おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 03日

2007 KOSHU Cuvée Denis Dubourdieu

2007 KOSHU Cuvée Denis Dubourdieu
KOSHU Cuvée Denis Dubourdieu
(甲州キュヴェ・ドゥニ・デュブルデュー)

KOSHU Cuvée Denis Dubourdieu は、甲州ワインプロジェクトのもと、甲州種100%で造られ世界的に発売された初めての日本産ワイン。甲州ブドウの繊細な魅力を引き出すため、オーク樽を使わず、マロラクティック発酵を行わずタンク発酵させている。加糖はせず、酸も加えられていない。

色も味も薄い。軽やかというより特徴がなさ過ぎる。単体で飲むよりシーフードと一緒に飲むほうがまだよいが、それでもいまいち。これまで飲んだ甲州がいい印象のものばかりだったので、これは残念。(DNAから調査した甲州品種の起源を大自慢したり、ボルドーから大先生をコンサルタントとしてお呼びしたりと、ちょっぴり頑張る方向が偏っている気もする。)

おっと: ★★☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
デパート高島屋価格:2,400円 (希望小売価格:2,100円!)

サイト: http://koshu.org/

Winemaker's note (引用):
甲州はヴィティス・ヴィニフェラ種であり、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランなど、ヨーロッパの優れた伝統品種と同種です。これは日本だけに存在する品種で、8世紀に中国とシルクロードを経由し、日本に渡来してきたと考えられています。私たちは2005年に続き2006年も、白ワイン醸造の世界的権威であるドゥニ・デュブルデュー教授を醸造コンサルタントとして日本に招きました。彼の使命は甲州の真の可能性を見つけ出すことでした。その結果、この美味しくドライで、軽いボディのワインが生まれました。柚子と梨のピュアで新鮮なアロマが溢れ、キレが良く繊細なスタイルを持った KOSHU Cuvee Denis Dubourdieu は、アジア料理に最適なワインとなっています。

Robert Parker Jr.'s note (引用):
去年も今年もとてもかろやかでドライ、アルコール度が低く(10%)、マロラクティック発酵を施させていないこのワイン。ロワールのソーヴィニョンとミュスカデを、足して二で割ったようなものを想起させる。まさにさわやかで心地よく、寿司や刺身のお供に、心おきなく飲むためのワインであることは明らかだ。味わいはドライ。この在来種は、ヴィニフェラ種と共通する若干のDNAを持っているように見受けられる。軽いアルコールが、このライトボディのワインに実によくマッチしている。さわやかで風味に富み、かといって尖ったところはない。いずれにしても良質なワインであり、マロラクティック発酵を行わずにタンク発酵させた、低アルコールのドライな白ワインを求める多くの人々を、喜ばせてくれることだろう。


=========
楽天でお買い上げ
=========


ヨーロッパに初めて輸出、販売が認められた!!EU認定第1号・ジャパニーズワイン甲州・キュベ・ドゥニ・デュブルデュー[2007]


[PR]

by magamoduck | 2009-01-03 03:00 | ワイン日記


<< 1997 Dominus E...      2007 Chateau St... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧