスト者優先にあっという間に売り切れてしまう人気振り。

優しい甘さの Viognier。爽快なフルーツの甘さなので美味しい。が、アルコール度数 16.3%。飲みすぎ注意。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
ワイナリー価格: $22.00

サイト: http://www.melvillewinery.com/

Winemaker's notes (引用):
Lofty wafts of intense, exotic white floral and fruit nuances such as tuberose, honeysuckle and white nectarine are immediately recognizable. Dried apricot and red pear along with hints of hazelnut and pine also linger in the background. On the palate these sumptuous nuances continue and expand yielding a wine that is flavorful and electric.

[PR]

by magamoduck | 2007-05-19 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧