おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 02日

2007 Quinta de Aveleda Vinho Verde

2007 Quinta de Aveleda Vinho Verde

Quinta de Aveleda Vinho Verde
(キンタ・デ・アヴェレダ・ヴィーニョ・ヴェルデ)

Wine & Spirits Magazine 92 ポイント
ポルトガルで11世紀から続く Quinta da Aveleda (キンタ・デ・アヴェレダ)。Quinta はポルトガル語で「ブドウ畑」の意味。1671年に Guedes family (ゲディス一家)が当主の座につき今に至る。1939年にフランスのワインメーカー Eugène Hélisse と出会い、ブルーに白いレースラベルの Casal Garcia (カザル・ガルシア)ブランドを確立、Vinho Verde (ヴィーニョ・ヴェルデ)を世に広げる。1870年から1980年にかけてブドウ畑を襲ったフィロキセラに対抗するため、フィロキセラに耐性のある台木を使い、各品種に適した地質と気温ごとに区画化することで毎年の生産量と品質をコントロールできるようになり、ヨーロッパでその名が知られるようになり飛躍的に繁栄した。Quinta da Aveleda、Casal Garcia 以外にも Aveleda Fonte、Aveleda Alvarinho、Charamba、Follies、Adega Velha といった数多くのブランドでリリースしている。

Vinho Verde (ヴィーニョ・ヴェルデ)はポルトガル語で「緑のワイン(green wine)」を意味するポルトガルワインの名称。白のヴィニョ・ヴェルデは、完熟1週間前に収穫された葡萄を使用し、アルコール度数は低め、微発泡性で、豊かな酸味からくるフレッシュな味わいとフルーティでフローラルな香りが特徴。(香りの特徴はブドウ品種による。最も味わい深い品種は Alvarinho。)

今回のヴィーニョ・ヴェルデのブレンド品種は Loureiro (ローレイロ)、Trajadura (トラジャドゥラ)、そして Alvarinho (アルヴァリーニョ)。初めてのヴィーニョ・ヴェルデのような軽い甘さを期待していたため、ドライ過ぎる印象。でも、そもそもドライな辛口を楽しむワインなのかもしれない。ニュージーランドのソーヴィニヨンブランのフルーティさを抑えた感じ。ざらっとした皮のような酸味あり。多少泡は立つが微発泡と言われなければ気づかない。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

サイト: http://www.aveleda.pt/

Winemaker's notes (引用):
The wine has a citrine color and a clear, bright appearance. It is a complex, delicate and persistent wine, well-balanced and with the presence of tropical fruits and slight floral notes.

Wine & Spirits Magazine's notes (引用):
Ever since the Guedes family decided to put their best selection of loureiro, trajadura and alvarinho into their quinta wine, the quality has risen dramatically. This 2007 is full of fruit, a lasting peach flavor targeted with laserlike acidity through a lasting finish. It has the bite of the salty ocean air and a lot of zing. For langoustines. (10/08)


[PR]

by magamoduck | 2009-08-02 19:00 | ワイン日記


<< 2007 Selvagross...      2008 Niebaum-Co... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧