おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

2007 Testarossa Sleepy Hollow Vineyards Pinot Noir

2007 Testarossa Sleepy Hollow Vineyards Pinot Noir

カリフォルニア州のサンタクルーズ・マウンテンにある Testarossa Vineyards。1993年、Rob & Diana Jensen (ロブ&ダイアナ・ジェンセン)夫妻により設立。1888年から続くカリフォルニアで4番目に古い歴史を持つワイナリー Novitiate Winery (pronounced no-vish-ut)の全施設を1997年に長期リリースすることに成功し、そこで Testarossa ワインを造り始める。Testarossa とは、イタリア語で "red-head" の意味。創設者 Rob Jensen のイタリア学生時代のニックネームに由来しているのだそう。以降、数々のワインがワイン各誌で90ポイント以上の評価を獲得。カリフォルニアワインのピノ・ノアール&シャルドネ愛好家の間で知らない人はいないワイナリー。

いつも寝かせてしまうため、久々に飲む若めのピノ。同じ日に飲んだカレラ程では無いものの、ソノマやサンタバーバラと比べると果実味が豊かな印象を受ける(by おっと)。ソノマのようなストロベリーの感じに若いワインらしいスパイシーさが加った深い味わい(by よめ)。いずれにせよ、よい造り手の美味しいピノ。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $39.99

サイト: http://www.testarossa.com/

Winemaker's notes (引用):
Deep red color. This Sleepy Hollow Pinot Noir has loads of strawberries, cloves, anise and black olive in the aroma profile.These scents become more abundant in the palate, paired also with flavors of cherry and custard. Crisp acidity and lush tannin make for a richly styled Pinot Noir that is hard to pass up right now. One of our finest efforts to date from this 30+ year old vineyard. Drink now through 2014.


[PR]

by magamoduck | 2009-12-31 05:00 | ワイン日記
2009年 12月 31日

2001 Domaine Anne Gros, Bourgogne Blanc

2001 Domaine Anne Gros, Bourgogne Blanc
Domaine Anne Gros, Bourgogne Blanc
(ドメーヌ・アンヌ・グロ・ブルゴーニュ・ブラン)

Domaine Anne Gros (ドメーヌ・アンヌ・グロ)は、Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Vosne-Romanée (ヴォーヌ・ロマネ村)にあるドメーヌ。アンヌ・グロは、ブルゴーニュの名門「グロ」一族の中で、最も注目されている女性醸造者。従兄弟ミシェルが Domaine Michel Gros (ドメーヌ・ミッシェル・グロ)を、もう一人の従兄弟ベルナールが Domaine Gros Frère et Soeur (ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール)を運営。AC ブルゴーニュから、Grands Echézeaux (グラン・エシェゾー)に接する素晴らしい区画 Clos Vougeot (クロ・ヴージョ)、そして Richebourg (リシュブール)にいたるまで、素晴らしいワインを造りだしている。

アンヌ・グロの白は2度目。新樽100%のブルゴーニュ・ブラン。8年物。強めの樽香と、長めの熟成に由来する蒸れたような香りが印象的。シャルドネのしっかりとした骨格は健在で、なかなかマニアックな一本。好き嫌いがはっきりと別れそうな印象。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Bottle Barn価格: $23.29

サイト: http://www.anne-gros.com/ ※日本語もあり

K&L's notes (引用):
Anne Gros made her first vintage of Bourgogne Blanc in 1996 with an emphasis on quality fruit and traditional winemaking methods. The 2001 is a wonderful addition to her lineup and is one of only two whites made at the domaine. This is rich, fat chardonnay fruit with aromas of honey, apple and pear. But there is good acidity, too. The wine is aged for one year in 100% new French oak barrels, which imparts notes of fresh churned butter and roasted nuts. Wow! All this in a straight Bourgogne blanc!


[PR]

by magamoduck | 2009-12-31 04:00 | ワイン日記
2009年 12月 31日

2007 Robert Biale Vineyards Pollo Bianco Sauvignon Blanc

2007 Robert Biale Vineyards Pollo Bianco Sauvignon Blanc

カリフォルニア州ナパの南端にあるワイナリー Robert Biale Vineyards (ロバート・ビアーレ・ヴィンヤーズ)。1930年代ナパへ移り住んだイタリア移民のビアーレ一家はジンファンデル栽培に着手、当初はバルクワイン用として多くのワイナリーに卸されていた。1991年、2代目 Aldo Biale (アルド・ビアーレ)氏の時代に自らのワイナリーを立ち上げる。現在のオーナー3代目 Robert Biale (ロバート・ビアーレ)氏のもと、醸造設備を完備したワイナリーを建設。ジンファンデルを主軸とし、2008年11月発刊となった Robert Parker 著ワイン・バイヤーズガイドにて最高評価5つ星ジンファンデル生産者に昇格を果たした。

そんなジンファンデルが有名なワイナリーのソーヴィニヨン・ブラン。すっきりきりりと柑橘系の果実味豊か、カリフォルニアらしいけれどやりすぎな印象はなく、シーフードによく合う。よめお気に入り。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
価格: 不明

サイト: http://www.robertbialevineyards.com/


[PR]

by magamoduck | 2009-12-31 03:00 | ワイン日記
2009年 12月 31日

2002 Calera Mills Pinot Noir

2002 Calera Mills Pinot Noir

カリフォルニアのロマネ・コンティ」という代名詞であまりにも有名なカリフォルニアワイン、Calera Wine Company (カレラ)。オーナーの Josh Jensen (ジョシュ・ジャンセン)氏は、フランスはブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)に惚れ込み、飛び込みで働き口を求め、その栽培・醸造・熟成技術を学び、その後カリフォルニアに戻りマウント・ハーランに畑を拓く。ロマネ・コンティから苗木のクローンをカリフォルニアに持ち帰った?とか、航空宇宙局(NASA)の人工衛星写真を使ってロマネ・コンティにそっくりな土壌を2年かけて見つけた?とか、様々な噂の真偽は不明。

カレラには古い順に Jensen (ジャンセン)、Reed (リード)、Selleck (セレック)、Mills (ミルズ)、Ryan (ライアン)という5つの畑があり、今回はその中の Mills。ピノにしてはどっしりとした重さがある。ソノマやサンタバーバラのピノと比べて果実実が凝縮されている感じがする。7年という熟成が絶妙な熟成感と古さを出していて大変美味しい。飲み頃だった。

《おすすめ!》 ロマネ・コンティに挑む ~カレラ・ワイナリーの物語~

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★☆
ワイナリー価格: $43.00

サイト: http://www.calerawine.com/

Winemaker's notes (引用):
The 2002 Mills is a forward and aromatic wine. Notes of ripe strawberries, black plums, black pepper and vanilla are prevalent in both aroma and flavor. As is characteristic of Pinot Noir from the Mills Vineyard this wine has excellent structure with a core of well defined tannin under its fleshy, velvety texture.

2002 was an excellent growing season for Pinot Noir on Mt. Harlan. Early budbreak followed by a summer of mild days and cool nights prolonged the hang time, giving us exceptional quality and intense fruitiness in the grapes. The fruit was hand-picked starting in mid-September. Each lot was fermented whole cluster, with indigenous yeast in small open top fermenters. The wines were pressed after 14 days and racked by gravity to barrels following overnight settling. Aged without racking in Francois Freres barrels, 30% new, for sixteen months, the barrels were combined prior to bottling and the wine was bottled unfiltered.


=========
楽天でお買い上げ
=========


≪高得点≫【43%OFF】カレラ ミルズ ピノノワール[2006]
※ヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2009-12-31 02:00 | ワイン日記
2009年 12月 31日

2006 Villa Creek "Avenger" Paso Robles

2006 Villa Creek "Avenger" Paso Robles

カリフォルニア州パソロブレスにあるワイナリー Villa Creek Cellars。2007年10月の Food and Wine 誌上で、かのロバート・パーカーに「パソロブレスで一番好きなワイナリーの1つだ (Villa Creek is one of my favorite wineries in Paso Robles.)」とまで言わしめた同ワイナリーは、主にローヌ系の様々な赤ワインを生産している。

今回飲んだ Avenger (「仇を討つ者」を意味する)は、シラーを主体としたブレンドワイン。2006年のブレンド比率は 50% Syrah、30% Mourvèdre、20% Grenache。パソロブレスらしく濃厚な味わいは残しつつも、どことなく繊細で複雑な味わいがとても魅力的な一本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワイナリー価格: $35.00

サイト: http://www.villacreek.com/

Winemaker's notes (引用):
Avenger is our Syrah based blend, which launched the Villa Creek wine program back in 2001. While much has changed for us since that inaugural vintage, Avenger remains a favorite in the line-up. The 2006 Avenger is comprised of Denner and Booker Vineyard fruit. The grapes from these vineyards continue to gain complexity and richness with age, and this just may be the richest bottling of this wine to date.

Blend: 50% Syrah, 30% Mourvèdre, 20% Grenache
Appearance: Deep ruby
Nose: Spice box, cherry cola, black pepper
Palate: Cinnamon, black cherry, peppercorn, maple cured bacon, concentrated with a muscular finish.


[PR]

by magamoduck | 2009-12-31 01:00 | ワイン日記
2009年 12月 30日

2005 Maboroshi Russian River Valley Pinot Noir

IMG_8714.jpg

カリフォルニアの日本人ワイン醸造家、私市(きさいち)友宏氏が造る Maboroshi 幻(まぼろし) ワイン。私市氏はブルゴーニュの銘醸ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(D.R.C)の造る「ラ・ターシェ」に深い感銘を受け、ワインを造るため、妻のレベッカさんとフランス、ブルゴーニュのワイナリーへの修行に旅立つ。その後、カリフォルニアに移り住み、セラー・ワーカー(葡萄の到着から瓶詰めまでのワイン醸造過程を扱う人のこと)として働き、現在はエノロジスト(醸造の専門家)としてワイン造りに専心している。

「フランスに行くことを決心した時、知人に 『夢か幻みたいな話』 と言われました。それがずっと心の片隅に残っていて、今回のワインは 『まぼろし』 だったかもしれないので、『まぼろしワイン』 と名付けました。」(by 私市氏)。ラベルも私市氏自らのデザインで、フランスとカルフォルニアの最高のワイン(羊が Chateau Mouton Rothschild ムートン・ロートシルト、鷲が Screaming Eargle スクリーミング・イーグル)が、この Maboroshi ワインを追いかけるようになって欲しいという大きな夢が込められている。


(2007年9月22日コメント)
もう少し香りが強くてもよかったかなとも思うけれど(by おっと)、フルーティで飲み易いピノ。日本人ゆえ、これからも応援していきたい。

(2008年2月8日コメント)
前回飲んだときよりも香りが強くなっている気がして美味しい(by おっと)。圧倒的なフルーティさは前回同様(by よめ)。

(2009年12月30日コメント)
忘年会ワイン。前回とほぼ変わりない印象。香りが強く、わかりやすい圧倒的なフルーティさ。カリフォルニアワインだな、と思う。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
ワインショップ価格: $27.00

サイト: http://www.maboroshiwine.com/maboroshi/
私市氏のブログ 『幻ワイン醸造日記』: http://pinot.exblog.jp

Winemaker's notes (引用):
The optimum conditions during 2005 allowed the fruit to exhibit ripe flavor and texture despite yields of only one ton an acre. This Pinot Noir has black raspberry and dark cherry flavors layered with aromatic rose petal and mocha notes. Its soft tannins add complexity without being overwhelming. Its elegant structure is typical of that found from the sandy loam, Gold-ridge soils of the Russian River Valley/Sonoma Coast region. Extended skin contact during a cold soak prior to fermentation accentuates the rich texture without extracting overwhelming tannins.



=========
楽天でお買い上げ
=========


日本人が造った!まさに幻ワイン!まぼろしワインエステートMaboroshi [2005]


[PR]

by magamoduck | 2009-12-30 02:00 | ワイン日記
2009年 12月 30日

2006 Kenzo Estate "Rindo / 紫鈴"

2006 Kenzo Estate "Rindo / 紫鈴"

カリフォルニア州ナパに、株式会社カプコンのCEO辻本憲三氏がプライベート事業として設立したワイナリー Kenzo Estate。カリフォルニアにおいて最高ともいえるスタッフ勢を動員、壮大なスケールで造られるワインたち。2008年に、初ヴィンテージ 2005 の「藍 ai」「紫 murasaki」「紫鈴 rindo」の赤ワイン3種を、続く2009年に Sauvignon Blanc で作られた白ワイン「あさつゆ asatsuyu」をリリース。

Heidi Barrett (ハイディ・バレット):醸造コンサルタント・ワインメーカー
Screaming Eagle (スクリーミング・イーグル)、MAYA の Dalla Valle、Grace Family (グレース・ファミリー)といったカリフォルニアのカルトワインを数多く手がける。

David Abreu (デイビット・アブリュー):ブドウ栽培責任者
近年 Robert Parker が100点をつけたカルトワイン Sloan を始め、Araujo (アロウホ)、Colgin (コルギン)、Bryant Family、Blankiet (ブランキエ)などのプレミアブドウを手がける。

Thomas Keller (トーマス・ケラー):テイスティングルームのペアリング料理監修
カリフォルニア唯一のミシュラン三ツ星レストラン The French Laundry のオーナーシェフ。



知人が持ってきてくれた貴重なワイン。紫鈴 rindo はボルドースタイルの赤ワイン。畑は Wild Horse。2006はセカンドヴィンテージ。ナパのボルドーブレンドらしい華やかな果実味を持った香り。カシスやブラックベリーの中でも柔らかい甘さ。タンニンは中くらいで、時間を置くと滑らかになる。貴重なワインを大勢で飲んだため少量ずつ。しっかりと時間をかけて、腰を落ち着けながら飲んでみたかった。Cabernet Sauvignon 37.1%、Merlot 28%、Cabernet Franc 28%、Petit Verdot 6.9%。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
Mailing List Member 価格: $75.00 (一般価格:$90.00)
※「藍 ai」「紫 murasaki」のワイナリー一般価格は$200。

サイト: http://www.kenzoestate.com/
日本語サイト: http://www.kenzoestate.jp/

Winemaker's notes (引用):
Rindo refers to Gentians or the Japanese Bell Flower, which blooms in the fall around the same time as the grape harvest. Rindo is Kenzo Estates' proprietary red table wine, a blend of Cabernet Sauvignon, Merlot, Cabernet Franc and Petit Verdot. With a core of black fruit and baking spices, this wine imparts a complex aroma and flavor that lingers on the palate.

ケンゾーエステイトが提供するメインブランドです。美しい自社の葡萄畑を舞台に,栽培家と醸造家が奏でるボルドースタイルのレッドワイン。心地よい親しみやすさを持ち、しっとりとした質感と深みのある果実実が印象的です。リンドウは秋の晴天の時にだけ咲く,藍と紫の色合いを見せる,美しい釣鐘型の花。葡萄の果実をその花になぞらえて「紫鈴」と名付けました。


[PR]

by magamoduck | 2009-12-30 01:00 | ワイン日記
2009年 12月 28日

2007 Jean-François Mérieau "L'arpent des Vaudons" Touraine Sauvignon Blanc

2007 Jean-Francois Merieau Touraine Sauvignon Blanc
Jean-Francois Merieau "L'arpent des Vaudons" Touraine Sauvignon Blanc
(ジャン・フランソワ・メリオー ・ラルパン・デ・ヴォードン・トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン・ブラン)

フランス・ロワール地方、Touraine (トゥーレーヌ)を代表する若き新星 Jean-Francois Merieau (ジャン・フランソワ・メリオー)。極力自然な方法でのワイン造りを心がける同ワイナリーは、一般的に安価で大量生産型のワイン生産地と認識されているトゥーレーヌの中では異色の存在。K&Lのテイスティングで一度飲んでいる。

久々に飲んだロワールのソーヴィニヨン・ブラン。これまで飲んだことのある Sancerre (サンセール)や Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ、共にロワールのソーヴィニヨン・ブラン)程では無いものの、程よいミネラル感。リンゴのような香りが爽やかで、ロワールのソーヴィニヨン・ブランの中では癖がなく飲みやすい1本。ラベルがかわいい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $13.99

サイト: http://www.merieau.com/ ※フランス語サイト

K&L's notes (引用):
This is from a single parcel of vines that are 60 years old, it is all hand harvested, all organically farmed and aged in stainless steel for 7 months on its lees with some stirring for added richness. Here we have a bottle that can give most Sancerre a run for their money (actually less money) with its distinctive minerality and freshness coupled with effusive aromas of candied citrus, honeydew melon and sweet herbs.


=========
楽天でお買い上げ
=========


ジャン・フランソワ・メリオー トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン ラルパン・デ・ヴォドン 2008
※ヴィンテージ違いです。


[PR]

by magamoduck | 2009-12-28 19:00 | ワイン日記
2009年 12月 27日

2004 Oddero Barolo

2004 Oddero Barolo
Oddero Barolo
(オッデーロ・バローロ)

Barolo (バローロ)は、イタリア・ピエモンテ州のバローロ村とその周辺のいくつかの村で生産される DOCG 規格の赤ワイン。多くのイタリアワインが酸味が強い割に軽めの味わいになっている中で、色が濃くしっかりした渋みと深いコクのあるワインを造ってきた。品種は、タンニンと酸味の強い Nebbiolo (ネッビオーロ)。バローロは土壌の鉄分が多く男性的な力強さで「イタリアワインの王様」と呼ばれ、バルバレスコは女性的な繊細でバランスの取れた力強い味わいから「イタリアワインの女王」と呼ばれている。

ピエモンテ州ランゲの丘の上に位置するバローロの歴史的な造り手の Oddero (オッデーロ)。35haの自社畑のうち16.5haはバローロのためのネッビオーロを栽培する、バローロの中でも有数の陽当たりの良さを誇る畑を持つ。

イタリアンレストランで選んだ1本。2004年のバローロは素晴らしい良年。抜栓直後は固かったが、しばらくすると開いてきて美味しくなる。イタリアらしい土臭さと、ドライさと深いタンニン、それでいて華やかさを備えたワイン。先日同じレストランで飲んだバルバレスコのほうが好きだったが、こちらも別の特徴を持ったよいワイン。ピノグラス(ブルゴーニュグラス)で飲むのがベスト。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
レストラン価格: $62.00  (K&L価格:$31.99)

サイト: http://www.oddero.it/

Winemaker's notes (引用):
Brilliant garnet-red color, with warmer tinges developing over time. Unmistakeable bouquet, very pleasant, intense yet ethereal, very persistent, at times spiced, with aromas of truffles, liquorice and dried flowers. Dry taste, with important, full tannins.

K&L's notes (引用):
One of my favorite Barolo wineries, Oddero is a traditionalist and makes wines of classic style. They use big Slavonian oak barrels instead of the small French oak barrels, looking more for unadulterated purity in their wines than manipulation. The Oddero Barolo is a classic and 2004 is a tremendous vintage, the power of 1996 and 1999 with the suppleness of 2001, capable of aging 10-20+ years without a problem. (Greg St.Clair, K&L Italian buyer)


=========
楽天でお買い上げ
=========


フラテッリ・オッデーロ Barolo バローロ 2004


[PR]

by magamoduck | 2009-12-27 19:00 | ワイン日記
2009年 12月 25日

1994 Château Haut-Brion, Pessac-Léognan

1994 Château Haut Brion, Pessac-Léognan
Chateau Haut-Brion, Pessac-Leognan
(シャトー・オー・ブリオン・ペサック・レオニャン)

Robert Parker 93 ポイント
Wine Spectator 94 ポイント

ボルドー5大シャトーのひとつ、グラーヴ地区格付け第1級 Château Haut-Brion (シャトー・オー・ブリオン)。1855年パリの万国博覧会を契機に制定された最初の公式なメドックの格付けで、メドック地区以外にも関わらず第1級に選ばれたシャトー。その後、1959年にグラーヴAOCの格付けが作成され、シャトー・オー・ブリオンはグラーヴの格付けと、メドックの格付けの両方にリストアップされ、ボルドーでは唯一、2つの格付けに記載されている。エレガントで薫り高く、若くしてタンニンと豊かな果実味、樫の樽の風味が絶妙なバランスを奏で、5大シャトーの中でも「女性的な味わい」「最も通好み」のワインと言われている。セカンドワインは Bahans Haut-Brion (バーン・オー・ブリオン)。

15年物。ワイナリーが提示する飲み頃が2000~2010年なので、2009年の今年はまさに飲み頃。最初香らなかったけれど、グラスの中で空気に触れると一気に開き、芳醇に。力強く、カリフォルニアワインのよう。余韻が辛口で、後味が驚くほど長い。肉に合わせると最高にマッチする。時間が経つにつれて柔らかくまろやかになる。いいワインに間違いはないが、5大シャトーという大きな肩書きに期待しすぎた感じはあった(by よめ)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $199.00

サイト: http://www.haut-brion.com/home/en/

Winemaker's notes (引用):
This wine is characterized by the harmony between the very soft and very fine structure and the complex aroma given by the soil of the Graves.
The wine has great charm. It will be possible to drink it in the next few years but it really should be kept. It will age remarkably. Drink: 2000 - 2010

K&L's notes (引用):
94 points Wine Spectator: "Has wonderful richness and suppleness, lovely fruit and harmony. A superb example of a graceful, balanced wine that is delicious now and can evolve over many years." 92 points Robert Parker: "I continue to find similarities between Haut-Brion's flattering, elegant, rich, powerful 1985 and the estate's gorgeous 1994. The latter wine possesses outstanding color saturation, as well as an open-knit, forward nose of smoky, sweet, red and blackcurrant fruit intermixed with minerals and vanillin. Medium to full-bodied, with layers of flavor, this superb wine is a great example of just what intensity and elegance administrator Jean Delmas is able to pack into this wine without it tasting aggressively oaky, overblown, or too heavy. In many respects, this is the most aromatically complex and best-balanced of all the Bordeaux first-growths. Look for the 1994 to be precocious and flattering by age 4-5, and keep for 20-25+ years."


=========
楽天でお買い上げ
=========


パーカーポイント93点![1994] シャトー・オー・ブリオン 750ml [1994] Chateau Haut Brion 750ml


[PR]

by magamoduck | 2009-12-25 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧