おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 19日

2006 Domaine Philippe Tessier, Cour Cheverny

2006 Domaine Philippe Tessier, Cour Cheverny

Domaine Philippe Tessier, Cour Cheverny
(ドメーヌ・フィリップ・テシエ・クール・シュヴェルニー)

フランス・ロワール地方、Cheverny (シュヴェルニー)で1962年よりワイン造りを手がける家族経営のワイナリー Domaine Philippe Tessier (ドメーヌ・フィリップ・テシエ)。現オーナーの Philippe Tessier 氏が2代目となる。「環境を破壊したくない、また農薬アレルギーであった自分への害を減らしたい」という強い想いから、1998年より無農薬有機栽培の Biologic (Organic:オーガニック)に転向。

Cour-Cheverny (クール・シュヴェルニー)は、Cheverny AOC の一部で、1997年に AOC に昇格したばかりのアペラシオン。総面積50ヘクタール以下と非常に小さなアペラシオンで生産量も少ない。100% Romorantin (ロモランタン)という白ワイン用ブドウ品種を使うことが義務付けられている。ロモランタンはこの地区以外でほとんど生産されておらず、香りは独特なはちみつのような熟成香、味はクリスプで酸味とミネラルに富んだ辛口白ワインとなる。

残念ながら劣化。酢のよう。貴腐ワインのようなはちみつ香や、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランのような草、ハーブ系の味を残しつつも、劣化のせいでまったくおいしくない。日本でもそこそこ飲まれておりワインの評価はよいようなので本当に残念。

おっと: ★☆☆☆☆
よめ: ★★☆☆☆
K&L価格: $8.99

K&L's notes (引用):
Cour Cheverny is a tiny appellation in the Touraine has fewer than 50 ha in production. Cour Cheverny must be 100% Romorantin a vine thought to have been brought here by Francis 1st in the 16th century. Philippe Tessier, one of the stars of the region, crafts this singular white from 60-85 year old vines and matures it in 3-5 year old burgundy barrels. It is rich and textured, almost powerful, with hints of orange peel, grapefruit and soil with a finish that is long and spicy. Astound your friends who think they know everything there is to know about wine...Dig on this!!!


[PR]

by magamoduck | 2009-06-19 19:00 | ワイン日記


<< 2004 Ramitello ...      ★ K&L Wine Tast... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧