おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 24日

2003 Batasiolo Arsigà, Dolcetto d'Alba

2003 Batasiolo Arsigà, Dolcetto d'Alba

K&L Club Italiano 2009 5月のワイン。
イタリア・ピエモンテ州で最大規模を誇るワイナリーのひとつ Beni Di Batasiolo (ベニ・デ・バタシオーロ)。地質の異なるブドウ畑を多く所有し、Barolo (バローロ)、Barbaresco (バルバレスコ)、Barbera d'Asti (バルベーラ・ダスティ)など世界的に人気の高いワインを生産している。その品質は名門ワイナリーの多いピエモンテの中でも高く評価されており、Gambero Rosso (ガンベロ・ロッソ)でも常連の生産者。

イタリア土着品種 Dolcetto (ドルチェット)は、しっかりとしたタンニンによる骨格と豊かな果実味で、ミディアムからフルボディのワインと成りうる。ところが、とある評論家が "The Beaujolais of Piedmont! (ピエモンテのボージョレ!)" と評したことが発端でドルチェット種の品位が落ちてしまったという逸話あり。(もともとは賞賛の意味だったが、後にボージョレに安ワインのイメージが付いたため、ドルチェットへの賛辞も裏目に出てしまった。)Dolcetto d'Alba DOC は100% ドルチェット種であることが義務付けられている。

ドルチェット種を飲むのは2回目。強烈なフルーツ爆弾!フルーツ味だけでなく、香りも口当たりもパワフル。2003だけあってagingされている感じはする。2日目、口に含むまでは相変わらず強烈な香りなのに、ワイン自体は薄っぺらく。ボージョレと言われた所以・・・?100% Dolcetto。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $6.99

サイト: http://www.batasiolo.com/

Winemaker's notes (引用):
The Dolcetto d'Alba, Arsigà, which in the Piedmontese dialect means to take a risk, is born from the blend of Dolcetto grapes from various vineyards of the Batasiolo estates.
Arsigà has a deep ruby-red color with violet reflections; an intense fruity nose, with particular notes of morello fruit and under-tones of vanilla. The palate is full and envelopping with a well-balanced tannin and a long finish. Best served in the autumn, one year from the harvest, at a temperature of 17°- 18° C.


[PR]

by magamoduck | 2009-06-24 19:00 | ワイン日記


<< ★ K&L Wine Tast...      2007 Melville V... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧