おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 19日

★ K&L Wine Tasting "Spain and Portugal with Luis Moya" (September 19, 2008)

今回の K&L テイスティングは、スペイン&ポルトガル特集。スペインワインは最近飲むようになったが、ポルトガルワインは過去に一度飲んだだけ。ポルトガルは、K&L のサイトを調べても扱っている大半がポート(Port)やマディラ(Madeira)といった甘口の酒精強化ワイン。まぁ面白い経験。

印象に残ったワイン:
・2000 Viña Valoria Blanco Crianza Rioja, Spain ($18.99)
・2005 Kolheita de Ideias "Esboço" Douro, Portugal ($15.99)

-+-+-



■ K&L Friday Tasting September 19, 2008 "Spain and Portugal with Luis Moya" (Tasting Fee $5.00)

・Luis Pato Maria Gomes Bruto Beiras, Portugal ($14.99)
カモ印(Pato)のポルトガルのスパークリングワイン。何だろう。すごく面白い味がする。

c0121783_16293114.jpg


今回のおっとのヒット
・2000 Viña Valoria Blanco Crianza Rioja, Spain ($18.99)
初 Rioja の白。100% Viura (ヴュラ)という品種。2000 が current vintage。これも独特。濃い。古酒っぽい(by おっと)。よめは香りが臭くて苦手。

・2006 Viña Valoria Joven, Rioja ($15.99)
上の白と同じワイナリー。K&Lでよく見かける。80% Tempranillo、10% Graciano、10% Mazuelo(Carignan)。香りはいいが薄っぺらくて深みがない(by おっと)。若いけどフルーティで悪くない(by よめ)。

c0121783_16295726.jpg


・2007 Cortes de Cima "Chaminé" Alentejano, Portugal ($17.99)
54% Aragonez (Tempranillo)、36% Syrah、6% Touriga Nacional、3% Trincadeira、1% Cabernet Sauvignon。No oak aging。青臭くて安臭い。でも、まぁまぁ(by おっと)。よめのほうが好評。ちょっぴりシラーな感じで悪くない。

・2006 Casa Santos Lima "Quinta de Bons-Ventos" Estremadura, Portugal ($10.99)
これもポルトガル土着品種の不思議ブレンド。ちょっとスペインっぽいけど違う。Tempranillo + Pinot Noir + 樽。普通(by おっと)。

・2005 Kolheita de Ideias "Esboço" Douro, Portugal ($15.99)
通常ポートワインを造っている人たちが、ポートワイン用ブドウ品種を使って造られたワイン。45% Tinta Roriz (Tempranillo)、35% Touriga Franca、20% Tinta Barroca。口に含んだ瞬間、ポートワインのような甘さを感じてびっくり。深いフルーツみたいな。しばらくすると普通のワインの味になる。タンニンもあり悪くない。

c0121783_1630319.jpg

[PR]

by magamoduck | 2008-09-19 17:00 | K&L Tasting


<< Sekt Trocken Ze...      2006 プティ・グランポレー... >>


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧