おっととよめとカモワイン

mallard.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 25日

2009 Yellow + Blue Torrontes Cafayate

2009 Yellow + Blue Torrontes Cafayate

紙の容器に入ったユニークなワイン Yellow + BlueYellow + Blue = Green。ガラスボトルの代わりに紙パックを使うことで、輸送時の燃料を削減し環境に優しく(Green)という考え方のもと2007年設立。創設者は、イーストベイの有名なワインインポーター Kermit Lynch で10年以上勤めた経験のある Matt Cain 氏。スペインやアルゼンチンからブドウを、パッケージをドイツから輸入し、カリフォルニアでボトリングして販売。ワインはオーガニック認定つき(Green)。

K&L のテイスティングでユニークな味わいが気に入り購入。アルゼンチンの Cafayate 地方で広く栽培されている Torrontes (トロンテス)種から造られたワイン。ピーチやメロンのような、ヴィオニエかゲヴェルツトラミナーを彷彿とさせる甘い香りが印象的。ただし、味わいは香りとはまったく異なり、やや甘いけれど基本的にはドライで辛口。ユニークな戦略で品質が高く、コストパフォーマンスも高くて環境にも優しい面白いワイナリー。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99 (1L BOX)

サイト: http://www.ybwines.com/

Winemaker's notes (引用):
COLOR
Light yellow with hints of green.

AROMA
Expansive and fresh aromas of peach, cantaloupe and pineapple, with a hint of lime.

TASTING NOTES
Fresh and lively, with medium weight, nice acidity, and a long fruit and mineral laden finish.

FOOD PAIRINGS
Complements smoked meats, mild to medium-strong cheeses, seafood and spicy foods.

REGION
Originally from Galicia in northwest Spain, Torrontes is now the distinctive and greatest white wine grape in all of Argentina. Our organic Torrontes is made with organically-grown grapes from the picturesque village of Cafayate, Argentina’s heartland for this varietal.

Cafayate Valley has some of the world’s highest-elevation vineyards, typically at 5,500 feet. (In comparison, a high elevation vineyard in California is 1,500 to 2,200 feet.) Such an elevation guarantees diurnal temperature extremes, where afternoon temperatures plummet at night, typically from the mid-80s during the day to the mid-50s at night. This preserves acidity, which would otherwise “bake out” during warm nights.

The valley sees little rain (three to six inches a year) and tremendous sunshine. Surrounded by the Andes Mountains, the vineyards are irrigated thanks to ample water from mountain snowpacks. Because the Cafayate Valley is so dry, it lends itself easily to organic vineyard practices.


[PR]

by magamoduck | 2011-02-25 19:00 | ワイン日記
2011年 02月 25日

★ K&L Wine Tasting "Wines from Eastern Europe and the Balkan Peninsula" (Febrary 25, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、グルジア、ハンガリー、スロベニア、クロアチアなど、東欧諸国のワイン特集。最初のスパークリングは熟成感に似た味わいでよかったものの、白は独特のリキュール感が強く、赤は臭い香りのものもあり。正直よめの印象は、、、いずれも美味しくない。

印象に残ったワイン(共におっと):
・NV Bagrationi 1882 Classic Extra Dry Republic of Georgia ($9.99)
・2007 Santomas Big Red Refosk Slovenia ($16.99)

K&L Friday Tasting


-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2011-02-25 17:00 | K&L Tasting
2011年 02月 22日

2006 St. Clement Oroppas Napa Valley Cabernet Sauvignon

2006 St. Clement Oroppas Napa Valley Cabernet Sauvignon

94 points Wine Enthusias
92 points Wine Spectator

カリフォルニア州ナパの名門ワイナリー St. Clement (サン・クレメント)。1987年に日本企業サッポロが買収、Sapporo を逆に文字った最高級ボルドーブレンドワイン Oroppas (オロパス)をリリース。1999年にナパの Beringer が再買収後、2001~2004まで4年連続 Robert Parker 氏が 90 スコア以上をつけるというカリフォルニアの中では最高級 Cabernet Sauvignon のうちの1本となる。Cabernet Sauvignon をベースに Merlot、Petit Verdot、Cabernet Franc などがブレンドされている。(ブレンド比率はヴィンテージによって異なる。)今回飲んだ2006年は 86% Cabernet Sauvignon、9% Merlot、3% Cabernet Franc、2% Petite Verdot のブレンド。

K&Lで Oroppas がセールになっていたので迷わず購入。熟成していない新しいニューワールドのカベルネ好きの友人のために用意した一本。完熟した果実味とジャムやチョコレートのような濃厚さ。比較的若いビンテージということもあり、ナパのカベルネらしい強烈さは残しつつ、ボルドーブレンドのまろやかなまとまりも兼ね備えた、期待通り美味しいナパのカベルネ。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $29.99 (ワイナリー価格:$55.00)

サイト: http://www.stclement.com/

Winemaker's notes (引用):
Rich and concentrated, this wine opens with aromas of black plum, vanilla, brown sugar and cinnamon. On the palate, flavors of black currant, roasted coffee and bittersweet chocolate are wrapped in velvety tannins. Notes of dark chocolate and raspberry jam lead to a long finish. Cabernet Franc and Petite Verdot were blended in to enhance the structure and mid-palate weight. Each lot was aged separately in 75percent new French oak for nineteen months, and blended together before bottling.


【20%OFF】≪高得点≫オロッパス[2006]オロパ...

【20%OFF】≪高得点≫オロッパス[2006]オロパ...
価格:7,120円(税込、送料別)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-22 03:00 | ワイン日記
2011年 02月 22日

2009 Loosen Bros. "DR. L" Riesling

2009 Loosen Bros. "DR. L" Riesling

ドイツの有名なワイン生産地域 Mosel (モーゼル)にある伝統的なワイナリー Dr. Loosen (ドクター・ローゼン)。ドクター・ローゼン家は、約200年の歴史を誇る名門醸造所で、接ぎ木をしない樹齢60年以上の古木から丁寧なワインを造り続けている。現オーナーであり醸造家でもある Ernst Loosen (エルンスト・ローゼン)氏は、ドイツ人醸造家としては初めて、英国で最も権威のあるワイン専門誌 Decanter が選ぶ、2005年ワイン産業の発展に最も貢献した者に与えられる栄誉 「Man of The Year」 に選出された。

その Dr. Loosen のお手頃ライン。麦わら色。やや甘口だが甘すぎず、アルコール度数も低くて飲みやすいリースリング。この価格帯のドイツのリースリングにしてはとてもよく造られた一本。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
Trader Joe's価格: $10 前後

サイト: http://www.drloosen.com/

Winemaker's notes (引用):
Dr. L comes exclusively from traditional vineyards with steep slopes and slate soil. This introductory, non-estate wine embodies the elegant and racy style of classic Mosel Riesling. By working closely with growers on long-term contract, brothers Ernst and Thomas Loosen are able to assure excellent quality in every vintage.


[PR]

by magamoduck | 2011-02-22 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 22日

2009 Pine Ridge Chenin Blanc - Viognier

2009 Pine Ridge Chenin Blanc - Viognier

90 points Robert Parker
カリフォルニア州ナパの Stags Leap District に位置するワイナリー Pine Ridge Winery。自社畑を Stags Leap District、Oakville、Howell Mountain、Rutherford、Carneros など幅広い地域に持つ。今回の白は、北仏ロワール地方の主力白品種 Chenin Blanc (シュナン・ブラン)と南仏ローヌ地方の主力白品種 Viognier (ヴィオニエ)のブレンドという、カリフォルニアらしい1本と言われている。ブドウは共にサクラメントに程近い Clarksburg (クラークスバーグ)地区より。

以前2007年ビンテージを飲んだことのある Pine Ridge のブレンドワイン。80% Chenin Blanc、20% Viognier。華やかな花やピーチやアプリコット、ライチ系の果物の香りがふわりと香る。甘さが強調された薄っぺらいワインを想像していただけに良い意味で期待を裏切られる。

おっと: ★★★☆☆
よめ: ★★★☆☆
K&L価格: $9.99

サイト: http://www.pineridgewinery.com/

K&L's notes (引用):
90 points from Robert Parker: "Consistently a killer wine value is Pine Ridge’s 45,000-case blend of 80% Chenin Blanc and 20% Viognier. The 2009 Chenin Blanc/Viognier offers up soaring floral notes intermixed with white peaches and apricots. This delectable, fresh, crisp, light-bodied, dry white should be drunk over the next year." (Dec. 2010) This classic combo offers a fragrant bouquet of fresh fruit notes including Asian pear, pomelo and lychee, touched with a delicate floral layer of jasmine blossom and kaffir lime leaf. On the palate, enjoy a slightly off-dry harmony of fruit flavors including honeydew melon, ruby red grapefruit, juicy white peach and crisp golden apple. Bright acidity and a clean, refreshing finish round out this wonderfully radiant and delightful wine.



※ヴィンテージ違いです。
[PR]

by magamoduck | 2011-02-22 01:00 | ワイン日記
2011年 02月 18日

★ K&L Wine Tasting "Yellow + Blue" (Febrary 18, 2011)

今回の K&L Friday Tasting は、紙の容器に入ったユニークなワイン Yellow + BlueYellow + Blue = Green。ガラスボトルの代わりに紙パックを使うことで、輸送時の燃料を削減し環境に優しく(Green)という考え方のもと2007年設立。創設者は、イーストベイの有名なワインインポーター Kermit Lynch で10年以上勤めた経験のある Matt Cain 氏。スペインやアルゼンチンからブドウを、パッケージをドイツから輸入し、カリフォルニアでボトリングして販売。ワインはオーガニック認定つき(Green)。味は平均的。早飲みならば紙パックでも気にならないので、1リットルで10ドルとお手頃なのはいい。

K&L Friday Tasting

Yellow + Blue
http://www.ybwines.com/

-+-+-

Tasting 備忘録。
[PR]

by magamoduck | 2011-02-18 17:00 | K&L Tasting
2011年 02月 13日

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains

2003 Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges 1er Cru, Les Vaucrains
(ベルトラン・アンブロワーズ・ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ヴォークラン)

90-92 points Robert Parker
89-92 points International Wine Cellar
88-91 points Burghound

フランス Burgundy (ブルゴーニュ)の Côte d'Or (コート・ドール県)の Côte de Nuits (コート・ド・ニュイ地方)、Nuits-Saint-Georges (ニュイ・サン・ジョルジュ)に隣接する Premeaux-Prissey (プレモー・プリセイ村)に醸造所を構える Maison Bertrand Ambroise (メゾン・ベルトラン・アンブロワーズ)。1987年にドメーヌを継いだ現当主のベルトラン氏は、ブルゴーニュの神様 Henri Jayer (アンリ・ジャイエ、2006年没)を継ぐと言われた Domaine Chopin-Groffier (ドメーヌ・ショパン・グロフィエ)の Daniel Chopin-Groffier (ダニエル・ショパン・グロフィエ)氏に指導を受けたといわれる秀逸な生産者。温厚な物腰と人望からプレモー・プリセイ村の村長も務めている。17haのブドウ畑を持ち、3分の1がACブルゴーニュ、それに Nuits-Saint-Georges、Côte de Nuits Villages を中心にグラン・クリュの Corton も擁している。以前はノン・フィルターにより濃厚さ全面に出るタイプだったが、年々艶やかさやエレガントを兼ね備えたワインを生み出すようになっている。

抜栓直後は閉じていたが、30分くらい経つと華やかな香りと共に開く。黒い果実味と適度な酸味のバランスがいい。ニュイ・サン・ジョルジュにしては濃いめで社交的な印象もありつつ、やはり古典的な複雑さを内に秘めている。コストパフォーマンスは最高の一本。注目したい造り手。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.ambroise.com/

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...

[2003] Nuits Saint Georges 1er Les Vaucrains - Bertra...
価格:5,754円(税込、送料別)



 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 03:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2009 勝沼醸造アルガブランカ・ヴィニャル・イセハラ (Aruga Branca Vinhal Isse'hara)

2009 勝沼醸造アルガブランカ・ヴィニャル・ イセハラ (Aruga Branca Vinhal Isse'hara)

山梨県甲州市勝沼町にある勝沼醸造(Katsunuma Winery)。「勝沼の風土~テロワール~」を目指す。甲州ブドウは従来生食用として高い生産性を求めてきたため、世界のワイン用ブドウに比べると糖度や酸度が劣っていた。そこで、アイスワイン製法をヒントに、甲州ブドウを絞り、果実を凍結させ、水分が先に凍ることを利用して氷と果実を分離し、糖分や酸及びその他の成分を凝縮した果汁を得て醸造する製法を開発。

アルガブランカ・イセハラは大変人気が高いレアワインで、日本でも発売時に購入しないとなかなか手に入らないのだそう。国内でも様々な賞を受賞。100% 甲州種の白ワイン。単一畑。アルコール度数 11.5%。

2007年2008年 と3年連続で飲むアルガブランカ・イセハラ。2007年は最高、2008年はうーん、、という印象で、2009年は良い意味で2007年を飲んだ時の印象に近い。爽やかな酸味と果実味。ロワールやブルゴーニュ(ましてやカリフォルニア)と比べて、爽やかで控えめだけど複雑もあり、誇れる日本のワインだと思う。

おっと: ★★★★☆
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.katsunuma-winery.com/

Winemaker's notes (引用):
「ワイン造りはぶどう作り」という基本に忠実に、風土の個性を反映したワイン造りに取り組んでいます。このワインは小字名の伊勢原の単一畑から収穫された甲州種のみを原料に醸造したワインです。華やかな香りに加え、爽やかな酸味と微妙な甘さがバランス良く、他に無い個性を醸し出しています。



※ヴィンテージ違いです。
 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 02:00 | ワイン日記
2011年 02月 13日

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru

2008 Leflaive & Associés, Rully 1er Cru
Leflaive & Associes, Rully 1er Cru
(ルフレーヴ・エ・アソシエ・リュリー・プルミエ・クリュ)

フランス・ブルゴーニュの Puligny-Montrachet (ピュリニー・モンラッシェ村)最高峰の生産者にして世界屈指のシャルドネでもある Domaine Leflaive (ドメーヌ・ルフレーヴ)。名声の高かった Vincent Leflaive (ヴァンサン・ルフレーブ)が1993年に亡くなり、娘の Anne Claude (アンヌ=クロード)が受け継ぐ。醸造責任者の Pierre Morey (ピエール・モレ)と共に素晴らしいワインの数々を造り出している。畑の化学肥料を減らす為に Biodynamic (バイオダイナミック、ビオデナミ)栽培法を取り入れ、単位面積の収穫量もかなり減らしたブドウ造りにこだわる。今回飲んだのは、そのルフレーブが2008年よりネゴシアンとして造る Leflaive & Associes の一本。ネゴシアンとは言え、ドメーヌが年間を通じて栽培農家と密接に連携を取っており、収穫に至っては完全にドメーヌ主導で行っている。醸造は他のルフレーブ・ワインと同様、ドメーヌ自身が自らの施設で行っている。

ルフレーヴに恋する友人宅で頂いた久々のルフレーブ。Rully (リュリー)は Côte Chalonnaise (コート・シャロネーズ)のAOC。バターのような樽香はしっかりで濃厚だが主張しすぎず繊細。以前飲んだ Les Pucelles と比べるとフレッシュで今すぐ飲むのに適しているワイン(Les Pucelles は熟成させて飲みたい)。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★☆
価格: 不明

サイト: http://www.leflaive.fr/en/



 
 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-13 01:00 | ワイン日記
2011年 02月 03日

1998 Château Mouton Rothschild, Pauillac

1998 Château Mouton Rothschild, Pauillac
Chateau Mouton Rothschild, Pauillac
(シャトー・ムートン・ロートシルト・ポイヤック) ※Wikipedia ではロッチルドと読んでいる

96 points Robert Parker
92 points Steve Tanzer's International Wine Cellar
90 points Wine Spectator

ボルドー5大シャトーのひとつ、メドック地区格付け第1級 Château Mouton Rothschild (シャトー・ムートン・ロートシルト)。1973年に第2級格付けシャトーから第1級格付けシャトーへと昇格した、フランスワイン格付け制度にとっては異例の存在。1924年からはラベル(エチケット)をダリ(1958)、ミロ(1969)、シャガール(1970)、ピカソ(1973)、ウォーホール(1975)などの著名な芸術家がデザインしており、コレクターにも人気。日本人では堂本尚郎(1979)、出田節子(クロソフスキー・ド・ローラ・セツコ:1991)。今回の1998年のラベルは、メキシコの画家 Rufino Tamayo (ルフィーノ・タマヨ)の作品。

セカンドワインは Le Petit Mouton de Mouton Rothschild (ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト)。

前回の1997年の翌ビンテージ、2度目のムートン。合わせた料理が和食懐石だったので正直マリアージュは今ひとつだったけれど、ワインそれだけで強烈な存在感を感じさせてくれる。10年以上寝かせているのにタンニンを多く含み、力強い。まだまだ閉じている印象。恐れ入りました。

おっと: ★★★★★
よめ: ★★★★★
価格: 不明

サイト: http://www.bpdr.com/

Robert Parker's note (引用):
Like many of its peers, the 1998 has filled out spectacularly. Now in the bottle, this opaque black/purple-colored offering has increased in stature, richness, and size. A blend of 86% Cabernet Sauvignon, 12% Merlot, and 2% Cabernet Franc (57% of the production was utilized), it is an extremely powerful, super-concentrated wine offering notes of roasted espresso, creme de cassis, smoke, new saddle leather, graphite, and licorice. It is massive, with awesome concentration, mouth-searing tannin levels, and a saturated flavor profile that grips the mouth with considerable intensity. This is a 50-year Mouton, but patience will be required as it will not be close to drinkability for at least a decade. Anticipated maturity: 2012-2050.




 
[PR]

by magamoduck | 2011-02-03 19:00 | ワイン日記


    


検索
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧