おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 29日

2006 Tenuta Coppadoro Pescorosso IGT

2006 Tenuta Coppadoro Pescorosso IGT

K&L Club Italiano 2009 3月のワイン。
南イタリアのプーリア州(Puglia = Apulia)にあるワイナリー Tenuta Coppadoro (テヌータ・コッパドオーロ)。2001年に地元プーリアのビジネスマングループによって設立、イタリアの有名なワイン醸造(enologist)Riccardo Cottarella を迎え、既に Gambero Rosso 3 Glasses を獲得。プーリア州の新たなベンチマーク的ワイナリーである。ワイナリー名 Coppadoro の、coppa は cup、doro (d'oro) は golden で "Bowl of Gold" を意味し、光がボール一杯に降り注ぐ様はラベルのシンボルマークにも表されている。

K&Lのニュースレターに Primitivo (プリミティーボ:Zinfandel を起源とする品種)とあったので、ジンファンデルらしいと思いながら飲んでいたら、実は 75% Nero di Troia (ネロ・ディ・トロイア)、25% Aglianico (アリアニコ)だった。いずれも南イタリア土着品種。濃い色とスパイシーさは ネロ・ディ・トロイア、強い果実味とフルボディさはアリアニコの特徴。あわせればジンファンデルのように感じるのだろう。(と、言い訳。)カリフォルニアのジンファンデルより、もっと芯からどっしりとしたワイン。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L Wine Club価格: $8.99 (K&L価格:$11.99)

サイト: http://www.spiavento.it/

K&L's notes (引用):
Since its establishment in 2001, Tenuta Coppadoro has fast become the new benchmark for quality winemaking in the southern Italian province of Puglia. Coppadoro's vineyards are located on the Gargano peninsula, a promontory of land projecting out from the Italian coastline into the Adriatic Sea; it forms the “spur” above the heel formed by Puglia's Salentino peninsula. Home to Italy’s largest national park, the area is characterized by thickly forested ravines and sunlit valleys, likened to bowls, or coppe in Italian; hence the winery name, meaning "Bowl of Gold." 75% Nero di Troia; 25% Aglianico, this wine is the result of a blend of two native red grape varieties, grown in 112-acres of vineyard planted in the San Severo hills. Vineyards are planted 2,500 vines per acre, with a final yield of 60%. The wine shows aromas of very red currants and wild strawberries, with delightfully spicy notes of fresh black pepper. Flavors are fresh, vibrant and well-rounded with excellent body and balance.


[PR]

by magamoduck | 2009-07-29 19:00 | ワイン日記


<< ★ K&L Wine Tast...      2005 O'Brie... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧