おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 27日

2009 Saint André de Figuière, "Cuvée Signature Magali" Rosé

2009 Saint André de Figuière, "Cuvée Magali" Rosé
Saint Andre de Figuiere, "Cuvee Signature Magali" Rose
(サン・タンドレ・ド・フィギィェール・キュヴェ・シグネチャ・マガリ・ロゼ)

南フランス・プロヴァンスの小さな家族経営のワイナリー Saint André de Figuière (サン・タンドレ・ド・フィギィェール)。プロヴァンス出身のオーナー Alain Combard (アラン・コンバード)氏は、シャブリのトップ生産者のひとつ Domaine Laroche (ドメーヌ・ラロッシュ)の Michel Laroche (ミッシェル・ラロッシュ)氏と共にシャブリで22年間修行を積んだ後、1991年プロヴァンスに戻り、独立を果たす。これまでの白ワインとは異なるロゼワイン製造に再び多大な努力を必要としたが、家族の助けもあり成功を収める。ロゼワインの印象が強いプロヴァンスでも秀逸な白ワインも造り続け、Robert Parker 氏からもプロヴァンス最高の白として紹介されている。今回飲んだロゼは、自社畑のブドウではなく他の栽培者から購入したブドウによるお手頃ラインのもの。ワイン名の Magali はセールスマネージャーとしてドメーヌを支えるアラン氏の娘の名前より。

25% Grenache、15% Cinsault、30% Syrah、30% Cabernet Sauvignon のブレンド。カベルネが多いからか、今まで飲んだプロヴァンスのロゼの中では色の割にはタンニンが強く、酸味が薄い印象(by おっと)。ドライ、の一言。ロゼというより辛口の白。プロヴァンスのロゼにはもう少しチャーミングさを期待したい。オリーブやサーディーンなど、合わせる料理によっては非常によさそうだが(by よめ)。よくも悪くも無難なワインという印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.figuiere-provence.com/

Winemaker's notes (引用):
A limpid salmon pink robe. Flattering bouquet of citrus fruits and red fruit. Fresh and smooth on the palate, evoking the juiciness of apricots and grapefruit.


[PR]

by magamoduck | 2010-09-27 19:00 | ワイン日記


<< 2009 Domaine Sa...      ★ K&L Wine Tast... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧