おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 30日

2006 The Colonial Estate "Evangeliste" Reserve Chardonnay

2006 The Colonial Estate "Evangeliste" Reserve Chardonnay

Robert Parker's Wine Advocate 90 ポイント
Stephen Tanzer's International Wine Cellar 90 ポイント

南アフリカ育ちの英国人 Jonathan Maltus (ジョナサン・マルタス) がオーストラリアで手がけるワイナリー The Colonial Estate (ザ・コロニアル・エステート)。ボルドー右岸はサンテミリオンの Château Teyssier (シャトー・テシエ) を立ち上げて名声を上げた同氏がオーストラリアで立ち上げた新規プロジェクトのこのワイナリーは、醸造で使用する機材をすべてフランスから輸入するなど、徹底したフレンチ・スタイルのワイン造りを心がけている。

オーストラリアといえばシラーズ(赤)が思い浮かぶが、シャルドネは初めて。色、香り、味とも比較的薄めのシャルドネ。辛口でシャルドネらしい個性はきちんと出ているけれど、大人しめで、あまり印象に残らない1本だった。サンテミリオンの造り手だけに、同ワイナリーの赤を一度飲んでみたい。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.maltus.com/#/colonial-estate-australian-fine-wines-home-page

K&L's notes (引用):
90 points from Stephen Tanzer's IWC for this beautiful Adelaide Hills Chardonnay: "Greenish straw. Smoky, lees-accented orange and white peach aromas display exotic nuances of bacon, dried flowers and minerals. Chewy pit fruit flavors are dense and ripe but nicely braced by energetic minerality, which carries through the long, juicy finish. Gains weight on the back without losing focus. This is drinking beautifully right now." 90 points from Robert Parker's Wine Advocate: "The 2006 Evangeliste Reserve Chardonnay saw one-third of the wine aged in new French oak for 6-7 months with no malolactic fermentation. It is light gold colored with toasty, tropical aromas, particularly pineapple. Broad on the palate with adequate acidity, the wine offers some finesse as well as ripe, tasty flavors and a medium-long finish."


[PR]

by magamoduck | 2010-03-30 19:00 | ワイン日記
2010年 03月 25日

★ K&L Wine Tasting "Elio Grasso Barolo Vertical and Tasting" (March 25, 2010)

今週の K&L Tasting は特別に木曜開催。イタリアの Barolo の造り手 Elio Grasso の豪華 Barolo 垂直テイスティング(同じ畑で年代の違うワインを飲み比べること)。対応してくれたのは Elio Grasso 氏本人と時々K&Lに登場するインポーター Oliver McCrum 氏。Elio Grasso 氏のワインは2年前のテイスティングでも飲んでいる。垂直テイスティングと言っても、年が違えばブドウの出来や熟成年数も違うので、同じ畑とはわからない印象の違い。今回も期待を裏切らず美味しかった。


垂直テイスティング:
・2003 Elio Grasso Barolo Gavarini "Chinera" ($59.99)
・2004 Elio Grasso Barolo Gavarini "Chinera" ($74.99)
・2005 Elio Grasso Barolo Gavarini "Chinera" ($74.99)
・2004 Elio Grasso Barolo Ginestra "Casa Mate" ($74.99)
・2005 Elio Grasso Barolo Ginestra "Casa Mate" ($74.99)

印象に残ったワイン:
・2003 Elio Grasso Barolo Gavarini "Chinera" ($59.99)
・2004 Elio Grasso Barolo Gavarini "Chinera" ($74.99)  バローロ良年
・2004 Elio Grasso Barolo Ginestra "Casa Mate" ($74.99) バローロ良年
・2005 Elio Grasso Barolo Ginestra "Casa Mate" ($74.99) 今日のベスト

K&L Thursday Tasting

Elio Grasso
http://www.eliograsso.it/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2010-03-25 17:00 | K&L Tasting
2010年 03月 20日

2007 Bricco del Cucù Dolcetto di Dogliani

2007 Bricco del Cucù Dolcetto di Dogliani
Bricco del Cucù Dolcetto di Dogliani
(ブリッコ・デル・クク・ドルチェット・ディ・ドリアーニ)

Gambero Rosso 2 Glasses
K&L Club Italiano 2010 2月のワイン。
イタリア・ピエモンテ州の造り手 Dario Sciolla 氏。代々ブドウ製造者だったが、Dario 氏が初めてボトリングを手がけた途端、イタリアで最もメジャーな評論誌 Gambero Rosso より 2 Glasses が付けられる。品種はイタリア土着の Dolcetto (ドルチェット)。ピエモンテで、Nebbiolo でもなく Barbera でもなく、Dolcetto。Dolcetto di Dogliani は2008年より DOCG に認定。

今回の Dolcetto di Dogliani は同ワイナリーのフラッグシップ。1年以上前に飲んだ Bricco San Bernardo と比べてフルーティさが抑えられて、より複雑味が増している(=好み)感じがする。それでもやっぱりドルチェットは強烈なフルーツ爆弾を思わせる。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ----- (未飲)
K&L Wine Club価格: $12.99 (K&L価格:$19.99)

サイト: http://www.briccocucu.com/

K&L's notes (引用):
We met Dario Sciolla for the first time in Piedmont a few years ago and were very impressed with his wines. He hails from a little town called Bastia Mondovì about 16 miles south of Barolo in dolcetto country. Dario's family has been growing grapes here for generations, the vineyards surround the family home but Dario was the first to bottle wine. His winery is about as big as your garage, ok maybe slightly bigger, but his was built around the time Columbus was dodging hurricanes in the Caribbean. In the mouth the wine is lush; it rolls across your palate, with layers of black fruit flavors. This is a food wine if ever there was one, and it goes with everything from meat and cheese filled pastas to roast fowl, lamb chops on the grill, you name it!


[PR]

by magamoduck | 2010-03-20 05:00 | ワイン日記
2010年 03月 20日

2006 Louis Latour, Le Pinot Noir

2006 Louis Latour, Le Pinot Noir
Louis Latour, Le Pinot Noir
(ルイ・ラトゥール・ピノ・ノアール)

フランス Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ地方)にある Maison Louis Latour (メゾン・ルイ・ラトゥール)は、1979年創業、200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表する秀逸ネゴシアン。特に白ワイン造りには定評があり、ブルゴーニュ2大白ワインと言われる特級畑(Grand Cru)である Montrachet (モンラッシェ)や Corton-Charlemagne (コルトン・シャルルマーニュ)も手がけ、「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られている。規模が大きいのでネゴシアン部門に目が行きがちだが、ドメーヌとしての自社畑の量も半端ではなく、今や Côte d'Or (コート・ドール県)では最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ「コルトンの帝王」と称されている。

ブルゴーニュのチャーミングなピノ。明るい色、味もラズベリーのように軽やかで飲み易い。大規模ネゴシアンだけにいろいろなワインを出しているのだろう、このラベルのワインに関してはほとんど情報が見つからず。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Whole Foods価格: $14.99

サイト: http://www.louislatour.com/

Winemaker's notes (引用):
Tasting Note
Beautiful nose, expresses notes of red fruit with earthy undertones. The wine has a crispy acidity well-balanced by dry tannins. To be enjoyed 2009-2010.

Vinification
Traditinal open vat fermentation

Description
Bourgogne Pinot Noir is the regional appellation whose wines come from any part of Burgundy. This wine exhibits the characteristics of the great red Burgundies. Noble and full, it has a resplendent colour combining grace with vigour and associating strength with finesse. On the palate fresh raspberries are in evidence when the wine is young.


[PR]

by magamoduck | 2010-03-20 04:00 | ワイン日記
2010年 03月 20日

2007 Domaine Drouhin Oregon Pinot Noir

2007 Domaine Drouhin Oregon Pinot Noir

Robert Parker's Wine Advocate 90 ポイント
オレゴン州有数のワイン産地 Willamette Valley (ウィラメット・ヴァレー)に位置する Domaine Drouhin Oregon (ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン、略してDDO)。フランス・ブルゴーニュの名門 Maison Joseph Drouhin (メゾン・ジョセフ・ドルーアン)がオレゴンに設立したワイナリー。フランスの名門が当時ワインの産地としては無名に等しいオレゴンに進出する契機となったのが、1979年パリで開催された世界ピノノワール品評会。1位、3位はドルーアン、しかし2位はなんとオレゴンの The Eyrie Vineyards が受賞。予てよりオレゴンに多大な興味を持っていた当主 Robert Drouhin (ロベルト・ドルーアン)氏は、長女 Veronique Drouhin (ヴェロニク・ドルーアン)女史をワインメーカーとし、1988年ウィラメット・ヴァレーに Domaine Drouhin Oregon を設立。本家ブルゴーニュのドルーアンのポリシーを受け継ぎ、オレゴン・ピノノワールの先駆者として、現在も異国の地で素晴らしいワインを造り続けている。近年はホワイトハウスで各国の要人を迎える晩餐会に頻繁に登場する実力振り。

一口飲んで、これぞオレゴン!という味わい(←先入観もあり)。カリフォルニアほどフルーツフォワードではなく、ブルゴーニュの複雑なエレガントさとも違うが、バランスがよく、また違ったエレガントさを備える。ブラックチェリーやかすかなスパイスの香り。余韻が長い。オレゴン好きのよめはお気に入り。おっともこれからはもっとオレゴンを飲んでみたいと。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
ワイナリー価格: $40.00

サイト: domainedrouhin.com/ (http://www. を頭につけてください。)

Winemaker's notes (引用):
The 2007 Pinot Noir triangulates beautiful fruit, beautiful structure and beautiful balance.  According to Véronique Drouhin-Boss, the joy of Pinot Noir is exceptionally clear in this vintage.  In tasting the wine, I remember how strong the vineyards were at harvest, how we picked, block by block, how delighted my father and I were by the fermentations.  This is a wine that will age for at least 5-8 years, and almost certainly longer, but I love it now, too.

On the palate, the wine shows classic Dundee Hills character, with loads of spice and red fruits.  Despite the Willamette Valley designation, the wine consists of nearly 95% estate fruit, and the Drouhin Family Estate's consistent show of mid-palate concentration and silky texture is deliciously evident.

Véronique Drouhin-Boss ~ January 2009


[PR]

by magamoduck | 2010-03-20 03:00 | ワイン日記
2010年 03月 20日

2007 Gérard Boulay "Clos du Beaujeu" Sancerre Chavignol

2007 Gerard Boulay "Clos du Beaujeu" Sancerre Chavignol
Gerard Boulay "Clos du Beaujeu" Sancerre Chavignol
(ジェラール・ブレ・クロ・デュ・ボージュ・サンセール・シャヴィニョル)

Sancerre (サンセール)は、フランス・ロワール地方を代表する AOC。他のロワール地区の白ワインが Chenin Blanc (シュナン・ブラン)を使っているのに対し、サンセールとロワール河対岸の Pouilly-Fumé (プイィ・フュメ)では Sauvignon Blanc が主力品種となっている。サンセールはフルーティでチャーミングなタイプからミネラルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイプまで、幅広いスタイルのワインを持ち、それを生み出す多彩なテロワールを有する。

サンセール地区 Chavignol (シャヴィニョル村)にあるドメーヌ Domaine Gérard Boulay (ドメーヌ・ジェラール・ブレ)。その歴史は1380年に遡る。このドメーヌの自社畑、シャヴィニョルの傾斜した地質はフランスの Chablis (シャブリ)に似ており、ミネラルを含む味わいもトップクラスのシャブリとの引き合いに出されるほど。ラベルに必ずヤギさん。

K&Lお勧めのサンセール。樽熟成、無濾過で醸造されている "Clos du Beaujeu" 単一畑のこのワインは、サンセールの中でも最もリッチなワインの1つとか。K&L のテイスティングで以前飲んでいる。今まで飲んだロワールのソーヴィニヨン・ブランの中では間違いなくトップクラスの美味しさ。ニュージーランドとは違い、複雑なミネラル感が特徴的。100% Sauvignon Blanc。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★★☆
K&L価格: $29.99

K&L's notes (引用):
You haven't tasted Sancerre until you've tried one of the gems from Gerard Boulay. One of our favorite producers, Boulay is a humble and delightful vigneron whose wines are vivid, clear and, frankly, mind-blowing. The Clos de Beaujeu (from a vineyard of 0.75 hectares) is fermented in barrel and bottled without filtration. It represents all that is great about Sancerre, freshness, minerality and acidity, with a fascinating richness and complexity and a long, vibrant finish that calls for fresh goat cheese and herb salad.


[PR]

by magamoduck | 2010-03-20 02:00 | ワイン日記
2010年 03月 20日

Cava Barcino Brut

Caves El Barcino Brut Cava

スペイン・バルセロナ近郊の Penedès (ペネデス)に位置するワイナリー Cavas El Barcino。Cava (スペインのスパークリング)の伝統的な品種、55% Xarel-lo (チャレーロ)、 25% Macabeu (マカベウ)、20% Parellada (パレリャーダ)の典型ブレンド。ワインショップ K&L のテイスティングで以前会った Luis Moya 氏が米国に輸入している。

シャンパンと比べると泡が大きめで大味な印象だけど、とても美味しい Cava。この値段でこの味わいは二重丸(by おっと)。ドライすぎず飲みやすいけれど、可もなく不可もなく(by よめ)。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト(インポーター): http://luismoyaselections.com/

Importer's notes (引用):
Barcino takes its name from the city of Barcelona, which was formerly known in the Catalan language as Barcino. Barcelona is the one of the most important cities in Spain, known for its beauty, commerce and diversity. It is one of the most cosmopolitan cities in Spain, blending art with tradition and modernity. Caves Barcino is located few miles south of Barcelona in the little town of Sant Sadurní.

Barcino is aged anywhere between 12 to 18 months in its lees. Secondary fermentation takes place in the bottle following the strict Champagne method. This approach brings forward a creamier, more delicate and complex style. The grapes that make up Barcino Brut are indigenous to this area of Spain: Xarello (Cha-reh–lo) provides body and fatness, Macabeu (Maka-Beyu) the aromatics and Parellada (Pa-re-la-da) a bright fresh zestiness.


[PR]

by magamoduck | 2010-03-20 01:00 | ワイン日記
2010年 03月 15日

2001 Campo Viejo Tempranillo Rioja Gran Reserva

2001 Campo Viejo Tempranillo Rioja Gran Reserva

スペイン北部に位置する Rioja (リオハ)は、スペインを代表する高級赤ワインの生産地としての名声を誇っている。主要な品種はスペインを代表する Tempranillo (テンプラニーニョ)。生産者である Bodegas Campo Viejo (ボデガス・カンポ・ヴィエホ)は、1959年に2つのリオハの小さなワイナリーが合併して出来たワイナリー(Bodega)で、その名は古くから持っている自社畑に植わっている非常に古いブドウの木の愛称(英語で "Old Friend"、"Old Field" の意)に由来する。

K&Lで見つけた年代物かつお手頃なグラン・レゼルバ。あくまで値段相応ではあるが、典型的なリオハの味わい。グラン・レゼルバの名に期待していたよりは渋く、あと少し熟成感が欲しかった。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://campoviejo-usa.com/

K&L's notes (引用):
90 points Wine Enthusiast: "A firm wine with fine structure and balance. The nose is fiery and rustic early on, then seductive as it opens up. The palate exhibits currents of raspberry, cherry and plum, and below the surface there’s vanilla and brown sugar. A smooth operator that shows the Campo Viejo brand in its best light." (04/08) Founded in 1959, Campo Viejo is one of those players that has remained remarkably consistent throughout the years producing the classic flavors of Rioja that many of us have come to know and love. The Gran Reserva is a blend of Tempranillo, Mazuelo and Graciano that spends two years in barrel and a minimum of three years in bottle before it is released. It is one of those perfectly mature wines that has the essence of mulled plums and roasted cherries blended with wood spice and leather notes. Now reaching the end of the vintage, we were able to get some serious discounting in play (which is even better considering the quality of this vintage) and were able to pass the savings on to you. This is a great bargain for any lover of traditional Rioja wines. (Keith Mabry, K&L Hollywood)


[PR]

by magamoduck | 2010-03-15 19:00 | ワイン日記
2010年 03月 14日

2007 Maximin Grünhauser Estate Riesling Trocken

2007 Maximin Grünhauser Estate Riesling Trocken
Maximin Grunhauser Estate Riesling Trocken
(マクシミン・グリュンホイザー・エステート・リースリング・トロッケン)

ドイツを代表する白ワインの生産地 Mosel-Saar-Ruwer (モーゼル・ザール・ルーヴァー)にあり、1882年以降 Schubert (シューベルト)家が守り続ける伝統を誇る Weingut Carl von Schubert (カール・フォン・シューベルト醸造所)。一部はローマ時代に由来する広大なワイン貯蔵庫を持つ古い修道院の山側に所在するブドウ園 Maximin Grünhaus (マキシミン・グリュンハウス)は、Maximin Grünhäuser Bruderberg (マキシミン・グリュンホイザー・ブルーダーべルク)、Maximin Grünhäuser Herrenberg (マキシミン・グリュンホイザー・ヘレンベルク)、Maximin Grünhäuser Abtsberg (マキシミン・グリュンホイザー・アプツベルク)と呼ばれる3つのブドウ畑から成るシューベルト家の所有地である。

Trocken (Dry)の名にふさわしく、強烈な酸味の甘過ぎないリースリング。今まで飲んだドイツワインの中ではかなりのヒット。複雑さに欠ける味わいではあるが、酸味と果実味のバランスが絶妙。一口目から美味しいと思わせる1本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $14.99

サイト: http://www.vonschubert.com/

Winemaker's notes (引用):
Die herzhafte Würze in der Blume zeugt von der natürlichen Gärung mit den Wildhefen. The hearty flavor of the flower bears witness to the natural fermentation with wild yeasts. Ein junger Riesling mit viel Kraft, Rasse, Frucht und belebender Frische, der ein Lagerpotential von mindestens 10 Jahren besitzt. A young Riesling with a lot of power, race, fruit and invigorating freshness, which has a storage potential of at least 10 years. Dieser Wein ist ein guter Begleiter von kräftigen Brotzeiten, Salaten, Räucherfisch und Geflügelgerichten. This wine is a good companion of strong snacks, salads, smoked fish and poultry dishes.


[PR]

by magamoduck | 2010-03-14 19:00 | ワイン日記
2010年 03月 12日

★ K&L Wine Tasting "Kalin Cellars" (March 12, 2010)

今週の K&L Friday Tasting は、カリフォルニアの北部 Marin County にあるワイナリー Kalin Cellars。ワインメーカーの信条は "Wine With The Fifth Taste"。欧米の4大味覚である Sweet、Salty、Bitter、Sour に加え、ワインにおいても第五の味覚 Umami (旨味)に注目。ほとんどのワインが Umami に到達できない、あるいは到達する前に売られてしまうと考え、3年から10年以上のボトル熟成を経た後に、ようやくリリースされる。そんな訳だから、今回テイスティングした 1994 や 1997 が Current Vintage というから驚き。古さは伝わり、目指すものはわかり、おっとはいくつかお気に入りがあったが、よめが感動する熟成感とは少し違った。

印象に残ったワイン:
・1994 Kalin Cellars "Cuvee LD" Sonoma County Chardonnay ($32.99)
・1991 Kalin Cellars "Cuvee LV" Sonoma County Chardonnay (不明)

K&L Friday Tasting

Kalin Cellars
http://www.kalincellars.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2010-03-12 17:00 | K&L Tasting


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧